なんたらの表 右が1へのリンクになります }, 上記のサンプルでは、ボタンをクリックすると、入力された文字列内に含まれる空白文字が一括削除されます。 このサイトについて, このページは、スマートフォン・タブレット等のモバイル端末でもご覧頂けます。URLは端末に関係なく共通です。 でいいんじゃ、じゃないかしらん?? 正規表現で “月日” を表す文字列から末尾以外の0を削除したい ... javascript 正規表現. を表示したときに表示される枠を String オブジェクトのmatch メソッドは、条件にマッチする文字列を検索するメソッドです。 今回は、match メソッドの使い方と正規表現について紹介します。 目次 1.match メソッド 2.正規表現 1.match メソッド String オブジェクトのmatch javascriptにおいて、 ・ ちょっと見にくいなら、以下のようにカッコを加えて書いても構いません。. (この特徴を利用すると、ユーザーの未入力状態なども検出できますね…), それでは、「{}」を使ったパターン例も見ていきましょう!「*」「+」は無制限に文字を繰り返していくのに対して、「{}」は繰り返し回数を指定できるのが最大の特徴です。, 例えば、「user08 user192 user2457」という文字列の中から、「user192」だけを抽出するパターンを作ってみましょう。, 「user」はそのまま固定で、その後に続く数字「192」が3桁の数字なので「{3}」と記述すればOKです!, ちなみに、「{2, 6}」のように書くと「2〜6桁」の意味になり、特定の範囲を指定することも可能です。, 例として、「1 time」〜「9 times」をマッチさせるパターンを作りたいのですが、注意点として末尾に複数形の「s」が付く場合と付かない場合があります。, このように、任意の文字が「存在するケース」と「存在しないケース」がある場合に役立つのが「?」です。, 「time」はそのまま固定で、末尾の「s」に続けて「?」を付けることで、「s」の「ある」「なし」を表すことが出来るのです!, サンプルとして、まずは「user1」〜「user9」にマッチするパターンを作ってみます。, ところが、入力を間違って「myuser1」とした場合はどうなるでしょうか?現在のパターンだと、実は「my」という部分を除外すれば「user1」になるので、マッチすることになります。, しかし、想定していない文字が入力された場合、エラーにしたい場合もあるでしょう。このような時は「^」を使ってみましょう!, このように書くと、先頭が「user」で始まる文字のみ抽出することになります。なので、「myuser1」だとエラーになり、「user1」であれば検出できるというわけです。, このように書くと、「user1abc」はエラーになりますが、「user1」は検出できるようになります。, ちなみに、「^」〜「$」でパターンを囲めば、前後に余計な文字があるとエラーになるので、さらに検出精度がアップするでしょう。, サンプル例として、HTMLの「」「

」どちらかにマッチするパターンを作ってみましょう!先に正解を書くとこうなります!, 「[ ]」の中に「[ap]」のように書くと、「a」か「p」のいずれかの1文字を検出できるようになります。そのため、「<[ap]>」と記述すれば、「」「

」のどちらかにマッチするパターンになるというわけです。, 「[ ]」はいくつか活用方法があり、例えば「-」を使って「[A-Za-z]」と書くと大文字「A〜Z」か小文字「a〜z」のいずれか1文字を検出できる意味になります。, 次に、「」「

」だけでなく「

」にもマッチするパターンを作ってみましょう!, この場合、「[apdiv]」と書いてしまうと「a, p, d, i, v」それぞれの1文字いずれかを検出するという意味になってしまいます。そこで、「( )」を使いましょう。, このように「|」を使うと文字列を分けることが可能で、この場合だと「a」「p」「div」のいずれかを検出することになります。, 「[ ]」と「( )」は、正規表現でもよく使われる特殊文字なので、さまざまな文字列でぜひ試してみてください!, ちなみに、JavaScriptによる正規表現を気軽に試せるWebサービス「RegExr」を使うと、学習効果がさらに上がるのでぜひ参考にしてみてください!, エスケープが必要な場合について、またバックスラッシュを利用した手法について学んでいきます。, 正規表現で扱う「特殊文字(. にしますよね、これで文字列中のダブルクォーテーション「"」を JavaScriptを使ってできることをわかりやすく解説! JavaScriptの歴史【紆余曲折を経たプログラミング言語】 ... 「やってみた!」を集めました! 「出せません」とか、「showModalDialog を使用し自作のダイアログ」とかしか見つかりません。 document.write(str1+"
"); ・・・ 87 9 9 個の銅バッジ. * + ^ | [ ] ( ) ? if(allTags[i].className=="sample"){ var url='http://www.example.com?id=2&page=3'; TargetString = TargetString.replace(/\s+$/g, ""); 正規表現では、$ 記号が「文字列の末尾」を表します。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1559710191960-0').addService(googletag.pubads());
ウェブサイト1
ウェブサイト2
width:0px; } (Nishishi) All rights reserved. よろしくお願いします。 } : allTags[i].innerHTML=allTags[i].innerHTML.replace(/置換前/g,'置換後'); ")>=0){ お世話になります。 width:0px; TargetString = TargetString.replace(/^\s+|\s+$/g, ""); 正規表現での | 記号は、「or」の意味です。 でページ全体の文字が置換できるのですが、下のケースのように一部の場所(DIV内)の場合はどのようにすればよろしいのでしょうか。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1583302554779-0').addService(googletag.pubads()); なので、上記の \s+$ は「末尾にある1文字以上連続する空白文字」という意味になります。 "を記述します。 いずれかの文字列 "|" このように、テーブル内でth,tdの中以外でdivが使えないのはHTMLの仕様でそう決まっているからです。, 教えていただけますか? (10.200.1.100) googletag.enableServices(); お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 【正規表現】【javascript】CR、CR・LF、LF改行コードをLFにしたい, 【Javascript】(テキストボックスの)テキストの末尾にフォーカスを置きたい【フォーム】.
・・・・
むにゃむにゃ ご回答よろしくお願いいたします。, 文字列から抽出するのであれば、indexOfを使うか正規表現かでしょうね Since 1997. 3行目でexitするにはどうすれば良いでしょうか?, >関数(kensaku())からは抜けられませんでした。