まずは、ポジティブな意見です。, ホンダ S2000は、本田技研工業(以下、ホンダ)が製造・販売していた「S」シリーズの普通自動車クラスの、FR型クーペまたはオープンタイプのスポーツカーです。, 軽自動車ではS360など、小型自動車ではS500などがあり、そのワンランク上、普通自動車に設定されていたのがSシリーズ第4弾となる「S2000」です。, ホンダの創立50周年を記念して1998年に発表されたのが最初で、1999年に販売が開始されました。このとき、ホンダが製造する「FR(後輪駆動)」としては、なんと29年ぶりということで話題を集めたものです。, ただし、残念ながら注目度の高さと販売台数の伸びは比例せず、国内では10年間でわずか2万台の販売に留まりました(世界的に見れば11万を超えるオーナーを獲得しています)。, しかし、ターボチャージャーやスーパーチャージャーといった過給機を使用せずに、大気圧のみでシリンダー内に吸気する「2リッターの自然吸気車」としては、驚異的とも言える250PS(馬力)を誇るエンジンは、販売台数の伸び悩みをよそ目に大きな注目を浴びたのも事実です。, そればかりか、すでに生産が終了しているにも関わらず、今、まさにそのエンジンのすごさが改めて注目を浴び、人気が少しずつ再燃してきている車種でもあります。, 生産が終了、とお伝えしましたが、ここにも逸話があります。ホンダが「S2000」の産終了を発表したのは2009年1月のことです。「同年6月に生産を終了する」というものです。ところが、そこから注文が殺到し、結局8月まで生産され続けたのです。, それも「受注がなくなったから8月で終えた」というわけではないようです。みんな、心のどこかで「S2000に乗りたい」と思っていたのでしょうか?, さて、ここではそんな不思議な魅力を持つホンダのS2000について、その特徴や基本スペック、中古車価格などをご紹介していきます。, オープンタイプでありながら、クローズドボディタイプと同等またはそれ以上の剛性を備えたオープンボディ、前述のように、自然吸気車としては世界最高峰のパワーを発揮する量産型エンジンなど、それまでの常識を見事に覆すさまざまな技術が盛り込まれているのです。, S2000を語るのであれば、やはりエンジンの性能に触れない訳にはいかないでしょう。, 当初、S2000に採用されたのは、エンジンルームに縦に設置された「F20C」エンジン(直列4気筒DOHC VTEC  NA2.0リッター)です。「総排気量1997cc」「最高出力184kW (250PS) / 8300rpm」「最大トルク218 Nm(22.2kgfm) / 7500rpm」、さらに「許容回転数9000rpm」を誇るものでした。一般的な普通自動車としては、当時というより今でも、ほとんど見かけることがないほどの高速回転型エンジンと言えます。, 2005年にマイナーチェンジを行った際、エンジンは「F22C」へと変更されています(北米向けは2004年から変更されていました)。VTECを基軸としたNA(自然吸気)かつ高速回転型のエンジンは「総排気量2156cc」「最高出力178kW(242PS)/7800rpm」「最大トルク221Nm(22.5kgm)/6500rpm~7500rpm」を実現したのです。, ホンダ S2000に搭載されたF20CやF22Cといったエンジンは、ドライバーのアクセル操作に対するレスポンスの機敏さ、高いトルクバンドを利用したリニア的な加速などを体感することができます。, 「リアルオープンスポーツ」という新しい価値を創造するべく、ホンダはS2000にさまざまな技術や工夫を詰め込みました。, 例えばボディは、オープンカーの常識をはるかに超える剛性を備えているだけでなく、FRを採用したことにより、前後重量配分を50:50にすることに成功しています。, また、ホンダのスポーツカーのセオリー「シャシー性能はエンジンパワーに対して常に上回っていること」に基づいて設計されたサスペンション、タイヤ、ホイール、そしてVSA(予測し得ない挙動の乱れに対し、車両を安定させるシステム)までをも搭載することで、リアルスポーツの走りの醍醐味を、オープンボディで体感できる車種に仕上げたのです。, また、ホンダ S2000の走りの醍醐味はコックピットにも隠されています。