ページ先頭へ戻る. (寄せ集め車両による485系はつかり12編成にはモハユニットがもう1ユニット必要ですけどね), かもしか色の485系は別ですよ(笑) Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. グリーン車2両となった13両のひばり編成が登場したのは昭和48年1月。 一方で昭和47年から485系クハ481は電気釜といわれた貫通扉付きの200番台が登場しており、中間車も200番台に準じた仕様で製造さ … 59 後期型(1974年 - 1976 ... 秋田運転区485系1000番台12両編成mg給電区分 ... 7月に0・500番台2編成と200・600番台1編成。9月に200・600番台1編成が金沢に転出。11両のままとされた0・500番台1 編成 のみ向日町に残存し引続き共通予備車とされたが、翌1974年4月に純増備となる485系 が配置された … さらに運用の終了した181系から1978年製のサロ181形1100番台の485系化改造が (マイクロのは買わないけど)TOMIXかKATOで出してきたら購入予定です。. 東北特急「ひばり」485系編の最後は、非貫通タイプのクハ481です。東北485系特急の非貫通タイプといえば、クハ481-300番台、-1500番台、そして-1000番台が該当し、昨日の記事でも書きましたが、仙センに非貫通タイプの300番台が配置となったのは1974.7以降で、盛アオに-300番台が配置されたの … 施工されたほか、「あさま」増発用に485系の189系化改造も施工された。, 1985年3月14日のダイヤ改正では東北・上越新幹線上野開業後も残存した「つばさ」1往復・「あいづ」・常磐特急「ひたち」・信越特急「あさま」「白山」・近距離運転の新特急を除き上野乗り入れが打ち切られたが、捻出された車両で他地区での増発を行った。また短編成化の推進によって不足する先頭車の確保も要求されたが、本系列はすでに製造が終了しており、これらには食堂車やグリーン車を含めた余剰車の再利用、つまり改造も含めた以下の広域転配が行われた。, 東北地区では車両の余剰化が激しく、今回の改正では編成替えのために向日町への転出と南福岡・鹿児島への転出が多数を占めることになる。また、「ひたち」は急行「ときわ」を全廃し格上げが行われる増発が図られることになるが、同時に仙台運転所から勝田電車区への移管となるための転属が行われた。増発用車両は青森・仙台・向日町の余剰車が充てられるが、同時にクハ481形を非ボンネット形からボンネット形への置換えが行われ、九州地区から大量に初期車が転入した。これは短編成化した際の座席確保の点から、改正後11両編成となる「ひたち」にボンネット車を充当させることで短編成車に非ボンネット車を充当させるのが目的で、引換えに東北地区からはクハ481形200・300番台が軒並み向日町や九州地区に転出した。, また、1000番台の東北地区から他地域転出が初めて行われ、青森運転所や秋田運転区からMM'ユニットのみが向日町運転所に転出した。同時に1500番台のMM'ユニットも全車青森から向日町に転出したが、翌年全車が上沼垂に再転出した。, 向日町ベースでは食堂車の廃止が行われ、サシ481形改造の和式グリーン車サロ481形500番台「だんらん」の連結、並びに編成替えと増発に必要な車両が青森、秋田、仙台から転入している。翌1986年3月に余剰となったサロ・サシ481形が廃車となったが、一部車両は分割民営化直前に車籍を復活させた。, 気動車急行「きのくに」を置換える形で「くろしお」を4往復増発することになったが、本来381系電車を投入すべきところを経費節減のために余剰化していた本系列の投入で対処した[注 134]。, 紀勢本線は季節や区間によって乗客数の変動が大きいため4両編成を2本併結して対応することになった。その際に不足する先頭車は短編成のためMG・CPはクハ481形からの供給で充分と判断されサハ481形・489形から改造のクハ480形を充当。またモハ484形は車掌室装備の600番台に限定した上で4両編成×11本を組成することになり以下の44両が日根野電車区へ配置された。, しかし、天王寺 - 新宮の所要時間は振子式の381系と比べ1時間半ほど長く[注 135]、従来の気動車急行列車と大差がなく苦情も多発したため381系による置き換えが決定、翌1986年11月1日のダイヤ改正で運用を終了。一部のクハ481形はクロハ481形に、クハ480形はMG・CP搭載を施工しクハ481形へ改造の上で「北近畿」運用へ充当される福知山運転区転出車[注 136]と九州地区転出車に分けられた。, 1984年2月のダイヤ改正で増発を行った際には短編成化による先頭車不足から、東北・上越新幹線開業による保留車をクハ481形に改造対応した。さらに本改正では、モハ485形→クモハ485形・サロ481形に運転台を取付けクロ480形にするなどの短編成化改造を多数施工し対応した。モハ485形→クモハ485形への改造は、定員数の問題からモハ484形200番台のユニットが充当されたために鹿児島運転所の初期車は南福岡車と交換が行われたほか、青森運転所からMM'ユニット9組18両が転入。また、東北地区にボンネット形クハを大量供出した見返りに非ボンネットクハ16両が南福岡電車区に転入した。, この後、先頭車化改造や半室グリーン車のクロハ481形への改造が頻繁に行われるようになり、短編成化はさらに推進された。そして、国鉄分割民営化時に安定した承継と列車運行を前提とした1986年11月1日国鉄ダイヤ改正では、分社化後の車両運用や供給も考慮された車両転配が行われた。本系列に関しては、些細な転配を除くと以下の特徴がある。, 1987年4月の分割民営化で、483系8両・485系1,083両・489系136両がJR4社に承継された。, 最終落成車でも製造から35年以上を経た老朽化・後継形式への更新・アスベスト問題[注 137]などの要因により廃車が進行し、JR北海道・JR西日本・JR九州からは所属車両が既に全廃。JR東日本所属車は2020年4月1日現在で16両が車籍を有するが[97]、定期運用は終了しており臨時運用のみに充当される。, 1500番台の本州転出後、分割民営化直前に以下の車両が札幌運転所に転入しJR北海道に承継されたが、営業運転には投入されず他系列への改造種車もしくは廃車となった。, 一方営業運転では、青函トンネル開業時にはそれまで青森発着とされていた東北新幹線連絡特急の一部を函館まで延長運転することになり、1987年12月6日から青森 - 函館間で1日1往復の試運転を開始。トンネルが開業した1988年3月13日から2002年11月30日までは「はつかり」で、それ以後は「白鳥」でJR東日本青森車両センター所属の津軽海峡線走行対応車が乗り入れたが、2016年3月26日の北海道新幹線新函館北斗開業によるダイヤ改正で「白鳥」が全廃されたことから本系列の運用は終了した。, JR中で最も多い461両が継承された。主に東北・上越新幹線との連絡特急列車や快速列車などのフィーダー輸送に充当されてきた。新幹線の開業や後継車両の導入により数を減らし2020年4月1日現在では16両が車籍を有する。, 一部車両は同社の客車によるジョイフルトレインを置換える改造がされており、2020年現在では定期運用を持たないジョイフルトレインのみが配置される。, なおJR西日本所属車も以前は「白鳥」「雷鳥」「北越」「白山」などで乗入れていたが、2010年3月13日のダイヤ改正で「能登」が不定期格下げになったことにより乗り入れは終了した。, 1972年6月に増発する東北特急に対し仙台運転所の運用を補完する形で12両編成×3本と予備車8両を新製し計44両[注 138]で配置が開始され、当初は「ひばり」3往復ならびに臨時「やまびこ」を担当。白新線・羽越本線電化開業に伴う同年10月2日のダイヤ改正による「エル特急」設定に伴い運用が大幅に増加。