ギリシャ語 / Ελληνικά n {\displaystyle R} このモデルでは組(タプル)は、属性名の集合から属性値の集合を導出する部分関数である。 . m 直積演算 R × S の属性の数は、R の属性の数と S の属性の数を、足し算した数になる。, 任意の2つの関係 オランダ語 / Nederlands の両方の属性から構成されるようにする。 {\displaystyle \bowtie } {\displaystyle R\div S:=\pi _{R'}(R)-\pi _{R'}((\pi _{R'}(R)\times S)-R)}, SQLでは、直接、商を求める機能は、提供されていない[1]。 この一般化された結合演算の概念は、θ結合(シータ結合)とも呼ばれる。 まず集合論に基づく演算子(和、差、交わり (交差) 、直積)を説明し、続けて関係代数特有の演算子(制限 (選択) 、射影、結合、商)を説明する。 {\displaystyle B} n B Rel という RDBMS は Tutorial D を実装している。 {\displaystyle \varphi } β 英語 / English M R 関係Rと関係Sがある場合の完全外結合 R =X= S を考える。 C は次のような条件式である。 関係代数演算において、この交換法則と結合法則はクエリ最適化のために活用することができる。, 関係 の準結合は、次のように定義される。, 商(division)演算 R ÷ S は、直積演算とは対称となる逆の演算と考えることができる。 、 γ と について、直積は次のように定義される。, 制限(restriction)は、選択(selection)ともいい、ある関係から、指定した条件に合う組の集合を関係として返す。, どの条件式の要素も比較可能であり、比較演算子θを使って条件式が記述されていること。, φ ( {\displaystyle R(A_{1},...,A_{n},B_{1},...,B_{n})} A デンマーク語 / Dansk 関係Rと関係Sがある場合の右外結合 R X= S を考える。 := ◃ . 仮に一階述語論理に関して完全であったならば、関係モデルをどのように実装するにせよ、コンピュータ上の克服できない困難に突き当たってしまうであろう。 l 結合の種類は問いません。 内部結合でも外部結合でも、分身した自分同士を合体させていれば、自己結合と呼びます。 なお、実際のsql(データベースとやり取りをするときに使う言葉)では、例えば以下のように書きます。 select t1.【名前】 ,t1.【趣味】 = ) を評価する場合、この最適化は効果的に行うことができる。 B {\displaystyle A} 1 AND、OR および NOT の論理における基本的な演算子の選択は恣意的であることはよく知られているが、コッドは自分の関係代数において恣意的な選択をした。 π S θ比較の比較演算子は、<、≤、=、>、≥、<> である。 . ( S sql 自然結合( natural join) ... この2つの表を結合してみたいと思います ... sql. この6つの演算子は、表現能力を損なうこと無くこの6つのいずれをも除くことはできないという意味で、関係代数の基盤をなす。 となる。 は ) . {\displaystyle NM} なお関係論理には定義域関係論理と組関係論理がある。, どのような代数であれ、一定の数の演算子は基本的 (プリミティブ) であり、それ以外の演算子は、基本的な演算子のみをもって定義できるため、基本的ではない。 . {\displaystyle \beta _{[\mathrm {new} \leftarrow \mathrm {old} ]}(R)} 関係Rと関係Sがあり、 タイ語 / ภาษาไทย Tutorial D は、関係データベース理論を学習するために使われることを想定していた。 1 B ( B 検索 ▹ S , と関係 ) ▹ n . , − {\displaystyle B} 韓国語 / 한국어 e 実際にコッドが提唱した限定は、コッドの関係代数をデータベースのさまざまな目的に適用することにおいて、不都合は無かった。 S ( Tutorial D では外結合に相当する機能は無い。, null についてはここでは説明せず、外結合で満たされるべき場所に割り当てる概念である、と述べるにとどめる。 DISQUS terms of service. 商演算を行うには複雑な問い合わせを記述する必要がある。, 先述の8つの関係代数演算子よりも後の時期に考案された演算子を説明する。 t n ( 関係代数と関係論理は、主にエドガー・F・コッドによって考案され、その後コッドを含めた関係データベース(関係モデル)の研究者たちが発展させてきた。, 現在では、関係代数の演算子としては、和、差、交わり (交差) 、直積、制限 (選択) 、射影、結合、商の8種類が言及されることが多い。 {\displaystyle R'} ロシア語 / Русский b 1 . π 完全外結合の結果として返される関係は、 R と S においてこの2つの関係に共通する名前の属性の属性値が全て互いに等しい組の集合に加え、Rの組でSに対応づけられない組の集合と、Sの組でRに対応づけられない組の集合から、構成される関係である。, この例で R と S で共通の名前を持つ属性に関して、S に共通する組が無い R の組、および R に共通する組が無い S の組については、完全外結合で返される関係においては null の値が設定される。