バイノーラルやVR、ASMRに特化したイヤホン「final E500」のレビュー記事です。実際に使ってみての感想や音楽鑑賞としてはどうなのか?など、感じたままのことを自由に書いています。購入を迷っている方は参考にしてみてください。 MARANTZ みんなの声. MARANTZ. KENWOOD. Pioneer. イヤホンに関しては昨年秋にHiFiMAN RE2000を入手して以降、手を出していないのですが、久しぶりに我が物にしたいと思える機種が登場しました。それがFinalの新作、E4000とE5000です。これらは前作E2000とE3000の上位版というか、よりブラッシュアップしたようなモデルで完成度がめちゃくちゃ高いです。ただでさえE2000とE3000はアンダー5000円でぶっちぎりの性能を誇っているだけに、そのブラッシュアップ版であるE4000/E5000は発売前から大注目されていましたね。それぞれ特徴がありますので、仕様と音質を比較したいと思います。, 共通仕様としてはいずれもシングルダイナミック、低インピーダンスにしてはDAP側の出力を求めてくるためポタアンがあると聴き比べによる違いの把握がしやすいです。筐体形状も材質が違うだけで同じですが、いずれも可もなく不可もなくの装着感で遮音性は相当低いです。屋外用途で検討されているのであれば音質よりも遮音性の確認のために試聴しておいた方が無難です。, E4000がアルミニウムのアルマイト仕上、E5000がステンレス削り出しの鏡面仕上、この関係性はさらに下のモデルE2000-E3000と同等です。E2000がアルミニウム、E3000がステンレスでした。ステンレス削り出しの方がコストが掛かっていそうですが、E2000(¥4,380)-E3000(¥5,480)の価格差を考えると大きな差はなさそうです。E2000-E3000とE4000-E5000では筐体デザインが若干異なりますが、装着感は似たような感じ。耳掛けせず下から装着する設計で、イヤーピースによるフィット感の変化が捉えやすいですね。遮音性はどれもイマイチ、音質が良いだけにこの部分は残念です。, E4000が黒被覆のオリジナルOFCケーブル、E5000がオリジナル高純度OFCシルバーコートケーブルです。ケーブル端子はいずれもMMCX。, 価格差=ケーブルの違いと考えてOK、音質に優位性があるわけではございません。E5000はE4000の倍の価格設定ですが、音質面でE4000を凌駕しているわけではなく、方向性が全く違います。またE5000に付属しているケーブルは単品¥24,800もしますから、ここまでくるとイヤホン本体がオマケみたいな定価設定です。(E5000定価29,800), E4000のケーブルはタッチノイズが少ないと告知されていますが過信してはいけません。個人的にはケーブルした方がいいと感じました。, 試聴環境はAK380SS+SSAMP、試聴音源のジャンルはエレクトロ、ロック、ポップス、ゲームサントラ(トランス、オーケストラ等), まずE4000は中高域寄りで低域はさほど強調されない綺麗目な音質設計。尖った部分は少ないのですが、ボーカル近く、楽器の分離感も強いのでライブ音源との相性Good。音場が広くないのも相まってステージの空気感を感じられ、ノリ良く聴くことができるのがE4000です。余韻は少ないためライブではないジャズ音源、クラシック、オーケストラ系のサントラは大きな感動はありませんでした。, 対してE5000は、E4000とは対照的に中低域が重めで音場も解像感も高いのが特徴。曲のジャンルもオーケストラ系・ジャズ系の余韻を楽しむ音源と相性が良さそうで、スピード感のある曲調よりもゆったりしっとりと丁寧に演じてくれるアーティストはE5000の方が向いています。高域が全然鳴らないかと言われればそうではなく、じっくり聴き込めば中低域を支えるように高域の存在を感じ取ることができます。ボーカルはE4000ほど近くはありません。かといって遠くもないので曲ジャンルで選んでしまっていい気がします。, オールラウンドと思うのはE4000。E5000は音場、余韻といったパッと聴いてもイマイチ分かりにくい部分をしっかり聴き取るためには静寂環境で聴く必要があり、違う意味で疲れるかもしれません。E4000 同様尖った部分が少ないので流し聴きするだけならば問題ないのですが、それだとE5000の良さが半減してしまう気がします。