最初のうちは同じファイルやアプリのデータはドライブの中で一連のデータとして書き込まれています。しかし、上書きを繰り返すうちに、同じファイルのデータのはずなのに、ドライブの中にばらばらに保存されてしまう、という状態になっていきます。 Windows10ではデフラグはPCの内部のCドライブだけではなく、外付けHDDやUSBメモリ、SDカードなど外部のドライブもできます。長く使っていると、外付けHDDなどもファイルの断片化が起きてしまうので、定期的にデフラグするようにしましょう。, Windows10のPCでデフラグを実行するときには注意しなくてはいけないこともあります。次の注意点を守りましょう。, HDDの中に仮想マシンを作って、仮想HDDに書き込みをしている場合、デフラグを実行することで仮想ディスクで使用されるサイズが大きくなってしまうという問題があります。デフラグは断片化したファイルを整理していくことなので、使えるディスクの容量は大きくなっても、使われているディスクのサイズが大きくなることはないはずです。 以上で「Windows 10」の「ドライブのデフラグと最適化」という画面から、デフラグを定期的に自動実行するように設定することができました。 「Windows 10」の「ドライブのデフラグと最適化」という画面からデフラグを実行する手順に関する記載は以上です。 Windows10のデフォルトの設定では、デフラグを立ち上げてPCのドライブを最適化する作業を毎週自動で実行するようになっています。定期的に自動でデフラグによる最適化が行われていることから、手動でデフラグを実行する必要はありません。, Windows10のPCでデフラグを実行する方法についてみていきましょう。デフラグの自動実行のスケジュールを変更する方法と、手動でデフラグツールを時刻する方法それぞれ説明しますが、その前にデフラグツールの開き方を見ておきましょう。 1 Windows10のデフラグとは? ・ PCのドライブを最適化するツール ・ Windows10では必要ない? 2 Windows10でデフラグを実行する方法 ・ 自動で実行するスケジュールを変更する方法 ・ 手動でデフラグを実行する方法 3 Windows10でデフラグを実行するときには注意点も ・ 仮想HDDはデフラグしない Windows10にアップグレードした後に上手くデバイスが動かない時はデバイスドライバのイン... 皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。. デフラグしたいドライブを選択し、「最適化」をクリックすると、デフラグが始まります。, デフラグの操作は以上となります。デフラグ完了までは時間がかかりますが、その間もPCを使用することはできますのでご安心ください。, デフラグ作業は時間がかかるうえに、普段意識しないため忘れがちになってしまいます。 そうならないために、デフラグをスケジュール処理させるのをお勧めします。手順は以下のとおりです。, スケジュールの頻度として「毎日、毎週、毎月」から選ぶことができます。 また、コマンドラインからデフラグをかけることもできるため、デフラグをバッチ処理に組み込みたい人にもお勧めです。 今回は、デフラグに関する基礎知識を振り返り、Windows10標準のデフラグ方法の解説、外部の高機能なデフラグソフトの紹介などをしたいと思います。, 普段PCを使用する際、Excelやテキストのファイルを作成したり保存したりしていると思います。 この状態だと、あとでファイルを読み込むときにハードディスク内の各箇所にアクセスする必要があるため、時間がかかってしまうのです。「1つのフィルなのに読み込むのが遅いな」と感じてしまう原因の一つになっています。, デフラグは、この断片化状態を解消するため、ハードディスク内のデータを整列させる処理です。これによりファイル読み書きが最適化され、PCの操作にかかる時間短縮への効果が見込まれます。, それでは実際にWindows10でPCをデフラグ(最適化)する方法を順番にご紹介していきます。, お使いのPCに接続しているHDDとSSDが表示されます。 デフラグ終了時にPCをシャットダウンさせるオプションも付加できるため、睡眠前にデフラグをかけるのもいいでしょう。, 通常のデフラグに加え、ファイルサイズ単位でファイルを検索してからのデフラグの実行、各ディスクの詳細情報を表示するなど、機能充実ながら操作感の良いデフラグソフトです。, デフラグのスケジュールは、ドライブ単位で個別に設定できる点もうれしいですね。 仕事が終わって帰るときにデフラグを実行させても、自動でソフトによってシャットダウンしてくれるので電気を無駄遣いする心配がありません。, こちらのソフトの大きな特徴は、デフラグをドライブ単位で行うだけではなく、ファイル単位、フォルダ単位で行うこともできるという点です。ブートタイムデフラグ、空き領域のデフラグ、ドライブエラーのチェックなどもこのソフトだけでできる、というのはWindows10のデフラグツールにはない大きな特徴です。, Windows10が発売されてからもうすぐ5年経ちます。PCを購入してから一度もデフラグを実行したことがない、という人はいないと思いますが、デフラグが自動で実行されているかどうか確認してみましょう。