パソコンとBluetoothイヤホンを接続すると、ワイヤレスで音楽を聴くことができます。また動画を視聴する、マイク付きイヤホンでビデオ通話をするといった利用法も考えられます。所有しているパソコンとBluetoothイヤホンを接続するにはどんな手順を踏めばいいのか、その方法をご紹介します。, BluetoothイヤホンをはじめとするBluetoothデバイスと接続できるのは、Bluetooth機能が搭載されているパソコンに限ります。, ノートパソコンの中には最初からBluetooth機能が搭載されているものが多くあります。近年の機種なら大抵備わっていると言っていいでしょう。一方、デスクトップパソコンではコンパクトな機種では大抵Bluetooth機能を搭載していますが、大型のデスクトップパソコンでは搭載されていない機種もあるようです。, Bluetooth機能が搭載されていないパソコンでも、Bluetoothアダプターを購入して追加すればBluetoothを使用できるようになります。USBアダプター形式の製品なら、ごく小さなアダプターをUSBポートに差し込むだけなので装着も簡単ですし、使用する際に邪魔になることもありません。通販サイトや家電量販店などで1,000円程度から販売されていますので、手軽に購入することができます。, 所有しているパソコンにBluetooth機能が搭載されているかどうかは、以下の操作で確認できます。, システムトレイにBluetoothのアイコンがあれば、Bluetooth機能が搭載されていて、有効な状態になっています。, その他、「デバイスマネージャー」を開いてBluetooth機能について確認することもできます。, Windows10とWindows8.1なら、画面左下(タスクバーの左端)のスタートボタンを右クリックし、「デバイスマネージャー(M)」を選ぶとデバイスマネージャーが開きます。, Windows7では、スタートボタンをクリックして、「コンピューター」を右クリック、「プロパティ」を選択、開いた画面の左上にある「デバイスマネージャー」をクリックするとデバイスマネージャーが開きます。, そして次に、「デバイスマネージャー」内に「Bluetooth」の項目が表示されていれば、使用可能です。搭載されているはずなのに項目が表示されていない場合は、Bluetoothが無効になっているか、なんらかの原因で不具合を起こしている可能性があります。, メニューバーにBluetoothアイコンが表示されていれば、Bluetooth機能が搭載されていて、使える状態になっています。, あるいは、「Appleメニュー」からBluetooth機能の有無を確認することもできます。, 「Appleメニュー」から「システム環境設定」を選択し、「Bluetooth」をクリックします。システム環境設定の「Bluetooth」パネルに、Bluetooth を「入」にするオプションや、デバイスを検出するオプションが表示されていれば、Bluetooth機能が使用可能です。, パソコンとBluetoothイヤホンの接続方法について、まずWindows10の場合で説明します。手順は次のとおりです。, 2.デバイスの画面の左にある「Bluetooth」という項目を選択します。すると周囲にあるBluetoothデバイスの検索が始まります。, 3.Bluetoothイヤホンをペアリングモードにします。ペアリングモードにする方法はBluetoothイヤホンの説明書を参照してください。, 4.イヤホンが検出されると、イヤホンの名称が表示されます。しばらく待つとペアリングの準備が完了し、「ペアリング」というボタンが現れるので、それをクリックします。, 5.続いてパスコードかPINコードの入力を求められることがあります。その場合は指示に従って、キーボードでコードを入力してください。, 1.アップルメニューから「システム環境設定」をクリックし、「システム環境設定」へと進みます。, 2.システム環境設定画面の中から、「Bluetooth」という項目を選択します。すると周辺にあるBluetoothデバイスを検索するモードになります。もしも「Bluetooth:切」になっていた場合は、「Bluetoothを入にする」をクリックしてください。, 4.イヤホンが検出されると、イヤホンの名称が表示されます。その横にある「ペアリング」または「接続」ボタンをクリックします。, Qualcomm社の「QCC3020」を採用し、ワイヤレス接続時の安定性の向上、音切れ防止に重点を置いて設計された完全ワイヤレスイヤホン。, ドライバー部にFLWドライバーを搭載し、フラットで艶のある音質が特徴、音楽鑑賞だけではなく、映像鑑賞にも適しています。, 一度パソコンにBluetoothデバイスをペアリングした後は、そのデバイスが通信範囲内にあって電源が入っていれば、いつでも自動的にパソコンと接続されるようになります。, 上記を参考にパソコンとBluetoothイヤホンの接続をして、パソコン使用時にもワイヤレスで音楽を楽しめるようにしてみてはいかがでしょうか。, iPhone 11 Proの充電器に採用されたUSB Type-Cとは?充電速度が速くなる?. スマホとヘッドフォンやキーボードを無線で接続できるBluetooth。便利ですが無線ならではの設定や接続確認のわかりにくさもあるものです。