ただし、招待するサーバーで権限を持っている必要があります。 ※デフォルト設定のサーバーなら権限を持っています。 サーバーへの参加を承認制にすることはできませんが、招待コードの使用可能数と期限を設定することが可能です。 アーリーアクセスゲーム; Game Dispatch エラー; 権利を消失したゲーム; オーディオとビデオのトラブルシューティング. Sorawafと申します!今回はDiscordのBot導入に関して、基礎的な内容からまとめていきます。「Botって何?」「どうやったら使えるの?」そんな疑問が解決できればと思います。 1|Botってそもそも何? BotはDiscordの機能を拡張できる存在です。その種類は様々で、ボイスチャットで音楽を流せる … Discord(ディスコード)では画面共有もできるので友達と仲良くゲームを楽しむことも可能です。しかし、Discord(ディスコード)で画面共有できない・音声が出ない場合があります。今回はこの画面共有できないときの対処法について解説していきます。 権限/ライブラリ. 喋太郎は、Discordで、テキストチャンネルでの投稿をボイスチャンネルで読み上げる、TTS(Text To Speech)Botです。 Discord では他の Web サービスと同様、ログインの際にはメールアドレスとパスワードによる認証を行う。 Discord(ディスコード)のサーバーに関する設定項目について、詳細に解説させていただきました。. Discord Voice and Video Troubleshooting Guide [Windows 10] マイクとカメラへのアクセスを許可する [iOS] What is happening with my game audio? Windows10のパソコンで、もう使わないネットワークドライブの割り当てを切断したいというシーンがあるかと思います。この記事では、Windows10でネットワークドライブの割り当てを切断する方法とネットワークドライブの削除方法をご紹介しています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); © 2020 Apply All rights reserved. Discord でサーバーを運営していると、稀に厄介な人が参加してくることがある。荒らしやセクハラといった嫌がらせ行為するような人は早めにお引き取り願いたいところだが、そういう人に限って延々と居座り続けるものだ。, そういった時に便利なのがメンバーの追放(キック)と BAN 機能だ。厄介な人はサーバーから追い出すに限る。このページでは Discord のキックとBAN機能について紹介しよう。, Discord にはメンバーを強制的に退出させる手段として「追放」と「BAN」の二種類が用意されている。追放は英語版では「Kick」と表記されるので日本でも「キック」という人は多いが、ここでは Discord の日本語版表記である「追放」と記述する(場所によってはキックと表記されているのでブレブレなのだが…)。, 追放と BAN の違いは再度サーバーに戻ってこれるかという点にある。BAN すると以後管理者が BAN を解除しない限り二度と戻る事はできないが、追放しただけでは再度招待 URL にアクセスすれば戻ってくることができる。, なので二度とその人をサーバーに入れたくないのであれば「BAN」を、そうでないなら「追放」を選択すると良い。, Discord でメンバーを追放したい場合には、追放できる権限をもったユーザー(通常であれば管理者)でメンバー一覧から追放したい人を右クリックして「追放」を選択しよう。, そうすると理由を記述するダイアログが出てくるので、適当に入力して「キック」ボタンをクリックしよう。, これで対象のメンバーはサーバーから排除される。ただし、また招待 URL にアクセスすると入ることができる。, Discord でメンバー永続的に BAN したい場合には、BAN できる権限をもったユーザー(通常であれば管理者)でメンバー一覧から BAN したい人を右クリックして「BAN」を選択しよう。, そうすると理由の記述欄とメッセージを削除するか否かを選択するセレクトボックスが現れるので、それぞれ記述・選択して「BAN」をクリックしよう。, これで対象のメンバーはサーバーから居なくなる。この方法で BAN した場合、招待しても入る事はできない。