今回はアノテーションベースSpring Bootに合わせてMyBatisのMapperも@Mapperで実装します。, src/main/java/*/repository/TodoRepository.java, (1) Repositoryインターフェイスに@Mapperを付与すると、MyBatisが自動的にスキャンしてMapperに登録してくれます。Repositoryインターフェイスはメインクラス配下のパッケージに置きましょう。, (2) メソッドに付与した@Select・@Insert・@Update・@Deleteに、実行するSQLを実装します。SQL内の#{}で引数を利用していますが、同じファイル内に記載するのでXMLより分かりやすいですね。, (3) @Optionsは通常と異なる設定でSQLを実行する必要がある場合に付与します。ここではテーブルのキー項目がIDENTITY列のためDB側で自動採番されますが、@Optionsを利用することで自動採番されたIDを利用することができます。, 上ではSQLを1行で記載していますが、可読性が悪いので複数行で記載することをお勧めします。 例:, これらの設定は、単に MyBatis にマッピングファイルの場所を伝えているだけで、その先は各 SQL マップファイルの定義次第ということになります(次の章で説明します)。, このコンフィグレーション内で定義されている全てのキャッシュの有効/無効を切り替えるグローバルな設定です。, Lazy Loading(遅延読み込み)の有効/無効を切り替えるグローバルな設定です。

データベース接続がタイムアウトするまでの時間に合わせて設定することで、必要以上に ping クエリが実行されるのを防ぎます。 という接頭辞を付けることで InitialContext にそのまま渡されるプロパティを設定することができます。

domain.blog.Author isClosed), ParameterHandler Why not register and get more from Qiita? デフォルト: 20000ms (20秒), poolTimeToWait – 接続の取得に長時間を要した場合にログを出力し、接続の再取得を試みる機会を与えるための低レベルの設定です(プールが誤って設定された場合、無限に待機状態となってしまうのを防ぐため)。

SQL定義の中でOGNL式の三項演算子(例: ${tableName != null ?

「MyBatisを使うとこんなことも出来ますよ」といった実装例のクラスですので詳細は割愛いたします。 UNPOOLED データソースに対して設定可能なプロパティは下記の通りです。, オプションとして、データベースドライバーのプロパティを設定することもできます。 WHERE句には引数を直接埋め込むこともできますが、必ず#{}を利用しましょう。 と書くことができます。, この場合、

内容は以下のとおりです。, 8-14行目はJavaでよく見るJDBCの接続情報です。 先ほどからMapper.xmlと表現しているものはこれを指しています。 Java にはこのような場合に利用できる自動検出の仕組みがないので、単純にマッピングファイルの場所を指定します。 このファイルには、以下の3つの設定について記載することが出来ます。, (クリックで表示します)

というクラスに対しては *プロパティでMyBatisの設定を変更することができます。設定可能なプロパティはMyBatis 3 - 設定を見てください。, カラム名とプロパティ名が一致しない場合、SQLごとに@Resultsおよび@ResultMapによる手動マッピングを定義する必要があります。, Mapper XMLで可能だった動的SQL()や共通化()は、SqlProviderで実現します。, (1) SqlProviderクラスを実装して、メソッドでnew SQL()を利用してSQLを組み立てます。例ではインスタンスイニシャライザ(new SQL() {{ココ}})を利用していますが、もちろん普通にメソッドチェーンで書いても良いです。, Note. 早速実行して結果を確認してみましょう。 エラーメッセージが表示されることを確認 Bean Validationを使用して入力チェックを実装する方法 「Spring Boot」でW ... 目次 1 EclipseでSpring Bootの環境構築手順 2 事前準備 2.1 Java、Eclipseのインストール 2.2 MySQLのインストール 2.3 Spring Tool Suite(STS)のインストール 3 Spring Bootプロジェクトの作成 3.1 1. 次に、JDBCドライバを使用してOracleデータベースに接続する方法を示す例を示します。, Oracle JDBCドライバのojdbc6.jarまたはojdbc7.jarを取得するには、http://www.oracle.com/technetwork/database/features/jdbc/index-091264.html[Oracle Webサイト]を参照してください。, __P.S JDBCドライバをダウンロードするには、Oracleアカウントを作成する必要があります(無料)。, JDBCドライバを介してOracleデータベースに接続するためのコードスニペット。, OracleJDBCExample.java`がOracle JDBCドライバ デフォルトで認識されるSQLファイルは以下の通りです。, 見たままですが、schema.sqlにはDDLを定義し、data.sqlにはDMLを定義します。, Note. 同じステートメントで、databaseId 属性が指定されているものと指定されていないものが両方定義されていた場合、指定がないステートメントは無視されます。 ここで指定したクラスは、SQLプロバイダアノテーション(例: VARCHAR インデックスではなくコードが保存されるので、String 互換の型, コードではなく位置(ordinal)が保存されるので、NUMERIC または DOUBLE 互換の型, まず最初に properties 要素のボディで指定されたプロパティが読み込まれます。, 次に、クラスパスリソースや properties 要素の url 属性で指定された Properties が読み込まれます。先に設定されていた値があれば上書きされます。, そして最後にメソッドの引数として渡された値が読み込まれます。ここでも properties 要素のボディで指定された値や resource/url 属性で指定されたファイルから同じキーを持つ値が読み込まれていた場合には上書きされます。, typeHandler 要素に javaType 属性を追加する(例:javaType="String"), typeHandler 要素に jdbcType 属性を追加する(例:jdbcType=VARCHAR)。, Executor デフォルトでは、プラグインを使って下記のメソッド呼び出しをインターセプトすることができるようになっています。, これらのクラスおよびメソッドに関する詳細は、各メソッドのシグネチャや MyBatis のリリースに含まれているソースコードを参照してください。

mybatis-spring-boot-starter.