そんな悩みがなくなる6のポイントを、最初の設定時と、急に接続が出来なくなったときのシーンに分けて解説します。 一度にペアリングできるのはひとつのBluetoothオーディオ機器のみです。複数をペアリングするには、それぞれの機器でこのトピックの操作を行ってください。 Bluetoothオーディオ機器の登録を削除できま … スマートフォンとの接続(ペアリング)ができない 「TE-D01g」のよく頂いているご質問 お手持ちのスマートフォンなど、ブルートゥース端末とイヤホン(本製品)とのペアリングについては、付属の説明書P.3「4-ペアリング」をご確認いただくか、下記の動画をご覧の上お試しください。 歌って踊れる(!?)大人気V-Tuberキズナアイをイメージして、AVIOTの最新モデルTE-D01dに特別なカラーリングを施しました。 TE-D01d. 日本人の聴覚特性に合わせた徹底したチューニングと、より長い再生時間、そして高い接続安定性を目指して造り上げました。 生産完了製品. 複数の親機で1つのBluetoothイヤホンを使用したいときに、ペアリングをやり直すことなくスムーズに親機を切り替えられるので便利です。 ただし、そのBluetoothイヤホンで、複数の親機を同時に使用することはできません。接続はあくまで1対1です。 各製品の取扱説明書をダウンロードしてご覧いただけます。 取扱説明書のダウンロードサービスは、下記の利用規約にご同意いただいた上でご利用ください。 ペアリングモードにする方法はBluetoothイヤホンの説明書を参照してください。 4.イヤホンが検出されると、イヤホンの名称が表示されます。しばらく待つとペアリングの準備が完了し、「ペアリング」というボタンが現れるので、それをクリックします。 複数台の機器とペアリングすることができる製品があります。 ※重要※ 「複数台登録」と「複数台同時接続」は異なる仕様です。 ここで説明している複数台登録という仕様は、 複数台の機器とペアリングした情報を記憶しておくというものです。 基本接続できる機器は1台で、1対1 , iPhone‚ƃyƒAƒŠƒ“ƒO‚µ‚½BluetoothƒCƒ„ƒzƒ“AAndroid‚Å‚àŽg‚¦‚éH, iPhoneƒ†[ƒU[‚à’m‚Á‚Ä‚¨‚­‚ׂ«IuType-Cv‚ðƒTƒNƒb‚Ɖðà. Bluetoothには「マルチペアリング」と「マルチポイント」という機能が用意されています。よく似た言葉なので混同しやすいのですが、両者の意味は明確に異なっています。マルチペアリングとマルチポイントの違いについて説明します。, 2台のBluetooth機器を接続するには、必ずペアリングという作業を行わなければなりません。, ペアリングとは、通信の安全を確保するために、親機と子機で互いの設定情報を登録しておく作業です。, 例えば親機がスマートフォン、子機がBluetoothイヤホンだったとします。子機のBluetoothイヤホンをスマホで使えるようにするには、まず最初に必ずペアリングを実行します。やり方は簡単でBluetoothで接続して使いたい機器同士をどちらもペアリングモードにすればペアリングが完了することがほとんどです(製品によってはパスコードなどの入力が必要な場合もあります)。, 一度、このペアリングを実行してしまえば、次回からはいちいち2台のペアリングする必要はありません。情報はすでに登録されているので、あとはBluetoothの電波が届く範囲内で親機と子機を起動するだけで、自動的に両者が認識され、接続されて使用できるようになります。, 従来のBluetooth機器では、子機を使っていて親機を切り替えるときには、そのたびにペアリングし直さなければなりませんでした。しかし、マルチペアリング対応のBluetooth機器ならその作業が不要になります。, 例えば1つのBluetoothイヤホン(子機)に、スマホ、タブレット、音楽携帯プレーヤーなど、複数の親機を登録し、設定を記憶させることができます。複数の親機で1つのBluetoothイヤホンを使用したいときに、ペアリングをやり直すことなくスムーズに親機を切り替えられるので便利です。, ただし、そのBluetoothイヤホンで、複数の親機を同時に使用することはできません。接続はあくまで1対1です。, なお、マルチペアリングできる台数は製品ごとに決まっています。上限を超えてペアリングした場合は、古い設定から順に情報が消えていきます。, マルチポイントとは、マルチペアリングと同様に、1台の子機に対し複数の親機を接続する機能のことですが、同時に接続が可能な点がマルチペアリングと異なります。, 例えば、1つのBluetoothイヤホンに、2台のスマホを接続しておけば、どちらのスマホに着信があってもBluetoothイヤホンで対応できます。いわゆる同時待ち受けができるので、マルチポイントは仕事用とプライベート用のスマホ(あるいは携帯電話)を2台持ち歩いて使用しているときなどに便利です。, これに対し、マルチポイント非対応のBluetoothイヤホンの場合は、マルチペアリングによって登録した2台のスマホがあったとしても、常に片方のスマホとしか接続できないので同時待ち受けすることはできません。同じBluetoothイヤホンで1台のスマホと接続していて、もう1台のスマホを使いたいと思ったら、最初のスマホとの接続を一旦切断し、2台目のスマホと接続してから使うことになります。