LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 II ASPH. ズイコーデジタルレンズ(Zuiko Digital Lens)は、オリンパスが展開するデジタルカメラ用の写真レンズブランドである。, デジタル一眼レフカメラ・ミラーレス一眼カメラ用交換レンズのほか、コンパクトデジタルカメラ用のレンズブランドとしても展開されている。, ズイコーはオリンパス伝統のレンズブランドであり、1936年に発表した「セミオリンパス I」で使用したレンズが瑞穂光学研究所で開発されたことや、当時の社名の高千穂製作所や商標名オリンパスとの関連も深いことから、めでたい事の兆しを表す光を意味する「瑞光」と名が付けられた。, オリンパスは一時ズイコーブランドを使わず、オーソドックスに「オリンパスレンズ」と称した時代もあったが、2003年にフォーサーズシステムを採用したデジタル一眼レフカメラ・オリンパスE-システムのリリースで、E-システムが実質的にオリンパスOMシステムの後継製品である意味からズイコーブランドを復活させた。デジタルカメラに最適化した光学特性と、さらに精度を高めた加工技術でリファインし、写真用レンズとして最高レベルの性能を備え、将来的に達成が見込まれる2000万画素超の高解像度にも対応できるとしている。, 基本設計は、35mm判レンズを共用できる他社システムと違い、完全なデジタル専用として設計されており、撮像素子全体に垂直に近く光線が入射するような高度なテレセントリック性を実現するため、APS-Cサイズよりもやや小さめなイメージセンサーでありながらレンズの口径は決して小さくはない。, 主力のズームレンズでは超広角系から超望遠系まで揃っているほか、単焦点のマクロレンズや大口径超望遠レンズもラインアップされており、魚眼レンズも2006年1月に発売された。全レンズがAF対応で、マウントはフォーサーズマウントのため、OMシステムのボディーには装着出来ない。E-システムのボディーには純正マウントアダプター[1]の使用で従来のOMシステム用ズイコー交換レンズグループの装着も可能であるが、機能上の制約が多い。, 2009年にはデジタルカメラ版のオリンパス・ペンの発売に伴い、マイクロフォーサーズシステムに対応したミラーレス一眼カメラ用レンズとしてM.ZUIKO DIGITALレンズシリーズがリリースされた。, 2011年にはレンズ一体型のコンパクトデジタルカメラ用としてi.ZUIKO DIGITALレンズがXZ-1に搭載されている。, ズイコーデジタルレンズのうち、高級なタイプのものは長野県辰野町にあるオリンパスオプトテクノロジー辰野事業所で製造されている。この品質力・開発力をオリンパスは「タツノ・クオリティ」と称している。, E-システムのボディ購入者に数量限定で無償配布されたのち、アクセサリとして発売された, ハイスピードイメージャAF対応(一部のレンズはファームウェアのアップデートが必要), 交換レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm f3.5-6.3 EZ, 交換レンズ M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ズイコーデジタルレンズ&oldid=79847944, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ 生産完了. 2017年9月15日にOM-D E-M10 Mark IIIが発売になります。 そこで今回は「OM-D」とはどんなカメラかをみていきましょう。 独創性・小型軽量・高性能がコンセプト OM-Dは、オリンパスが展開するミラーレ... 今回は、ファインダーの接眼レンズ(眼を近づけるほうのレンズ)の清掃方法を紹介します。 多少の汚れでしたら、撮影に影響することはありませんが、精神衛生的にはやはり気になるもの。今回はその一例を紹介します。 接眼レンズのお手入れ方法 ... 【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&小物撮影をたのしみます。 初心者さんのための写真教室です ... オリンパスまたはパナソニックのミラーレス一眼を買うと、両方のメーカーのレンズを使うことができます。特別な機材なしで、そのままつけられますので、手軽にいろいろなレンズがたのしめます。両メーカーのレンズを使えるのは、オリンパスとパナソニックが「マイクロフォーサーズ」という共同の規格を採択しているためです。, OLYMPUSのミラーレス一眼「OLYMPUS PEN E-PL8」の魅力と機能を初心者さんにもわかりやすく解説。ミラーレス一眼を買う際のチェックポイントも。, 3万円以下で買えるCanon・SONYのミラーレス一眼にオススメの単焦点レンズ。