あの人はネオ・ジオン総帥になりますし、アクシズも地球に落とします。理由は愚かな人類に失望したから…ではなく、時の牢獄を破壊するために(新生時空震動の原因と思われる)アクシズ落とし(が実行されたと思われる状況の再現)をするためです。今回の特異点はシャア本人とフロンタルで、大特異点はアクシズです。新生時空震動の発生した原因はアクシズの落下と推測されており、それを再現しつつ、大特異点であるアクシズに人々の意識を集めるために起こしましたが、フロンタルがそれを地球人類の粛清に使おうとしました。基本的に敵として相対しますが、最終盤で味方参入します。, シャアの代理にして影武者、というのが表向きの立ち位置ですが、正体はシャア同様の特異点であり、どこかの世界のシャアの同一人物です。, 宗介が主人公の親友ポジションになります。ナムサクという地名が言及され、カリーニンやレナードが歪んだ世界に意味深な反応をする、かなめが特異点という話が出てくるなど後篇での原作版参戦を予感させる伏線も…。また、大貫善治が登場するなど短編ネタも豊富にあり、後篇の予告では「つづくオン・マイ・オウン」らしき1シーンが映っています。, 最後の敵は尸逝天でパイロットは尸空。尸逝天は「沈黙の巨蟹」のスフィアが搭載されている…のですが、実は厳密に言えばラスボスではありません。本作のラスボスは「天元突破グレンラガン」のアンチスパイラルで、尸逝天とはエピローグで戦う事になります。, 隊員たちは健在でございますが、隊長である化け猫…もとい、マリリンが戦死した今は没落しており、傭兵稼業を行っております。新たなシンボルとなるものを探しているのですが、目をつけたのはよりにもよって声が同じである千鳥かなめであったりします。なお、モミアゲが特徴なイカレ野郎が編入しました。, 時獄篇の時点では正体は完全にはわかりませんが、少なくとも敵ではありません。「クロノ」という組織のうち、「改革派」と呼ばれる一派の頭目であり、かつてはイオリア・シュヘンベルグやエルガン・ローディックの盟友でした。本人曰く、アドヴェントは「忘れ去られた最後の一人」であり、「存在する全ての世界を守るもの」の一人です。ヒビキ同様「テンシに魅入られ、その呪いを解くために戦っている」とのこと。搭乗機のアスクレプスはジェニオン同様、テンシを討つための存在です。ただし、スフィア・リアクターなのかは不明です。専用曲やアスクレプスの名前からしても、何らかの関係はありそうですが……。, アニューとローレライは生存していますが、前述のようにZRルートが正史であるため、ロロは死亡してます。シャーリーについては直接言及がありませんが、キリコとルルーシュにゼロポイント規定値到達が前提のやり取りがある為生存しているとみていいでしょう。, ギュネイとクェスは無条件で生存。クェスの方はフラグ次第で味方になります。ロニはバナージで撃墜すると死なずに回収されますが仲間にはなりません。シュレード、ジン、グーラはifルートに進むことで生存しますがグーラは仲間にはなりません。意外なところではゲイツが生き残ります。逆にフィアナ、キタンは確定で死亡します。ただしキタンの場合、武装「キングキタンギガドリルブレイク」が離脱時のイベント戦闘のためだけにカットインとアニメと台詞を用意されるという破格の扱いです。, 条件を満たす事で49話のシナリオデモにて選択肢が出現、「運命に抗う」を選択すると50~54話がifルートになります。, ゲームクリア後に見ることができる予告編から「天獄篇」であることが判明しました。ちなみに第3次Z時獄篇が発表された『聖夜のスパロボ生配信!』にて、ゲストの池澤春菜氏が寺田プロデューサーに「前編が『時獄篇』って事は、後編は『テンゴク篇』ですか?」という質問に対して寺田プロデューサーが口篭る一幕もありました。, https://srw.wiki.cre.jp/w/index.php?title=ネタバレ/第3次Z時獄篇&oldid=132871. 『第3次スーパーロボット大戦Z』(だいさんじスーパーロボットたいせんゼット、Super Robot Wars ZIII)は、バンダイナムコエンターテインメント(旧バンダイナムコゲームス)より発売のシミュレーションRPG。