風洞実験、テスト走行などを重ねに重ねてデザインされたボディシェイプは、不快な風の巻き込みを抑え、心地よい風の流れを体感できる工夫が施されています。, 特に、左右のシート間には可倒式のウィンドディフレクターを標準装備して、高速走行中の風の巻き込みを抑えています。また、一年を通じてオープンボディでのドライブを楽しめるよう、冷暖房効果に優れた空調システムを搭載しているほか、膝や腰など冷えに弱い部位を集中的に温めてくれるミドルエアアウトレットが設定されています。, さらに、4つのスピーカーのほか、ヘッドレスト後方にはサテライトスピーカーを標準搭載し、オープン走行中でもダイナミックな音響空間を演出する工夫まで盛り込まれています。, このようにS2000は、販売台数こそ伸び悩んだものの、今でも十分「先進的」「画期的」と思える技術や工夫、そしてホンダの言葉通り「唯一無二の走りのよろこび」や、そこから生まれる「感動」がぎゅっと詰め込まれた一台なのです。, ホンダ S2000には、「S2000」と「S2000 Type S」があり、基本スペックは次の通りです。, 基本的なスペックはS2000もS2000 Type Sもほとんど変わりません。S2000 Type Sは、空力を追求したことにより、高い操縦安定性を獲得した結果、さらに“切れ味重視”のサスペンションにバランスさせた車種です。, 「高速域での安定性」「中低速域での切れ味」といった“相反する性能”を求められるのが、厳しいワインディングを攻めるための要素です。これらを見事に両立させることに成功したのが、「S2000 Type S」という訳です。, すでにお伝えしたように、日本国内では10年間で2万台ほどしか販売されませんでした。生産終了のアナウンスとともに駆け込み需要こそあったものの、決して「売れた!」という数字ではありません。, ここでご紹介したように、さまざまな魅力が存分に詰め込まれている車種だけに販売台数の少なさを見ると違和感を覚えるかもしれませんが、しかし、今、改めてその魅力が見直されている訳ですから、むしろ先進的すぎたのかもしれません。, そんなホンダ S2000ですが、新車価格は「S2000」が3,864,000円、「S2000 Type S」が3,990,000円でした。, 中古車価格はどのようになっているでしょうか?2019年5月時点で確認できたホンダ S2000の中古車台数はおよそ200台です。意外と多いと感じる人も多いでしょう。, 価格帯は95万円〜700万円程度、平均相場は240万円前後となっています。700万円とは驚いてしまいますが、平均相場よりも低めの100万円〜150万円台で十分、コンディションの良いS2000を探すことができます。, 年式も1999年〜2006年と幅広くなっており、もちろんS2000 Type Sも含まれていますし、ワンオーナー車も散見されます。, 生産終了から10年が経とうとしているにも関わらず、分かる人には分かる魅力と、ホンダが掲げるレーシング魂がこれでもかというくらい詰まっているS2000、走りのよろこびを感じてみたい人はぜひ中古車情報をチェックして、惚れ込むような一台を探してみてはどうでしょうか?, 販売終了間近に人気が上昇し、販売終了後は復活を待望する声が多く寄せられるホンダ S2000。現時点で、ホンダ S2000が復活するという噂は入ってきていませんので、S2000が欲しいという場合は、中古車で購入する方法しかありません。, しかしながら、販売終了から10年程が経っていますし、初期型はそれ以上の年数が経過しています。, どんなに見た目の状態が良くても、各部品等の経年劣化も考えられますし、十分に確認したうえで、購入したいところです。, ホンダ S2000を中古車で購入する場合は、以下の点にも注意して確認しておきましょう。, どんなに状態が良くても、年数が経っていれば何かしらの不具合が生じていると疑いの目をもって、慎重に確認してください。, 一度、ホンダ S2000の運転を経験すると病みつきになるほど、ドライブを楽しくさせてくれる性能が詰まった1台です。, 復活を期待しつつ、コンディションの良い中古車の購入を検討してみてはいかがでしょうか。. ホンダS2000の故障事例:初期型F20C(AP1)のエンジントラブル S2000の故障事例でよく発生しているのが、走行中に加速不良が起き、再始動しない、エンジン始動不可状態になってしまう不具合です。 