各レンズのポイントを初心者さんにもわかりやすく解説しています。, ミラーレス一眼を買う際に必須のポイントを紹介します。初心者さんもたったこれだけで後悔しない選び方ができます。. -M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO. *7 「m.zuiko digital ed 14-42mm f3.5-5.6 ez」専用のレンズキャップです。他の14-42mmレンズでは使用できません。 他の14-42mmレンズでは使用できません。 *9 便利な内つまみ式のレンズキャップ「LC-58F」も使用可能です。 OLYMPUSレンズ OLYMPUS標準レンズ Olympus関連の情報 機材の噂情報・速報 海外の評価, Robin Wongが正式発表されたばかりのオリンパス製交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO」のレビューを公開しています。, Olympus M.Zuiko 12-45mm F4 PRO Lens Review, ケチのつけようがないコンパクトなレンズだ。隅から隅までシャープであり、ズームレンジ全域で一貫した画質の優れた光学性能だ。さらに接写でも画質が良好であり、防塵防滴に加えて金属外装のしっかりとしたレンズである。, Robin Wong:Olympus M.Zuiko 12-45mm F4 PRO Lens Review, とのこと。 m.zuiko digital ed 12-200mm f3.5-6.3 ミラーレス一眼用で、35mm判換算で広角24mmから望遠400mmの幅広い焦点距離をカバーする倍率16.6倍のズームレンズ。 接合レンズ1枚の軽量なフォーカスレンズでピント合わせを行う「インナーフォーカス方式」を採用。 m.zuiko レンズは一眼レフ用レンズと比較して驚くほど小型軽量です。小型軽量のオリンパスレンズ交換式カメラと合わせれば、あらゆる場所が撮影フィールドになります。 trusted technology … 歪曲収差や色収差などは現像環境によって多少変動がありそうなので、もう少し多くの製品レビューが登場するのを待った方が良さそうです。, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PROの最新情報を集めるページはコチラ, -OLYMPUSレンズ, OLYMPUS標準レンズ, Olympus関連の情報, 機材の噂情報・速報, 海外の評価 ミラーレス一眼を買う時は、バッテリーの持ちも要チェック!思った以上に減りが速いことも, 手ぶれ補正の設定で「レンズの焦点距離」を入力する場合(OLYMPUS OM-Dシリーズ、PENシリーズ). Nikonのミラーレス一眼「Nikon 1」シリーズは、センサーサイズが13.2mm×8.8mmの「CXフォーマット」を採択しています。 35mm判換算する場合は、焦点距離を 2.7倍すると、おおよその数字が出ます。 今回は... 富士フイルムのミラーレス一眼「FUJIFILM X-A3」の魅力を初心者さんにもわかりやすく解説。オススメのポイント、オートマクロ、各種機能の解説も。. DPReviewの第一印象とは少し感じが異なりますが、全体的にシャープなレンズであることは間違い無さそうです。オリンパスのレンズが接写に強く、接写でも四隅まで画質が維持されている点については私も同意見です(特にズームレンズ)。 m.zuiko digital ed 12-45mm f4.0 pro /24-90mm相当 (35mm判換算) 高画質な撮影を軽快に。究極の小型軽量を実現した高性能・標準ズームレンズ。 1; m.zuiko digital ed 12-100mm f4.0 is pro /24-200mm相当(35mm判換算) プロ写真家の欲求に応えるプロフェッショナル高倍率ズーム. オリンパスのレンズには「ZUIKO」という名前がついています。今回は、このZUIKOの秘密に迫っていきましょう。, 「ZUIKO」は「ズイコー」と読みます。オリンパスのレンズにつくブランド名です。さっそく名前の由来とその歴史をみてみましょう。, 瑞穂光学研究所は略して「瑞光」と呼ばれており、「瑞光」という言葉の縁起のよさもあって、レンズ名を「ズイコー」にしたといわれています。※, オリンパスは、1934年(昭和9年)に写真レンズの研究を始め、1936年(昭和11年) に第一号写真レンズ「ズイコー」75mmF4.5を完成させました。, これがズイコーレンズのはじまりです。ズイコーレンズを搭載したオリンパスのカメラの第1号はこんなカメラでした。, 「セミオリンパス1型」です。価格は105円。当時は初任給が75円といわれた時代ですから、かなりの高級機であることがわかります。, 現在メインとなっているのが、デジタルカメラ用レンズとして展開している「ズイコーデジタル」です。