最盛期の1978年から1980年にかけてには12両編成×22本と予備車5両の計269両で「はつかり」「やまびこ」「ひばり」「やまばと」「いなほ」「白鳥[注 139]」などの東北特急へ同所の583系174両と共に広域運用を担当したが、東北新幹線の開業により運用を縮小。分割民営化時点では、6両モノクラス編成×11本・「たざわ」用5両編成×4本・3両編成×5本・増結用MM'ユニット5組10両とサハ481形2両・保留車サシ481形2両の計115両が配置されていた。, また本センターの全般検査を担当する郡山総合車両センターへの入出場は、原則自走による回送で行われていたが、2002年12月2日の東北新幹線八戸延伸開業後は、同センター所属の双頭型両用連結器を装備したEF81 134・136・139・141のいずれかに牽引され、青森 - (奥羽本線)- 秋田 - (羽越本線) - 新津 - (信越本線) - 宮内 - (上越線) - 高崎 - (高崎線) - 大宮 - (東北本線) - 田端信号場 - (田端貨物線) - 三河島 - (常磐線) - 馬橋 - (武蔵野貨物支線) - 南流山 - (武蔵野線) - 武蔵浦和 - (武蔵野貨物支線) - 与野 - (東北本線) - 郡山のルートで配給列車による無動力回送へ変更された。, 2018年10月1日の時点ではA1・A5・A6の6両編成3本とMM'ユニット2組4両の3000番台計22両配置となったが[98]、2019年1月22日付で最後まで在籍したA6編成6両が廃車となり配置が終了した[32]。, 以下は前身の青森運転所→青森車両センター時代を含む1982年以降の主な運用推移である。, 大阪発着「白鳥」「鳥海」のみサロ481形・サシ481形組込12両編成×6本を充当するほか、福井発着「白鳥」「はつかり」「いなほ」は9両編成×11本を充当。他車両基地と転出入を行ったもののMM'ユニット9組18両とサシ481形16両が余剰となり保留車となった。, 全編成からサロ481形・サシ481形を外し6両モノクラス化するとともにMM'ユニットが全車1000番台化された。「白鳥」は向日町運転所へ、「鳥海」は秋田運転区へ移管。車両配置は6両編成×15本と保留車のサロ481形3両・サシ481形17両の計110両配置となった。, 「むつ」は廃止。秋田運転区から転入のクロハ481形組込3・5両編成により「たざわ」「つばさ」に充当。, 「たざわ」「つばさ」運用を秋田運転区へ再移管し充当用3・5両編成ならびに増結用車は転出。編成をクロハ481形組込6両編成×12本へ変更し、うち6本は海峡線乗入対策を施工し函館発着の「はつかり」へ充当。このほか、1990年に勝田電車区からの転入車により訓練車4両編成を配置。, 「津軽」への充当はこれ以前に運用されていた583系電車のリニューアル工事に伴うもので工事が完了する1993年9月30日までの期間限定。運転に際して同改正で廃止された上野発着「つばさ」ならびに共通運用の「あいづ」に充当されていたATS-P搭載の9両編成×3本[注 140]が秋田運転区から転入。引換に本所の「いなほ」充当7往復中5往復の運用移管を含んだ車両交換の形で6両編成×3本が秋田運転区へ転出した。「津軽」充当終了後にMM'ユニット1組とサロ481形をカットした上でクハ481形1000番台をクロハ481形への改造により他の6両編成と共通化。A10 - A12編成として「はつかり」4往復増と波動輸送に充当された。, 「いなほ」運用を新潟車両センターへ移管。以後は「はつかり」運用のみ担当。配置車両は6両のA1 - A12編成12本・4両の訓練車A13編成・サロ481形保留車3両の計79両となった。, また本改正と前後して3000番台化改造工事が開始され、同年3月29日に第一陣のA6編成が竣工、同年4月21日の「はつかり14号」から運用を開始[99]。また2度の転配が行われ、3000番台増結用MM'ユニットの捻出補完としてモハ485・484-1021・1035・1057[注 141]が1997年3月27日付で南秋田運転所から再転入。6月には上沼垂運転区のクハ481-1005と本運転所所属のクハ481-342を車両交換する形の転出入が行われた[注 142]。, 3000番台化改造工事は1999年10月までに海峡線乗入6両編成×5本・海峡線非対応6両編成×2本・増結用MM'ユニット3組6両の計48両へ施工。工事完了後の同年12月4日のダイヤ改正では定期運用を海峡線充当が3000番台車で4本、盛岡 - 青森間専従が在来車と3000番台で4本とする運用変更を実施した。, さらに2000年3月11日には盛岡 - 青森間の一部列車をE751系による「スーパーはつかり」へ置換えたことから、盛岡 - 青森間限定運用も海峡線非対応の3000番台×2本での充当となった。, 定期運用を失った在来車編成5本は、予備ならびに臨時列車などの波動輸送担当となったが、以下の2編成が転出した。, 保留車のサロ481形は1001が2001年7月13日付で、1005・1008は同年8月23日付で廃車された。, 上述列車には3000番台6両編成×7本と増結用MM'ユニット3組6両の計48両を充当し、以下の運用が組まれた。, このほか、予定臨時「つがる」運用に2往復もしくは3往復に海峡線対応・非対応を問わず充当された。, 3000番台を除いた在来車では、波動対応1000番台6両編成×3本・訓練車4両編成×1本が配置されており、3000番台と併せて計70両配置となったが、1000番台編成からA10・A11編成は2003年3月までに転出した。, 1000番台6両編成は、実質的には転用未定のまま海峡線ならびに波動運用対応のほか臨時「つがる」充当用とした予備車を兼ねるA3編成1本のみの状態で、2006年3月に同編成は「あいづ」充当により仙台へ転出したほか、羽越本線脱線転覆事故による車両補充のため3000番台A9編成に組成されていたモハ485・484-3056[注 143]・クハ481-3350・クロハ481-3020の計4両が新潟車両センターへ転出した。, 2004年4月1日付で青森車両センターに組織変更ならびに改称時点では、A1・A2・A4・A5・A6・A8の3000番台6両編成×6本と増結用MM'ユニット4組8両ならびに訓練車のA13編成で計48両となったが、A13編成は2005年に廃車となった。, JR北海道函館運輸所の789系とグリーン車連結位置を合せるために編成ごと方向転換を実施[注 144]。また「つがる」は秋田発着の「かもしか」を統合。さらに毎日運転の臨時列車扱いで大館発着を新設し4両編成化。以下の運用ならびに組成へ変更。, 4両編成運用は2011年4月23日にE751系へ置換えたため余剰となったが、E751系は予備車がないためA8編成のみ残存。検修・故障時などに浅虫温泉快速1往復と大館発着「つがる」2往復に限定充当された。, 余剰車のうちA4編成に組成されていたモハ485・484-3014は、ジョイフルトレイン『ジパング』へ再改造され盛岡車両センターへ転出。A4編成の制御車2両・A2編成・増結用MM'ユニット4組8両の計14両が廃車され、配置は増結用MM'ユニット2組4両・保留MM'ユニット1組2両を含み28両へ減少した。, 組織変更により青森車両センターから盛岡車両センター青森派出所へなると同時に本系列を充当する唯一の定期特急「白鳥」が廃止。また「つがる」も5往復→3往復による運用減とE751系を秋田車両センターへの転出と運用移管を実施し本系列の予備充当が終了となったことから、すべての運用が終了。ただし車両は検査期限が残っていたため引き続き配置されたが[34]、以下のスケジュールで廃車となった, A8編成と増結用MM'ユニットモハ485・484-3067の計6両[36][102]。, A1編成からモハ485・484-3062、A5編成からモハ485・484-3047のMM'ユニット2組4両[34][100]。, A5編成残り4両および増結用MM'ユニットモハ485・モハ484-3081[101]。