s2000を中古で買いたいと考えています。中古車雑誌やネットで見ると、オプションや走行距離などが同程度の物件でも、年式が1,2年古くなるだけで50万以上も値落ちしている場合が目に付きます。そこで気になったのですが、s2000には劣化し 私は、初期型S2000が限界域でピーキーな、1番の原因は、「リアサスペンションのバンプ時(縮んだ時)のトー変化の量が大きい事」だと思います。 ホンダの50周年記念モデルとして発売されたのがS2000。9,000回転回る直列4気筒VTECエンジンをフロントミッドシップに搭載。最高出力は250psを発揮し、リッターあたり125psというレーシングエンジンに匹敵するエンジンを搭載しました。これがS2000専用に設計されたF20Cエンジンになります。ミッションは6速で、36mmという超ショートストロークシフトを実現。これもS2000専用設計です。ボディもこれまたS2… 初期型4年程度であっさり壊れたからもうそういう車だと思って諦めた まさに >>78 の言うとおりだった 今は多少は良くなっているんだろうけど、マツコネ必須の時点で選択肢からマツダ車自体が消えた . ランドローバー ディスカバリー4の故障(不具合)が多い箇所とは?故障事例やオーナーの評判を紹介, ランドローバー ディスカバリー3の故障が多い箇所とは?過去の故障事例やリコール情報について解説, フォルクスワーゲン ゴルフ カブリオレは故障(不具合)が多い?故障しやすい箇所や修理費用など徹底解説!, BIGMOTOR(ビッグモーター)に対するクレームが酷い?何らかのトラブルが起こった場合の対処法, レンジローバー イヴォークは故障が多発?故障事例やリコール情報を交えながらオーナーの評判をご紹介!, ニュービートルの故障って多い?オーナーの評判やニュービートルの魅力についてご紹介!, マツダ CX-5は不具合が多い?オーナーの評判やリコール・不具合情報を含めて解説!, プリウスは故障が多いのか徹底解剖!必ず知っておきたい故障箇所と修理費用から中古車の選び方, AP2-1000290~AP2-1001328(平成18年1月20日~平成18年11月17日), AP1-1102211~AP1-1102550(平成13年1月10日~平成13年3月6日), AP1-1000034~AP1-1008567(平成11年 3月18日~平成12年 4月29日), AP1-1100001~AP1-1101500(平成12年5月10日~平成12年 9月22日), AP1-1000034~AP1-1003842(平成11年3月18日~平成11年6月8日). 僕グランツーリスモに収録されてるs2000って毎回後期型だもんなー。ホンダ s2000 '99僕ってgt2では表紙だったのに・・・。 僕のようなs2000初期型を所有している人はみな「クソ!また後期型か!」と指を咥えて見ていました CSO(CreativeServiceOhara) ... ローダウン弊害となる旋回初期 の突っ張り感、突き上げ感が緩和されます。ロール量に応じたスタビ抑制力を適正化します。2017材を使用し軽量化の為に肉抜きポケットを設けたブラウンアルマイト仕様。 ローダウン車輌専用設 … これはレヴォーグの初期型に現れるトラブルで、アクセサリーとしてつけられたledライトのまわりに錆が出てくるというものです。 現在は改良がされて対策品になっていますが、初期のa型は注意が必要です。 memo. 初期型SR400のトラブル。アイドリングが下がりません。 初期型SR400のトラブル。アイドリングが下がりません。78年式ノーマルsr400のキャブを取り外し油面調整をしました。終わってエンジンをかけて … s2000は製造から20年経過した「ネオクラシックカー」です。マウントやブッシュ類などは経年劣化により役割を果たしていない物もあります。単純にオイル交換だけしていれば良いということはなく、今後トラブルが増えてくることを予感させます。時に S2000を売る時って? 8: 2014/05/22 22:31:21: 前期s2000のフロントに235タイヤをつける時にスペーサーは必要? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「の調子が悪い」「異音がある」…普段使用しているクルマのトラブルは、生活を揺るがす大きな事件です。