エンジン最高出力:233kW(318PS)/6,000rpm

ボルボxc60は、国産車のsuvと比較しても、それほど差がないため、日本の道でも走りやすく、街中でも扱いやすいsuvです。 北欧デザインの車でかっこよくて、安全評価も高い車なので、ボルボ ・XC60で街中をドライブするのも楽しいのではないでしょうか。

T5 AWD モメンタム:625万3704円 ボルボ v60クロスカントリー と ボルボ xc60の比較情報。 輸入車・外車の中古車価格や燃費などが比較できます。 メルセデスベンツ ・ フォルクスワーゲン ・ BMW ・ アウディ ・ レクサス 他エッジなプレミア車情報満載! D4 AWD Rデザイン:714万円 T5 AWD インスクリプション:722万1297円, ■D4

©Copyright2020 FOUREL 【フォーエル】.All Rights Reserved. モーター最大トルク:160Nm(16.3kgm)/0〜2,500rpm(前)、240Nm(24.4kgm)/0〜3,000rpm(後) JC08モード燃費:11.5km/L, ■T8

xc40は外観に比べおどろきの室内空間を有しており、収納も工夫が満載。スポーティーでカジュアルなデザインが特徴的; xc60は、室内空間が広く、裏切らないラグジュアリー感が売り。
JC08モード燃費:12.6km/L, ■T6 エンジン最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2,200〜5,400rpm, モーター最高出力:34kW(46PS)/2,500rpm(前)、65kW(88PS)/7,000rpm(後)

ボルボのステーションワゴンv60のクロスオーバー、v60 クロスカントリー(以下 v60 cc)と、ミドルクラスsuvであるxc60。どちらもボルボの世界観を堪能できるモデルですが、どんな特徴や違いがあるのでしょうか。両車を比較しながら、それぞれの魅力に迫ります。

