vCenter Server システムのライセンスまたは評価期間の有効期限が切れると、すべてのホストがその vCenter Server システムから切断されます。 すべてのソリューションの仕様により、ライセンスまたは評価モードの有効期限が切れた場合の結果が決まります。 でっかいものと、美しいものが好きです。よく聞かれますが、筋トレはしていません。. © Copyright 2020 MSeeeeN. Auto-suggest helps you quickly narrow down your search results by suggesting possible matches as you type. vCenter Server 上で VMware VirtualCenter Server サービスが起動しない、あるいは失敗する場合のトラブルシューティング (2010807) | VMware K... 再起動後に VMware vCenter Server サービスが自動的に開始されない (2076922) | VMware KB, vCenter Serverサービスの停止、起動または再起動する方法 (2078549) | VMware KB, ディスク容量不足で VMware VirtualCenter Server サービスが開始されない (2085001) | VMware KB, Composerのせいとは思わないので、作業中にどこかをいじってしまったのかもしれません。, サービスを確認したところSQL Server Agentが無効になっていたため、今自動でサービスを開始しました。, Vdp::Connection::TestConnection SQLExecute failed: 42S02:208, [Vdp::LockRepositoryHelper] Missing table vpx_dual, A databese error occured: Repository has not been created, いただいたKBと以下のKBを確認しながら、ODBCとSQLServerの確認などを行いました。. vCenter Server、ESXiのライセンス有効期限切れの動作影響について調べてみました。まずは公式の情報から。, https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/5.5/com.vmware.vsphere.vcenterhost.doc/GUID-34BEE18C-C026-4090-8E84-DFB19A6304E7.html, 上記URLによると、ライセンスと評価期間の有効期限が切れると、vSphere 環境で特定の操作を実行できなくなりますとあります。以下は抜粋です。, ESXi ホストの場合、ライセンスまたは評価期間の有効期限が切れると、ホストが vCenter Server から切断されます。パワーオン状態のすべての仮想マシンの実行が継続しますが、パワーオフ状態の仮想マシンをパワーオンすることはできません。すでに使用されている機能の現在の設定を変更することはできません。ホストが評価モードだったときに使用されないままだった機能は使用できません。, vCenter Server システムのライセンスまたは評価期間の有効期限が切れると、すべてのホストがその vCenter Server システムから切断されます。, すべてのソリューションの仕様により、ライセンスまたは評価モードの有効期限が切れた場合の結果が決まります。, ESXi ホストの場合、ライセンスまたは評価期間の有効期限が切れると、ホストが vCenter Server から切断されるとあります。これ自体は仮想マシンには影響がないですが、パワーオフ状態の仮想マシンをパワーオンすることはできなくなるそうです。これは影響がありますね。, 上記は評価版を利用した場合の動作になります。よく簡易環境などで動作確認をしたい場合は、評価版で構築して利用することがありますが、有効期間があるので注意が必要ですね。, ちなみにライセンスが入っていて有効期限なしになっているものは、動作には特に影響がないです。また、ライセンスのサポート期限については、ポータルサイトにログインして確認することができます。, この評価版のライセンスという考え方はWindowsサーバにも同様のことが言えますね。評価版は有効期限が切れると1時間ごとにシャットダウンされてしまいます。製品版だと通知モードになります。, merrywhiteさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog vCenter Server がインストールされているマシンを起動すると、vCenter Server サービスも開始されます。vCenter Server システムは手動で再起動できます。 今回は52230となっていました。, SQL Serverのサービス SQL Server (VIM_SQLEXP) とvCenterのサービス VMware VirtualCenter Serverを再起動します。, vCenter 6.0の構築も幾度とやってきましたが、起動に失敗したことはありませんでした。, データベースもSQL ServerからvPostgresに変更されており、起動周りも改善されているのかもしれませんね。, インフラ担当してます。関西の某お笑い芸人に似ていると言われます。 