, BAN はユーザーと IP アドレスによって行われるとのことで、悪意のあるユーザーがアカウントを取り直したりプロキシや VPN などで IP アドレスを変更した場合には再度入ってくる可能性がある。それを防ぐにはサーバーの管理より認証レベルを設定すると良い。, ここで一番下にある「電話認証がされているアカウントのみ」を選択すると電話番号認証したアカウントでないと発言ができなくなる。一般的に複数の電話番号を所持している人は少ないため、多くの人に有効だろう。, サーバー管理画面のメニュー下部に「BANしたユーザー」という項目がある。これを開くと、そのサーバーで BAN したユーザーの一覧が表示される。, BAN を取り消せば再度そのユーザーをサーバーに入れることができる。BAN するならこちらも併せて覚えておくと後々役に立つかもしれない。, Discord の管理者であれば知っておきたいユーザーの BAN と追放について記述してみた。厄介者は BAN に限るが Discord の仕様をしっかりと把握した上で利用しよう。, ノマドなフリーランス WEB プログラマ @ryomatsu がコンピュータ・モバイルに関するお役立ち情報を書いてます。, twitter / Instagram / facebook / google+ / mixi / github, 行った事ある国 . 喋太郎について. 本記事では、Discord(ディスコード)での音声通話のやり方をPC、スマホ別に解説しています。また、音声通話に関するよくある質問もまとめていますので、ご参考になれば幸いです。 音声通話のやり方 Di Discord(ディスコード)の設定の中でも、スマホアプリにだけ存在する項目を見ておきます。 チャンネル が、メールアドレスとパスワードが何らかの原因により漏れてしまう、他の Web サービスとそれらを使いまわししている、パスワ... カンボジア・プノンペンの街中で Cellcard のプリペイド SIM を購入した, Youtubeのダウンロードも可能なBlu-ray&DVDコピーソフト Leawo Prof. Media の紹介[PR], ネットの動画をダウンロードするなら VideoProc が簡単に出来て便利[PR], 俺が三大キャリア(docomo/au/softbank)を使わずに MVNO を選ぶ理由, ゲーミングマウス G502 HERO(G502RGBhr) を購入したのでレビューとか. SkypeやTS3とは違い、親しみやすいデザインと動作の軽さで一躍有名になったゲーマー向けボイスチャットツールDiscord(ディスコード)。, フレンドたちと一緒にゲームをするときは、サーバー立ててボイスチャンネルを使用すると思います。そこで問題なのが、Discord(ディスコード)の設定項目がたくさんあるという点。, サーバーはたくさんの人が使用するため、設定を誤ると荒らしが沸いたり悪い事が起きます。そこで今回は、サーバーの中でも12種の設定項目を全て解説します。, この設定項目ってどういう意味なんだろう?そんな疑問が思い浮かんだ方は、記事を参考にしてください。, 気になる設定項目を検索して来たという方は、「Ctrl+F」でサイト内検索を開き、気になる単語を入力すれば一発で見つかります。, Discord(ディスコード)のサーバー設定とは、サーバーに関する詳細な設定が行えるページです。サーバー設定のページに入る時は、ツール内左側にあるサーバー一覧のアイコンにカーソルを合わせ、右クリックすることで見つかります。, 概要は、サーバーに関する基本設定を行える項目です。アイコンや名前など、作成時の初期設定だった部分を変えられます。, サーバーのアイコンが変更出来ます。最小サイズ128×128から選べますが、解像度の関係で512×512以上の画像サイズが推奨です。, 一般的にサーバーリージョンを変更することで、サーバー利用で通話した際のレイテンシ(遅延)に影響します。, 現在はサーバーリージョンで日本が選択出来るようになっているため、日本人メインなら日本を選択してください。, 逆にサーバーリージョンで遠い国を選ぶと、レイテンシ(遅延)が0.1秒単位で多く発生します。, ボイスチャンネルを使用する場合に、時間の経過によって離席者を他のチャンネルに強制キックする機能です。, 通話中に寝落ちしてしまった場合など、AFK設定があれば日常生活の音が入らないように出来ます。また、通話中にも関わらず気づかないでいた、というのも防ぎます。, サーバーに新しく誰かが参加した場合に、テキストを流すかどうかの設定が出来ます。メッセージの表示はランダムで、参加者を歓迎するようなものです。