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); プロジェクトにある「application.properties」(※もしくは application.yml)を開き、MySQLの接続情報を設定します。, プロジェクトにある「build.gradle」を開き、使用する機能と依存関係の設定を行います。, 今回はmybatisを利用するので「mybatis-spring-boot-starter」を追加します。, 画面表示時動作する「displaySearch」メソッドと、検索時に動作する「search」メソッドを用意しています。, MyBatisでは、Javaクラスの中にSQL文を書くこともできますが、今回はXMLファイルにSQL文を記述するため、ここでは記述していません。, ※Javaクラス内にSQL文を記述する場合は、下記のように指定します。この場合はXMLファイル不要。, XMLファイルの配置場所は、resources配下にRepositoryクラスと同じパスの構成で配置します。, Spring Bootプロジェクトを起動して http://localhost:8080/user/search へアクセスします。, ユーザー情報検索画面が表示されるので、事前準備で登録したID「1」を入力して検索ボタンを押下すると、ユーザー情報が表示されます。, 本記事では「Spring Boot + MyBatisでデータベースに接続する方法」を行う手順について紹介しました。.

Spring Bootバージョン、使用する機能の選択 3.5 5. こちらも非常にシンプルなインターフェイスです。, これらのインターフェイスを使えば、MyBatis のトランザクション管理方法を完全にカスタマイズすることが可能です。, dataSource 要素では、JDBC 標準の DataSource インターフェイスを実装している JDBC Connection オブジェクトの取得元を指定します。, MyBatis では、3つのデータソースタイプが用意されています (type="???? デフォルトの ObjectFactory は、対象クラスのデフォルトコンストラクタまたは引数付きのコンストラクタを使ってインスタンスを作成するだけです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); また、「UserDataMapper.java」は下記の通りで、USER_DATAテーブルとアクセスする処理を記載している。「@Mapper」「@Select」「@Insert」「@Delete」「@Update」の各アノテーションを利用している。さらに、findAllメソッドでは、2テーブルを結合した結果を取得している。, さらに、「DemoForm.java」は、以下のように、性別(文字列)を追加している。, また、「UserDataMapper.java」を呼び出すコントローラ処理「DemoController.java」は下記の通り。, また、「list.html」は以下の通りで、sex_valueの値を直接表示するようにしている。, さらに、「application.properties」は以下の通りで、下2行でSQLログ出力の定義を行っている。, 上記「application.properties」によるコンソールログ出力例は以下の通り。, その他のソースコード内容は、以下のサイトを参照のこと。 MyBatisのMapperはは以下のいずれかの方法で実装することができます。, 使いたいほうを使ってください!w 繰り返しになりますが、これは MyBatis の動作に重大な影響を与える可能性があるので注意してください。, MyBatis では複数の環境設定を定義することができます。これは、同じ SQL Map を複数のデータベースに対して使いたいとき役に立ちます。例えば、開発環境、デモ環境、本番環境で、それぞれ異なる設定場合や、本番環境の同じスキーマを持つ複数のデータベースがあり、両方に対して同じ SQL Map を使いたい場合など、様々な用途が考えられます。, ひとつだけ注意しなくてはならないことは、複数の環境設定を扱うことはできますが、一つの SqlSessionFactory インスタンスに対しては一つの環境しか割り当てることができない、ということです。, もし二つのデータベースに接続したいのなら、それぞれの接続に対して一つずつ、合計二つの SqlSessionFactory を作る必要があります。データベースが三つなら SqlSessionFactory も三つ必要、といった具合です。実に簡単なルールです。, SqlSessionFactoryBuilder に envrionment を渡すことで、どの環境に対する SqlSessionFactory をビルドするか指定することができます。 (c) 2020 Casley Consulting, Inc. All Rights Reserved. domain.blog.Blog O/RMapperとは、Object/Relational Mapperの略で、ざっくり言うとJava(Object)と

SQLを提供するメソッドを保持するSQLプロバイダクラスを指定します(導入されたバージョン: 3.5.6)。 ここから MyBatis の設定作りに入ります。まず、最も基本の mybatis-config.xml からです。 決まり切った設定ですが、プロジェクトの src/main/resources に mybatis-config.xml というファイルを作り 中身はこんな感じにします。 今回も、C(Create)・R(Read)・U(Update)・D(Delete)を一通り含むOracle接続処理を含むサンプルプログラ... Spring BootのWEB画面上でCRUDを含むOracleアクセス処理を実装してみた(完成イメージ編). 3 以降は使用時に適宜取得し、使用後は破棄するようにしましょう。, 21行目で使用しているResourcesクラスはMyBatisのクラスになります。

Springスターター・プロジェクトの選択 3.3 3. MANAGED マネージャーは接続をクローズするのがデフォルトの動作ですが、お使いのコンテナによってはこの動作を変更する必要があります。以下のようにして closeConnection に false を設定してください。, ほとんどの MyBatis アプリケーションではサンプルのように dataSource を設定することになるはずですが、これは必須というわけではありません。 ActorMapperを実装した具象クラスとインスタンスはMyBatisが用意するので、

プロパティファイルの作成1.2 2.