略称は『SRWZIII』。, 前作『第2次スーパーロボット大戦Z』(以下『第2次Z』)と同様の2部作構成であり、2014年4月10日に前編である『第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇』(だいさんじスーパーロボットたいせんゼット じごくへん・以下、時獄篇)が発売。2015年4月2日発売の後編である『第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇』(だいさんじスーパーロボットたいせんゼット てんごくへん・以下、天獄篇)と合わせてZシリーズの最終章となる。また、天獄篇の初回購入特典として、無料ダウンロードコンテンツ『第3次スーパーロボット大戦Z 連獄篇』が存在し、こちらは時獄篇と天獄篇の間を繋ぐストーリーとなっている。, キャッチコピーは「突貫せよ、永遠の“時”の牢“獄”を」(時獄篇)。「掃滅せよ、果てなき“天”の“獄”炎を」(天獄篇)。, SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品「スーパーロボット大戦シリーズ」の一作。シリーズカテゴリの一つである「Zシリーズ」の第4・5作目にあたり、『スーパーロボット大戦Z』(以下『Z』)から始まり、『第2次Z』を経て続いてきたZシリーズの最終章となる。, 大時空震動により次元の壁が崩壊して誕生した複数の多元世界。多元世界UCW(スーパーロボット大戦Z)で起きた多元戦争を終結させた特殊部隊ZEUTHは、時空震動により別の多元世界ADW(第2次スーパーロボット大戦Z)に転移してしまう。ADWの特殊部隊ZEXISと協力し、破界事変、再世戦争を終結させたZEUTHは次元の穴アビスを通りUCWへと帰還した。しかし、帰還直後に大規模な時空震動である新世時空震動が発生し、UCWとADW、そしていくつかの世界が融合した新たな多元世界が誕生した。, 新世時空震動から三ヶ月後、陣代高校に通うヒビキ・カミシロは、時空震動によって現れた謎の無人機から街を守るため、同じく時空震動によって現れた機動兵器ジェニオンに乗って戦う。自らの目的のためにジェニオンに乗り続けることを選んだヒビキは、教育実習生の西条涼音をパートナーとし、地球を狙う様々な敵との戦うこととなり、ZEUTH、ZEXIS、そして新たな仲間を加えた部隊「Z-BLUE(Z busters link universe & earth)」に所属することとなる。, そんな中、スペースノイドの組織ネオ・ジオンが地球に対して宣戦布告を行う。その総帥となったのはかつてZEUTH、ZEXISで共に戦ったクワトロ・バジーナこと、シャア・アズナブルであった。困惑するZ-BLUEを他所に、戦況はますます苛烈になっていく中、スペースノイドとアースノイドの戦いを激化させている組織ジェミニスの隊長ガドライト・メオンサムがヒビキの父と姉を殺したテンシであること、そして地球の相対時間が停止する時の牢獄「エタニティ・フラット」が三ヵ月後に迫っていること、その裏には人類の進化を監視する謎の組織クロノが関わっていることが発覚する。そして、そのクロノからやってきた戦士・アドヴェントは、クロノの中の「改革派」に属し、自らもヒビキと同じくテンシを追う者だと名乗り、彼を導くことを目的としてZ-BLUEに助力する。, 激化する地球と宇宙の戦い、地球を狙う様々な敵、人類の敵であるバアル、そして謎の組織クロノ、様々な思惑が交差する中でZ-BLUEは時の牢獄を破壊するために戦いを続ける。, 時の牢獄「エタニティ・フラット」は破壊された。しかし、その先に現れたのはもう一つの地球「翠の地球」だった。そしてそれと同時にZ-BLUEの地球「蒼の地球」に星間連合サイデリアルが侵攻してきた。抵抗するZ-BLUEであったが、圧倒的戦力差を前に撤退を余儀なくされてしまう。, サイデリアル侵攻から二ヶ月後、蒼の地球はその75%がサイデリアルの手に落ち、新地球皇国(ガイア・エンパイア)として支配されていた。Z-BLUEは2つの地球をサイデリアルから開放するためにかつての仲間と新たな仲間を加え、戦い続ける。