Folder '\VMwareVCMSDS' could not be deleted. ブログを報告する, vSphere7 vCenter HA構成有効時のESXiホストの推奨台数に関する…, 【楽天1位 73連冠】ワイヤレスマウス マウス ワイヤレス 充電式 静音 7色ライ付 無線 薄型 軽量 USB パソコン PC 光学式 マウス 省エネルギー 高効率マウスパッド Mac/Windows/surface/Microsoft Proに対応 6ヶ月保証, ESXi7 vSphere HAを構成する場合のESXiホストの最低台数、推奨台数, ESXi6までのバージョン毎のESXiと互換性のある仮想マシンのハードウェアバージョン, Windows10 20H2 スタートメニューの色変更できない スタートメニュー、タスクバー、アクションセンターがグレーアウト, ESXi7 vCenter7 Standard Edition 標準スイッチで固定のEtherChannelを構成する設定, Windows10、WindowsServer2016に最新版の.NET Framework4.8をインストールする方法, Windows Server 2008 R2 zerologinの脆弱性対策パッチ KB4571729 更新プログラムを構成できませんでした. SQL 認証を使用している場合、VMware VirtualCenter Server サービスを起動するときに次のエラーで失敗する: ログイン失敗、データベースに接続できませんでした (209372... 「failed to create http proxy アクセス許可で禁じられた方法でソケットにアクセスしようとしました」というエラーメッセージになりました。, netstat -anoで確認したところ、ポート80でPID4のプロセスが動いていることがわかりました。, サービス画面から以下のサービスを無効・停止させたところ、無事vcenterに接続することができました!, 「アクセス許可で禁じられた方法でソケットにアクセスしようとしました」というエラー | サラリーマンのすらすらIT日記. vpxd. NSX を導入した場合など、vCenter Server Appliance (以下 vCenter) にアイコンがまだ表示されない場合は vCenter を再起動すると表示される。 ※表示されない場合は別の問題として調査する。 対象サービス. vCenter Server 4.0 と vCenter Server 4.0 Update 1 が共存するマルチ vCenter Server 環境で、vSphere Client を使用して vCenter Server 4.0 Update 1 インスタンスにアクセスする場合、vSphere 4.0 Update 1 Client へのアップグレードを要求されない場合があります。 vCenter(vCSA)がログ肥大化で機能停止してしまい、再起動しても復活しない状態に陥っていたのをうっかり発見してしまい、復旧作業にあたりました。ドミノ式に複数の問題が起きたので、参照したKBをメモがてら貼っておきます。 基本的な操作確認に使ったもの 再起動する esxi サーバーを右クリックし、[再起動]をクリックします。再起動の確認メッセージは、[はい]をクリックします。再起動する原因を入力しても、しなくても支障ありません。[ok]をクリックして、再起動を継続します。esxi サーバーのシャットダウン中。 vCenter ログイン. vCenter Serverのインベントリから追加済みのホストを削除せずにvCenter Serverをアンインストールしてしまいました。, その状態で同じPCにvCenter Serverを再インストールし、以前追加していたホストを再追加するために, ライセンスは別のvCenterServerシステムに存在します。ライセンスを割り当てるとライセンス設定は非準拠となります。, 詳細を見るとライセンスを元のvCenterServerシステムから削除する必要があるとの記載があるのですが, 元のvCenterServerはアンインストールしてしまったので削除することができません。, この場合、ホストから何らかの方法で割り当て情報を初期化する方法はありますでしょうか。, ESXi (vSphereのハイパーバイザ)とvCenterの紐づけの観点ですと、, 「ホスト」右クリックで「vCenter Serverからの切断」といったメニューで、, Host Client / vSphere Clientへのアクセスは可能なので(ライセンス投入のために必要なので), vCenterから対象ホストを右クリックして「接続」することで接続状態にできます。, 再インストールしたvCenter Serverは、DBも再作成していて、vCenterの管理画面からライセンス(vCenter と vSphere)を追加した。, その後、ESXiホストをvCenter配下に追加しようとしたらエラーがでて進められなかった、という事でよろしいでしょうか?, その場合、ESXiホストが以前のvCenterとの接続情報とライセンスを保持したままになっている可能性があるので、, ESXiのHost Client(ESXiのIPアドレスにhttps接続)にrootログインして、, 管理 > ライセンス >  ここでライセンスが以前のものが適用されている場合は、ライセンスの削除を実施する事は可能でしょうか?, >再インストールしたvCenter Serverは、DBも再作成していて、vCenterの管理画面からライセンス(vCenter と vSphere)を追加した。, >その後、ESXiホストをvCenter配下に追加しようとしたらエラーがでて進められなかった、という事でよろしいでしょうか?, vCenter ServerはDBの再作成も行っています。vCenterのライセンスはまだ登録していない状態です。, ESXiホストををvCenter配下に追加しようとすると、「4ライセンスの割り当て」のところで、先ほど投稿した内容のエラーが割り当て検証の欄に表示されます。, 次へボタンは押せるので続けることができそうですが、エラーの詳細情報を確認すると、「複数のvCenter Serverシステムのインベントリに含まれることとなりライセンス設定に非推奨になります」, とあり、元のvCenter Serverからライセンスを削除することができないので、先に進めることをためらっています。