大幅に使い勝手が改善しているため今後はvlookup関数とhlookup関数から. ?スニーカー*」に一致するデータがA列に存在する場合は成り立たないので注意しましょう。, ※VLOOKUPは一致するデータが2つ以上ある場合は、位置的に最も上に入力されているデータを取り出してくるので一応データは表示されますが, 上の注意点言ったように、他にもA列に「6文字 + スニーカー + 7文字」となるデータがある場合はこの指定方法は使えません。, 他に「?」の便利な使い方としては、「き?こ(きのこ、きんこなどに一致)」や「き?く(きおく、きろくなどに一致)」と文字列の間に挟んで文字を置き換えることもできるので便利ですよ。, ワイルドカードを使った関数計算で、エラーになってしまう原因でよくあるものを紹介します。上手くいかないときはどこかおかしいはずなので確認してみてくださいね!, ワイルドカードは、文字列には一致しますが数値や数式などその他のデータには一致することができないため戻り値は「#N/A」というようにエラー表示で返ってきます。, 「*」に付与するときは直接くっつけて「”」で囲いますが、「?」に付与するときは「&」でつないだうえでワイルドカードのみ「”」で囲う必要があります。, 今日は、VLOOKUP関数でワイルドカードを使って部分一致検索する方法を紹介してきました。, SUMIF関数、COUNIF関数での使い方はこちらの記事で紹介しているのでこちらをチェックしてみてくださいね!, Excelをはじめとするオフィスツールの小ワザやWEB関連のネタをつぶやいていきます。, はじめてワイルドカードを使う方や、使い方の基本について知りたいという方はこちらの記事からどうぞ。, Excel(エクセル)でよく使う「ワイルドカードとは」一体何か理解していますか?本記事では、ワイルドカードとは何?という疑問とワイルドカートの使い方を徹底的に解決していきます。ワイルドカードを使うと関数などさまざまな作業がとっても楽になるので使い方を覚えましょう。, Excel(エクセル)関数でワイルドカードを使えば簡単に部分一致での検索ができることを知っていますか?本ページでは、よくワイルドカードを使うSUMIF関数、COUNTIF関数、VLOOKUP関数の使用事例を用いながらワイルドカードの使い方を解説しています。ワイルドカードを使えば、手間のかかっていた作業も効率化できるかもしれませんよ。, どうも羊飼いです。 ?」とすれば5文字をというように?の重ねる個数によって指定文字数を決める, (adidas=6文字、nike=4文字、new balance=11文字、puma=4文字、VANS=4文字), 末尾部分による判別はできない(一致は問わない)ため0文字以上の文字列という考え方で「*」を使って「=VLOOKUP(, 他に「UNIQLOスニーカー /  E-1」など「????? 行方向に使用する例(行コピーの省略) 5. sheeepy.com(シーピードットコム)は、ExcelをはじめとするMicrosoft Officeツールの便利な使い方を初心者にもわかりやすく図解で解説していくことをメインにするブログです。またブログ作成に関連した情報やインターネットサービスに関する体験談やおすすめなどお役立ち情報を発信していきます。, 今日はVLOOKUP関数 × ワイルドカード で部分一致検索する方法を紹介していきますよ。, ワイルドカードは文字列に置き換えて一致する条件を指定することができる特殊記号で、これを使えば「不特定の文字列を指定して検索する」ことができるんですよ。, 冒頭でも話したように、部分一致にも「前方一致」「後方一致」「中間一致」などパターンがあるのでそのパターン別に見てみましょう!, セルD5に入力した文字列に前方一致するスニーカー(A列)を検索して一致データに該当する価格(B列)を取り出してくる場合を例としましょう。, セルE5に入力する関数式は=VLOOKUP(D5&”*”,$A$3:$B$8,2,0), セル番号で指定する場合は「&」と「”」を使ってつなげなくてはならないので、検索値は「D5&”*”」と指定する, D5には「adidas」と入力しているので実質的には「adidas*」で検索するのと同じことになります。, このとき関数式内の検索値に「adidas*」と直接入力して「=VLOOKUP(“adidas*”,$A$3:$B$8,2,0)」という式で計算するのもできます、どちらの方法でもOK!, ❷ そうすると、A列の「adidasスニーカー / A-1」に一致して価格「¥12,800」が取り出されてきました。ちゃんと前方一致でデータを拾えてきましたね!, これは前方一致なので、もしA列にある文字列が「新adidasスニーカー /A-1」とかだった場合には一致しません。, ですが、「*」は文字数は問わない文字列を指定するので置き換える文字が0文字である「adidas」にも一致します。, 今度は、セルD8に入力した文字列に後方一致するスニーカー(A列)を検索して一致データに該当する価格(B列)を取り出してくる場合を例としましょう。, セルD8に入力する関数式は=VLOOKUP(“*”&D8,$A$3:$B$8,2,0), セル番号で指定する場合は「&」と「”」を使ってつなげなくてはならないので、検索値は「”*”&D8」と指定する, 今度はD8には「A-1」と入力しているで実質的には「*A-1」で検索するのと同じことになります。, このとき関数式内の検索値に「*A-1」と直接入力して「=VLOOKUP(“*A-1”,$A$3:$B$8,2,0)」という式で計算するのもできます、どちらの方法でもOK!, ❷ そうすると、A列の「adidasスニーカー / A-1」に一致して価格「¥12,800」と表示されました。ちゃんと後方一致でデータを取り出してくることができましたね!, 今度は後方一致なので、もしA列にある文字列が「adidasスニーカー / A-12」とかだった場合には一致しません。, ですが、「*」は文字数は問わないので置き換える文字が0文字である「A-1」にも一致します。, セルD5に入力した文字列に中間一致するスニーカー(A列)を検索して一致データに該当する価格(B列)を取り出してくる場合を例としましょう。, セルD5に入力する関数式は=VLOOKUP(“*”&D5&”*”,$A$3:$B$8,2,0), セル番号で指定する場合は「&」と「”」を使ってつなげなくてはならないので、検索値は「”*”&D5&”*”」となる, D5には「pumaスニーカー」と入力しているので実質的には「*pumaスニーカー*」で検索するのと同じことになります。