, A1編成残り4両および保留車のMM'ユニットモハ485・モハ484-3049[101]。, 1976年に奥羽本線全線電化による「つばさ」本系列置換えで1000番台の新製投入が予定されていたが、電化開業が1975年11月になった。一方で電化工事遅れから長崎本線・佐世保線用として南福岡に配置されたものの休車なっていた在来車50両の有効活用ならびに青森からクハ481形200番台10両の転入車と新製されたサロ481形6両の計66両で秋田運転区時代に配置を開始。翌1976年に在来車は引通線追加など1000番台対応改造を施工したサシ481形を除き南福岡電車区へ再転出、1000番台新製車に置換えられ12両編成×6本の72両が配置された。, 当初は「つばさ」2往復のみを担当したが、1978年10月2日ダイヤ改正で1000番台対応改造済サシ481形を除き全車1000番台による12両編成×12本計144両で「つばさ」3往復・「やまばと」3往復・秋田発着「いなほ」1往復を担当。翌1979年7月1日ダイヤ改正では秋田発着「いなほ」が2往復担当となり、12両編成×14本と予備のクハ481形2両計170両配置となった。, 1982年6月の東北新幹線大宮暫定開業に伴い食堂車が編成から外され11両編成となりサシ481形は向日町ならびに金沢へ転出。同年11月の上越新幹線開業によるダイヤ改正ではサロ481形組込9両・モノクラス6両の短編成化を実施。編成増対応として青森からクハ481形が転入し新たに「たざわ」「はつかり」「あいづ」などに充当される広域運用が組まれたほか、1985年には青森運転所から臨時「鳥海」の運用を移管され専用のサロ481形組込7両編成も組成されたが、民営化後に勝田電車区と共管になり1988年に廃止。, 1987年の民営化後は、6両編成用に一部のクハ481形→クロハ481形への改造、さらに青森からモハ485形→クモハ485形への改造施工車の転入により3・5両編成が組成されたが、運用面では1992年7月の山形新幹線開業で「つばさ」「あいづ」への充当を終了。余剰となった9両編成×3本は青森運転所へ転出し急行「津軽」ならびに波動輸送対応に転用。新たに「こまくさ」に充当されるも秋田新幹線の開業により「たざわ」廃止ならびに「はつかり」運用を青森へ、「いなほ」運用を上沼垂運転区へ移管などで縮小。, 1997年以降に国鉄色から秋田色もしくはかもしか色と呼ばれる専用色に変更。1999年3月13日の山形新幹線新庄延伸開業によるダイヤ改正以降は「かもしか」のみの運用となり、配置車は廃車や他車両基地への転出により減少した。, 2004年の南秋田運転所[注 146]から秋田車両センターへ組織変更ならびに改称後は、保留車となっていたMcM'ユニット4組が廃車され3両編成×3本のみの配置となったが、2010年12月4日の東北新幹線新青森開業に伴うダイヤ改正により「かもしか」は「つがる」に吸収される発展的解消と同時に青森車両センターに運用移管となったため定期運用が消滅[注 147]。その後は波動輸送対応で団体列車・臨時列車で運用[103]されたが、2011年10月に全車が廃車となり配置車両が消滅した。, なお、本センター配置車両は国鉄時代に1000番台対応改造工事を施工したサシ481-57 - 59・61 - 63・65 - 67・75・76・81 - 83の14両、民営化後に青森から転入したクハ481-346 - 349[注 148]・351・352・1506・1508の8両、多客期増結用とされたサハ481-108・109[注 149]の2両を除きすべて1000番台車で構成されており、全般検査は後述する新潟車両センター所属車と同様に秋田総合車両センターで実施されていた。, 1965年10月1日のダイヤ改正で「ひばり」2往復・「やまびこ」1往復用として483系44両で運用開始。1968年10月1日改正からは「やまばと」「あいづ」、1972年からは「ひたち」にも充当。1973年10月1日改正で「やまびこ」を青森運転所へ移管するものの以後は増発され続ける「ひばり」「ひたち」「やまばと」に対応し最盛期の1978年には12両編成×15本・9両編成×6本・予備車6両の計240両が配置された。1982年11月の東北新幹線開業に伴うダイヤ改正で「やまばと」「あいづ」は秋田運転区へ運用移管。「ひばり」は予定臨時1往復のみとなり以後は「ひたち」に12両編成×10本が定期運用となり、余剰車は483系MM'ユニットとサシ481形の初期車一部が廃車となったほかは、他の車両基地へ転出した。しかし残存した「ひたち」運用も1985年3月のダイヤ改正で勝田電車区へ移管となり、余剰となったサロ481形4両とサシ481形11両のみ残存となったものの1986年中にサロ481形は3両がサロ110形へ改造、1両が札幌運転所へ転出。サシ481形は全車廃車となり本系列の配置は一旦終了した, 民営化後の1993年に特急「ビバあいづ」用編成が所属となり配置が復活。以後は2回の編成入れ替えを実施し、2005年以降は「あいづデスティネーションキャンペーン」に対応した運用、2007年以降は以下の6両編成×2本計12両が磐越西線郡山 - 会津若松間の快速「あいづライナー」3往復の定期列車ならびに波動運用を担当した。, 元青森運転所A3編成で2006年夏の臨時特急「あいづ・仙台あいづ」用として転入する際に郡山総合車両センターで「あかべぇ」塗装への変更を含む改造を施工。青森運転所時代に津軽海峡線対応車改造工事を施工されたためCP床下移設ならびにモハ484形の第1パンタグラフはPS26B形はそのままとしたが、ATC-Lは撤去。, 2007年2月 - 3月には、千葉県勝浦市で行われる「かつうらビッグひな祭り」に対応する高尾 - 安房鴨川間臨時特急「かつうらひなまつり」に充当[注 150]。以降は「あいづライナー」のほか「この夏も会津へ2007キャンペーン」の一環として上野 - 喜多方の臨時特急「あいづ」に充当[注 92]。以後2010年まで夏期に臨時特急「あいづ」に充当された。, 2011年春に郡山総合車両センターに入場し国鉄特急色に塗装変更を実施[104]。同年6月2日の「あいづライナー」より運用に復帰した[105][注 92]。2012年2月25日以降は「あいづライナー」運用に後述のA3・A4編成を投入し[106]、本編成は波動輸送を中心にA3・A4編成が充当できない際には「あいづライナー」代走運用に充当された。, 2015年にA3・A4編成は廃車となったが、本編成は「ふくしまデスティネーションキャンペーン」が開催された同年4 - 6月の週末ならびにゴールデンウィークを中心に通常は719系4両編成による快速列車3往復を置換えた快速「あいづ」ならびに波動運用に充当されたが、老朽化のため2016年6月18日・19日に仙台支社が主催するラストランを最後に運用離脱[107]。同年8月4日付で廃車され配置が消滅した[21]。, 2002年の「あいづ」運行に際し転入した元青森運転所A7編成。2005年度「あいづデスティネーションキャンペーン」に合わせて改造され臨時特急「あいづ・アクセスあいづ」に充当された。, 運行終了後に東武日光線直通特急「日光・きぬがわ」用に再改造され小山車両センターに転出しG55・G58編成となった。当初は2011年4月16日に「日光・きぬがわ」の253系1000番台置換え余剰から本センターへ小山からの転入が予定されていたが、前月に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で列車そのものが運休となり置換えも同年6月に延期[108]。2012年2月12日付で本センターへ再転入し、同月25日以降「あいづライナー」運用に充当された[106]。, 2015年3月14日のダイヤ改正で「あいづライナー」が廃止されたため定期運用が終了[109]。同月15日の団体臨時列車『さよなら「あいづライナー485系」』で運用を終了し、同年7月3日付で廃車[9]。