, テキストを流すチャンネルは選ぶことができるほか、メッセージを流さない設定も可能です。, 明確な通知設定をしていない人がサーバー内にメッセージを流した際に、通知を受けるかどうかの設定が出来ます。, 通知設定が明確でない人の全てのメッセージについて、通知を受け取ります。メッセージをたくさん打つ人だと、スマホやパソコンの通知がうるさいです。, Discor(ディスコード)のサーバー内に投稿されたメッセージについて、自動で文章の内容を判断して制限したり、利用できる基準を設定します。, テキストチャンネルを利用する際のユーザー基準です。満たしていなければ、メッセージを送信することも出来ません。, テキストチャンネルの使用について、ユーザーを制限しません。身内サーバーなら、これで問題ありません。, メール認証がされていれば、テキスト投稿が出来ます。Discord(ディスコード)は登録時に仮登録になり、メールの認証で正式登録になります(確認は、マイアカウントから可能), 登録から5分以上経過したアカウントのみ投稿できます。自動でアカウントを量産して荒らすタイプを制限します。, サーバーに入ってから10分以上が経過したメンバーは投稿できます。事前に危ない人物でないか、確認してキックするか残すかを選ぶ猶予が出来ます。, サーバーのテキストチャンネルに投稿されるメッセージについて、Discord(ディスコード)が内容を精査することで、不適切な表現が含まれるものを自動的に削除します。, 制限される内容はあらかじめ決められており、ここで設定できるのは誰に適用するかの部分になります。, 身内のサーバーなら大丈夫ですが、一般公開など、暴言・誹謗中傷の投稿が見られる恐れがあるなら設定してください。, 管理者を含むサーバー内にいる全てのユーザーの投稿について、Discord(ディスコード)の基準に基づいてメッセージが精査され、問題のあるものは削除されます。不適切な表現は基本的にNGという方は、この設定で問題ありません。, Discord(ディスコード)のユーザー設定の中にある二段階認証について、設定してある人にだけサーバーの管理操作を可能にします。, 二段階認証を設定しない人にサーバーの管理権限を付与すると、第三者による不正アクセス時に取り返しのつかない事態になりかねないので、使用するのがおすすめです。, サーバー内で行われるあらゆる操作について、履歴の確認ができます。何か問題が起きた場合に、誰がその元凶になっているのかなどを見られます。, サーバーログについて、全てのユーザーが行った操作では大量で探しにくいので、個々のユーザーの名前から検索することもできます。, 荒らしが現れた場合など、めぼしいユーザーの名前で検索して犯人を突き止めるなどが可能です。, 役職は、サーバー内のユーザーごとに管理権限を分けられる機能です。サーバー内で出来ることを個別ユーザーに割り当てる事で、モデレーターとしての権限を持つ人、ほとんどの権限を持つ人、特に何も持たない平社員のような人などに分けられます。, 役職一覧の中にある+をクリックすることで、new roleを追加できます。並んでいる役職は、パソコンの場合ドラッグ&ドロップで並べ替えも出来るため、強い権限を持つ人順に整理することも可能。それぞれの役職名をクリックすることで、個別に詳しい管理権限を設定します。, 役職の名前を設定できます。初期設定はnew roleになっているので、好みの名前に変更してください。, 役職の名前に色を付けられます。初期設定は白で、20種類のテーマカラーから選ぶ、またはカスタムカラーを使えば多彩な色に変更できます。設定することで、役職が与えられたユーザーの名前に色が付きます。, 通常、サーバー内のユーザーは参加した順でオンライン状態のメンバーが表示されます。役職メンバーの表示をオンにすると、オンライン状態よりも上に該当する役職の人が優先表示されます。, 役職に対して@mentionを許可できます。@mentionが必要なければオフでかまいません。, サーバーの中でも最も強い管理権限が与えられ、あらゆる行動が行えます。基本的にはサーバー管理者に近い役職にだけ設定してください。間違えると危険です。, 役職に対してサーバーログの表示権限を与えます。ユーザーのBANやキックなど、モデレーターのような事をする役職には必要です。, サーバー管理の中でも名前とリージョンの変更が出来ます。変更されると遅延の問題が発生する可能性もありますが、役職としては軽い権限です。, 新しい役職の作成や、自分よりも下位の権限を編集または削除できます。