, ズイコーデジタルは2003年からはじまり、デジタル一眼レフ、ミラーレス一眼用、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)のブランドとして展開されています。, 現在の主流のOM-DシリーズやPENシリーズのレンズに「M.ZUIKO」と入っているのは、こうしたところからきています。, ZUIKOブランドは、一時期、使われなかったことがあるものの、昭和のはじめから続く長い歴史を持ったブランドです。こうした歴史を知るのもおもしろいものですね。, はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きな鳥はカワラヒワ。. ーンを美しく描写します。, 圧倒的な描画力と、機動力-妥協を許さない撮影者の要求にオリンパスは高いレベルで応え続けます。. m.zuiko digital ed 300mm f4.0 is pro 脚注 [ 編集 ] ^ E-システムのボディ購入者に数量限定で無償配布されたのち、アクセサリとして発売された / POWER O.I.S. 画質の違いはすぐ明らかとなるだろう。E-M10 Mark IIIなど小型軽量なカメラボディの選択肢として適している。E-M5 Mark IIIのキットレンズとして投入すべきだ。 「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」ユーザーの場合、小型ボディに合わせるレンズが欲しいなどの理由がない限り購入する必要が無 … ボケは同心円状の縁取りや非球面レンズの影響がいくらか見られるので、Robin氏が言うほど期待しないほうが良いかもしれません。とは言え、玉ボケを無視できる状態ならば滑らかな描写に見えます。, やはり12-40mm F2.8 PROや12-100mm F4 IS PROユーザーには説得力がイマイチですが、これからPROレンズを買おうと言う人は検討すべき最初のレンズとなるかもしれませんね。 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO /24-90mm相当 (35mm判換算) 高画質な撮影を軽快に。究極の小型軽量を実現した高性能・標準ズームレンズ。 Copyright © 2015-2020 はれときどきカメラ* All Rights Reserved. POWER O.I.S. フォーサーズの「zuiko digital ed 50-200mm f2.8-3.5 swd」と、フィルム用の「om-system zuiko auto-t 180mm f2.8」をほぼ同じ焦点距離で比べてみました。 OM180/2.8はEDガラスを使用していません。 POWER O.I.S. LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S. ュアイボディーキャップレンズ BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye), ボディーキャップレンズ BCL-1580. 【広告】Yahoo!ショッピング 超P祭グランドフィナーレ スポンサーリンク 噂されているニコンのAPS-Cミラーレス「Z50」のデザインについて軒下デジカメ情報局が発信しています。 キャッシュバック ... 【広告】Yahoo!ショッピング 超P祭グランドフィナーレ スポンサーリンク Dustin Abbottがシグマの交換レンズ「40mm F1.4 DG HSM」のレビューを掲載しています。 キャッシュ ... 【広告】Yahoo!ショッピング 超P祭グランドフィナーレ昨年の春に登場して1年半程度ですが、ビックカメラではK-3 IIのボディ・レンズキットがともに生産完了品となっています。 他の販売店ではまだ完 ... 【広告】Yahoo!ショッピング 超P祭グランドフィナーレLesnumeriqueがパナソニックのマイクロフォーサーズ用交換レンズ「LEICA DG Vario-Summilux 10-25mm F1 ... 【広告】Yahoo!ショッピング 超P祭グランドフィナーレ 匿名の読者からニコン D850に関する情報を提供して頂きました。 このウェブサイトをご覧になっている方の情報によると… Nikon D850 ... LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. ‚±‚ƂŁAuM.ZUIKO PROvƒVƒŠ[ƒY‚Æ“¯“™‚Ì–h‚¶‚ñE–h“H«”\‚ðŽÀŒ»‚µ‚Ä‚¢‚éB. m.zuiko レンズは一眼レフ用レンズと比較して驚くほど小型軽量です。小型軽量のオリンパスレンズ交換式カメラと合わせれば、あらゆる場所が撮影フィールドになります。 