c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) (window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); キットレンズとして付いてくるxf18-55 f2.8-4も最高の描写性能で、これだけで基本は完成だと思います. msmaflink({"n":"FUJIFILM 単焦点標準レンズ XF35mmF1.4 R","b":"富士フイルム","t":"X Series","d":"https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/41CtvlycqXL.jpg","\/51Lo1VdobKL.jpg","\/419PtM5NDNL.jpg","\/51R5fud%2BaZL.jpg","\/41csoIDLibL.jpg","\/41kyg703yOL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E3%83%95%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A0-Series-FUJIFILM-%E5%8D%98%E7%84%A6%E7%82%B9%E6%A8%99%E6%BA%96%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA-XF35mmF1-4\/dp\/B006ZSNSRI","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"793994","rakuten":"793989","yahoo":"1661046"},"eid":"zwsiR","s":"s"}); X-T3が到着した日の天気が、あいにくの雨だったので海遊館(水族館)で撮影をしてきました。水族館と言えば、展示のために照明がほとんどない薄暗いシーンの連続です。上の写真は、ピントが一度で合ってくれなければ通り過ぎてしまっていたでしょう。X-T3は低輝度-3EVでも補足可能に強化されているので、このようなシーンでもピントが合います。はっきり言って期待以上のAF性能だったので、感動すら覚えました。, X-T3は高感度での撮影も得意だと感じます。ISO感度を上げても、ノイズが自然です。, 海遊館の目玉であるジンベイザメです。ISO3200くらいは余裕を感じますし、青がとてもきれいですね。ホワイトバランスというか、白もわりと正確に出てくれるようになった気がしないでもないです。, ISO12800での撮影です。さすがに大きな画面でじっくり見るとノイズが気になりますが、記録写真としては十分実用範囲だと思いました。, ノイズもいやらしい感じではなく、粒子も均一に出ているので表現として使えば面白いかもしれません。機会があれば新機能の「モノクロ調整」とあわせてじっくり撮影してみたいところ。, 画像処理エンジンのX-Processor 4は4つのCPUが搭載されて、これまでの機種と比べて約3倍近い高速処理を実現しているそうです。この新型のエンジンのおかげで、フィルムシミュレーションも増えています。GFX50Sに搭載されて高評価だった「カラークロームエフェクト」も使えるようになり、ますます繊細な表現が可能になっています。, 赤はデリケートな色で、これまでの機種だと、朱色でノペっとした塗ったような印象になることもありました。X-T3は赤の中にも階調があり、滑らかに表現してくれました。作品の完成度を求める人にはありがたいと思います。, ちなみに写真は撮って出しでございます。RAW現像派はこちらもどうぞ→「RAW現像(写真編集)におすすめのパソコン」, 「スポーツファインダーモード」という機能が新搭載になり、約1660万画素(1.25倍クロップ)相当で最大約30コマ/秒の高速連写が可能です。しかもブラックアウトフリーというからおどろきです。ブラックアウトしてしまうと、どうしても被写体を見失ってしまうこともありました。スポーツや野鳥のジャンルが好きな人なら朗報になるのではないでしょうか。, さらにシャッターボタンを半押しした状態から撮影をはじめ、全押しで撮影画像が記録される「プリ撮影」機能も搭載しています。, プロの制作ニーズにもこたえると富士が言うほどX-T3の動画性能には自信をもっているようです。滑らかで表現力が豊かな4K動画は60P 10bitに世界で初めて対応、トップクラスの性能を実現させています。色情報に関しては実に64倍というから驚き。, 薄暗い水族館でも思ったよりもずっと快適に撮影をすることができました。レンズはXF16-55なので手振れ補正はありません。, これまでの機種よりも光を上手くとらえてくれている気がして、なんとなく光沢のある動画になっている気がするのは気のせいでしょうか?撮影中は「これが裏面照射センサーの実力・・・」なんて喜んでいました(笑), X-T3はボディ内手振れ補正がないので、XF18-135のような手振れ補正のレンズを使うと快適性がアップします。「5段分の補正効果」「防塵防滴」「高倍率ズーム」ということで、写真にも動画にも最適なレンズです。1本あれば撮影の幅が広がりますよ!. FUJIFILM X-T3に各種レンズを組み合わせ、写真を撮ることを一番の山行目的としています。. x-t3×ポートレート作例. 星の光は弱いため、カメラに要求されるのは、「光をたくさん取り込むことのできる明るいレンズ」... カメラやレンズは、安くても10万円、高いと20万円もします。よって、購入方法(どこでどのように買うか)によって、価格が数千~数万円も違って... レンズやカメラの購入を迷っていたり、数回しか使わないことがわかっている場合には、レンタルサービスを利用するのが良いです。