, 以前のvCenterとの接続情報を保持したままになっているかどうかは情報がありませんでした。, vSphereのライセンスの削除および同じライセンスキーの再割り当てで改善できますでしょうか?, この時、vSphereのライセンス削除後もHost Clientからライセンスの再割り当てが可能なのでしょうか。, ちなみに、Host Client管理 > ライセンス >セキュリティとユーザー >証明書には、アンインストール前のvCenterServerの証明書が表示されていました, これまでリリースされたvSphereは、ちゃんとしたライセンスキーを持っているのであれば, 1.vSphereのライセンスキーの削除および再割り当てで、vCenterの割り当て情報を初期化できるか, 2.vSphereのライセンスキーの削除および再割り当ては、vSphereの再構築なしでHost Clientから可能かどうか, もし、vSphere側でvCenterの割り当て情報を初期化したご経験があれば教えていただきたく思います。, 特に、ライセンスキーを削除した瞬間にHostClientから操作できなくなるのではないかと心配しています。, >ESXi (vSphereのハイパーバイザ)とvCenterの紐づけの観点ですと、, >「ホスト」右クリックで「vCenter Serverからの切断」といったメニューで、, >Host Client / vSphere Clientへのアクセスは可能なので(ライセンス投入のために必要なので), vShpereのライセンスキーの再登録行うことで、エラーが出ずにvCenterからホストを追加することができました。. ※VIM_SQLEXPの部分はお使いの環境により異なる場合があります。, IP Address タブより TCP Dynamic Ports の番号を確認します。 再起動したことが原因なのか、vCenterのサービスが起動していないことに気が付き、 サービスからvCenterのサービスを起動しようとしたところ、以下のようなエラーメッセージが表示され、起動することができませんでした。 エラーメッセージで検索したり、vCenterのサービス関連のKB vCenter Server Appliance 管理インターフェイスで、 [サマリ] をクリックします。; トップ メニュー ペインから、 [アクション] ドロップダウン メニューをクリックします。 仮想マシンを再起動またはパワーオフするには、 [再起動] または [シャットダウン] をクリックします。 どのバージョンの .NET Framework がインストールされているか確認する方法, スリープで強制シャットダウンされる Kernel Power 41 闘病記 (Windows 10), Alexa との付き合い方 : Amazon Echo で自作のプレイリストを再生してもらうには, PowerShellのImport-CsvコマンドレットでCSVファイルを読み込む, PowerShellのExport-CsvコマンドレットでCSVファイルを出力する, Redmine のプラグインで利用できるフックの一覧を確認する (v.3.4.6), Google Pixel 5 を Dual SIM で使うために楽天モバイル (eSIM) に MNP してみた, Redmine のログイン認証を ActiveDirectory 認証に変更する方法, Ant Design Vue でバリデーションを設定してフォームの入力チェックを行う方法, [Red Hat] VMware ESXi に Red Hat Enterprise Linux 8.1 をインストールする. vCenter Server が停止した場合の影響を備忘録としてまとめました。 ・vMotion、DRS、DPM ・クローン ・ホストプロファイル ・アラーム設定 ・ハードウェアステータスの監視 ・過去のパフォーマンスデータ ・スケジュール設定タスク 設定変更やvMotionは実行できませんが、既にVMware HAやFTを構成 … Win32 exception:Stack overflow(スタック オーバーフロー), そのようなインスタンスでは、ホストから仮想マシンを削除するか、または vCenter Server データベースをクリーンアップするまで vCenter Server を再起動できません。安全性を考慮して、vCenter Server データベースをクリーンアップするのではなく、ホストから仮想マシンを削除することを検討してください。, 注:vCenter Server を再起動したあとで、vSphere Client インベントリに仮想マシンを表示して、仮想マシンのコンテキスト メニューで [インベントリから削除] オプションを無効にすると、vCenter データベースから仮想マシン エントリを手動で削除する必要があります。, CloneVM_Task を使用した読み取り専用仮想マシンのデプロイが失敗する vCenter Server で CloneVM_Task を使用して読み取り専用仮想マシンをデプロイすると、デプロイが VirtualCenter 2.5 および vCenter Server 4.0 で失敗する場合があります。たとえば、読み取り専用ディスクを持つ仮想マシン A が仮想マシン B にクローン作成され、仮想マシン B は仮想マシン C にクローン作成された場合、クローン作成操作が [ fault.CustomizationPending.summary] というエラー メッセージで失敗します。ただし、仮想マシン B が仮想マシン C にクローン作成される前にパワーオンされている場合は、クローン作成操作は正常に完了します。