, 本センターは、1986年11月1日に新潟運転所上沼垂支所から上沼垂運転区へ組織変更ならびに改称[注 151]したと同時に実施された国鉄最後のダイヤ改正で、分社化時のJR各社の車両運用や供給を考慮した車両転配ならびに日本海縦貫線に関係する特急車両配置基地の見直しを行った結果、青森運転所・秋田運転区・勝田電車区・向日町運転所・金沢運転所からの転入により72両が配置され、主に日本海縦貫線での広域運用を担当した。, かつてはATS-P搭載編成も配置され、首都圏ならびにJRグループ各社へ乗入れる波動運用も多かったが、老朽化・E653系への置換え・新幹線開業に伴う運用縮小が行われ、2015年3月14日に実施された北陸新幹線金沢延伸開業に伴うダイヤ改正以降の定期列車充当は新潟 - えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン糸魚川間に新設された快速列車1往復[109]のみで、2016年3月26日ダイヤ改正で「白鳥」が廃止されたため残存する本系列唯一の定期運用となった。しかし2017年3月4日ダイヤ改正で当該列車が廃止され[110]、改正前日の同月3日を最後に本系列すべての定期運用が終了[1]、同年4月までに廃車となった[13]。, その後はジョイフルトレインのみの配置となったが、2020年3月にきらきらうえつが廃車となり本系列の配置車両が消滅した[111]。, なお、本センター配置車両は全般検査を秋田総合車両センターで実施していたほか、以下の編成が組成されていた。, 当初はサロ481形組込の9両編成×8本にT1 - T8の編成番号を付番。1988年から施工されたグレードアップ改造に併せて上沼垂色塗装へ変更した。, 6両編成は「いなほ」運用のうち青森担当分が1996年に、南秋田担当分が1997年に本センターへ移管。さらに「ひたち」運用終了により勝田からも余剰車の一部が転入。1999年にはMM'ユニット1組カットした4両編成×3本のT21 - T23編成も組成され、6両編成はT11 - 20編成の10本となった。一方で9両編成はT1 - T5編成にまで減少し2001年の運用終了により消滅。4・6両編成も含め老朽車の廃車ならびに後述する3000番台R編成への改造などが行われていたことから、1000番台を主とした組成変更を実施し以下の編成番号に整理された。, 2005年までにT19編成が勝田車両センターへ、クハ481-333・1507を除いたT21編成ならびにT22編成が長野総合車両センターへ転出したため以降はT11 - T18編成が後述のR編成と共通運用で充当された[注 152]。, E653系への置換え余剰により2013年度はT11・14・17編成[112]、2014年度は上期にT12・15・16編成が[113]、下期にはT13編成が12月27日付で廃車となり上沼垂色塗装車は全廃となった。, 最後まで残存したT18編成[注 35]は元青森運転所A12編成でATS-Pならびに車内減光装置を搭載[注 153]。2000年転入後の2001年に上沼垂色塗装が施されたが、K1・K2編成と共通予備であることから2008年6月に国鉄色へ塗装変更[注 154]。各支社間貸出や首都圏乗入のためデジタル無線機を搭載する[10]。2015年3月のダイヤ改正で定期運用を、同年5月30日に運行された「ありがとう485系国鉄色号」ですべての運用を終了[114]。青森方先頭車に組成されていたクハ481-1508は同年7月10日付で廃車され[9]、同月12日にトレーラーで新潟市新津鉄道資料館へ搬入し展示保存[17]。残りの5両は同年8月10日にEF64形・EF81形電気機関車牽引で秋田総合車両センターへ配給回送され[115]、同月12日付で廃車された[9]。, リニューアル改造の3000番台車による編成。1997年に「はくたか」用サロ481形組込9両編成×2本のR1・R2編成として落成後、2000年からは6両T編成や秋田・青森からの転入車も改造されこれらは6両のR21 - R25編成となった。, 2005年3月1日改正でR1・R2編成は681系・683系に運用変更されたため2006年3月に6両編成化を行いR26・R27編成となった。, 2005年12月に発生した羽越本線脱線事故当該のR24編成の補完として青森車両センターから転入の4両にR1編成から外れたモハ485・484-3040でR28編成が組成された。, 2015年3月14日ダイヤ改正以降は大幅な運用縮小により余剰が発生。2017年3月4日で定期運用を、同月19日の団体臨時列車ですべての運用を終了[29]。廃車は以下のスケジュールでR21・R25編成は秋田総合車両センターへ、R22・R23・R26 - R28編成は長野総合車両センターへ長岡車両センター所属のEF64形1000番台牽引による配給回送[注 155]を行い実施された。, 2003年4月に快速「ムーンライトえちご」「フェアーウェイ」運用に充当されていた165系の老朽化による置換え目的で転入した元青森運転所旧A10・A11編成である。ATS-Pならびに車内減光装置を搭載するほか[注 153]、塗装は青森時代から継続の国鉄色とされた。, 6号車がレディースカー(女性専用車両)のためデッキ部がピンク色、座席モケットはエンジ色に変更されているほか、首都圏主要駅のホーム高さにあわせるため乗降用ドアステップ[注 156]を装備する。また2010年度に首都圏内で完全運用が開始されたデジタル列車無線機を搭載する。, 2010年12月4日ダイヤ改正により「ムーンライトえちご」の臨時列車格下げによる運用移管ならびに「フェアーウェイ」廃止。さらには急行「能登」の臨時列車格下げによるJR西日本からの運用移管が行われたため臨時夜行列車を主としながら、T・R編成との共通運用にも充当された[注 159]。, 2014年6月10日付でK2編成が[113]、2015年3月20日付でK1編成が廃車され全廃となった[注 160]。, 1996年に長野総合車両所より転入。2001年の「雷鳥」運用終了後もVIP仕様で防弾策を施工されていたことから、1051・1052の2両は保留車として配置されていたが、2010年10月に廃車となりJR東日本から489系が全廃となった。, 1990年にシルフィードとして落成した3両編成のジョイフルトレイン。2001年に改装され、それまでのグリーン車から普通車扱いとなりNO.DO.KAへ改称。2018年1月廃車[15]。, 当初配置の72両により9両編成×8本が組成され大阪 - 青森間「白鳥」・大阪 - 新潟間「雷鳥」・「北越」・臨時「いなほ」で運用された。, 1988年12月から1990年12月にかけてグレードアップ改造が施工され、車体色は後に本センター配置車両の標準色となる通称上沼垂色が塗装された。, 1990年には3両編成のジョイフルトレイン「シルフィード」が配置されたほか、1995年からは大阪滞留編成の間合い運用で「びわこライナー」にも充当された。, 南秋田運転所担当分「いなほ」運用を移管し定期8往復・臨時1往復ならびに「北越[注 163]」「みのり」それぞれ1往復に充当。, 「白鳥」運用をJR西日本へ移管し終了となるもの新たに北越急行ほくほく線経由の「はくたか」1往復を担当するとともに出入区を兼ねた「北越[注 163]」ならびに「雷鳥」3往復に充当。, 南秋田からはMcM'ユニット2組4両が転入するもジョイフルトレイン改造前程で幕張電車区(現・幕張車両センター)へ転出。また長野から転入のサロ489形2両はいずれの編成にも組成されない予備車とされた。このほか、クハ481形では南秋田から転入した1005と青森所属の342が[注 142]、クロハ481形では南秋田との間で1002と1023[注 64]が車両交換する形で転出入が行われた。, 1998年12月以降は通勤ライナー列車への充当など小変更を実施。1999年にはT17・T19・T20編成から新潟方MM'ユニット1組をカットした4両編成×3本のT21-T23編成が組成され「いなほ」「みのり」に充当されたほか、E653系に置換えられ余剰となった勝田電車区所属車両のうちMMユニット3組6両とクハ481形4両が転入。