LUMIX G VARIO 12-60mm / F3.5-5.6 ASPH. オリンパスのレンズには「zuiko」という名前がついています。今回は、このzuikoの秘密に迫っていきましょう。zuikoとは「zuiko」は「ズイコー」と読みます。オリンパスのレンズにつくブランド名です。さっそく名前の由来とその歴史をみて M.ZUIKO ED 12-45mm F4 PROは優れた光学性能だがシンプル過ぎる, オリンパス ED 12-45mm F4 PROは小型軽量ながらPROクオリティの光学性能, オリンパス ED 12-45mm F4 PROは携帯性の高いハイクオリティなレンズ【海外の評価】, オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO 交換レンズレビュー【総合評価】, オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO 交換レンズレビュー【逆光耐性編】, オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO 交換レンズレビュー【前後ボケ編】, オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO 交換レンズレビュー【歪曲収差編】, オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO 交換レンズレビュー【コマ収差編】, オリンパス「OM-D&PROレンズのキャッシュバックキャンペーン」対象製品早見表【2020冬】, DPReviewがオリンパス「M.ZUIKO 12-100mm F4.0 IS PRO」のサンプルギャラリーを公開, オリンパス「M.ZUIKO 12-100mm F4.0 IS PRO」は堅実な画質のオールインワンレンズ, オリンパス「M.ZD 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」いよいよ正式発表間近か?, OLYMPUS「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」Shooting experience, M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS 交換レンズレビュー完全版, M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS レビュー諸収差編, M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS 遠景解像 レビュー, シグマ40mm F1.4 DG HSMは確かに大きく重いがスペシャルなレンズ【海外の評価】, LEICA DG Vario-Summilux 10-25mm F1.7 ASPHは全体的に優れた光学性能のレンズ【海外の評価】, Nikon D850の4600万画素センサーはソニーα7R IIベースのカスタム仕様?【噂情報】, ソニー「FE20mm F1.8 G」はフィルター径67mmでFnボタンも存在する?【噂】, 富士フイルムX-T4は新フィルムシミュレーション「ブリーチバイパス」を備えている?【噂】, オリンパスアンバサダーであり、このレンズはオリンパスマレーシアから貸与されたものだ。レビューは主観的であり、テクニカルなテストやデータは掲載していない。, オリンパスやパナソニックの標準ズームレンズは選択肢が多い。なぜこのようなレンズをリリースしたのか疑問に感じている人(多くのレンズと焦点距離が重複している)も多いことだろう。しかし、選択肢が増えるのは良いことだ。, 手に取った時の小ささと軽さはとてもPROレンズであるとは信じられなかった。しかし同時にしっかりとした手触りがあり、軋みが無く高級感のある金属外装であると感じた。, E-M5 Mark IIIのような小型ボディと組み合わせるとバランスは完璧だ。小さすぎず、大きすぎず、携帯性と操作性を損なっていない。, シャープネスは広角12mmから望遠45mmまで一貫している。どの焦点距離でもシャープネスの低下は見られない。「, 歪曲収差・色収差・周辺減光・四隅のソフトさは見られない。これはオリンパスがソフトウェア補正を適用してレンズの光学的な欠点を補っているためだ。プロファイルはRAWに格納されているので問題とならないはずだ。, 他のPROレンズと同様、クローズアップ撮影に優れている。至近距離でも驚異的なシャープネスを維持している。他社のレンズはクローズアップで画質低下するものも多い。, F4ズームにボケはあまり期待しない方が良い。十分なボケ量を得るためには被写体に接近する必要がある。ボケそのものは柔らかく滑らかな描写だ。.