, S2000を修理に出そうとしている方の中には、「修理費用がどのくらいかさむのだろうか?」を最も重要視している方も多いのではないでしょうか。, 維持費は安く済ませたい反面、しっかり使えないと困る自家用車の悩みは、できる限り早めに解決しておきたいですよね。, S2000は故障が多いとも言われ、リコール情報もありますから、故障や不具合にはすぐに対応することが大切ですし、修理費用をできる限り低く抑えることにも繋がります。, 今回は、S2000によくありがちな故障の症状と対処法、そして修理費用がかさむ場合にはどうすれば良いのかを具体的にご紹介していきます。, いや〜、うちのホンダS2000が調子悪くてね…修理しようと思うんだけど、直るかどうかよりも「修理費用」が気になってね…, なるほど…ではまずホンダS2000のどの部分に修理が必要なのかを調べるために、S2000の故障としてよくあげられる事例を見ていきましょう。, 上記に当てはまる方は、廃車・事故車などの故障車買取専門の「カーネクスト」を利用して高価買取の見積もりを取りましょう。(最初に電話する必要も店舗に行く必要もありません!), では、ホンダS2000の故障としてよく挙げられるポイントについて解説していきます。, S2000をお持ちの方のほとんどは車に詳しい方も多いと思いますが、ここでは初心者〜中級者のドライバーの方を対象に情報を提供しています。, S2000の故障事例でよく発生しているのが、走行中に加速不良が起き、再始動しない、エンジン始動不可状態になってしまう不具合です。, 時間をかけると直ってしまう場合もありますが、また近いうちに再発する可能性があります。場合によっては、エンジンブローなどの原因になるため、無理な走行はNGです。, エンジン交換などにならない場合には、燃料ポンプの不具合であることが多いため、純正品との交換でおおよそ5万円ほどで修理することができます。, エンジンの加速不良や再始動しなくなるなどの不具合のうち、再起不能になるトラブルがエンジンブローです。再起不能になる故障のため、少しの症状でも見落としてはいけません。, エンジンオイル漏れなどに気づかずに走行を続けていると、エンジンが再起不能になります。, 治すためには、オーバーホールをおこなうか、エンジン載せ替えになります。オーバーホールの場合100万円ほどの金額になるため、修理するのは現実的ではありません。, センサーの接触不良によって電圧以上のエラーコードが出る場合があります。電圧異常を起こしている部分があるのではなく、ECUの接触不良が問題であることが多いようです。, O2センサーなどの故障の場合は3万円〜4万円ほどが一般的ですが、単なる接触不良の場合は数千円で修理することができます。, 上記の故障事例でO2センサーの修理費用を紹介しましたが、チェックランプが点灯する際には、このO2センサー(LAFセンサー)が故障していることが多いです。, O2センサーは3万〜4万円ほどの修理費用ですが、社外品を使うと半額以下で修理できることがあります。, オルタネーターの故障はS2000に限った話ではありませんが、経年劣化により故障する確率が高くなる部品です。, バッテリーがあがり、指導不可になる不具合の場合は、オルタネーター交換になるケースも多いです。オルタネーター交換は5万円ほどになります。, コンプレッサーの交換などを行う場合には、5万円〜10万円ほどが修理費用として発生します。ただし、基本的にはフィルター交換やガスの補充など、警備な調整・点検で修理は済むでしょう。, ただし、不具合が出ている状態で使い続けていると、数万円〜数十万円かかる故障につながるため、早めに修理業者に点検してもらうことをおすすめします。, 「突然ハンドルが重くなる」「走行中にハンドル操作が重くなってきた」など、以前に比べてハンドル操作力が大きくなったときには、パワーステアリングが故障しているとみて間違いありません。, 前の項目でもありましたが、電動パワステ機構を制御するコントロールパネルが故障してしまうことが多いようです。, ホンダでは故障箇所が共通している部分もあるため、ホンダに強い修理業者を見つけることが大切です。, ディーラーですと純正品への交換などで見積額が大きくなってしまう可能性もあるため、安全かつ安く直したい場合には、修理業者を自分で探すことをおすすめします。