普段 Volvo New V60 T5 Momentum に乗っていますが、とある事情で数日間 Inscription を運転する機会がありました。逆に車ど素人の僕が感じた違いについてお話したいと思います。車両本体価格100万円も差があるこの両者、いったいどのくらい違いがあるのでしょうか? 最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1,750〜2,500rpm 最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2,200〜5,400rpm 新車を購入する場合V60とXC60でどちらを買うべきか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。その解決策として走行性能、燃費、価格などの角度から2台を比べてみましょう。, V60は2011年に発売されましたステーションワゴンです。現在、中古車販売サイトに流通しているV60の中古車の台数は約6,870です。月間で平均で約110台が成約しています。2020年の人気ランキングは全モデル中で204位です。, 比較対象のXC60はクロカン・SUVタイプの車で2009年に発売されました。現在、XC60の中古車の台数は市場に約2,530台流通しています。約70台が1ヶ月で成約しています。2020年におけるXC60の人気ランキングは全モデル中204位です。, 中古車の買取相場はV60が79.0~485.0万円、対するXC60は200.0~375.0万円、最高値と最安値の幅がV60より大きいです。, V60は184.6~358.0万円、XC60は258.4~448.0万円です。2台とも価格帯は近いです。, よって買取価格はXC60とV60とも近い金額で買取されると言えます。また、XC60のほうが高い値段で販売されるケースが多いです。, V60中古車のもっとも売れている年式は2017(508台)、価格範囲は208.0~340.0万円、対してXC60は年式は2015(341台)、価格範囲は278.0~428.0万円となります。両車の最多走行距离は同じ0〜1 万kmです。XC60の販売台数は932台、価格範囲は205.0~340.0万円、一方XC60は372台、価格範囲は278.0~429.0万円となります。, 下記代表的なグレード、V60 T3 クラシックとXC60 D4 クラシックの燃費性能を比較してみます。, タンクの容量はV60 T3 クラシックが67LでXC60 D4 クラシックが70Lとなっています。燃費はJC08モードで16.5km/L対18.6km/Lなので、燃料を使い切るまで走ると航続距離は1,105kmと1,302kmになります(理論値)。XC60 D4 クラシックの場合、長距離旅行でもガソリンスタンドを探す必要はそこまでございません。, V60はundefined、XC60はundefinedが使われています。年間1万km走行した場合の燃料代は81,818円対56,451円となり、V60 T3 クラシックはXC60 D4 クラシックより25,367円の燃費が高くなります。, XC60 D4 クラシックの排気量のほうが大きくて、より最高速度や加速力を高めることができます。, V60 T3 クラシックとXC60 D4 クラシックともに現行モデルの駆動形式はFFです。, FF方式(フロントエンジンーフロントドライブ)はエンジンとトランスミッションが横置きで、ファイナルドライブを一体化したトランスアクスルが一般的だ。FRより走行性能が劣るが、操舵と駆動の両方を行う前輪にかかる荷重が大きいため、通常の走行では安定性が高い。駆動力を後輪に伝えるプロペラシャフトが不要なため室内を広く作れることがメリットです。, V60 T3 クラシックとXC60 D4 クラシックともに現行モデルのエンジン種類は直列4気筒DOHCです。, 直列エンジンは構造が簡単なために、メンテナンスにあまり手間がかからない、比較的軽量なエンジン。, ※ 機械式駐車場判断基準:全高1,550mm*全長5,000mm*全幅1,700mm以下, 室内の容積は0.00m³対0.00m³です。2台とも乗車定員は同じ5名ですので、室内容積で割ると約0.00m³対0.00m³のスペースが1人あたりに割り当てられます。, XC60はV60と比べると、長さと比べると、長さ0、幅0、高さ0mmです。XC60の室内空間のほうが大きいです。軽快な走りをするために気になる重量ですが、170kgほどV60が軽くなっています。, V60 T3 クラシックとXC60 D4 クラシックの安全装備と室内装備を比較してみます。, 2台とも装備しているブレーキアシストは、ブレーキを踏む力が不十分な時にドライバーに代わりブレーキ力を強めてくれ、万が一衝突をしても衝撃を軽減し事故の被害を減らすことができます。, 2台とも装備しているレーンアシストは車線から外れそうになると、ドライバーに警報が発せられるとともに一定の条件下で、ハンドルの動きを適切に制御する。, 2台とも装備している車間距離自動制御システム(ACC)は前を走る車との車間距離を一定に保ちながら、一定の速度での走行を自動でしてくれる装置です。, 2台とも装備している駐車支援システムはカーナビ画面を使って、車庫入れや駐車スペースへの駐車支援を行うシステムです。, 2台とも装備している横滑り防止装置はカーブを曲がるときに車がカーブの外側へのふくらんだり、内側へ巻き込んだりする挙動を防止して安定した走行をサポートするシステムです。, 人気・販売価格・燃費性能・走行性能・ボディサイズ・安全装備で2車種を比較していきましたが、3勝2敗1引き分けでXC60が優勢となりました。ガソリン代を節約したい方なら、XC60をお勧めします。現車確認や試乗をしてみて納得するまで比較してください。その際に、このVSページを少しでも参考にして頂けたら幸いです。, あなたの愛車の情報を入れると、買取業者から無料で査定見積を受け取ることができます。.