また、仮想マシンをクローン作成でカスタマイズしたあと、その仮想マシンをパワーオンしたときに、ゲストのカスタマイズ サイクルが一度だけ実行される場合があります。 このような症状は、仮想マシンに VMware Tools がインストールされていない場合、または VMware Tools の古いバージョンが実行されている場合に発生します。 回避策:, 回避策:クラスタで DRS を無効にしたあと、vMotion のアップグレード処理を実行します。, HA エージェントにエラーがあります。HA エージェントとの通信時にタイムアウトが発生しました。, [2009-08-06 03:54:41.358 0xf7b9ab90 error 'App'] [MIGRATE] (1249555939468000) VMAP error in CompleteSource [2009-08-06 03:54:41.361 0xf7b9ab90 verbose 'App'] [VpxVmomi] Invoke error:vim.host.VMotionManager.completeSource session:521e2b88-6177-ff48-cdf4-8af2932abac0 Throw:vpxapi.DasCommunicationFault, <データ センター> の <クラスタ> の <サーバ> の HA エージェントにエラーがあります 。, このエラーは、vSphere Client のイベント ログとホストの [サマリ] タブの両方に表示されます。, 回避策:この問題は、RHEL ゲスト OS で稼動している Kudzu サービスが原因で発生する場合があります。カスタマイズ後に Kudzu サービスがターゲット仮想マシンで起動すると、このサービスが新しく追加されたハードウェアとして NIC を検出し、デフォルトの DHCP 設定を適用して、固定 IP 設定ファイル ifcfg-ethxを ifcfg-ethx.bakとして保存します。この問題を解決するには、ソース仮想マシンで Kudzu サービスをオフにしてからカスタマイズを行います。次のコマンドを実行して Kudzu をオフにします: /sbin/chkconfig --level 345 kudzu off, Service failed to respond in a timely manner.(サービスの応答がタイムアウトしました。), このメッセージは、vCenter Server のシャットダウンまたは起動には、サービスの開始または停止のための構成済みのシステム全体のデフォルトのタイムアウトよりも長い時間が必要であることを示しています。, 回避策:数分待ってから [サービス制御] 画面を更新すると、サービスが正常に停止および再開されたことが示されます。, Symbolic link points to missing files.(シンボリック リンクの参照先ファイルがありません。), VMware vCenter Server 4.0 Update 4a リリース ノート, vSphere 4.0 および vCenter Server 4.0(ESXi 4.0 Embedded エディション), vSphere 4.0 および vCenter Server 4.0(ESXi 4.0 Installable エディション), vSphere 4.0 および vCenter Server 4.0(ESX エディション), ESX 4.0 Update 1 以降および vCenter Server 4.0 Update 1 以降, ESXi 4.0 Update 1 Installable 以降および vCenter Server 4.0 Update 1 以降, ESXi 4.0 Update 1 Embedded 以降および vCenter Server 4.0 Update 1 以降, http://www.vmware.com/jp/download/vsphere/open_source.html, Oracle Java SE Critical Patch Update Advisory of June 2012(Oracle Java SE 重要パッチ アップデート報告 2012 年 6 月), vCenter Server、vSphere Client、および vSphere Web Access, Windows Server 2008 で、vCenter Server 4.0 および 4.0 Update 1 のインストール処理が完了しない場合がある, Terminal Server が実行中の場合、vCenter Orchestrator のインストールが失敗する, 「FK_VPX_EVENT_ARG_REF_EVENT is not a constraint」 というエラーで vCenter Server データベースのアップグレードに失敗する, VirtualCenter Server を vCenter Server 4.0 にアップグレードすると、ESX ホストおよび仮想マシンの概要パフォーマンス チャートが表示されない, vCenter へのアップグレード後に、過去 1 週間の統計 rollupvc40 SQL Server ジョブの実行が失敗する, vCenter Server を DE ロケールにインストールしたあとの DB2 データベースの問題, DB2 データベースを使用する 32 ビットまたは 64 ビットの Microsoft Windows Server 2003 にインストールされた DE ロケールの vCenter Server に関するパフォーマンス チャート問題, パフォーマンス チャートの概要から vSphere データベース サーバへの接続の問題, クラスタまたはリソース プールの概要パフォーマンス チャートが表示されない場合がある, vSphere 4.0 Update 4a コンポーネントをインストールするコンピュータの名前には、ASCII 以外の文字を使用しないでください。