M6の後継となるのがSIM MAXです。MAXが付くとどうしてもやわなイメージになるの... 300yヒッターのギアノートを愛読いただきありがとうございます。「ザ・レビューゴルフ」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打の様子や詳しいレビューを動画にしています。, TSi3ドライバー試打評価|エピフラ以来の超高初速ドライバー!独自の素材で圧倒的性能をかっこよく仕上げたドライバー, TSi2ドライバー試打評価|タイトリスト独自のチタンで”曲がらない”を極めたTSi2ドライバー, スリクソンZX5アイアン試打評価レビュー|飛距離を補いたいけど安定性もほしいあなたへ。, スリクソンZX5ドライバー試打評価レビュー|松山選手絶賛のZX5ドライバーをHS53の人目線で評価, アッタス・ダース試打評価レビュー|最強のアッタス!アッタス・ダースはハードヒッターにおススメ!, スリクソンZX7アイアン試打評価レビュー|ハイテク化するスリクソンの軟鉄鍛造アイアン, フジクラベンタスブルー試打&評価|渋野選手も使うUS出身ベンタスシリーズのミディアムクラス. 今日は、このゴルフクラブを試打しました。 試打クラブは テーラーメイド m6 ドライバー です。 シャフトは fubuki tm5 です。 ロフトは10.5度、クラブ長さは45.75インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は54g、トルクは4.6、バランスはD2.5、キックポイントは中調子、クラブ総重量 … 調整機能を使ってロフトを変えることで、つかまり具合も変わってくる. 低弾道低スピンで、なおかつソフトな打感を実現したタイトリストの傑作ツアーボール。ハードヒッターにかなりおススメできるスペックです。2020年モデルから日本正規販売開始しました。, 2位は飛距離とスピンのバランスが素晴らしいボルビックS4。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 前作M4の発売からわずか1年でモデルチェンジになってしまいました。テーラーメイドの開発スピードの早さは尋常ではありませんね(笑), M6ドライバーはM4で初採用のツイストフェースを継承し、さらに反発力を最大限高めるスピードインジェクションを新たに採用。, M4よりも3yの飛距離アップです。最近のクラブでわずか1年での3yアップはかなり評価できます。, ここまでくると1y伸ばすのも難しいです。現にTSシリーズは917から飛距離アップはしていませんし、他のメーカーも似たようなものです。, このデータの中でも好印象なのが打ち出し角とスピン量です。このデータは3球打ったそのままを平均したもので、1球はてんぷら気味。ですので、それを除外すると平均バックスピンが2400rpm、サイドスピンは300rpmを切るでしょう。, 非常に丁度よい数字です。何も考えずに打って勝手にフェードが出るので、球の集まりはかなり良いです。, 左右のそれぞれの最大ブレの幅は20yで、これもてんぷら気味のを除けば幅は10yになります。慣れてきたらかなり安定するのではないでしょうか。, M6ドライバーはヘッドの下部後方に46gのタングステンウェイトを配置しています。バックスピンは前作M4よりも少し増えて2500rpm付近。, M4のバックスピンが少し少なかったので、このタングステンウェイトでうまくチューニングしています。, それでもM6ドライバーは前作比でバックスピンが増えただけであり、他の低重心クラブと比べればそこまで球のあがりは良くありません。, バックスピンを増やす構造を採用しつつ、低い打ち出し角にすることで吹き上がりを防止しているのでしょう。, 構えた時に、M6ドライバーの方がややフックフェースになるのが打ち出し角の低い一因だと私は思いました。というのも、前作のM4ではどちらかというとフェースは開きがちで打ち出しが少し高かったからです。, それにより、キャリーは出ていましたが、トータルで伸び悩むのがネックでした。対してM6ドライバーは、そのあたりも改善されているのが地味なチューニング。, M6ドライバーもM4ドライバー同様純正シャフトはフブキです。