フィルムはグロスターシャーのテムズ川の源流で始まり、昔の農村風景と現在のイギリスの生活の様子が歴史を辿るように交互に映し出された。サントラにはアンドリュー・ロイド・ウェッバーの『サウスバンク・ショーのテーマ』(アルバム『ヴァリエーションズ』より)、サイモン・メイとレスリー・オズボーンの『イーストエンダーズのテーマ』、ザ・クラッシュの『ロンドン・コーリング』、セックスピストルズの『女王陛下万歳』など様々な楽曲が使用された。 [9][10][11] これらの賛歌の歌唱は、ラグビーユニオンのトライで締めくくられた。, パフォーマンスが進むと、ヴィクトリア朝の扮装の男たちを運びながら馬車がスタジアムに入ってきた。ケネス・ブラナー演じる技術者イザムバード・キングダム・ブルネルに導かれ、男らは馬車をおり、両手にある土地を調べはじめた。グラストンベリー・トーを歩いたあとに、エドワード・エルガーの『エニグマ変奏曲』の『ニムロッド』がオーケストラによって演奏される中、ブルネルはシェークスピアの『テンペスト』の第3幕第2場面での、怪物「キャリバン」による有名なセリフ「怖がらなくていいよ("Be not afeard")」の一節 (後述の関連項目参照)を引用した演説をした。『テンペスト』のキャリバンのこの一節引用は、グレートブリテン島への外国移民入植の繰り返しによって作られたイギリスの歴史の意も含まれる。, イザムバード・キングダム・ブルネルが見守る中、やがて産業革命が進み、煙突群が大地から立ち上がり始めるなか、村人は草を巻き取りながら退場し、労働者が入場して溶鉱炉から流れる赤い環状の鉄を鍛える。これは最終的にはオリンピック五輪の一つとなる。, ボイルは「伏魔殿」としてこのセクションを描き(『失楽園』の「地獄の首都」参照)、ヴィクトリア朝の進歩によって与えられた「とてつもないポテンシャル」として祝福したことを述べている。史実上的には、ロンドンではヴィクトリア朝の産業革命後1908年にオリンピックが開かれたという事になるのを表現し、また1948年に第二次世界大戦後の最初のオリンピックも開催されたのも表現した[9][10]。 資産は500兆ドル、世界中の中銀を保有、戦争では両サイドに融資、 Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved. 私はジェイコブロスチャイルド、 何ともありはしない、時には数え切れないほどの楽器が一度に揺れ動くように鳴り出して 「ハリポタ」ヴォルデモートとメリー・ポピンズが魔法対決, “Mr Bean's Olympic orchestral appearance”, “Olympic opening ceremony: Peter Bradshaw's review”, http://www.guardian.co.uk/sport/2012/jul/27/olympic-opening-ceremony-review?newsfeed=true, “Sir Tim Berners-Lee stars in Olympics opening ceremony”, http://www.zdnet.com/uk/sir-tim-berners-lee-stars-in-olympics-opening-ceremony-7000001744/, gooニュース - ベッカム、ボートで登場=ロンドン五輪開会式〔五輪〕(時事通信), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000676.000000664.html, http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/7366.html, http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012080301137, 【ロンドン五輪】日本選手団は開会式でどうして退場したのか? 最終部では、イギリスの計算機技師でWWWの生みの親であるティム・バーナーズ=リーが登場。リーがパソコンで「これはみんなのために( "This is For Everyone")」というメッセージをタイプすると、観客席のLED照明にも同様の文字が表示された。このメッセージは、世界を皆で共有するためのWWW(World Wide Web)と、競争相手とオリンピックを観戦する人々の多様性に対する援用の、両方の表明であった。 [10][19] [12] > V.A. [10][19] I cried to dream again. 