, 下記では、故障したときに何をするべきかについて解説しています。ぜひ参考にしてください。, ここでは、上記でご紹介したようなトラブルや不調が見つかった場合に、どのような行動を取るべきかを解説しています。, クルマに詳しい方や、整備士の資格を持っている方などを除き、クルマの中身に詳しくない方はご自身で直すということはできる限り避けるべきでしょう。, 毎日クルマを使う方は、代車を貸してくれます。まずは、緊急措置として見積りを取ることを最優先に考えましょう。, 修理自体に数十万かかる場合に加え、走行距離・経年劣化が原因の不調がある場合には、修理をした後も不安が残る場合があります。車検費用も今後多くかかる可能性もあります。, そのため、乗り続けるか、それとも安い中古車を検討するかを見積額をもとに検討することが大切です。, ここで検討するべきなのは、見積を行った末に「直さない」という選択肢を取った場合です。この場合「お金をかけて修理する」か「そのまま廃車にしてしまう」の2つの選択肢があります。, どちらの場合でも、今の修理が必要な車をできるだけ高く買い取ってもらい、次の中古車購入の費用に充てることができます。, 修理せず、買い替えを行うのであれば、「事故車・廃車の買取専門業者」に依頼することで最も高く売ることができます。, 下記では、「修理業者検索サービス」と「事故車・廃車の買取サービス」をそれぞれご紹介していますので、必要なサービスについて下記をぜひ参考にしてください。, 「故障のため修理を依頼したい!」といった場合に最初に思いつくのは、クルマを購入したディーラーに修理依頼をする方法です。, クルマを購入した店舗に直接依頼をすることは、知らない業者に依頼するよりも安心できます。, しかし、業者ごとに修理にかかる金額を比較したり、より近い店舗や評判の良い業者に依頼したりといった「細かな比較検討」がしにくいデメリットがあります。, また、中古車を購入した店舗である場合には、「次のクルマを買うときもその店にせざるを得なくなってしまう」といったちょっとした気遣いをしてしまうこともありますよね。, そこでオススメなのは、整備・修理業者を地域ごとに検索できるサービスを活用することです。, 電話や店舗への往復などは必要なしに、故障箇所や地域を選択して修理業者を検索することができます。, 業者によっては車検の際にお願いできる新たな「信用できる車屋さん」と出会えることもあります。, また、地域ごとに安い業者をすぐ検索できるため、クルマが故障して生活が大変!といったときに手軽に自宅で依頼することが可能です。, 修理業者を探したい方は下記ページより依頼へ進んでみましょう。最初に登録作業などはありませんので、まずは探してみることをおすすめします。, 故障箇所が多かったり、修理がほとんど難しい故障箇所があったりした場合には、今のクルマを廃車にすることになるケースもあります。, その際は、廃車・事故車専門の買取サービスを利用することで、できるだけ高く、今のクルマを売ることができます。, 廃車の場合は値段はつかない…とイメージしがちですが、事故車・廃車専門の買取業者であれば廃車費用がかからない+出来る限り高い買取額で売却することができます。, 状態によっては、通常の査定買取サービスで買取を行うことができることもあります。しかし、廃車になってしまうような状態のクルマであることがわかった場合は、廃車専門業者に買取をしてもらうべきでしょう。, もし、今の愛車が「廃車」になってしまうことが分かったら…まずは廃車専門の買取サービスを利用してみましょう。費用は一切かからず、申込み段階で店舗に行く必要もないため、手間もかかりません。, 今お持ちのホンダS2000がリコール対象車である場合には、ホンダ販売店で無償修理をすることができますので、チェックしておきましょう☆, お持ちのS2000がリコール対象車かどうかを調べるには、車検証に記載されている車台番号をもとにした「リコール検索」が簡単でおすすめです。, 「当てはまるかも?」と思うリコール情報を参考に、型式をチェックしましょう。該当車両の不具合は、ホンダ販売店(ディーラー)で無償修理・部品交換をおこなうことができます。, S2000を含む17車種で、負圧式ブレーキ倍力装置に不具合が発生したことによるリコールが発表されています。