, しかし、彼らの前に立ちはだかるのは己の野望を貫く者、かつて倒したはずの敵、人類の敵バアル、皇国のスフィア・リアクター達、スフィアを狙う男アサキム・ドーウィン、そして遂に姿を現した多元世界最大の敵根源的災厄。, 『時獄篇』は全32作品。初参戦作は4作品。『天獄篇』は全44作品。初参戦作は6作品。『時獄篇』ではZシリーズ第1作『Z』から参戦していた作品の多くが外されているが、第2作『第2次Z』から参戦した作品の多くは続投している(一部の作品は続編と入れ替わっている)。『天獄篇』では『時獄篇』で外された作品のいくつかが復帰した。, 『第2次Z』と同様に2部構成となっている関係上、『機動戦士ガンダムUC』(『時獄篇』発売時点では未完結)など、『時獄篇』ではストーリー再現が途中までに留まる作品が存在する。, 『天元突破グレンラガン』は『時獄篇』においてストーリーが最後まで扱われ、機体が銀河以上に巨大化する「天元突破」は1MAP限定で敵味方すべてが機体サイズ「∞」に変化する形で再現された。また、『時獄篇』では同作のキャラクターであるアンチスパイラルが最終ボスとなっている[4]。, 『マクロスF』は劇場版2作品のみの参戦となり、キャラクターも劇場版からの登場という扱いであるが、あくまで前作までと同一人物であるため、キャラクターの設定のみTVシリーズに準拠している。, 『時獄篇』での『フルメタル・パニック!』シリーズは『フルメタル・パニック! 前編『時獄篇』は2014年4月10日発売。 後編にして完結編『天獄篇』は2015年4月2日発売。 『じごく』に対して『てんごく』なのは発表当初から予想されていたが、バンダイが早期から商標登録していたため前編発売の前から後編のタイトルが判明していた。 1ページあたりのデータ容量が閾値をこえると、編集作業に支障をきたしたり、ページの読み込みや単語検索に時間がかかる(またはエラー)場合がありますので、容量の多いページはできるだけ分割してご利用下さい。 1ページあたりのデータ容量が閾値をこえると、編集作業に支障をきたしたり、ページの読み込みや単語検索に時間がかかる(またはエラー)場合がありますので、容量の多いページはできるだけ分割してご利用下さい。 時獄篇Wiki 第3次スーパーロボット大戦z 時獄篇攻略wiki Last-modified: 2014-04-08 (火) 08:46:07 ヘルプ -- PukiWikiで編集するには? -- 名無しさん (2016-03-14 19:04:57), ダンクーガ(忍達の方)はリストラしないでほしかった。んで、聖闘士ネタやってほしかった。担当声優全員聖闘士のCVやってる上に、男4人の声優は黄金聖闘士と同じだから。更に、黄金聖衣の守護星座もスフィアのモチーフとなった星座も黄道十二星座だから -- 名無しさん (2016-05-10 02:04:06), グレンラガンの船と合体している時の戦闘BGMが良いね、原作一回も見た事ないけどその音楽がかかるとこれが最後の闘いなんだと感じる。 -- 名無しさん (2016-05-13 09:28:15), 場所によっちゃボロクソの叩かれてるけど、そんなにひどいか?俺は楽しめたんだが -- 名無しさん (2016-10-22 20:06:30), ↑そういう人はどんなゲームにでもいるから気にする価値はない -- 名無しさん (2016-10-22 20:14:26), 確かに時獄篇と天獄篇は良作だが、どこか人間主義と人間の傲慢を感じるところがあった。神は人間の味方とは限らないし、人間の愚かさや心の闇をかもしれないであやふやにする人がいるし。まぁ、完全に認めたくない気持ちはわかる。 -- 名無しさん (2017-02-05 19:00:47), ギアスのところにナタク(五飛)があるのはなにか理由が? -- 名無しさん (2017-06-25 10:04:08), せめてオーガス02ぐらいは出せよ・・・ -- 名無しさん (2017-08-01 08:24:47), オーガス02はこれに出られなかった事で実機ゲームに出るのは絶望的になったんだよね…スパクロならワンチャンあるけど。