色はM5と同じオレンジとグレーを基調としたもので、M4レディスに似ていると思いました。, デザインはこちらもかなりかっこ悪く、それだけで純正を選ばない人も出てくるのではないでしょうか。, 性能はM4の時とあまり変わっていないように感じました。トルクもSフレックスで4.6、重さは54gで中調子。, M6ドライバーでもスピードインジェクションによる反発係数コントロールをしてあります。打感が少し柔らかくなりましたが、M5よりは硬いです。, ヘッド重量は192.8gで、前作M4よりも2gほど軽いです。カーボンを採用しているのはM6ドライバーもM4ドライバーも同じでもこれだけ軽量化しているのはすごいですね。, ヘッドが軽くなれば、力の弱い人でもヘッドスピードが速くなるのでユーザーの裾野が広がるのはテーラーメイドの戦略でしょう。, M6ドライバーのトータル重量は299g(S)ですので、やや重くなっているみたいです。振り心地はあまり変わりません。, 試打した率直な感想としては、安定性がこのクラブの最大の特徴だと思います。それゆえに難易度は比較的低いですが、ヘッドスピードはそれなりに必要かと思います。, シャフトの選択次第では、フェードを弱めることも出来ますのでここは伸びしろです。もちろん、ヘッドスピードがそこまで速くなければ純正で十分高性能です。, M6ドライバーはM5ドライバーと比べて打感が硬いのと飛距離が出ません。まぁ、他のメーカーも同様の傾向がみられますので、特に違和感はありませんが。, ただ、それにしても安定感は抜群なので扱いやすいです。M6ドライバーは前作M4の良い所はそのままに、スピードインジェクションで飛距離を少しアップしています。, ヘッドのデザインはなんとも思いませんが、シャフトはとってもダサいのでデザインの評価はかなり低いです(笑), 【送料無料】テーラーメイド M6 ドライバー 2019年モデル FUBUKI TM5 2019 9 S 【日本正規品】【クーポン対象】, 【★最大2000円OFFクーポン★】テーラーメイド M6 ドライバー Tour AD VR-6・Speeder 661 EVOLUTION V・Diamana DF60 シャフト[日本仕様][Taylormade], AIが設計したフェースとしなり戻りの強い柔らかめのシャフトの相性が抜群で圧倒的な飛距離を記録しました。ダントツです... 「G425ドライバー」3種をアマとプロで試打! ”実弾道”でミスへの強さも丸わかり!! 最大飛距離331y。, ホンマが本気で作った超ハイスペックドライバーです。J・ローズ選手も使用するこのモデルは飛距離だけでなく打感もかなり魅力的です。ヘッドスピード45m/sを超える方は必見。 前作を酷評したわけですが、2020年モデルは非常に完成度が高いです。トリプルトラックがとても使いやすく、パターにも貢献してくれる優れもの。新旧クロムソフトを切断して比較もしています。, 4位はホンマのウレタンカバー6ピースボール、フューチャーXX。 打感が適度に柔らかく、カバーの硬さと相まって非常にしっくりくる打感です。ボルビックのハイエンドツアーボールであるS4は4層構造のウレタンカバーボール。飛距離もスピンも欲しい欲張りな方におススメ。, 3位は大逆転のキャロウェイクロムソフト。 Mシリーズから一新 やや硬めの打感と安定して300yを超える飛距離性能、グリーン周りでもしっかり止まるスピン性能はかなりの完成度。ウレタンカバーの耐久性も良く、価格も良心的なのでかなりおススメ。, 5位はキャロウェイ・クロムソフトXでした。 最大飛距離326y。, 飛距離だけはかなり良いです。方向性はシャフトをスペックダウンさせて調整しますが、そうすると飛距離は落ちます。バックスピンが少なすぎるのでほとんどの人は10.5°で組むのが良いでしょう。前作から一年でここまで飛距離を上げてきたのは一見の価値ありです。, またもホンマが登場。最大飛距離ではM5よりも飛んでいますし、安定感も抜群です。ヘッドのサイズ感も打つ人をやる気にさせます。打感が良く、純正シャフトで完璧にセッティングできるのも魅力的です。, 所謂「ディスタンス系ボール」に分類されますが、その飛距離性能だけではなくパッティング時のフィーリングなどが高評価につながりました。