, 製造工程でマスターパワーの筐体加締め位置が不適切で、ブレーキペダルを踏んだ際にマスターパワー内の負圧保持用のシールがずれてしまい、負圧を保持できなくなります。, 結果、制動停止距離が通常時より伸びてしまう原因になるため、走行安定性が失われます。, 該当車両は、マスターパワーを点検し、基準を外れるものはパスターパワーを良品と交換することができます。, 参考:HONDA 「エアウェイブ、モビリオスパイク、モビリオ、エディックス、ストリーム、インテグラ、S2000 制動装置(負圧式ブレーキ倍力装置) 」 – リコールプラス, 「このリコールに当てはまるかも?」という方は、下記リンクより「リコール検索」をしてみましょう。車検証に記載されている車台番号を入力すれば、型式がリコール該当車両かどうかを調べることが可能です。, クルマの買取と合わせて、中古車の買い替えを検討している方に向けて、ここではクルマを安く買う方法をご紹介しています。, 中古車販売店とは、ディーラー以外の個人・企業が経営する業者です。そのため、様々なメーカーの中古車を扱います。, メーカーの基準によらずに値引きなどができるため、ディーラーよりも安くクルマを買えることが多いです。, ただし、店舗ごとの在庫だったり、店舗によってサポートに差があったりと中古車購入初心者の方にはあまり向いていない買い方になります。, ディーラーとは、特定の自動車メーカーと特約店を結んでいる業者のことです。そのため、販売店とは異なり同じメーカーのクルマのみを販売します。ディーラーでクルマを買うと、故障したときの連絡やクルマ乗り換えをサポートしてくれます。, しかし、販売の基準が決まっているため、値下げや限界価格があらかじめ決まっています。, オークションや個人間売買は、業者が間に入らないため安い金額で中古車を買うことができます。, しかし、購入するための手続きから、修復歴などの車両の状態までしっかり知った上で買わなければなりません。, 知り合いにアドバイスをしっかりしてくれるような知人・友人がいる場合は、信頼してお任せしてみるのも一つの方法でしょう。, ネットで探すことで、わざわざ時間を使って業者へ連絡したり、実際に見に行ったりする手間を省くことができます。, また、ほしいクルマを探すのに欠かせない「掲載している車の台数」「情報の量」が圧倒的です。, また、イチバン気になる「安さ」の面でも、「中間業者が少ない」「全国から探せる」ことから有利になります。, しかし、保証期間などのサポートや、中古車の状態が心配になります。加えて、探すクルマの数が多すぎて探し尽くせないということもありがちです。, それを解決する方法として、「サポートが厚く、状態の良いクルマをネットで探す方法」を下記でご紹介しています。, 結論としては、1〜4のうち最も安く質の良い中古車を買うなら「ネットで中古車を検索する」ことが最も良い方法です。メリットを下記でまとめておきます。, 大手サービスなら手続きや金銭面でトラブルになることはありませんし、いざというときは電話などで相談もできます。, 目当てのクルマが決まっている方や、予算が決まっている方はぜひ登録しておきましょう。, メーカー、予算等の条件を指定し名前とTEL、メールアドレスを入力するだけで大量の在庫から中古車を検索できる大手企業「ガリバー」のサービス。, ひとつひとつの店舗で探す手間をかけることなく、登録するだけで希望の車の情報をキャッチすることができるため、お得に中古車を探し購入したい方におすすめのサービスです。, 下記記事では、中古車を安く買う方法を細かく解説しています。新しく車を買い替えたいと考えている方は、ぜひ下記記事を参考にしてください。, なるほど、修理費用がかさむ場合は、むしろ査定買取で次の中古車の資金に充てたほうがいい場合もあるのか。。。, そうなんです。修理費用に見合わない額で直すことになる前に、しっかりと今の愛車の査定額を知っておくことも重要ですよ!, 今回は、S2000によくありがちな故障の症状と対処法、そして修理費用がかさむ場合にはどうすれば良いのかを具体的にご紹介してきました。, しかし、次の車への乗り換えを検討しており、修理費用が予算以上にかさむ場合は、「買い替えすること」も選択肢のひとつです。, HONDA 「エアウェイブ、モビリオスパイク、モビリオ、エディックス、ストリーム、インテグラ、S2000 制動装置(負圧式ブレーキ倍力装置) 」 – リコールプラス.