, このとき関数式内の検索値に「*pumaスニーカー*」と直接入力して「=VLOOKUP(“*pumaスニーカー*”,$A$3:$B$8,2,0)」という式で計算するのもできます、どちらの方法でもOK!, ❷ そうすると、A列の「D_pumaスニーカー / D-4」に一致して今度は価格が「¥6,700」と表示されました。ちゃんと中間一致でデータを取り出してくることができていますね!, 今回は中間一致なので、もしA列にある文字列が「pumaスニーカー / D-4」とかだった場合には一致し・・・ます!(笑), 前述でも説明したように、「*」は文字数は問わないずに0文字以上の文字列するので「pumaスニーカー」といったように前後に文字がない場合にも一致するんですね。, 「?」は、不特定の1文字の文字を示します。「??」とすれば2文字を、「???? vlookup関数の検索を利用する際に、前方一致や部分一致、後方一致などあいまいな検索をしたいときがあります。 その場合は、ワイルドカードという「パターンにマッチする文字列を記号に置き換える」ことにより再現できます。 Q 【Excel】 部分一致検索の関数. 基本的にMicrosoft 365はデスクトップ版、LibreOfficeは記事作成時の安定バージョンを用いた結果を示しています。 引数:一致モード(検索の型) 3.4. Excel如何用vlookup函数进行两个表格数据的对比,Excel作为职场的重要办公软件,强大的功能给我们提供了很多便利的地方。那么Excel如何用vlooku函数进行两个表格数据的对比呢,如何从一堆数据中匹配出自己需要的值呢。 スピルを利用する方法とメリット . 毎日お得なクーポンも!【楽天市場】, 上の例では左側の「住所」、「氏名」が入った表から住所に「盛岡市」が入った人の氏名をVLOOKUP関数で抜き出したものです。, 基本的な使い方だとVLOOKUP関数の引数「検索条件」で指定できるのは「完全一致」や「近似一致」です。, 完全一致は文字通り条件と完全に同じ、近似一致は検索対象が数値の場合に最も近い値を検索します。, 対して「部分一致」は「部分」つまり一部のみ一緒であればいいという検索方法で、言い換えれば「特定の文字列が含まれる」となるのです。, ちなみにこの検索方法は、文字列の前部分の一致を見る「前方一致」や後ろ部分の一致を見る「後方一致」を含めて「あいまい検索」と呼ばれています。, 「ワイルドカード」とは「*(アスタリスク)」や「?(クエスチョンマーク)」の2つの記号のことです。エクセルでは、検索の引数にワイルドカードを付けることであいまい検索ができるようになります。, 「文字数を指定する」とは、「あいまい検索で使用する文字列の前または後ろに文字数を指定するか?」ということで、例えば「あ」という言葉を含んでいれば全体的な文字数は関係ない、となれば「*(アスタリスク)」を使いますし、「あ」の前に1文字、後ろに2文字の文字列だけ、となれば「?」を使います。, MicroSoft 【パソコンスクールビットラボラトリ】, あいまい検索は「検索値を数式内で直接指定する方法」と「検索値をセル参照する方法」の2通りがあります。, 例えば「盛岡市」をあいまい検索する文字列とした時、条件値を数式内で直接指定する場合にはそれぞれ次のように指定します。, 対して検索値をセルE3に入力しセル参照する場合には、それぞれ次のように指定します。, ですから「セルE3に『盛岡市』という値が入っていて、これを含む文字列」を検索したい場合には、次のような数式になります。, 最大手総合ショッピングモール 2020年10月19日. Excel(エクセル)のVLOOKUP関数で検索をかけるときに 部分一致で検索したい 前方一致、後方一致で検索したい あいまい検索したい というシチュエーションがありますよね? そんなときは「ワイルドカード」を使えば簡単 …  注文票の商品名に基づき、価格表の商品名を検索してその価格をD列に転記したいのですが、注文票の商品名の方が(価格表の商品名を含む)長い表記になっているためVLOOKUP関数のワイルドカード検索では対応できません。, FILTER関数を使い、価格表の商品名(4種)が注文票の表品名に含まれるかをそれぞれ判定し、含まれるものに対応する価格を返します。 ?」5つ検索の対象ですが、上にある行が優先のため「りんご -紅玉-」の商品番号「1002」が抽出対象となります。, VLOOKUP関数をより深く勉強したい方はこちらの本でさらに理解を深めてみてはいかがでしょうか?, VLOOKUP関数の後継として新しくXLOOKUP関数が発表されました。XLOOKUP関数の基本的な使い方を説明しています。, Office Hackでは、ここでご紹介できなかった関数の一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。. | 前職は某大手企業のWEBマーケ、データ処理分析担当。 Excelをはじめとするオフィスツールの小ワザやWEB関連のネタをつぶやいていきます。, 「*」は文字数は問わない文字列を指定するので置き換える文字が0文字である「adidas」にも一致, 「??」とすれば2文字を、「???? 専任の講師からオンラインライブで授業が受けられる!! vlookupを文字列を含む(部分一致)で抽出したいけど、出来ない…あいまい検索(近似値)でも出来ない?いやいや、実はvlookupの検索値にはワイルドカードが使えるんです!今回はその方法をご紹介して … ?と指定すれば任意の3文字を検索できます。, 今回はC11の「りんご」を検索値とし、「?」を6個つないだの商品コードを抽出するVLOOKUP関数を設定します。, りんごの後に6文字続いているのが存在していれば、その商品コードを抽出することができます。, 商品コード「1001」が抽出されました。1001は「りんご -つがる-」であり、全角スペースを混ぜて6文字存在しております。・, 「?」を1つ減らして、「???? 完全に一致するものか(検索の型False)、近いものを取得しますが、(検索の型True) ワイルドカードを組み合わせると前方一致、部分一致、後方一致での. 文字列のあいまい検索を行うことが可能になります。 这篇文章由我们训练有素的编辑和研究团队共同创作,他们对文章的准确性和全面性进行了验证。wikiHow的内容管理团队会严密监督编辑人员的工作,确保每篇文章都符合我们的高质量标准要求。 这篇文章已经被读过89,697次。, 使用 Microsoft Excel 的 Vlookup 函数看起来很难,但是实际上是一件简单的事情。你只需要学习使用一小段代码,就可以简化从任何工作表格中获取信息的工作。, 这篇文章由我们训练有素的编辑和研究团队共同创作,他们对文章的准确性和全面性进行了验证。, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/9\/9a\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-1-Version-4.jpg\/v4-460px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-1-Version-4.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/9\/9a\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-1-Version-4.jpg\/v4-728px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-1-Version-4.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/a\/a3\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-2-Version-4.jpg\/v4-460px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-2-Version-4.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/a\/a3\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-2-Version-4.jpg\/v4-728px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-2-Version-4.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/7\/7b\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-3-Version-4.jpg\/v4-460px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-3-Version-4.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/7\/7b\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-3-Version-4.jpg\/v4-728px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-3-Version-4.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/2\/2b\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-4-Version-3.jpg\/v4-460px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-4-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/2\/2b\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-4-Version-3.jpg\/v4-728px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-4-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/6\/61\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-5-Version-3.jpg\/v4-460px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-5-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/6\/61\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-5-Version-3.jpg\/v4-728px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-5-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/4\/4e\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-6-Version-3.jpg\/v4-460px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-6-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/4\/4e\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-6-Version-3.jpg\/v4-728px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-6-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/5\/59\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-7-Version-3.jpg\/v4-460px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-7-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/5\/59\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-7-Version-3.jpg\/v4-728px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-7-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/3\/32\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-8-Version-3.jpg\/v4-460px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-8-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/3\/32\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-8-Version-3.jpg\/v4-728px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-8-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/6\/60\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-9-Version-3.jpg\/v4-460px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-9-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/6\/60\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-9-Version-3.jpg\/v4-728px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-9-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/2\/25\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-10-Version-3.jpg\/v4-460px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-10-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/2\/25\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-10-Version-3.jpg\/v4-728px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-10-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/a\/a2\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-11-Version-3.jpg\/v4-460px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-11-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/a\/a2\/Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-11-Version-3.jpg\/v4-728px-Use-Vlookup-With-an-Excel-Spreadsheet-Step-11-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, Sverweis in einer Excel Tabelle verwenden, utiliser RECHERCHEV dans une feuille de calcul Excel, Menggunakan Vlookup Dengan Lembar Kerja Excel, استخدام دالة في لوك أب في جدول بيانات إكسل, एक्सेल स्प्रैडशीट (Excel spreadsheet) के साथ Vlookup का यूज़ करें, Düşeyara Fonksiyonu Excel Çalışma Sayfasında Nasıl Kullanılır, 假设一位老师在 Excel 中有学生成绩列表。你可以使用 Vlookup 输入学生的名字,而该学生的成绩会马上显示在相应单元格中。, Vlookup 函数在零售行业也非常有用。你可以搜索商品的名称,而 Excel 可以显示出该商品的数量或价格。, 找到你想要显示 Vlookup 函数返回值的单元格,例如 F3。它也是显示搜索结果的地方。, Vlookup 函数返回值的单元格与完整数据表格之间可以间隔几列,从而使其不会与你的其他数据混淆。, 还是使用老师的班级学生成绩列表作为例子,假设你有两列数据。第一列是全部学生的名字,第二列是他们的平均成绩(GPA)。如果你有 30 个学生,他们的名字列表从 A2 开始,因此第一列数据是从 A2-A31。第二列数据是学生成绩,单元格范围是 B2-B31。而整个表格数值为 A2:B31。, 注意不要包括工作表头。这意味你不要在表格数组中包含每一列的名称,例如“学生姓名”和“GPA”。在你的工作表中,表头单元格是 A1 和 B1。, 在使用 Vlookup 函数时,你必须使用列号,而不是使用列的名称。因此就是你想要搜索学生的平均成绩,你也需要在函数中使用“2”作为列索引数值,因为 GPA 数据位于表格的第二列。, 该参数不能使用字母,只有数字才能够代表列。Vlookup 不能够识别“B”作为正确的参数,而只能够识别“2”。, 如果你希望获得准确数值,而不是从相邻单元格中获得的四舍五入数值,那么你必须在 Vlookup 函数中填入“FALSE”作为参数。, 如果你希望获得估计数值,也就是从相邻单元格中获得的四舍五入数值,那么你必须在 Vlookup 函数中填入“TRUE”作为参数。, 如果你不确定选用哪个参数,一般可以选用“FALSE”,因为这样可以确保在工作表中搜索到的是准确数值。, 你可以使用任何单元格输入公式,但是记住无论你使用哪个单元格,你都需要在函数代码中输入“range_lookup ”。, 参考上面的指南中的信息以确定每个参数的数值。如果你使用和我们实例相同的学生列表及其数值,那么 Vlookup 公式就是:=VLOOKUP(F3,A2:B32,2,FALSE), 这将让你使用 Vlookup 进行搜索,因为你至少需要两个单元格用来显示输入/输出信息。, 你可以在每个单元格旁边(非合并单元格)填入单元格内容说明。例如在输入查找学生单元格的左边,你可以输入“学生姓名”。, 为了避免在添加或调整工作表内容时对 Vlookup 函数进行更改,你可以在工作表数组中每一个字母和数值前加上‘$’符号。例如,我们的 Vlookup 代码可以更改为 =VLOOKUP(F3,$A$2:$B$32,2,FALSE).