, final直販だとお友達紹介割で10%OFF、e☆イヤホンも通常価格はfinal直販と同額ですが、週末セールなどの対象になるとE4000が¥14,000前後、E5000が¥26,000前後とfinalお友達割と同程度になりますね。少しでも安く、と言うのであれば定価の10%引きを狙うとよいでしょう。, 【2019年4月】平成最後! E3000を購入してfinalの音作りを存分に感じられるチューニングに感動。 E5000に期待を寄せつつ購入しましたが期待通りの物で安心とそして喜びを得られました。 ※べた褒めレビューとなってしまったの … final E5000 レビュー. 4.5. 【2019年新製品】Campfire Audio "ANDROMEDA Special Edition Gold"爆誕!! ューキーパーはこれ!コロニルはコスパ高くてしっかりだからおすすめ, ゴールドスタンダードのプロテインを4種飲み比べした結果 おすすめはどれ?, → 詳しいプロフィールや免責事項はこちら, スキン・ボディ・ヘアケア (31), モバイルバッテリー・電池 (22). finalの新作E4000、E5000を試聴してきました。AZLA HORIZONといいAr:tio RK01といいアンダー3万円の選手層どうしてしまったんだと言わんばかりの激戦区... 【試聴レビュー】final Eシリーズ E5000の音質と装着感に関して-空間表現と余韻の良さが光る良イヤホン-. 【2019年新製品】JH AUDIO “LAYRA AION” フラグシップモデル更新. 【2019年新製品】SONY "WF-H800" 完全ワイヤレスイヤホンのセカンドモデル? 【2019年7月】夏のポタフェス後の注目機種まとめ(DAP/イヤホン/カスタムIEMなど), 【2019年3月】ポタフェス名古屋で聴きたい注目機種まとめ(DAP/イヤホン/カスタムIEMなど), 【2019年新製品】iBasso "DX160" -CS43198デュアル搭載の新プレイヤー, 【2019年最新版】10万円以下のエントリーカスタムIEM 厳選8モデル比較レビュー, 【レビュー】Final E4000/E5000の音質仕様比較 -下位モデルE2000/3000の正統上位版, IRIVER Astell&Kern主要プレイヤーの発売直後から現在に至るまでの価格推移と最新機種の暴落予想について, 【2018年最新版】初心者向け カスタムIEMを直接輸入するメリットと直販時の注意点, 【考察】シャドウ・ディストピア、ディアボロスと相性の良い"コストとしてリリースするカード"23選, 【最新版】SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) インペリアルシリーズの型式と他モデルとの違い, 【2019年新製品】TAGO STUDIO “T3-02”-クラウドCAMPFIREでオーダー開始‼︎, QUESTYLE A級アンプ周りが強化された"QPM"の仕様とファーストインプレッション, 【2019年新製品】EMPIRE EARS "Valkyrie"/"Wraith" 本国で8月末発売, 【2019年新製品】SONY "WI-1000XM2" ネックバンド型ワイヤレスの後継モデル. !春のヘッドホン祭-押さえておきたい新製品と見所まとめ, 【考察】SONY ウォークマン徹底比較 ZX300G vs WM1A vs A50, 【完全比較】Campfire Audioイヤホンの歴史 全12モデルの音質傾向と特徴まとめ, 【レビュー】物欲爆発 EMPIRE EARS Legend X -ずば抜けた音場と余韻の強さが特徴の次世代のイヤホン-, 【レビュー】Fitear EST 静電ツィーター搭載のハイブリッドモデル-ボーカルが極めてエロいモニターイヤホン-, 【レビュー】カスタムIEM 64Audio N8(ネイト) ベーシストの視点が面白い良モデル, 【2019年最新版】カスタムIEMを3年間使って分かったコト-メリットとデメリット-, 【レビュー】SONY IER-M7,IER-M9の音質傾向 -装着感良好、最高のバランスモデル-, 【実機レビュー】IRIVER A&futura "SE100" 購入直後のインプレッション, 【レビュー】JVC "HA-FW10000"の音質傾向 奥行きある低域レスポンスに優れるダイナミックモデル. KENWOOD Future Stage ... 