状態の悪い車両を置換える玉突き転配が実施された結果、2001年までにMM'ユニットは1000・3000番台に集約。クハ481形ボンネット車は全車廃車となった。, 2000年7月にはATS-Pならびに車内減光装置を搭載する青森運転所A12編成が転入した[注 35]。, 2001年3月3日ダイヤ改正では、大阪 - 新潟間の「雷鳥」が金沢を境に「雷鳥」「北越」に系統分離された。このため「雷鳥」ならびに間合いの「びわこライナー」運用をJR西日本へ移管し終了。余剰となったT1 - T5編成はMM'ユニット1000番台の一部が「北越」増発用として6両編成へ転用、クハ481-349と保留車となっていた753ならびにMM'ユニット1078の4両が「きらきらうえつ」の改造種車とされたほか、以下のモノクラス編成に再組成された車両を除き廃車[注 167]となった。, これらの結果クロハ481形6両編成はT11 -T18・R21 - R25編成の13本となった[注 168]。, ジョイフルトレインは「シルフィード」に普通車格下げ改造を施工し「NO.DO.KA」へリニューアルしたほか、新たに4両編成の「きらきらうえつ」が配置された。, 2002年12月にはT21・T22編成が充当される特急「みのり」を快速「くびき野」に格下げした上で運転区間を新井まで短縮したほか、波動用T19編成が勝田電車区へ転出。, 2003年には青森運転所から「ムーンライトえちご」用165系置換え用として6両編成×2本が転入、K1・K2編成とした。, 2004年10月23日に発生した新潟県中越地震の影響で上越新幹線越後湯沢 - 新潟間が不通になり、10月27日 - 11月28日に新潟から越後線・信越本線経由の北陸新幹線乗り継ぎ臨時快速列車に充当され「みのり」廃止以来長野まで運用された。, 2005年3月1日ダイヤ改正では、「はくたか」運用を681・683系に置換えたため9両のR1・R2編成は定期運用を終了。両編成は予備車扱いとなり、多客期の「いなほ」運用に充当された。また同年12月25日に発生した羽越本線脱線事故により当該のR24編成が山形県警察から物的捜査資料として証拠物件の保全命令が出され長期使用不能となったことから車両不足が発生。このためR2編成からMM'ユニット1組+サロ481-3106をカットした6両編成とし「くびき野」運用に充当。, 2006年5月22日に「くびき野」運用[注 152]の完全6両化を実施。4両のT21・T22編成は余剰となり、T21編成のクハ481-333・1507が廃車となったが残存の6両は長野総合車両センターに転出。2006年にジョイフルトレイン「彩(いろどり)」へ改造された。, 東北新幹線八戸 - 新青森間延伸開業に伴い青森まで運転されていた「いなほ」の秋田以北を「つがる」に分離。これによりT・R編成は以下の定期運用を担当。, K編成が充当されていた「ムーンライトえちご」の臨時列車格下げならびに「フェアーウェイ」廃止により、運用は首都圏配置の183系電車に移管[注 172][121]された。同編成は定期夜行急行「能登」の臨時列車格下げにより同運用をJR西日本金沢総合車両所から移管。共通運用を組む「ホームライナー鴻巣3号・古河3号[注 173]」・「北越3号・8号(「能登」運転日のみ)」にも充当された。, 「ムーンライトえちご」は2014年4月4日 - 5月3日に「えちご春の夜空」として運転されたが、5月23日発表の夏期増発列車に関するプレスリリースでは運転が記載されておらず[122]、同列車はこれ以降の運転設定がない状態となった。K編成は2015年3月までに全車廃車。, 2013年9月28日よりE657系導入で余剰となったE653系1000番台へ順次置換えしていた「いなほ」は本改正で酒田までの2往復に減少。同年7月11日に置換えが完了。同時に「らくらくトレイン村上」もE653系への置換えを実施し羽越本線での定期運用が終了[123]。, 北陸新幹線金沢開業により上述運用はすべて終了。定期運用はR編成のみとなり以下の列車に充当となる。, T編成は同年5月30日に運転された団体臨時列車「ありがとう485系国鉄色号」ですべての運用を終了[114]。, 改正前日の同月3日を最後に定期運用を終了[110][1]。同月19日にR28編成を充当した団体臨時列車「ありがとう485系信越の旅!」ででジョイフルトレインを除いたすべての運用が終了した[29]。, 同月7日にNO.DO.KAが運行を終了[124]。同月10日付で自力走行による新宿経由で長野総合車両センターへ回送[125]ならびに廃車[15]。, きらきらうえつが、同年10月にHB-E300系で新造した「海里(KAIRI)」への置換えによる運行開始予定に伴い[126]、同年9月29日で定期運行を終了[127][128][129][130][131]。同年12月15日に運転された旅行商品専用列車「きらきらうえつ美食旅」をもってすべての営業運転が終了[132][133]。2020年3月1日付で廃車[111]。, 1986年11月に「あさま」「そよかぜ」充当用として金沢運転所から転入の489系9両編成×3本でN301 - N303編成を組成し配置。塗装はJR化後の1990年以降に国鉄色から189系グレードアップ改造車で採用されたあさま色への変更を実施した。また、定期運用では交流電化区間は存在しない。, このほか1987年3月11日に保留車としてサシ489-83が転入したが、1988年にスシ24 506へ改造され尾久客車区へ転出。1990年には勝田電車区からサロ481-1053・1052をサロ489-1051・1052へ改造した上での転入により最大29両が配置された。, 1996年にサロ489-1051・1052は上沼垂運転区へ転出、N302編成が長野駅構内での事故により廃車。残存したN301・N303編成も1997年の北陸新幹線長野開業により定期運用を失い2000年までに全車廃車となった。, その後2006年に新潟車両センターより4両編成×2本が転入。クハ2両は廃車となったが、残りの6両を改造したジョイフルトレイン「彩(いろどり)」を配置。2015年7月に交直切替機能を使用停止し直流専用車とされたが、2017年10月20日付で廃車された[15]。, なお、配置車両の全般検査は489系も含み前身の長野工場時代から本センターで実施していた。, 勝田電車区[注 174]時代の1985年に仙台運転所から「ひたち」の運用移管が行われ、青森運転所・仙台運転所・向日町運転所・南福岡電車区・鹿児島運転所からの転入車により11両編成×15本計165両が配置された。これらの車両はクハ481形がトップナンバーを含む九州地区から転入したボンネット車のみ30両[注 175]・483系MM'ユニット4組8両・モハ485+484ユニットがトップナンバーを含む53組が初期車・サロ481形が改造車を含み全車AU13E形分散式冷房装置搭載という特徴があったが、民営化を見据えた1986年11月のダイヤ改正によりクハ481形300番台・サロ481形1000番台ならびに1050番台が転入し上野方MM'ユニット1組カットの9両編成×18本に組成変更。1988年3月までは秋田運転区と共管で臨時「鳥海」にも充当された。, 民営化後は車内更新によりフリーストップリクライニングシートへの交換やATS-P搭載工事が実施されたほか、1989年3月11日のダイヤ改正で651系電車投入により一部列車を「スーパーひたち」として分離。編成組成を7両編成×8本へ変更。さらにはグリーン車の普通車化改造を実施。最終的には10本と予備車22両へ再組成し、余剰となった初期車が廃車され一部車両は他車両基地へ転出した。1990年には「リゾートエクスプレスゆう」6両編成1本(K30編成)が配置されたほか、1991年[注 176]には4両の訓練車編成が落成。