google_ad_client = "pub-8092962482169671"; 値の貼り付けと題しましたが、値だけではなく、「形式を選択して貼り付け」のいろいろな指定方法です。セルをコピーして、他のセルに「形式を選択して貼り付け」する場合のマクロvbaコードです。セルの値や書式を別のセルにコピーすることはマクロvbaでは定番かつ必須の技術になります。 © 1995 - Office TANAKA ョン]の「値」を実行するのも、やってることは同じですよ。, さて、この"値貼り付け"が遅いってご存じでしたか?実務で何回も値貼り付けを繰り返していたら、そりゃマクロも遅くなりますよ。やってみましょうか。, セル範囲A1:A500に適当な数値を入れました。隣のセル範囲B1:B500に「=A1*2」的な数式を入れました。このセル範囲B1:B500の計算結果(値)を、1つずつ隣のC列に"値貼り付け"していきます。本当は、このように連続した範囲でしたら、複数のセルを一気にやるんですけど、今回はそういう話ではありません。"値貼り付け"を500回繰り返したら、という検証です。まずは、10回試した結果をご覧ください。, "値貼り付け"を実行すると、どうしてもアクティブセルが移動します。つまり、画面が変化します。こんなときは、画面の更新を抑止するとマクロの実行速度が上がります。本来であれば、アクティブセルが移動するようなコードそのものが「それって、ど~よ」って感じなんですけど、一応画面更新を抑止したコードも試してみました。, この結果を見て「おお!やっぱ画面を止めるとマクロは速くなるんだぁ!」なんて喜ばないでくださいね。本題はここからです。, 計算式の結果を別のセルに"値貼り付け"するって、要するにどういうことですか?計算式の結果を、別のセルに"代入"するってことでしょ。セルに何かを代入するのは「セル.Value = 何か」と書けば済みます。さらに、セルに入力した計算式の結果って、それってValueプロパティですよね。ですから、みなさんが手動でやる"値貼り付け"ってのは、VBA的には値(Value)の代入なんです。上記と同じ、500個の数式が入力されているセルの、値(Value)を別のセルに代入すると、次のような結果になります。, あなたは、これでもまだ"値貼り付け"を繰り返しますか?, 私のセミナーで毎回言っていますが、マクロとは「手動操作の高速化」じゃないんです。Excelに対して手動操作でやることを、そのまま速く実行することがマクロではありません。マクロとは、みなさんがExcelに指示・命令をすることです。そのためにVBAというマクロ言語が実装されているんです。くれぐれも「手動操作の高速化」をしないようにしてくださいね。, . ですから、みなさんが手動でやる"値貼り付け"ってのは、VBA的には値(Value)の代入なんです。上記と同じ、500個の数式が入力されているセルの、値(Value)を別のセルに代入すると、次のような結果になり … date = new Date(); google_ad_width = 728; 配列を使ってワークシート上に並んだデータの行列を入れ替えるマクロ(Excel VBA)を作ってみたので紹介します。特に目的があったわけではないのですが、誰かの何かのお役に立てばと思います ^^以下のように行列ぎっしりと詰め込んで並んだデータ フト, セル範囲の文字列を結合するユーザー定義関数, マクロで和暦の令和元年令和2年以降を入力, 和暦令和の書き換えをブック全体で自動実行. /* Unit3 */ マニュアル操作による「形式を選択して貼り付け」の機能のほぼ全てを実現します。例外は「リンク貼り付け」で、この場合はPasteメソッドを使用します。 引数Pasteが「貼り付け」、Operationが「演算」の各項目に対応しています。 行や列をコピーする。Excel VBA サンプル集。Excel VBAの書き方から、サンプル集やリファレンス集を掲載しています。