, Bluetooth機器同士を接続して通信するときには「接続プロファイル」が使われます。接続プロファイルとは、Bluetooth通信時の動作や送受信するデータの内容が定義された、接続のためのルールのことです。, 接続プロファイルは、機能ごとに共通のルールが定められています。例えば通話用のプロファイルと、音楽再生用のプロファイルは別々に用意されています。通話も音楽再生もできるBluetoothイヤホンは、その2つの異なるプロファイルをどちらとも持っているということです。逆に、通話用のプロファイルしか持っていないヘッドセットでは、音楽再生はできません。多機能なBluetooth機器ほど、たくさんのプロファイルを持っています。, したがって、上で説明したマルチポイントでBluetooth機器同士を接続して同じ機能を使うときは, 双方の機器が同じプロファイルを持っていなければなりません。1つのBluetoothイヤホンを同時に2つのスマホと接続して待ち受け状態にするには、同じ通話用のプロファイルを使用するわけです。1つのBluetoothイヤホンを使って、通話用のプロファイルで1台のスマホ、音楽再生用のプロファイルでもう1台のスマホなど、別のプロファイルで複数の機器に同時に接続する場合は、マルチポイントとは言いません。, ラディウスの名作VOLTシリーズのBluetoothバージョン スマートフォンとの接続(ペアリング)ができない 「TE-D01d」のよく頂いているご質問 お手持ちのスマートフォンなど、ブルートゥース端末とイヤホン(本製品)とのペアリングについては、付属の説明書P.3「4-ペアリング」をご確認頂くか、宜しければ、下記動画をご参考の上お試しください。 TE-D01e. スマートフォンとの接続(ペアリング)ができない お手持ちのスマートフォンなど、ブルートゥース端末とイヤホン(本製品)とのペアリングについては、付属の説明書P.3「4-ペアリング」をご確認頂くか、宜しければ、下記動画をご参考の上お試しください。 各製品の取扱説明書をダウンロードしてご覧いただけます。 取扱説明書のダウンロードサービスは、下記の利用規約にご同意いただいた上でご利用ください。 BLUETOOTH®機能を使って、Bluetooth通信技術に対応した機器同士を無線で接続できます。見通しのよい場所なら最長約10 mまで離れて通信できます。, プレーヤーのBluetooth送信モードでは、ヘッドホンやスピーカーなどのBluetoothオーディオ機器と接続し、無線で音楽を聞くことができます。, Bluetoothオーディオ機器同士を初めてワイヤレス接続するときは、お互いの機器を登録しあう必要があります。このことを「ペアリング」と言います。一度機器登録(ペアリング)すれば、以降は簡単に機器同士を接続できます。, 以下では、プレーヤーをBluetoothオーディオ機器と接続するための基本的な手順について説明しています。, Bluetoothオーディオ機器が接続されている間に、 −[設定]−[Bluetooth]の[オーディオ機器接続/登録]をタップします。次に、[登録済み機器]リスト内のBluetoothオーディオ機器名をタップします。, 次のような場合は、機器登録(ペアリング)の情報が消えます。再度ペアリングしてください。, 必要に応じてBluetoothオーディオ機器のBluetooth機能をオンにする。, 機器登録(ペアリング)中にペアリングパスキーの入力を要求された場合は、Bluetoothオーディオ機器のパスキーを確認して入力してください。Bluetoothオーディオ機器のパスキーについて詳しくは、Bluetoothオーディオ機器の取扱説明書をご覧ください。, Music Center for PCを使ってコンテンツを転送する(Windows), Music Center for PCを使って語学学習コンテンツを転送する(Windows), 機器登録(ペアリング)済みのBluetoothオーディオ機器とBluetooth接続する, 一度にペアリングできるのはひとつのBluetoothオーディオ機器のみです。複数をペアリングするには、それぞれの機器でこのトピックの操作を行ってください。, Bluetoothオーディオ機器の登録を削除できます。[登録済み機器]のリストでBluetoothオーディオ機器名の横の, パスキーは、「パスコード」、「PINコード」、「PINナンバー」、「パスワード」などと呼ばれる場合があります。, プレーヤーはBluetooth機能をオフにするまでBluetoothオーディオ機器との接続を維持します。電池の消耗を抑えるには、Bluetooth機能を終了するか、Bluetoothオーディオ機器との接続を切断してください。, どちらかの機器、または両方の機器を、設定初期化などでお買い上げ時の状態に戻してしまった場合。, Bluetooth機能をオンにしている場合は、電池の持続時間が大幅に短くなります。, ペアリング可能機器は最大7台です。それを超える場合は、接続が古いものから順に情報が消去されていきます。, ペアリング設定中にタイムアウトした場合は、Bluetooth接続画面から再度操作してください。, ヘッドホン端子にヘッドホンを接続しても、ヘッドホンから音は出ません。(Bluetoothオーディオ機器優先), WM-PORT端子にスピーカーを接続してもスピーカーから音は出ません。(Bluetoothオーディオ機器優先).