1992年7月1日から1993年11月30日までは「あいづ」運用が南秋田運転所から移管され[注 177]送り込みと帰区を兼ねた「ひたち」1往復に共通運用でサロ481形組込7両編成を充当2本・予備1本組成したためモノクラス7両編成は9本となった。, 一方で「ひたち」では1992年から国鉄色からひたち色と呼ばれるグレーを基調にした専用色へ塗装変更。一部列車で慢性的混雑が発生していたことからクハ481形0番台に7両×2本併結対応の制御回路用KE70形ジャンパ連結器前面追設ならびに密着連結器への交換工事を施工し1993年1月から14両運転を開始[136]。「あいづ」廃止後は「リゾートエクスプレスゆう」・訓練車編成・踏切監視ならびに波動輸送対応用4両編成×2本[注 178]・保留車モハ485+484-2・サロ481-1007・1054・1056・1506を除き定期運用に対応する以下の7両編成×10本が組成された。, 1994年にモハ485+484-2・サロ481-1054・1056が、1997年に4両編成×2本が廃車され、サロ481-1007・1506がリゾートトレイン「ニューなのはな」改造を施工して幕張電車区へ転出。1997年にはE653系一次車7両編成×4本落成により、余剰車が発生。K1 - K7編成に組成変更を実施し、同年7月には前後クハ481形がボンネット車・MM'ユニットが初期車で組成されたK7編成[注 179]を国鉄色へ塗装変更。同年12月にE653系二次車落成置換えにより定期運用が終了した。1999年までに一般型車両は訓練車編成を除いて10両が状態の悪い車両交換用として上沼垂運転区へ[注 180]、10両がリゾートトレイン改造の種車として新前橋電車区へ[注 181]転出した以外は廃車となった。, K60編成が2004年に、K40編成が2005年に勝田色もしくは白イルカと呼ばれる同センターオリジナル色に塗り替えられ、主に「ぶらり鎌倉号」「ぶらり高尾散策号」などの臨時急行・快速列車や団体列車で運用された。, 2007年には訓練車が、2013年1月にK40編成・K60編成が相次いで郡山総合車両センターへ廃車回送された[137][16]。2013年3月16日のダイヤ改正による「フレッシュひたち」運用終了で余剰化するE653系[注 183]に置換えた。, 最後まで配置されていたジョイフルトレイン「リゾートエクスプレスゆう」は、2018年9月6日付で廃車[138][139][140]。これにより本センターの本系列配置は終了した。, 本系列による大手私鉄東武日光線への直通運転となる新宿 - 東武日光・鬼怒川温泉間「日光」「きぬがわ」用6両編成のG55・G58編成が2005年12月に仙台運転所から転入。2006年3月から運用されていた[注 184]。2011年6月4日より「日光」「きぬがわ」は253系1000番台へ置換えで[141]、2012年2月10日付で仙台車両センターへ転出した。, ジョイフルトレイン「宴」(6両編成、G4・5編成)「華」(6両編成、G6・7編成)も配置されたが、2015年3月14日付で高崎車両センターに転出した。, ジョイフルトレイン「ニューなのはな」6両編成1本が配置されていたが、2016年9月26日付で廃車された[21]。, 国鉄時代から一貫して営業用交直流電車の配置はないが、481系電車落成と共に「しらさぎ」で名古屋への乗入れを開始。1965年 - 1972年には「つばめ」にも投入された。分割民営化以後は同社内に交流電化区間ならびに承継車両はないものの定期運用はJR西日本所属車が「しらさぎ」と間合いの「ホームライナー大垣・関ヶ原」で2003年まで、臨時運用では日蓮正宗法華講連合会向け団体臨時列車で金沢・糸魚川方面←(北陸本線・東海道本線・身延線)→富士宮に充当されたが、どちらも他系列に置換えられた。, 435両が継承されたが108両が183系電車に改造[注 185]。MM'ユニットの組換を頻繁に行ったのも同社の特徴である。1990年代後半からは681・683系の登場により急速に数を減らし、2011年3月のダイヤ改正により同社所属車の定期運用が消滅。その後は順次廃車が進行し2014年10月現在では保留車としてクハ489-1のみが在籍していたが[142]、上述のように2015年2月13日付で廃車[22]。これにより同社在籍の本系列は183系への改造車も含めて全廃となった。他社所属の本系列はJR東日本新潟車両センター所属車が「北越」で同年3月13日まで乗り入れていた。, また、創価学会が関係のあった日蓮正宗の総本山である大石寺に参詣するため身延線富士宮へ1991年まで運行されていた通称創価臨もしくは創臨[注 186]、金光教祭典時に山陽本線金光へ運行される通称金光臨といった宗教団体向け臨時列車に金沢・京都所属の本系列が充当されるケースが多かったのも特徴である。, 1973年の金沢運転所[注 187]時代に向日町運転所から「白山」運用を移管され489系を配置。1975年からは485系も配置され、1987年の民営化時にはサロ481・489形組込の9両編成×10本・7両編成×13本と増結用MM'ユニット2組[注 188]で「しらさぎ」「加越」「北越」金沢発着の臨時「白鳥」ならびに「白山」と間合い運用でJR東日本上野口でホームライナーに充当された。1988年以降は「白山」充当編成の独立化ならびに各種グレードアップをはじめ分割併合可能をした「スーパー雷鳥」のほか「雷鳥」「かがやき」「きらめき」「はくたか」「能登」など列車ごとに組成された編成で改造およびMM'ユニットの組換を頻繁に行ったのも本所の特徴であり、首都圏・近畿圏ならびに北越急行乗入のため先頭車の一部はATS-Pを搭載した。681・683系増備による置換えで年々配置車両が減少し、「能登」充当用H01 - H03編成も2010年3月13日ダイヤ改正で定期運用を終了。最後まで車籍のあったクハ489-1も京都鉄道博物館での展示保存のため2015年2月13日付で廃車となり本系列の配置が終了した[22]。, ベースは国鉄時代の1985年3月14日ダイヤ改正で組成された9両編成で分割民営化時には10本が組成されており、「白山」「北越」「ホームライナー大宮」臨時「あさま」に充当される489系限定4運用と検査・車両故障時には485系組込可の「しらさぎ」専従5運用に分けられていた。, 1989年3月11日のダイヤ改正で横軽区間が介在する「白山」運用充当の4編成に車体色をオイスターホワイトをベースにバラ色・薄群青色・ライトコバルトブルーを配した白山色へリニューアルし、6号車に組成されるモハ489形をラウンジ&コンビニエンスカーに改装するのなどのアコモ改善を施工したのが本編成で当初はH1 - H4編成が組成された。, 間合い運用では金沢口で「北越」「加越」臨時「しらさぎ」、上野口で「あさま」などにも充当されたが、1992年3月14日ダイヤ改正で「白山」1往復減。1993年3月18日ダイヤ改正で「能登」への充当が開始された際にクハ489形300・700番台を他編成に組成変更し、ボンネット形の0・500番台によるH01 - H04編成となった。, 1997年の北陸新幹線長野先行開業に伴う「白山」廃止による運用減からH04編成は波動輸送対応用Z01編成に転用。上越線経由に変更された「能登」と間合いによる「ホームライナー鴻巣3号」「ホームライナー古河3号」が定期運用となったほか、臨時「はくたか」や車両故障時などの緊急対応で本来投入されない「北越」「加越」「雷鳥」などにも充当された。, このため通称舞浜臨と呼ばれる東京ディズニーリゾート向け京葉線直通団体列車など首都圏への波動運用やリバイバル列車にも投入された実績がある。, H01 - H03編成は数度の車両交換を行ったのち2010年3月13日ダイヤ改正で「能登」臨時列車化とJR東日本新潟車両センターへの運用移管により定期運用を終了。各編成は以下の状況になった。, ベースは1975年に運転開始された「加越」に充当された中間にサロ481形を組込む国鉄色を施す485系7両編成。「しらさぎ」「北越」のほか、名古屋口では間合いでホームライナー運用にも充当された。