40代、50代で離婚する家庭の特徴と、弁護士に相談する必要性 “人生もう一度” 離婚 子育てもひと段落がつき、人生も折り返し地点を過ぎた 40 代、 50 代。. こちらも読まれています離婚前の準備完全マニュアル|切り出すべきタイミングから必要なものまで紹介 離婚準備を始める前に離婚弁護士に相談すれば、正しい離婚準備の進め方を知り夫婦の財産や離婚慰謝料、親権、養育費の問題が早期... 財産分与とは、夫婦が婚姻生活の中で協力し合いながら築いてきた財産を分け合う制度。妻が専業主婦の場合も、妻が家事を担っていたからこそ夫が仕事に専念できたという側面があるため、財産分与をすることができます。, 注意すべき点は、財産分与が申告制であるということ。配偶者が自分の持っている財産の一部を隠してしまった場合、請求できなくなる可能性があります。ですから、離婚を切り出す前の段階から、相手名義の預貯金や不動産、自動車、株式などをしっかり把握しておきましょう。配偶者の給与明細を保管しておくのもお勧めします。. 別居中や離婚後の生活費をどうするか、相手や自分の退職... ただし、共働きで夫婦ともに十分な収入がある場合には婚姻費用の請求が認められなくなる可能性があります。また、何も言わずに突然家出をして別居を開始してしまうと、「夫婦の同居義務違反」として離婚の際に不利になるおそれがありますので注意してください。. こちらも読まれています離婚前の別居は不利になるかも?離婚調停中の同居義務違反に要注意! 夫婦が離婚するときには、離婚前に別居期間をおくことが非常に多いです。夫婦には同居義務がありますが、別居をすると同居義務違... DV・モラハラなど、精神的肉体的苦痛が大きく心身が危険にさらされている場合は、すぐにでも配偶者から逃げて離婚すべきでしょう。しかし、離婚理由に再構築の余地が少しでも残っているのなら、もう少し慎重に考えてみてもいいかもしれません。, 以下では、よくある離婚理由別に「子なし夫婦が離婚すべきかどうか」を解説していきます。, 不倫が原因で離婚を考えている夫婦は、非常に多いです。子どもがいる夫婦ですと、配偶者が不倫しているからと言って自分の感情だけで離婚するのは難しいこともあります。特に不倫している夫が高収入で妻が専業主婦である場合、「自分さえ我慢すれば、子どもに豊かな生活をさせてあげられる」と考えて再構築を選ぶ女性も少なくありません。, 一方、子なし夫婦の場合、夫婦で協力して養うべき子どもがいないため離婚のハードルが低くなります。もし、あなたに十分な収入があり、離婚後も経済的に自立できるのであれば、離婚を考えてもよいかもしれません。離婚を決意したら、慰謝料を請求するために不倫の証拠をしっかりと集めておくことをお勧めします。, ただし、「不倫されたのが1回のみ」で「配偶者が非常に反省している」、かつ「配偶者に対する愛情が残っている場合」はもう一度再構築を選ぶのもひとつの方法。夫婦でカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。. 「子なし夫婦」という言葉自体、ちょっと違和感を感じることもありますが、しかし世間一般で、子どもがいないと、「子なし夫婦」として認識されるのもまた事実。しかし「子なし夫婦 のほうが幸せ」って言われることもあります。そこで今回は「子なしの夫婦」にフォーカス。 そんな時期に離婚をする、いわゆる「熟年離婚」も最近では珍しくなく、当事務所にも非常に多くの相談者の方がお見えになります。 40代の働く既婚母です。 若い子達と普通の勤務を希望するのを止めましょう。 若い子たちが居ない職場、勤務時間を狙う事をおすすめします。 私は仕事の関係で、スーパーに行くのが23時ごろになります。 子どもがいない子なし夫婦が離婚の準備を進める際、注意すべきポイントについて解説しています。子なし夫婦の場合、子どもの親権や養育費、面会交流について考える必要がないため、離婚へのハードルが低い印象があるかもしれません。しかし、早まるのは禁物で こちらも読まれています離婚後のお金(生活費や退職金)はどうなる?年金貯金借金や慰謝料請求についても徹底解説! 