デフラグツールの画面を開いてみると、最後に実行した日が記されています。 スケジュールを決めたら「選択」ボタンをクリックしましょう。, これで面倒なデフラグ処理は自動化され、忘れることなく定期的に実行されるようになりました。デフラグ実行中は特に画面表示されないため、PC利用の邪魔をされることもないでしょう。, デフラグはWindows10標準の方法でも問題なくできますが、デフラグに特化したソフトウェアもあります。 ファイルを蓄積しているHDDやSSDは、ファイルの保存や削除、上書きなどをしている間にどんどん断片化が起こっています。定期的にデフラグをかけることで、常に快適に使用できるようにしておきましょう。 今回は「Windows10でデフラグ(最適化)する方法」や「そもそもデフラグ(最適化)すべきなのか?」について紹介しました! Windows10では、デフォルトで定期的に自動でデフラグ(最適化)する設定になっています。 また面倒なデフラグも、スケジュール処理したりソフトウェアを使って自動化するなどにより操作の負担も軽減します。これらを使いこなし、より無意識かつ確実にデフラグを行えるよう環境を整備することをお勧めします。 Windows10のデフラグ(最適化)まとめ. MyDefragを起動し「Defragment only」を実行、となります。 Windows10のPCで「エクスプローラー」で「PC」を開きます。デフラグツールで最適化したいドライブを右クリックして「プロパティ」を出します。, 自動でデフラグツールを実行するように設定されたスケジュールを変更する方法は次の通りです。デフラグツールの画面で、スケジュールを設定したいドライブを指定したら、「スケジュールされた最適化」の「設定の変更」をクリックします。, するとスケジュールを設定できる画面が出てきます。「頻度」をクリックしてデフォルトの設定で「毎週」となっているものを「毎日」「毎月」に変更することができます。ただし、デフラグを実行する曜日や時間は指定できません。デフラグを実行する頻度だけを指定することができます。, 自分で手動でデフラグを実行することもできます。手動でデフラグを実行する方法は、デフラグの画面でデフラグを実行したいドライブを選択してから「最適化」をクリックします。するとそのドライブでデフラグが実行されます。, デフラグが必要かどうか判断に迷うときには上の画像で「分析」をクリックすると、ドライブの状況を分析してくれます。デフラグの実行が必要だと表示されたら実行したほうがいいでしょう。 Windows10のデフラグについて解説します。デフラグとは何かという基本的な説明のほか、Windows10の標準機能を使用したデフラグ方法、より高度なデフラグをするための専用ソフトウェアも紹介しています。ぜひご覧ください。 英語表記なのでちょっと抵抗がある人もいるかもしれませんが、英語でも大丈夫な人であればぜひチャレンジしてみてください。, あまり意識しない「デフラグ」について理解は深まりましたでしょうか。 デフラグの効果をしっかり確認したい人におすすめですね。, シンプルなデフラグももちろん可能ですが、「スクリプトファイル」を作成することで、デフラグをより自分好みにカスタマイズすることができるようになっています。 これらの目に見えるファイルのほか、インターネットを閲覧した時の履歴情報ファイルなどは、PCのハードディスク内に保存されます。, 1つ1つのファイルは、必ずしもハードディスク内のまとまった個所に書き込まれているわけではありません。特にサイズの大きいファイルは、1つのファイルなのに複数個所に書き込まれてしまうこともあります。(これを「断片化」と言います) 基本的な使い方は、ソフトを起動後、ドライブ一覧からデフラグしたいドライブを選び、アクションメニューから「ドライブのデフラグ」をクリックするだけです。 なお「Windows 10」のデフラグメンテーション(デフラグ)という機能に関しては、皆様がお使いのパソコンの記録媒体がSSD(ソリッドステートドライブ)である場合に、ハードディスクのデフラグという操作の代わりに、あらかじめデータの削除可能な領域をSSD(ソリッドステートドライブ)に通知する「Trim」と呼ばれる操作が行われることを覚えておいてください。(1)注:あらかじめデータの削除可能な領域をSSD(ソリッドステートドライブ)に通知する「Trim」と呼ばれる操作に関しては、以下の「Windows 10」における「SSD」の最適化及び延命策に関する過去記事を参照するようにお願いしますjQuery('#footnote_plugin_tooltip_2580_1').tooltip({tip:'#footnote_plugin_tooltip_text_2580_1',tipClass:'footnote_tooltip',effect:'fade',predelay:0,fadeInSpeed:200,fadeOutSpeed:200,position:'top center',relative:true,offset:[0,0],}); それでは初めに「Windows 10」でデフラグを実行する手順について記載いたします。, まずは「Windows 10」の「ドライブのデフラグと最適化」という画面からデフラグを実行する手順について記載します。