, 本編成の特徴として、国鉄時代はクハ481形が300番台を中心に組成されたが、民営化直前の1986年以降はクハ481形100番台をはじめとする初期車を含む向日町運転所からの転入車やH編成の「白山」専従化による489系の転用による組込が行われ、民営化時にはK1 - K13の13編成を組成。他編成への転用改造などで車両交換が頻繁に行われた結果、アコモ改善車が未施工・H編成用施工・本編成用の3種類が混在するほか、組成も485系限定・485系+489系混結・489系限定などバリエーションに富んでおり、さらには予備車や増結用MM'ユニットが多く、上述のH編成をはじめ列車単位で編成組成され予備車がないS・V・R・O編成へ緊急時に組込も実施される実質的共通予備車としての役割も持たされていた[注 190]。, 1997年には運用見直しにより後述の「スーパー雷鳥」からクモハ485形200番台を含む転用も含め、以下の基本10本・増結用付属3本の編成となった。, 2001年10月ダイヤ改正で「しらさぎ」運用を後述するY編成へ変更することにより、同年4月以降「スーパー雷鳥」用R編成から転用早期落成車の投入などもあり徐々に規模を縮小。残存車で組成された編成はK31 - K33を付番した。「しらさぎ」運用終了後、編成記号は「加越」充当用O・S編成を統合した2代目K編成へ継承された。, 1988年3月13日ダイヤ改正で「北越」用に4本組成された編成。米原方にサロ489形1000番台改造のクロ480形1000番台を連結。1991年以降は1編成減で「加越」にも充当されたほか一部車両交換も実施。O02編成は前述のH編成・初代K編成以外で唯一ボンネット車のクハ481-112[注 192]を組成した。2002年に後述する2代目K編成に発展的解消で消滅。, 1988年3月13日のダイヤ改正で金沢発着で運転開始された「かがやき」2往復は長岡で上越新幹線へ、「きらめき」1往復[注 193]は米原で東海道新幹線へ連絡の速達性を重視した列車で[注 194]、充当にあたっては並行する北陸自動車道高速バスとの競合も考慮された結果、グレードアップ改造ならびに特別塗装を施工した専用編成が必要と判断されたことから組成されたのが本編成である。, 当初はモノクラス4両編成×2本[注 195]であったが、1990年3月以降は「かがやき」のみ6両化された。, 翌1991年からは米原方にクロ480-2301・クロ481-2201・2300番台などの改造グリーン車を組込「北越」「加越」にも充当。1992年3月14日のダイヤ改正で「きらめき」運用も再び共通化され5編成が組成された。1997年3月22日ダイヤ改正で「かがやき」「きらめき」廃止により一部はV編成に転用されたが、残りの車両は編成名はそのままでMM'ユニットを1組カットした上で塗装を国鉄色へ変更し「加越」へ充当された。2001年にO編成と統合され2代目K編成に発展的解消。, クロ481形2000番台・2100番台・サロ481形2000番台は2+1配置、普通車指定席はシートピッチ拡大を行ったグレードアップ改造や専用塗装などを施工した編成で以下の遍歴で編成組成が変化した。, 7両編成×4本で運用開始。季節運転で「スーパー雷鳥・信越」で長野まで乗入運用を設定。, 「スーパー雷鳥・信越」は冬期シーズンのみの運行に縮小し 富山地方鉄道乗入運用を「スーパー雷鳥・立山」に変更, 富山方に組成されていたクロ481形・サロ481形を大阪方に組成変更し付属編成を含み方向転換[注 196], 2001年に運用終了。サロ481形2000番台は廃車となったが、その他は一部車両を除き「しらさぎ」用Y編成に組成変更されR編成は消滅。, 1997年3月22日ダイヤ改正では北越急行ほくほく線が開業したことにより、上越新幹線接続を長岡から越後湯沢へ変更されたため「かがやき」を廃止、新たに「はくたか」が設定されたことにより組成された6M2Tの8両編成×2本[注 197]で車両はS編成からの転用であり[注 198]、金沢方にクロ481形2300番台を連結する。, 工事は1996年から施工されており、改正前には「かがやき」「きらめき」で運用された。, 2002年3月23日のダイヤ改正により北越急行で最高速度160 km/h運転が開始され対応する681系に置換えられ消滅。, 2001年10月のダイヤ改正で「加越」運用を後述の2代目K編成へ分離し、「しらさぎ」運用を集約するために組成されたのが本編成である。塗装は青とオレンジのラインが入る通称あおさぎ色へ変更、塗り分けははくたか色に準じた。クロ481形2000・2100番台を含むR編成から転用車を中心に初代K編成ならびに新たに改造されたモハ485形500番台・サハ481形600番台などで組成された以下の編成で構成された。, 改正直前まで初代K編成が運用されていたことから、ダイヤ改正時に転用予定車の落成が間に合わず、本来本編成が充当される運用に一時的に組成されたK31 - K33編成を充当したほか、臨時「雷鳥」にも充当された。, 2001年3月のダイヤ改正で「北越」は運用をJR東日本新潟車両センターへ完全移管。同年10月に「しらさぎ」運用はY編成へ集約したことから、「加越」運用に充当されていたO・S編成を集約、V編成からの転用車を含め2002年4月に再組成した国鉄色の4・6両ならびに増結用MM'3組計36両で以下の組成とされた。, 本編成の特徴はO・S・V編成から、クロ480形・481形グリーン車の連結位置を従来の米原方から金沢方へ変更した点にある。その際に編成ごと方向転換[注 196]したことからMM'ユニットも逆向きとなるため他編成と混結使用が不可となり、増結用MM'ユニットも本編成専用である, 当初は6両編成が臨時「雷鳥」にも充当されたが、2003年に「加越」は「しらさぎ」に吸収された上で683系への置換えで運用終了。一部車両は京都総合運転所へ転出した。, 1997年のH編成1本減となった後に一部車両を変更して共通予備編成Z01編成として組成されたが、1998年にコンビニエンスカーMM'ユニットのモハ489-18+モハ488-203が廃車。以後数度の車両交換を実施して489系限定ならびにATS-P・デジタル無線機を搭載する首都圏乗入対応のH04編成として編成番号を改めた7両編成である。同編成は主に波動運用や臨時列車に充当されたほか、客室減光装置を搭載することから予備もしくはH01 - H03編成のMM'ユニットを組込み「能登」運用に充当された実績もある。2009年3月の団体臨時列車充当を最後に運用離脱。同年9月に廃車となりその後解体された。, 初代K編成が「しらさぎ」用Y編成に組成変更される際の過渡期間に組成されたK31 - K33編成がベース。Y編成への移行後に一部車両を交換した上で編成記号を「しらさぎ」グループと同様のYに変えた7両編成×2本と増結用MM'ユニット1組の16両で構成される波動輸送対応編成で臨時「しらさぎ」にも充当された。, 前述したZ01→H04編成が489系限定で首都圏乗入対応が施工されているのに対し、本編成は485系・489系混結でサロ481・489形を組込むほか、Y33編成はH04編成に組込んで「はくたか」や「能登」運用にも充当された実績がある。2005年の廃車により本所の485系配置が終了した。, 国鉄向日町運転所[注 199]時代から本系列最初の配置車両基地であり1975年3月までは山陽・九州特急を担当。以後は「雷鳥」「北越」などの北陸特急を主に運用された。489系との混結や「シュプール号」などでの夜行運用に対応した客室減光装置搭載編成も在籍し、1997年3月 - 2001年3月までは在来線電車特急として最長運転距離となる「白鳥」にも投入され青森まで広域運用されていたが、それ以降は「雷鳥」のみが定期運用となった。2011年3月12日のダイヤ改正で「雷鳥」は「サンダーバード」に統合され同月11日の「雷鳥33号」を最後に本系列での定期運用を終了。同年8月までに全車廃車となった[145]。, なお分割民営化後も北陸特急の運用形態の変更に伴う大きな編成変更を度々実施しており、その動きを以下で解説する。