デザインも非常にシンプルなので多くの人におススメできる良いボールです。, 知らない方も多いかもしれませんが、ドラコン競技では結構有名なボルビックの4ピースボールです。推奨ヘッドスピードが43m/s~とやや厳しめですが、飛距離は申し分ありません。スピンもまずまずで、硬めの打感からは想像もつかないくらいくらいスピン性能も高いです。特に競技ゴルファーにおススメ。, タイトリストプロV1を設計したディーン・スネル氏が立ち上げたブランドです。MTBレッドは、4ピースのスピン系ボールで、感触的にはプロV1と同等以上のスピン性能だと思います。低価格なところもかなり魅力的です。, 2018年11月から300yヒッターのギアノート(月間50万PV)を運営しています。元横浜市強化選抜選手で、現在21歳。シャフトとドライバー、ボールのレビューを得意としています。 ※掲載されている価格は記事掲載時のものとなります。税込価格に関しては、消費税の税率により変動することがあります。, Copyright (c) Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. お仕事の依頼はお問合せフォームからお願いいたします。, なんだかんだ1位になったのはタイとリストAVXでした。 最大飛距離319y。, ストロングロフトのアイアンの中でも飛びぬけた飛距離性能です。7番で26°でありながら、ヘッドサイズはやや小さめで、飛距離は欲しいけど見た目も損ないたくないという欲張りな人におススメです。, ピンの中空アイアンです。ロフト角は7番で29°ですが、圧倒的な初速で、レベルの高い飛距離性能を実現しています。バウンスが多く、日本の芝の環境に適した形状なのもおススメの理由。打感はユーティリティアイアンのような弾き感。, ホンマのポケットキャビティの飛び系アイアン。ホンマは飛び系アイアンでなくても、飛距離性能が高いアイアンが多いのですが、TW747Pは7番で28.5°にして、他社の同ロフトのモデルよりも高い飛距離性能を実現しています。, 安定性ランキングにもランクインしていましたが、飛距離性能も抜群。出来る限りヘッドを大きく見せない工夫が感じられ、今まで飛び系を毛嫌いしていた人も取り込んでやろうという意気込みを感じますね。, テーラーメイドの中でもシニア層やヘッドスピードの遅いプレーヤー向けに設計された7番で27°のアイアン。非常に大きなヘッドで再現性の高い飛距離性能と言えるでしょう。, 方向性の安定感の高さ、縦距離の安定感が抜群。ランキング上位の中でも特に難易度の低さがトピックだと思います。誰でもこの安定感を手に出来るというのがG410アイアンの魅力でしょう。, タイトリストT100アイアンは、スコアアップを目指アスリート系ゴルファー向きな高性能アイアン。番手別の重心設計により、ロングアイアンでもしっかりと球が上がり、スピン量、落下角度、飛距離を全てバランスよく仕上げたおススメのアイアンです。, 上級者向けのナンバーワンが620CB。これを打ちこなせる人は、かなり限られたレベルのプレーヤーだとは思いますが、使いこなせるならかなり実用的。アイアンに飛距離を求めず、ハーフトップなどのスピンコントロールを多用する人に向いていると思います。, 真っ黒なヘッドの飛び系アイアンです。ピンらしく方向性を軽視しない安定感のある飛び系アイアン。飛び系アイアン部門では圧倒的に安定感があるので、飛距離に自信が無いけどスコアアップを狙いたいひとにおススメです。, タイトリストTシリーズの中では標準的な7番30°のロフト設定をしたアイアンです。他のTシリーズ同様番手別重心設計なので、長い番手まで打ちやすくしてあります。また6番からの販売なので、他のモデルとコンボセットにしても良いと思います。, 300yヒッターの管理人がゴルフクラブやグリップ、ボールなどのゴルフアイテム、ギアを紹介するサイト。, 「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。, テーラーメイドの最新モデルSiMグローレを深読みします。R&Aにリストアップされた画像から、SiMとの共通点、Mグローレとの比較を行います。詳しくはYouTube動画も用意していますのでご覧ください。.