xc60は、ラグジュアリーな雰囲気をまとっています。 内観比較 まとめ. デミオのバッテリーの寿命はどの位?自分で交換できる?バッテリー情報のリセットの方法は??, ベンツGLC vs ボルボXC60 徹底比較!どっちが買い?維持費・燃費・乗り心地は?, カタログ燃費の値が出ているので満足です。SUVでこれだけ燃費良かったら満足ですね!高速だとカタログ値よりもプラス2キロぐらい伸びますよ!, 通勤で使用していますが、街乗りはリッター10キロぐらい。遠出する時は14キロ程度走ってくれます。, 高速メインで走ってリッター18キロ以上も出ていました!街中でも14キロから16キロ程度走るのでかなり燃費はいいです。これぞディーゼルの力(笑), ベンツ特有の落ち着きがあって好きですね。若い感と言うよりは、ちょっと紳士向けの車かなあといった印象。, それ以外は特に文句なしです。ハンドリングもよく、特にディストロニックプラスが有能すぎる!, 乗っていて突き上げる感じがなくなったので、運転しやすいですね。結構いろいろな方が言っているとおもますが、ハンドリングは滑らかでいい感じ。, アクセルを踏むたびに唸るような感覚は癖になります。強いて言うなら、足回りが硬いのが気になる人はいるでしょうね。, ちなみに走行性能については、走ればh知るほど快適になっていくという感じ。最初はちょっと硬い感じがありますが、乗るうちに良くなっていきますよ。, シートヒーターがないとちょっと真冬は寒い。乗り心地に関しては全くいうところなしで快適です。, 内装の居心地が非常にいいです。イメージするなら、山間の静かなホテルの家具と言った印象。本当にゆったりとくつろげる素敵なインテリアです。. 最高出力:235kW(320PS)/5,700rpm XC60は日常の使い勝手ではV60に劣りますが、最低地上高が215mmと高く、145mmのV60と比べると悪路走破性に優れます。 悪天候の場合や積雪時、さらに不整地でも安心して走行できるので、キャンプなどのアウトドアに出かけることが多い方には、XC60の方が適しています。 WLTCモード燃費:12.6km/L, グレードはエントリーグレードのモメンタム、上級グレードのインスクリプション、スポーツ仕様のRデザインの3種類があります。価格構成は以下のようになっています。, ■T5 新しい車を購入する際にv60とxc60、どちらを購入するか迷う方も多いのではないでしょうか?走行性能、燃費、価格などあらゆる側面から2台を比較していきます。オトオクの中古車の相場表(2020年10月更新)を調べて、売却相場の査定参考にしましょう。 多々あります。, 今日は、この2車種同士を比較して、どんな人にベンツGLCクラスをおすすめ出来るのか。, 引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/glc/glc-suv/explore/lineup.module.html, SUVといえば、結構挑発的なフォルムをしているのが特徴的ですが、ベンツGLCクラスは落ち着きがあるSUV車ですね。, 特に後ろから見た時のフォルムがかっこよく、紳士的な面も見せてくれる一台となっています。, 引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60/lineup, 中には、横から見たフォルムがアスリート体型のようにスマートだと気に入っている方もいるようで、エクステリアに関してはかなりの高評価を得ている一台となります。, それでは、今度はベンツGLCクラスとボルボXC60の維持費を比較していきたいと思います!, 引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60, ディーゼルエンジン搭載のグレードになると、少々本体価格も高くなってしまうので悩ましいところです。, よく走る人なら、ディーゼルエンジンを選ぶことで、グレード間の価格差の元を取れる可能性がありますね。, 燃費を重要視で選ぶ方であれば、あとは好きなデザインかどうかで選ぶと良いかもしれません。, 最後は気になるベンツGLCクラスとボルボXC60の乗り心地を比較していきたいと思います!, ベンツGLCよりも、最高出力・トルク共に高いので、悪天候な道や大人数でのドライブでも強い味方になってくれそうです。, ベンツGLCクラスには無難であるという意見や、シンプルで良いという意見が非常に多く。, 総合的にみると、よりパワフルで力強い走りを見せてくれるのがボルボXC60で、コスパにも優れいているなあと言った印象を受けました。, キャッチ画像上引用:http://www.mercedes-suv.jp/glc/, キャッチ画像下引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60.