離婚をするときには、お金の問題は切っても切れない重要な問題です。 こちらも読まれていますセックスレスで離婚はできる?慰謝料相場や切り出し方について解説! 近年、セックスレスの夫婦が増えていると言われています。しかし、セックスレスに悩むカップルは、意外とたくさんいます。セック... 性格の不一致もよく離婚原因として挙げられていますが、このケースではより一層慎重になることをお勧めします。, たとえ血の繋がった家族や親友であっても、まったく性格・価値観が一致することなどありません。相手だけに変わることを求めるだけでなく、自分自身にも改善すべき点がないのかじっくりと考えた方が良いでしょう。, そのためには、信頼できる友人や夫婦問題カウンセラーに相談してみるのもひとつの方法です。冷静な第三者から客観的なアドバイスをもらうことで、自分だけでは考えつかなかった答えを得られるかもしれません。. 熟年結婚だけでなく、 熟年離婚 も増えてきて、「私も熟年離婚しようかな…」と悩む女性も目立つようになってきました。 しかし、実際に熟年離婚をした女性の声を見ると、後悔しているという意見もとても多かったです。 新鮮で美味しいもの、野菜や果物、蕎麦とワインが好き。日々ヨガのプラクティスをライフワークにしていて心と体の健康にも関心が高いです。 こちらも読まれています浮気・不倫慰謝料の相場を徹底解説!相場以上の判例や夫(妻)への請求に必要な知識まとめ! 夫に不倫されたら、夫や浮気相手を許せないので慰謝料請求したいと考えるものです。どのようにしたらもっともスムーズにかつ高額... セックスレスや家庭内別居も離婚の原因になることがあります。モラハラ・DV・不倫などとは違って、どちらかが一方的に悪いとは言えないのがセックスレス問題の難しいところ。仮にセックスレスでも、夫婦どちらもその状態に納得していれば何も問題がないからです。, セックスレスの原因は夫婦によって様々で、中には理屈で説明できないものもあります。「夫が育児に非協力的で嫌気がさした」など明確な原因がある場合には、夫婦でカウンセリングを受けるなどして歩み寄ることも大切です。一度は愛し合っていた仲ですから、ふとしたきっかけで愛情が復活する可能性は十分にあります。, 難しいのは、夫婦の一方が子どもを望んでいるのに、もう片方が欲しくないというケースです。子どもを作るか作らないかは、その人の人生観を構成する重要な要素です。子どもを望んでいる方にとっては、タイムリミットがありますから、再スタートは早い方が良いでしょう。夫婦でよく話し合った上で相手の意志が今後も変わらないのであれば、離婚を選択することで幸せになれるかもしれません。, 慰謝料の請求については、セックスレスが原因ですと不倫・DVなどに比べて認められにくいのが実情。慰謝料が認められた場合の金額は、セックスレスの原因や期間など様々な事情を考慮して判断されます。. 熟年結婚だけでなく、熟年離婚も増えてきて、「私も熟年離婚しようかな…」と悩む女性も目立つようになってきました。, しかし、実際に熟年離婚をした女性の声を見ると、後悔しているという意見もとても多かったです。, 別れてから夫の良さに気付いたという人もいれば、思ったよりお金が足りないために「夫との生活を我慢しておけばよかった」と感じる人まで、後悔の理由はさまざまです。, 今回は、熟年離婚の後の生活で後悔しやすい問題(お金中心)と対策、熟年離婚のリスクについてまとめました。, さまざまなネット上の口コミを調べると、熟年離婚をして良かったという声、後悔しているという声、どちらも多くありました。, 特に家庭内別居の状態だった人や、夫の不倫に悩んでいた人は、離婚できて幸せという声も多いです。, 傾向としては、女性にも収入があった場合は経済的な悩みが少なく済むので、満足度の高い離婚が成立しているようです。, ・熟年離婚も、新しいパートナーとの関係も、私自身に十分な経済力があったから踏み切れたと思います。, 人によっては、夫婦生活がストレスになり心身に支障をきたしていたので、そのようなことになる前に離婚するのは良いと思います。, 一方、経済的には苦しくなったものの、精神的な幸せを得ることができたという女性もいました。