モデレーターの役目をもつ方にはオンがおすすめです。, サーバー内に荒らしがいた場合に、メンバーをキック出来ます。誰でも自由に設定すると、悪用されて善良なユーザーがキックされる可能性もあるので、一部役職のみに与えてください。, メンバーをBANします。キックとは違い、一度BANされたユーザーは(解除されない限り)永久に同じサーバーには入れません。, 新しいメンバーの招待を作成する権限を与えます。身内サーバーでしたら誰でも使える設定で問題ありません。メンバーを厳格に管理する場合は、初期設定がオンになっているのでオフに直してください。, 自分自身のユーザー名を、別のものに変更できる権限です。オンラインメンバーとしてはニックネークで表示され、プロフィールにはちゃんとしたユーザー名が見えます。, 通常ユーザーはそれぞれ自分がつけた名前を持っています。その点、ニックネームの管理が許されたメンバーは、自分を含むサーバー内にいる全員の名前を変更できます。名前の変更は、サーバー内にいるユーザー全員に表示が反映されるため、悪用されると誰が誰だかわからなくなる可能性もあるので、基本はオフにしてください。, サーバー内で使用できる絵文字の追加・削除といった権限を与えられます。基本的に誰に与えてもそこまで問題ではないですが、登録された絵文字を変更されたくなければオフにしてください。, テキストチャンネルの閲覧やボイスチャンネルの一覧表示に関する権限が与えられます。基本的に誰でもオンにしておいて問題ありません(初期設定はオン)。, テキストチャンネルにメッセージを投稿する権限を与えます。基本的にオンにしておいてください。閲覧のみしか許さないサーバーでしたらオフが推奨です。, 読み上げメッセージの投稿を許可するかどうかの設定です。この権限を与えると、テキストチャンネルにTTSメッセージを投稿する事を許し、読み上げが実行されます。便利な一方で、連投や荒らしがいた場合のほか、利用していない時でもメッセージが流れるのが面倒かもしれません。, 自分自身を含む、他のメンバーのメッセージを削除したり、お気に入りの投稿にピン留めできます。, サーバーのテキストチャンネルに溜まった過去ログを読むことを許可するかどうかの設定です。新規メンバーなどはオフにしていると過去ログが読めないので、雰囲気を掴むためにもオンにしていたほうがおすすめです。, 全員宛メンションを許可するかどうかの設定です。ディスカッションが盛んに行われるサーバーなら有効ですが、普通に使う分にはオフで問題ありません。, 他のサーバーにアップロードされた絵文字を自身のサーバーで使うことを許可するかどうかの設定です。Discord NITROに登録している人はサーバーを超えて絵文字を使用できるため、そういった方々を対象とした項目になります。, メッセージに新しいリアクションを付与したり、既存のリアクションに追加リアクションを与えたり出来るかどうか設定します。, ボイスチャンネル接続時に、発言する権限を与えます。基本的はオン。仕事やイベントの関係で人を集めて、大勢に対して一度に解説していく場合なんかはオフにすると使いやすいと思います。, 他のメンバーのスピーカーをミュートにします。当然相手のスピーカーの音は聞こえなくなるので、ボイスチャンネルの音が相手に届きません。, ボイスチャンネルに入っているメンバーを、他のチャンネルに飛ばすことが出来る権限です。この場合、飛ばすメンバーが移動先のチャンネルに参加する権限を持っている必要があります。, オンにしておくことで、マイクを使った通話が出来ます。オフにすると、権限を持たないメンバーはプッシュトゥトークしか利用できないので、不便です。基本的にはオンにしてください。, この権限が与えられたメンバーがボイスチャンネルで発言している最中は、他のメンバーの声が自動的に小さく調整されます。主な発言権を持つ人が決まっている場合などは、使用すると便利かもしれません。, Discord(ディスコード)のサーバー内に、連携可能なサービスを表示することが出来る機能です。連携サービスとして登録しておくことで、他のコミュニティでも簡単に交流出来るようになります。, 生配信やSNSを登録しておき、ディスコード以外でもみんなと交流出来るようにしたい場合などに利用してください。, Discord(ディスコード)のサーバー内に、オリジナルの絵文字を追加できる項目です。通常Discord(ディスコード)には最初から絵文字がたくさん入っていますが、自分で作ったものやフリー素材、ネットで見つけたあらゆる画像を絵文字化できます。