c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, 星空撮影には、高性能なカメラが必要です。 b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript 週末になったら湘南に出現するアマチュアフォトグラファー。社畜なので週末も仕事してます。, このURLのページは表示することが出来ませんでした。 IP分散サーバーならIQサーバー|クラスCの完全分散が月額139円~, HAKUBA デジタルカメラ液晶保護フィルムMarkII FUJIFILM X-T3専用 DGF2-FXT3, [フォトabバc]スマホ de チェキ FUJIFILM instax SHARE SP-2【プリントレビュー】, 【バケペン】令和だからこそ中判フィルム!PENTAX 67購入1年目のフィルム別作例, 【Leica M6】Carl Zeiss Planar T* 2/50 ZMで撮り納めた2018年[作例]. 2020/9/17 ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, 月に照らされる山岳、夜明け前の地平線のマジックアワー、満点の星... 都内在住・アラサーの会社員です。仕事が休みとなる週末を中心に山登りをしています。 カメラ本体, レンズ, 夜景, 富士フイルム, ブルーアワー(マジックアワー)とは、日の出直前や日没直後に、太陽が出入りする方角の空の色が色鮮やかなグラデーションとなる時間帯のことです。, 筆者の経験上、日没直後よりも日の出直前の方が綺麗なブルーアワーが見られることが多いです。(はっきりとした理由はわかりませんが、おそらく朝の方が空気が澄んでいるからだと思います。), 暗所での風景撮影に向いた撮影機材を使うと、ブルーアワーを綺麗に写真に収めることができます。, ブルーアワーの光は弱いため、光を多く取り込める明るいレンズ(=F値の小さなレンズ)が必要となります。また、景色を撮るためには広い範囲を写すことのできる広角レンズ(=焦点距離の小さいレンズ)が適しています。, 筆者が使っている富士フイルムの場合、XF16mmF1.4 R WRがオススメとなります。このレンズは解放f値が1.4と抜群に明るく、さらに換算焦点距離が24mmの広角レンズです。, ブルーアワーの光は弱いため、ISO感度を上げて撮影をする必要があります。よって、ISO感度を上げてもノイズの出にくい(=高感度に強い)カメラを使う必要があります。, また、RAW現像(レタッチ)をしない場合には、色を綺麗に出力できるカメラの方が有利です。, 筆者の使っている富士フイルムのX-T3は、これらの性能を満たしています。X-T3は、高感度に強いカメラです。感覚として、ISO3200までであればノイズはほとんど気になりません。ISO6400まで上げると、写真を拡大したときにノイズがやや気になってくる程度です。, (補足:「高感度に強いカメラを使う」という選択肢の他に、「手振れ補正機能に優れたカメラを使う」という選択肢もあります。長秒撮影をすることでISO感度を下げることができるからです。風景撮影では、長秒撮影をしても景色は流れません。具体的には、オリンパスのOM-Dシリーズが手振れ補正機能の優れたカメラとして有名です。富士フイルムであればX-H1には優れたボディ内手振れ補正が付いています), X-T3を始めとした富士フイルムのカメラには、写真の色味を手軽に変更できるフィルムシミュレーション機能が付いています。フィルムシミュレーション「Velviaモード」で撮影すると、写真の彩度が高く(鮮やかに)なります。ブルーアワーのような撮影には最適です。フィルムシミュレーションには、元祖フィルムメーカーである富士フイルムのノウハウが詰まっています。RAW現像(レタッチ)では再現が難しい色です。, X-T3のオートフォーカス低照度限界は、-3EVでありとても優秀です。ブルーアワーの光量であれば、問題なくX-T3の像面位相差オートフォーカスが働きます。, ブルーアワー(マジックアワー)の撮影のために、こんなに高価で重いカメラを買えないよ!という方には、以下の記事中で紹介しているコンデジをオススメします。軽量・(比較的)安価ですが、暗所での撮影能力に優れています。, 以下に、筆者の撮影したブルーアワーの写真を載せます。全ての写真に、日の出の何時間前に撮影したかと、カメラの設定値を記載しています。, 尚、すべての写真はjpeg撮って出しであり、RAW現像(レタッチ)は行っていません。, 下の写真は、北岳手前のボーコン沢ノ頭から、日の出の71分前に甲府夜景と地平線を撮影したものです。フィルムシミュレーションをVelviaにすることで、彩度とコントラストを強調しています。, 地平線はオレンジ色に、空は深い青色に、その中間は水色になっており、綺麗なグラデーションになっています。このように、グラデーションが掛かった景色を見られるのが、ブルーアワーの特徴です。, 下の写真は、上記写真のフィルムシミュレーションをVelviaからProvia(標準)に変更したものです。彩度が明らかに下がっているのがわかるかと思います。このように、富士フイルム製のカメラでは、フィルムシミュレーションを変更するだけで写真の色味を自由自在に変更することができます。, このフィルムシミュレーションの色味は、RAW現像(レタッチ)では再現が難しいと言われています。, 下の写真は、仙丈ケ岳に向かう稜線の途中から、南アルプス北部の山並みを撮影したものになります。撮影時間は日の出の41分前です。, 下の写真は、上記と同じ写真を日の出57分前に撮影したものです。上記写真とグラデーションの出方が変化しており、空の深い青色部分の割合が増えています。このように、ブルーアワーの時間帯には、空の色が1分単位で変化していきます。, 下の写真は、上記と同じ写真を日の出68分前に撮影したものです。空の深い青色部分の割合が、さらに増えています。, また、ISO感度を6400まで上げていますが、拡大して注意深く見ないとノイズには気が付かないレベルです。X-T3の高感度性能は恐るべしです。, 下の写真は、前白根山から、日の出22分前の日光連山を撮影したものです。先ほどまでの写真とは異なり、日の出時刻が迫っているため空に深い青色の部分はありません。空の大部分を薄い青色が占めます。, 尚、例外的にこの写真だけはXF16mmF1.4R WRではなく、XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRを用いて撮影しています。, 下の写真は、木曽駒ケ岳~空木岳を縦走中に、地平線を撮影したものです。時間は日の出の25分前です。, 上の日光連山の写真と時間に大差はありませんが、下の写真では空の青色部分の割合が増えています。太陽が出てくる方向に南アルプスの巨大な山塊があり、この山塊が太陽の光を遮っている為でしょう。, ネットショップをうまく利用することで、レンズを数千円~数万円お得に購入することができます。, カメラ・写真