, ・子供が自立していれば必要なのは自分一人が暮らす金額なのでそれほど多くなくてもやっていけます。, ・フルタイムで働いてますが、生活費は全部私が出しているので金銭的余裕は無いです(娘には貯金させてますので・イザというような出費は頼りっぱなしです、苦笑)でも精神的な余裕は満々です, ・経済的には、苦しいです。でも 嫌な相手との我慢した生活。一緒に居ても生活は苦しい…娘達の後押しもあり、離婚しました。今は精神的に凄く楽だし、気を使わず娘と気ままに暮らしてます。, 子供が自立する前に離婚をし、養育権が妻に渡った場合は、経済的に厳しい生活になるケースが多いです。, しかし、精神的な余裕を手に入れたことで「それも乗り越えられる」という前向きな女性の声があることは、離婚を悩んでいる女性の力になると思います。, 特に目についたのは、別れてから夫の良さに気付いたという後悔、想定以上にお金が足りないための生活苦や子どもへの申し訳なさに悩む声でした。, ・元夫の大きさ、本当の優しさ、男らしさを改めて痛感しておりますが、そんな滅多に出会えない人を小さく、愚かな考えで失ったのか悔やまれてなりません。, ・別居が長かったので、財産分与年金は3割要求しました。すんなり受け入れてくれました。でも、後悔しています。生活して行くには少し足りないのです。, ・結婚前からの通帳全て裁判所に提出させられ、むしろ本来、私が取るべき財産まで折半対象にさせられ揉めに揉めました。そうならない為にも隠し金は絶対に必要です。, ・私さえ我慢したら、この子たちは両親揃った子でいられたのに。子どもから父親を奪ってしまった罪悪感は消えません。, ・界隈で熟年離婚や計画離婚する最低な女だというレッテルが貼られていると言う噂を耳にして愕然としています。, 離婚してから夫の良さに気付いた、子供に申し訳ない、という精神的な悩みを抱え続けている人も少なくありません。, 経済的な問題は対処の仕様がありますが、精神的な問題は自分で乗り越えるしかなくないので、かえって辛いかもしれません。, ちなみに、お金の問題は女性の就労状況や離婚時にお金を受け取れるか、または元夫からどれくらいの額をもらえるかによって、大きく異なってきます。, ミドル世代から新たな仕事を探すのは思った以上に大変で、給料が少ない非正規雇用にしか就けないという女性は多いです。, 特別なスキルや経験がない限り、熟年離婚してからの就職や転職は難しいと思っておいたほうが良いです。, 貧困に陥ってから後悔するのではなく、自分に十分なお金があるかどうかと、夫からもらえるお金があるかを確認することをおすすめします。, 離婚後に必要なお金の読みが甘いまま離婚すると、男性より女性の方が貧しくなるリスクが高いです。, たとえば結婚を機に仕事を辞めて専業主婦やパート働きをしていた人は、熟年離婚をした後に自分だけで稼いでいくのは大変です。, 一度でも正社員の仕事から離れると、再び同じ水準の正社員へ戻ることはとても難しいです。, 専門のスキルを持っていない限り、シニア労働者を一から雇うのは企業にとっても労力がかかるからです。, 離婚時に夫からお金を受け取れることになっていたとしても、自分の稼ぎや貯金がないとお金は底をついてしまうことが多いです。, そして貯金については、結婚した後に貯金したお金は夫婦で築いた財産とみなされると財産分与(夫と分割する)ことになる可能性もあります。, ※具体的な額は家庭事情によっても異なるので、実際にどれだけお金が受け取れるかを知りたい場合は弁護士に相談するのが確実です。, ちなみに、総務省の家計調査報告(2017年4~6月期平均速報)によると、単身世帯の1ヶ月消費支出は約15万円です。, どんなに切り詰めたとしても、毎月10~15万円は生活費を確保できないと、衣食住がままならなくなる危険性があります。, ちなみに一例ですが、女性が50歳で離婚した場合、平均寿命の87歳までに必要なお金は下記のように概算できます。, どうしても立ち行かない場合は、最終手段として生活保護という手もありますが、生活保護を受けられる条件は非常に厳しいです。