D4 AWD モメンタム:659万円 最高出力:187kW(254PS)/5,500rpm

D4 AWD インスクリプション:759万円, AWDシステムは電子制御式。T8のみエンジン+モーター制御のAWDシステムで、ハイブリッド、ピュア、パワー、AWD、オフロードなど最適なドライブモードを選択して効率の良い走りを実現します。V60 CCと同様 にヒルディセントコントロール、ヒルスタートアシスト、インテリセーフが標準装備となっています。, V60 CCは装備の違いはあるものの、モノグレード構成となるためエンジンはガソリンターボのみの1種類のみとなりますが、XC60はガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドの3種類。スポーツ仕様のRデザインも用意されています。, どちらにも電子制御式AWDシステムを装備している点は共通ですが、XC60は走行状況に応じてモードを切り替え、エンジンやトランスミッション、アクセル、ステアリングの反応をコントロールする、電子制御式4輪エアサスペンション/ドライビングモード選択式FOUR-C アクティブパフォーマンスシャシーがオプションで用意されます。, どちらもインテリセーフが標準装備となりますが、V60 CCには、万が一歩行者との衝突があった場合、ボンネットフードを持ち上げ、ボンネットとエンジンの間に空間を作り、歩行者の頭部への衝撃を低減する機能アクティブボンネットが装備されています。, どちらも電子制御4WDによる高いオフロード性能と、パワフルで環境性能の高いパワーユニット、先進安全機能が充実した魅力的なモデルです。V60 CCはモダンで美しいデザインと、全長が長く背の低い安定したフォルムがカッコいいですし、XC60はSUVらしい幅が広くて背の高い、力強いスタイリングです。価格帯はV60 CCの方が下になりますが、どちらにも捨てがたい魅力があります。. 同じsuv車として、長年戦い続けてきたベンツglcクラスと、ボルボxc60。 今日は、この2車種同士を比較して、どんな人にベンツglcクラスをおすすめ出来るのか。 そして、どんな人にはボルボxcクラスをおすすめ出来るのか紹介していきます! ベンツglcとボルボxc60の基本情報をおさらい JC08モード燃費:16.1km/L, ■T5 ボルボのステーションワゴンV60のクロスオーバー、V60 クロスカントリー(以下 V60 CC)と、ミドルクラスSUVであるXC60。どちらもボルボの世界観を堪能できるモデルですが、どんな特徴や違いがあるのでしょうか。両車を比較しながら、それぞれの魅力に迫ります。, ボルボの最新デザインプロトコルに基づくモダンで美しいデザインのステーションワゴン、V60をクロスオーバーに仕立て上げたモデルが、V60 CCです。とはいえ標準モデルにSUV風のパーツを貼り付けただけの”雰囲気SUV”ではありません。, V60 CCの最低地上高は210mm。V60が145mmなので、実に65mmも車高が高められています。一般的には高さが200mm以上あれば大抵の道路で安心して走れると言われていますから、V60に比べてオフロード性能は相当高められています。, パワートレインは、2.0L 直列4気筒ガソリンターボエンジンで、最高出力は187kW(254PS)/5,500rpm、最大トルクは350Nm(35.7kgm)/1,500〜4,800rpmとなります。, グレード構成はベーシックなT5 AWDと、上級グレードのT5 AWD プロとなります。どちらも同じエンジン、8速ATとの組み合わせになりますが、T5 AWDが18インチアルミホイール、T-Tec/テキスタイル・コンビネーションのシート、アイアンオレ・アルミニウム・パネルなのに対し、T5 AWD プロには19インチアルミホイールやナッパレザーシート、ドリフトウッドパネルが奢られるなど、より豪華な装備が標準となります。価格はT5 AWDが564万円、T5 AWD プロが664万円となっています。, どちらのグレードにも、電子制御の4WDシステム、ヒルディセントコントロール、ヒルスタートアシストが標準装備となります。また安全装備では、ボルボの先進安全・運転支援技術インテリセーフと縦列・並列駐車支援機能であるパーク・アシスト・パイロットが標準装備となります。, 【SUV映えを探しに行こう!】 雪とアートとコシヒカリ。V60 CCでワンデイトリップ, 2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー、2018年 ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、数あるミドルサイズSUVの中でも本物の実力を証明したXC60。ボルボの高い安全性と、ステーションワゴンで培った経験に基づく優れたパッケージング性能が魅力です。, パワートレインは4種類。2.0L 直列4気筒ディーゼルターボのD4、2.0L 直列4気筒ガソリンターボのT5、 2.0L 直列4気筒ガソリンターボ&スーパーチャージャーのT6。 2.0L 直列4気筒ガソリンターボ&スーパーチャージャーにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムのT8が用意されています。, ■D4 ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも 最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1,500〜4,800rpm 今回は沢山のsuv車の中から2台、ボルボxc60」と「bmw x3」を取り出して比較をしてみたいと思います。 ボルボもbmwも外国の自動車メーカーで、ボルボはスウェーデン、bmwはドイツのメーカーです。 どちらもスタイリッシュなデザインで、とてもかっこいいですよ。

最高出力:140kW(190PS)/4,250rpm