にしても、Z3なんでこんな分岐ルート多いの…? -- 名無しさん (2017-08-01 09:14:59), せめてZ外伝は出してほしい -- 名無しさん (2017-08-01 16:58:27), ↑7 逆に世間的にクソゲーでも楽しめた経験あるだろ?それと同じだ。他人がどう言おうが自分の感性を信じればいいのさ。ただしそれを他人に押し付けるのはNGな -- 名無しさん (2017-08-22 15:15:33), 時獄篇で参戦を思わせていたZZと閃光のハサウェイがVに出たのは天獄篇で参戦させる予定だった名残だろうか・・・? -- 名無しさん (2017-11-22 09:31:11), なんで先代ダンクーガをリストラしたんだよ…シリーズものの最後には必ずダンクーガ来てたのに…ファラウェイ聴きたかったのに… -- 名無しさん (2017-11-22 14:56:41), ↑HDスパロボで断空双牙剣が見られる最初で最後のチャンスだったのにな。 -- 名無しさん (2018-09-12 13:53:35), このスパロボで、ガンダムAGE・エウレカセブンAO・アクエリオンEVOLが出ると思っていたが、結局この中で出たのは一つだけ。 -- 名無しさん (2018-09-15 15:01:38), 五飛ちょっといろんな組織に混ざりすぎよw -- 名無しさん (2018-10-14 22:06:10).

編集時の注意点.
The Second Raid』のデザインが初めて採用。また『天獄篇』における『フルメタル・パニック!(原作小説版)』はアニメ版のデザインをベースに、当時アニメ未登場だったキャラクター[5]を原作イラストレーターの四季童子が描き下ろし[6]、原作を基にしたシナリオが再現される。, 『天獄篇』の初回封入特典として封入された『連獄篇』はZシリーズのオリジナルキャラクター、メカのみの登場で、版権作品のキャラクターなどは登場しない[7]。, ここでは、本作特有のシステムや新規追加・変更されたシステムについて解説する。シリーズ共通のシステムについてはスーパーロボット大戦シリーズのシステムを参照。前作から引き続き参戦している作品の特殊能力はスーパーロボット大戦Z#原作設定を再現したシステム、第2次スーパーロボット大戦Z#原作設定を再現したシステムを参照。, オリジナルキャラクターのデザインは大籠之仁(STUDIO G-1 NEO)が担当。, 『時獄篇』の発売を記念して、バンダイチャンネルと連動したキャンペーンが2014年3月6日から4月24日まで実施された[8]。, 毎週2作品ずつ、計14作品の一部が無料で配信される。無料動画を試聴すると『時獄篇』で使用できる強化パーツが手に入るプロダクトコードがプレゼントされる。, 実際には最終話後のエピローグでオリジナルの敵との戦闘があるが、こちらは倒す必要はない。, 2018年には、アニメ第4期『フルメタル・パニック! Invisible Victory』が放送。これらのキャラクターもアニメに登場した。, 劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-, 【週間ソフト販売ランキング TOP50】PS4『NieR:Automata』が18.9万本で1位(2月20日~26日), 「第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇」,参戦作品をバンダイチャンネルで視聴して強化パーツをもらおう, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=第3次スーパーロボット大戦Z&oldid=80220467, ARX-7 アーバレスト(フルメタル・パニック! 第3次スーパーロボット大戦z 時獄篇 攻略の缶詰へようこそ。主人公誕生日,シナリオフローチャート,エースボーナス・フル改造ボーナス,オススメ機体等の攻略情報を掲載。