, 実際に、生活保護を受ける水準にぎりぎり達していない低収入世帯が多いことは、社会問題になりつつあります。, 生活保護を受けると、公共料金や税金の支払いが免除になるので、金銭的には大きな援助となります。, 生活保護基準額は住んでいる地域や事情によって異なりますが、10万円ちょっとのケースが多いです。, 年金も収入扱いになるので、年金を受取りながら生活保護を受ける場合も注意が必要です。, そして、生活保護を受けると下記のようなデメリットも発生するので、身内や子どもなど他の援助を受けられないかも検討することをおすすめします。, 特に、住まいの制限や自分で受診する病院を選べないという不自由さは、知識がないまま生活保護を受けると不便に感じるかもしれません。, 協議でだめなら調停、調停でもだめなら裁判…という流れで進み、裁判になると離婚成立まで約1年はかかります。, しかも、裁判の結果に相手が納得しなければ控訴・上告もできるので、さらに長引く可能性があります。, このように、熟年離婚をするにあたって経済的な準備がしっかりできていないと、離婚をするのもした後も大変です。, 金銭的な理由の後悔はもちろんですが、「別れてから夫の良さに気付いた」という精神的な後悔を抱える女性の声は悲痛なものがありました。, 今は再婚者向けの結婚相談所などもあり再婚がしやすい時代にはなっていますが、本当に離婚をすべきか十分に自分に問いかけることをおすすめします。, あわせて読みたい: 子どもがいない夫婦、いわゆる子なし夫婦は、子どもがいる夫婦に比べて離婚へのハードルが低いと言われています。, 子どもがいる場合には、親権や養育費など決めなければならないことが多く、離婚後もまったくの他人になることはできません。面会交流や養育費の支払いなど、生涯にわたって何らかの形で交流を続けていかなければならないことも多いのです。, 一方、子なし夫婦は、基本的に離婚後は一切関わる必要がなくなります。さらに、子どもがいる場合に比べて再婚もしやすい傾向にあります。そのため、もしも離婚の決意が固いのであれば、早めに離婚することで第二の人生を歩むことができるでしょう。, ただし、子どもがいないからといって、感情的に離婚を決めてしまうのは禁物です。一度は生涯をともにすることを誓った仲なのですから、夫婦関係を再構築する努力もなしに簡単に離れるのは後悔の元となるでしょう。, 上記の複数に当てはまる場合、子なし夫婦だと離婚した方が幸せになれるケースも多いです。, もし1つしか当てはまっていない、当てはまるものがないという場合は無理に離婚をしない方が将来的には幸せになる可能性があります。, 子なし夫婦の場合は、主に「離婚原因についての証拠集め」「財産分与の下調べ」「離婚後の経済的自立の準備」を行うことになります。, 配偶者の不倫やDV・モラハラが離婚原因なら、慰謝料を請求できる可能性があります。ただし、それには有力な証拠が必要。相手に気づかれないように、離婚を切り出す前の段階からコツコツ証拠集めをすることをお勧めします。, 慰謝料を請求するためには、請求者側が不倫やDVなどの事実があったことを証明しなければならない(請求者側に立証責任がある)からです。, 例えば、不倫なら「不倫相手とスマホでやり取りしたメッセージの画面」「配偶者と不倫相手がラブホテルに出入りする写真」「ラブホテルの領収書」「クレジットカードの明細書」、DV・モラハラなら「医師の診断書」「DVを記録した日記」「配偶者の暴言などの録音データ」がよく証拠として提出されます。, 自分ひとりで証拠集めをするのが難しいと感じる場合は、探偵事務所などに依頼することも検討しましょう。, 現在専業主婦の方は、離婚後に経済的自立をするための準備もしておきましょう。パートタイムで働いている方は、ひとりで自活できるほどの収入が得られる職業に転職することをお勧めします。, キャリアブランクが長い方は、いきなり正社員になるのが難しいこともあるようです。その場合は、まずは資格取得に励みつつ、貯金を増やすことから始めてみましょう。離婚後の仕事が決まったら、通勤しやすい範囲で住居探しをしてください。実家に帰るのも、ひとつの方法です。.