2017年12月16 … USER REVIEW. finalの新作E4000、E5000を試聴してきました。先日はE4000のレビューをまとめましたが、いい意味で賛否両論となっている機種です。エントリーモデルである廉価版E2000... 【実機レビュー】 Bitsound カスタムイヤーピース(HS1695TI用)について, 【レビュー】Campfire Audio “POLARIS II” -低音楽器のリズム感が最高に気持ち良いモデル, 【2019年新製品】AROMA AUDIO "無雙-ACE" 八音箱-Musical Boxの新フラグシップイヤホン, 【Massdrop】NOBLE AUDIO "Kaiser 10 Universal" 復活, 【開封の儀】待ちに待ち望んだ"IER-Z1R"-購入直後のファーストインプレッション, 【開封編】IRIVER "SE100 fripSide Edition" Part.1-喜びも束の間、起動直後に初期不良発生, 【レビュー】SENNHEISER "IE40Pro"の使用感と音質傾向-1万円台の筆頭モデル, 【レビュー】SIMGOT "EM2"-電気楽器がエネルギッシュなハイブリッド型イヤホン, 【新製品】 2019年発売予定の注目イヤホン11モデル-静電ハイブリッドがトレンドになりそう, 【2018年11月更新】中古カスタムIEMをリシェルするメリットとデメリットについて, 【レビュー】話題の高級イヤーピース JVC "Spiral Dot++"を試してみた, 【レビュー】カスタムIEM Vision Ears VE8の音質、VE5とVE6XCの完成系との比較, 【2018年8月更新】中古カスタムIEMのリモールド・リシェル依頼OKのメーカー・業者一覧, 【レビュー】 FAudio "Passion"-シャープでクリアな中高音が売りのダイナミックモデル, 【2019年新製品】Questyle "QPM" 4.4mmバランス端子搭載の新プレイヤー登場. Pioneer encyclopedia. 【試聴レビュー】final Eシリーズ E5000の音質と装着感に関して-空間表現と余韻の良さが光る良イヤホン- 2018-06-13 23:56 finalの新作E4000、E5000を試聴してきました。 final「E5000/E4000」レビュー audio-technica. S'NEXTは、finalブランドの新製品として、少し前に発表されていたイヤホン「E4000」および「E5000」を、4月28日(土)・29日(日)と中野サンプラザで開催されている「春のヘッドフォン祭2018」に出展。 両モデルとも2018年5月10日に発売される。 ・販売価格 E5000:29,800円(税込) E4000:15,800円(税込) audio-technica STATION. 16:00までのご注文で即日出荷 ... final E5000 新品 ¥29,800 ... e☆イヤホン スタッフレビュー by ばらね 2018/05/10 ※お客様のための大切なレビューです。 無断での転載・引用は固く禁止します。 満足度. final E1000 FI-E1DPLを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・高音の音質・低音の音質など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。 E5000はカナル型のイヤホンですが、遮音性はSHUREほどではありません。 その代わり、耳への装着感はすごく好きです。長く着けてても痛みや蒸れなどの不快感がありません。 その秘密は付属のイヤーピースにあります。 g5,000+‰~h ƒCƒ„ƒzƒ“, finalAuƒCƒ„ƒzƒ“‘g—§‘ÌŒ±vƒCƒxƒ“ƒg‚ðƒˆƒhƒoƒV”~“c“X‚Å3ŒŽ10“ú‚ÉŠJÃ, finalAŒ³‚à‚àƒNƒ—LˆÀˆÇ‰Ê‚ª‰¹Ž¿ƒ`ƒ…[ƒjƒ“ƒO‚µ‚½ƒCƒ„ƒzƒ“, finalAgŽ©•ª‚¾‚¯‚̉¹h‚ªì‚ê‚éƒCƒ„ƒzƒ“uMakevƒVƒŠ[ƒYŽŽ’®‰ï‚ðH—tŒ´‚ÅŠJÃ, finalAl‹Cƒ‚ƒfƒ‹‚̐¸“x‚ð‚³‚ç‚ɍ‚‚ß‚½MMCX‘ΉžƒCƒ„ƒzƒ“uE4000vuE5000v, finalAEƒVƒŠ[ƒY‚̃ŠƒP[ƒuƒ‹‘ΉžƒCƒ„ƒzƒ“uE5000vuE4000v‚Í5ŒŽ10“ú”­”„.