『第3次スーパーロボット大戦z時獄篇』の全話一覧。 本編60話+エピローグ1話の全61話。 49話クリア後、一定条件で進むことが可能な隠しルートが存在。 第3次スーパーロボット大戦z 時獄篇攻略wiki Last-modified: 2014-04-08 (火) 08:46:07 ヘルプ -- PukiWikiで編集するには? 玉蘭がマップにいる時、与ダメージ1.1倍、被ダメージ0.8倍。 夏玉蘭: 玉芳がマップにいる時、与ダメージ1.1倍、被ダメージ0.8倍。 ギミー・アダイ: 天元突破グレンラガン: ダリーとタッグ時、与ダメージ1.2倍、被ダメージ0.8倍。 ダリー・アダイ 『第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇』の続編。『Zシリーズ』最終章である『第3次スーパーロボット大戦Z』の後編にして、Zシリーズの完結作である。 初回封入特典として『時獄篇』と『天獄篇』の橋渡しとなる外伝作品『第3次スーパーロボット大戦Z連獄篇』のダウンロードコードが付属する。 The Second Raid』以降はアニメ化されていないため、どこまで再現されるか不明であった。原作のイラストレーターである四季童子氏がTwitterで「第3次スーパーロボット大戦Zで原作フル参戦」と述べていたが、該当のツイートは削除されている。, 『機動戦士ガンダムUC』は本作発表時では(原作小説が既に完結済みとはいえ)映像作品が未完状態での参戦(完結は2014年5月の劇場公開、6月のBD/DVD発売)。, 本作から登場するオリジナルキャラクターのデザインはスタジオG-1 NEOの大籠之仁氏が担当。王道シリーズ作品において、オリジナル主人公のデザインを河野さち子氏以外のデザイナーが担当するのは『第4次』以来となる。, 公式サイトや説明書に記載がないうえに、一部攻略本では獲得資金が1.5倍などという誤記が見られる。, 劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-, https://srw.wiki.cre.jp/w/index.php?title=第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇&oldid=361469, Dトレーダーで購入できる強化パーツ「レスキューユニット」で修理装置・補給装置が追加できるため、全パイロットが修理技能と補給機能を習得できるようになった。, 小隊制の再実装に伴い、メインパイロットの習得コマンド数が『Z』と同じ最大5種に戻った。サブパイロットは戦艦サブだけでなくロボ搭乗サブも一部除き3種までとなった。, パイロットごとに精神コマンドに「+」がついたものがあり、これらはチーム全体に効果を及ぼす。所持するのは主人公枠かライバル、副主人公枠が殆どだが、エースボーナスで所持するものもいる。, 期間限定企画として2014年3月6日~4月24日の全7週間に渡り、バンダイチャンネルとの連動で強化パーツの入手用プロダクトコードのプレゼントキャンペーンが実施された。期間中に無料配信される本作の各参戦作品の動画を試聴することで、配信週に対応した強化パーツのプロダクトコードが得られるという仕組み。得られる強化パーツは「フライトモジュール」(第1~2週)、「レスキューキット」(第3~4週)、「DGの牙」(第5~6週)、「BCHモーター」(第7週)の全4種。, 同様に期間限定版に付属する『スーパーロボット大戦』のダウンロードコードを公式サイトで入力すると20万人限定で強化パーツ「PMCサイト」のプロダクトコードが得られる。, 公式攻略本の強化パーツ特典として、エンターブレイン(ファミ通)刊の攻略本には「アサルトブースター」、アスキー・メディアワークス(電撃)刊の攻略本には「セイクリッドアーマー」のプロダクトコードがそれぞれ封入。, 特典パーツのうち「BCHモーター」「PMCサイト」「アサルトブースター」「セイクリッドアーマー」の4種は特典を使用しなかった場合でも4周目で自動入手となる。, PSV版は当初、データ容量がVitaカード内に収まりきらないとしてダウンロード専売の予定であったが、容量面の問題が解決したため発表から約1ヶ月後にパッケージ版も発売する事が決まった。.
http://srw-z3-tengoku.suparobo.jp/ The Second Raid).