, そこでお使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「R」というキーを同時に押してから、ファイル名を指定して実行という画面を表示してください。, 次にデフラグを実行するドライブを選択してから、分析という項目をクリックしてください。, 次に現在の状態という欄で最適化が必要ですと表示される場合は、最適化という項目をクリックしてから、デフラグを開始します。, 以上で「Windows 10」の「ドライブのデフラグと最適化」という画面からデフラグを実行することができました。, 「Windows 10」の「ドライブのデフラグと最適化」という画面から、デフラグを定期的に自動実行するように設定する場合は、以下のように操作します。, まずは「Windows 10」の「ドライブのデフラグと最適化」という画面を参照してください。, 次にデフラグを定期的に自動実行するように設定しない場合は、「スケジュールに従って実行する」という項目のチェックを外してから、OKという項目をクリックしてください。, 次にデフラグを定期的に自動実行するように設定する場合は、「スケジュールに従って実行する」という項目のチェックを外してから、頻度という欄でデフラグの実行頻度を選択して、さらに選択という項目をクリックします。, 次にデフラグを実行するドライブの項目にチェックを入れてから、OKという項目をクリックしてください。, 以上で「Windows 10」の「ドライブのデフラグと最適化」という画面から、デフラグを定期的に自動実行するように設定することができました。, 「Windows 10」の「ドライブのデフラグと最適化」という画面からデフラグを実行する手順に関する記載は以上です。, それでは次に「Windows 10」のコマンドプロンプトの画面からデフラグを実行する手順について記載いたします。, 「Windows 10」のコマンドプロンプトの画面からデフラグを実行する手順に関しては、「Windows 10」のコマンドプロンプトの画面から、デフラグを実行するコマンドを入力することにより、「Windows 10」のコマンドプロンプトの画面からデフラグを実行するという手順になります。, そこでまずは、以下の「Windows 10」のデフラグを実行するコマンドを参照してください。, なお完全なデフラグを実行する「/w」というコマンドオプションに関しては、デフラグを実行するドライブへの負荷が高くなるために、特に長期間にわたり使用しているハードディスクで使用する場合は、注意してください。, それでは次に、実際に「Windows 10」のコマンドプロンプトの画面からデフラグを実行します。, まずは以下の「Windows 10」のコマンドプロンプトを管理者権限で表示する方法に関する過去記事を参照してから、お使いの「Windows 10」のコマンドプロンプト画面を表示してください。, <「Windows 10」のコマンドプロンプトを管理者権限で表示する方法について>, 次に以下の文字列を入力してから、お使いのキーボード上の「Enter」というキーを押します。, 以上で「Windows 10」のコマンドプロンプトの画面からデフラグを実行することができました。, それでは次に「Windows 10」のパフォーマンスを優先して動作を軽くする手順について記載いたします。, 当記事を参照される皆様が使用される「Windows 10」の動作を重いと感じる場合には、当記事で記載する「Windows 10」のデフラグを実行することに加えて、「Windows 10」のシステム設定をパフォーマンス優先に設定することも効果があります。, そのため「Windows 10」のシステム設定をパフォーマンス優先に設定する場合は、以下の「Windows 10」のパフォーマンスを優先して動作を軽くする手順に関する過去記事を参照してください。, <「Windows 10」のパフォーマンスを優先して動作を軽くする手順について(前編)>, ・「Windows 10」のパフォーマンスを優先して動作を軽くする手順について(前編), 「Windows 10」のパフォーマンスを優先して動作を軽くする手順に関する記載は以上です。, 今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 10」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。, 注:あらかじめデータの削除可能な領域をSSD(ソリッドステートドライブ)に通知する「Trim」と呼ばれる操作に関しては、以下の, 「Windows 10」を「Windows Classic」風にカスタマイズする方法, 「Windows 10 Home」でローカルグループポリシーエディターを使用する方法, 「Windows 10」のパフォーマンスを優先して動作を軽くする手順について(前編), 「Microsoft Edge」のキーボードショートカット(ショートカットキー)について, 「Microsoft Edge」及び「Internet Explorer」の動作が重い場合の対策方法, 「Windows 10」の「更新してシャットダウン」という電源項目を非表示にする方法.