, vCenter Server をインストールするコンピュータまたは仮想マシンの名前には、ASCII 以外の文字を使用しないでください。使用した場合、vCenter Server のインストールは失敗します。, すべてのコンポーネントについて、インストーラで指定されたデフォルトのインストール パス名を使用するようにします。インストール パスは変更しないでください。インストーラは、ASCII 以外の文字および拡張 ASCII 文字を含むインストール パス名をサポートしません。, データストア名、仮想ネットワーク名、およびイメージ ファイル名(CD、DVD、およびフロッピー ドライブ)は、ASCII 文字のみに制限されます。, vCenter Server へのログインは、ユーザー名(Windows のログイン アカウント名)に ASCII 文字を使用している場合のみサポートされます。, ASCII 以外の文字を使用すると、イメージのカスタマイズが失敗する場合があります。, 一般的なインターネット プロトコルに従って、次の項目には ASCII 以外の文字は使用できません。ホスト名、ワークグループ名、ドメイン名、URL、E メール アドレス、SMTP サーバ名、SNMP コミュニティ文字列。, ASCII エンコーディングを使用するゲスト OS のカスタマイズがサポートされていますが、UTF-8 エンコードの日本語、中国語、またはドイツ語のネイティブ文字を使用するカスタマイズのサポートが制限されています。非 ASCII エンコードの所有者、組織、ユーザー名、またはパスワードを使用するカスタマイズの場合、vCenter Server および sysprep ツールがゲスト OS と同じロケールにホストされる必要があります。この制限には、UTF-8 エンコードの応答ファイルが含まれます。, vCenter Server を言語が異なる Windows で実行中の vSphere Client で管理する場合、Windows における言語固有のサポート状況の違いが原因で、文字が正常に表示されない場合があります。, ASCII 以外の文字を含むログの場所またはユーザー名がエラー メッセージに含まれる場合、ローカライズされた環境では正常に表示されません。, vCenter Server にログインしているときに、vSphere Client で [ SSL エラーが発生したため、要求に失敗しました] というエラー メッセージが表示される場合があります。, vCenter Server にログインしたあと、ESX ホストの [ハードウェアのステータス] タブと [ストレージ ビュー] タブが入れ替わって表示される場合があります。, タスクを最初にスケジュール設定してから実行時間を編集したスケジュール設定タスクがあり、, vCenter 2.0.x を vCenter Server にアップグレードしたあと、スケジュール設定タスクを編集して保存します。この処理では、タスクの, Windows の VMware VirtualCenter Server サービスを停止します。, 新しい vSphere Client インスタンスを開き、vCenter Server にログインします。, ホストのライセンス キーにカーソルを移動して、使用可能な製品およびアドオン機能を参照します。, vSphere Client を使用して、ESX/ESXi ホストに直接接続します。この回避策では、直接接続する必要があります。, 各仮想マシンの設定を編集して、無効な vDS ポートから仮想マシンを 1 台づつ移行します。これにより、仮想マシンへのネットワーク接続が長時間切断されます。, [ホスト] - [構成] - [ネットワーク] - [分散仮想スイッチ] の順に選択して、[削除] を選択します。, vCenter Server システムに接続されている vSphere Client で、ホストのネットワーク設定を更新します。これでエラーはなくなります。, SAN、ローカル、または iSCSI ボリュームを一時的に使用して、Storage vMotion で RDM の仮想マシン ディスクをフラットまたはスパースのディスク タイプに変換します。, 再度 Storage VMotion で、変換後のディスクを SAN、ローカル、または iSCSI ボリュームから NFS ボリュームに戻します。, [管理] - [vCenter Server 設定] - [ランタイム設定] にある vCenter Server 名を変更する, [管理] - [vCenter Server 設定] - [詳細設定] にあるキー VirtualCenter.VimApiUrlおよび VirtualCenter.VimWebServicesUrlの URL を新しいシステム名に置き換える, バージョンのフィールドで、[SLES10] または [SLES11] のいずれかを選択します。, [スタート] - [設定] - [コントロール パネル] - [ユーザー アカウント] の順に選択して [ユーザー アカウント] ダイアログ ボックスを開きます。, [スタート] - [すべてのプログラム] - [VMware] - [vCenter Server リンク モードの構成] の順に選択します。, 管理者レベルの権限のコマンド プロンプトで vCenter Server インストール ディレクトリに移動します。, 新しいキーを追加するか、既存のキー guestcust.always-use-vmountを変更して、値を true, キーとして 「 config.migrate.test.CpuCompatibleWithHost」 と入力し、値を false に設定して、[追加] をクリックします。.