, サロ481形500番台組込10両編成のうち3本を分割し18両が金沢運転所へ転出。残存編成は「だんらん」廃止により、号車にサロ481形組込9両編成に変更・統一。, その後、各編成の座席定員を統一するため、1999年迄に中間車を以下の様に編成を組み替え。, 「スーパー雷鳥」が681・683系化されて消滅。大阪-青森間の「白鳥」が、「雷鳥」・「北越」・「いなほ」に分割されて廃止。, クハ481形100番台・サロ481形は同年9月までに運用離脱 → 廃車も含め大規模な編成組替を実施[注 203]。金沢総合車両所より以下の車両が転入。, 不足するサハ481形はモハ485形よりサハ481形700・750番台へ3両改造施工により落成させ、クロ481・480形を大阪方先頭車とした上で以下の組成変更を実施。, さらに各編成の座席定員を統一するため[注 207]中間車は以下の車両で編成組成となった。, パノラマグリーン車を連結していないA07 - A09編成が定期運用から離脱することになり、残存編成間で一部車両交換を実施。, 離脱編成は4 - 6号車のサハ481形+MM'ユニット1組を廃車とし、残存した6両が2009年9月から12月にかけて183系に改造され福知山電車区に転出[147][148][149]。, 定期運用が「雷鳥8・33号」のみとなり、編成も9両からサハ481形+MM'ユニット1組をカットした6両に減車。ただし多客期には「雷鳥」もサハ481形+MM'ユニットを増結した9両で運用されるケースも発生したため各編成の組成両数固定化は未実施[150]。, A02・A10編成は運用離脱しその後廃車。A05編成は同年夏の多客期輸送終了後に、A04編成は2011年に運用離脱となり廃車となった。, 同年3月27日運転の団体臨時列車を最後に運用離脱。順次吹田工場へ廃車回送を実施。同年8月までに全車が廃車となった。, 電化区間が1986年まで存在せず、1988年まで瀬戸大橋が開通していなかったこともあり国鉄時代から四国への入線はなかったが、2001年5月12日・13日に高松駅再開発事業で完成した施設「サンポート高松」の名称をそのまま列車名に使用した大阪 - 高松の臨時急行で初入線した。なお、予讃線箕浦以西の電化区間は狭小トンネルのため本系列は入線不可である。, 485系のみ324両が継承された同社には、南福岡・鹿児島に続き大分鉄道事業部大分車両センターにも配置された。, 1989年 - 1992年には「有明」がキハ183系1000番台「オランダ村特急」と世界初の気動車との動力協調運転を行った。また改修工事の施工も開始され、下関発着の「にちりん」廃止後は大半の車両が電源切替回路の使用停止により交流区間専用車となったが、783系以降の新型車落成に伴い充当列車も徐々に減少。1992年の「つばめ」への787系投入により鹿児島本線熊本以南、1994年には「有明」の783系統一により同線鳥栖以南の運用を終了。1995年からは改修車の廃車も始まり、1999年までにサロ481形およびボンネット車は全廃となった。, その一方で1992年に登場した「ハウステンボス」、1995年に「にちりん」を系統分割した「きりしま」、1997年には博多 - 大分間の「にちりん」から改称された「ソニック」に大分区への入出庫を兼ねた1往復へ充当された。博多 - 肥前山口間では「かもめ」「みどり」「ハウステンボス」の3列車を併結し[注 209]、旅客列車としては九州最長の13両編成で運転された[注 210]。, 2000年3月には885系による「白いかもめ」就役と「みどり」「ハウステンボス」が783系に統一されたことで長崎本線・佐世保線の定期列車運用を終了。本改正ではこれらの余剰車を「にちりん」から系統分割した「ひゅうが」に転用[注 211]。翌2001年3月3日のダイヤ改正では885系「白いソニック」の投入と博多乗入れ「にちりん」への783系充当・「にちりんシーガイア」「ドリームにちりん」集約により博多乗入れが終了。このため南福岡の定期運用が消滅した。その後は残存車両が波動輸送に充当されたが、2004年2月までに大分や鹿児島への転出や廃車により配置車両が消滅した。この運用の大幅な縮小により2002年から106両が一気に廃車され、消滅した形式・区分番台も発生した。, その後は「にちりん」「きりしま」「ひゅうが」などで運用されたが、2011年3月12日の九州新幹線鹿児島ルート全線開業に伴うダイヤ改正で余剰となった783系・787系などに置換えられ定期運用が終了となり[注 212]、波動輸送対応となる一部車両を除いて廃車となった。2016年10月2日付でクハ481-256が廃車となり[48]、JR九州からは全廃となった。, なお同社では1990年代以降、編成番号を附帯させる際には、系列固有アルファベットと車両基地固有小書きアルファベットに一連の数字を組み合わせて表示させており[注 215]、本系列を示すDと所属基地から次の3種類が存在した。, 大分電車区時代の1994年3月1日付で南福岡電車区から転入し初めて本系列が配置された。その後1995年4月20日までに鹿児島運転所などとの転出入が実施され、同日現在で43両(4両編成10本・3両編成1本)が配置となり「にちりん」で運用された。, その後は運用の見直しや883系・885系投入により廃車・南福岡区への転出が行われ、2000年3月11日ダイヤ改正で一旦定期運用を終了。臨時列車などの波動運用対応用として7両のDo21編成ならびに5両のDo31編成の計12両が残存となった[151]。, 2006年3月18日ダイヤ改正では鹿児島所からの運用移管により定期運用が再開。車両面では3両のDo1 - 7編成と増結用MM'ユニット2組4両の計25両が転入、従来からの所属車両は5両のDo31編成が引き続き波動輸送用として残存したもののDo21編成は組成を解き3両が鹿児島所に転出したことから配置総数は34両となった。2011年3月12日まで以下の列車で運用された[152]。, 定期運用終了後はRED EXPRESS色・K&H色の編成が2012年度内までに全車廃車となったが、2014年4月時点で旧国鉄色で波動輸送対応用として3両のDo2編成と5両のDo32編成計8両の配置となった。, 2010年4月時点では39両配置。DK8 - 10編成[注 216](3両)・DK11 - 16編成[注 217](5両編成)が配置されていたが、同年12月に旧国鉄色へ塗装変更したDK9編成と大分所属のDo1編成を交換する形で転配を実施。2011年3月12日で以下の運用を終了。その後は順次廃車回送が行われ、2012年度までに全廃となった。, 101系 - 103系 - 105系 - 111系 - 113系 - 115系 - 117系 - 119系 - 121系 - 123系 - 201系 - 203系 - 205系 - 207系 - 211系 - 213系 - 301系, 401系 - 403系 - 413系 - 415系 - 417系 - 419系 - 421系 - 423系, 151系 - 153系 - 155系 - 157系 - 159系 - 161系 - 165系 - 167系 - 169系 - 181系 - 183系 - 185系 - 187系(計画のみ) - 189系 - 381系, 451系 - 453系 - 455系 - 457系 - 471系 - 473系 - 475系 - 481系 - 483系 - 485系 - 489系 - 581系 - 583系, 141系 - 143系 - 145系 - 147系 - 191系 - 193系 - 443系 - 495系 - 591系 - 791系, キハ40系 - キハ54形 - キハ141系 - キハ150形 - キハ201系 - H100形, キハ183系(ノースレインボーExp.) - キハ261系 - キハ281系 - キハ283系, キハ56系(くつろぎ - アルファコンチネンタルExp.) - キハ80系(フラノExp.