, 絵文字をアップロードする際は、このボタンをクリックしてください。ファイルを選択するだけで簡単にアップロードされ、Discord(ディスコード)で使用できるようになります。, アップロードするファイルの名前は、最低2文字以上で、英数字とアンダーバーのみが使えます。また、絵文字のサイズは256キロバイト以下の必要があります。, アップロードが完了すると、左から絵文字、名前、登録ユーザーの名前がそれぞれ表示されます。, 動かない絵文字はこちらに表示されます。最大50個までなので、50スロットから登録された絵文字数の数が〇の部分に入ります。, 動く絵文字はアニメーション絵文字として別々に管理されます。つまり、動かない・動く絵文字で合わせて100個まで登録可能です。, 動く絵文字は、Discord NITRO/CLASSICに登録しているユーザーだけしか利用できません。, 絵文字にマウスカーソルを合わせると、右端の方にバツ(×)がホバーして現れます。削除する際は、×をワンクリックすれば消えます。, そもそもDiscordのWebhookとは何かを簡単に説明すると、別のサイトで何かアクションが起こった際に、Discordにその内容が通知されるというもの。, 別のサイトやサービスで起こったことが通知されるため、わざわざアクションを監視していなくてもDiscordを見ているだけで把握できます。, Discord(ディスコード)のサーバーをインラインフレーム形式でウェブサイトに表示したいときに使用する項目です。, 自分自身でゲームやその他サーバーを管理していて、一般公開で誰でもウェルカムという場合に使ってください。, ブログやネット上にウェブサイトを公開している方は、公式ウィジェットのURLを張り付けるだけで設置出来ます。, 招待チャンネルのリンクがウィジェットに生成されます。そうでなければ、オンラインメンバーとボイスチャンネルが提供されます。, javascriptをベースにしたデータ受け渡し言語JSONを用いたAPIです。高度な操作をする方のみ使います。, 生成されたサーバーのウィジェット用インラインフレームのHTMLが表示されます。埋め込みURLとしてそのままコピーして使ってください。, 除外する、またはメンバーを取り除く操作は、最後のログインから1日、7日、30日を選び、該当する日数が経過したユーザーをサーバーから一斉にキック出来ます。大規模なサーバーで数百、数千人単位で利用されるサーバーなんかでは、定期的にログインしていない人を排除する目的で使います。, ユーザーを基本ミュートにします。ここでミュートにされると、ボイスチャンネルで発言しても聞こえません。, スピーカーをミュートにします。ここでミュートにすると、基本的にユーザーが他の人の声を聞こえなくなります。, サーバーの作成者が、他のメンバーに所有権を移動する際に使います。サーバーを管理しきれなくなった場合や、アカウントを削除する際に使ってください。, ただし、BANユーザーはIPアドレスによって管理されるので、プロキシなどを使ってIPアドレスを変更すれば再度入ってくることもあります。, 該当するサーバーを削除する機能です。サーバーの削除を選択すると確認のダイアログが流れるので、それでも許諾すれば完全に消えます。, Discord(ディスコード)の設定の中でも、スマホアプリにだけ存在する項目を見ておきます。, サーバー内にあるカテゴリー、テキストチャンネル、ボイスチャンネルが一覧表示されるほか、それぞれの作成が出来ます。, ただし、サーバーを開いていればボイスチャンネル、テキストチャンネル、カテゴリーはスマホでも容易に確認できるため、わざわざサーバー設定から見る必要もありません。, 身内だけしか入れないサーバーでしたら設定はそれほど必要ないかもしれないですが、オープンサーバーにする予定でしたら権限などは荒らし対策に必須なので、覚えておいてください。, また、役職ごとに権限設定をすることで何か組織的な使い方も可能になります。会社で使う様ならそういった使い方もしてみてはいかがでしょうか。, その他、サーバーについてわかりやすく解説した記事や、Discord(ディスコード)に関する記事もたくさん確認してみてください。, Discord Nitroとは?CLASSICとの特典違いや契約解約方法を徹底解説, まだ使ってないの!?ゲーマーに「Discord」を薦める12個の理由《メリット・デメリット》, Discord NITRO/CLASSIC 7個の特典使い方・感想・評価を徹底紹介《スマホPC対応》.