会場の電光掲示板に、スピードボートを操縦してテムズ川をゆく正装姿のデイヴィッド・ベッカムと、そのボートに同乗し聖火を持ったJade Baileyの映像が映されると、「アシストの名人ベッカムは聖火リレーもアシストした」[25] と場内は大きくどよめいた。 おそらく誰も私を知らないでしょうけど、​​. 2012年7月27日に開幕するロンドンオリンピックに関するニュースを配信します。 日本オリンピック委員会(joc)公式サイト そうして、夢を見る、 彼は大学を卒業したことがなく、医者でも疫学者でもウイルス学者でもない、 [7][24] with the Giant black figure and all of the hospital beds? 「パレード」が進むなか、5つのオリンピック五輪のうち4つがスタジアムの周囲から空中に現れ、のこるひとつは労働者たちの中から空中に高く上げられ、五輪の形となり炎のシャワーをスタジアムに降らせた[7]。, フィルム作品『幸福と栄光を(Happy & Glorious) 』(ダニー・ボイル監督)が上映される。ジェームズ・ボンド(演:ダニエル・クレイグ)がエリザベス2世をバッキンガム宮殿から会場へエスコートする設定で、タキシード姿のジェームズ・ボンドがロンドンタクシーでバッキンガム宮殿に参内し、女王本人も宮殿内の私室でポンドを出迎えるシーンで出演(私室は、この撮影のために特別に許可された)。宮殿の外で待機していたヘリコプターに一緒に搭乗し、タワーブリッジなどのロンドン各地の名所上空を飛びながらスタジアムに向かって飛行する。, ここからはフィルム映像とスタントを融合させた演出となっており、フィルムでヘリが会場上空に差し掛かると同時に、リアルタイムのスタジアム上空に「ジェームズ・ボンドのテーマ」に合わせてヘリが登場。フィルム部分では、ボンドがヘリのドアを開け周囲の安全を確認したあと女王、続いてボンドがドアから飛び出す。リアルタイムのスタジアムでは、映像と同時に2人のフィルムでの服装と同じ衣装を着たスタントマンが降下、ユニオンジャックをあしらったパラシュートが開く(スタントマン2人は、その後付近の橋に着陸した[14])[7][10][15][16][17][18]。, その直後、本物の女王がエディンバラ公とともにスタジアムの貴賓席に登場。そして、イギリス国旗が掲揚され、聴覚障碍者児童のケイオス合唱団がイギリス国歌「女王陛下万歳」を歌唱[9]。なお007シリーズのタイトルは作中のセリフから採られるのが慣行だが、『女王陛下万歳』の歌詞に「女王に勝利と幸福と栄光を(Happy & Glorious)をもたらしたまえ 」とある。, なお、宮殿のシーンには2016年の夏季オリンピック開催地リオ・デ・ジャネイロにちなみ、ブラジル人の子供たちも登場している(宮殿見学ツアーの客役)。, 国民保健サービスの従業員、特にグレートオーモンド小児病院の看護師と患者ら、はその「ゆりかごから墓場まで」と言われたイギリスの福祉サービスを祝福する部分を始めるためにスタジアムに入場した。看護師と患者を演じる俳優が続き、それに病院のベッドの上の子どもたち、そのなかにはベッドをトランポリンのようにしているものいる、が一緒に続いた。 会場の電光掲示板に、スピードボートを操縦してテムズ川をゆく正装姿のデイヴィッド・ベッカムと、そのボートに同乗し聖火を持ったJade Baileyの映像が映されると、「アシストの名人ベッカムは聖火リレーもアシストした」[25] と場内は大きくどよめいた。 That, if I then had waked after long sleep, [7][8] London 2012 Olympics opening ceremony called 'The Isles of Wonder', London 2012 Olympics Opening Ceremony 'The Isles of Wonder' Picture Gallery, “Underworld to create London 2012 opening ceremony music”, http://www.mirror.co.uk/news/uk-news/underworld-to-create-london-2012-opening-280561, Navigating the 'Isles of Wonder': A guide to the Olympic opening ceremony London, NEWS ZERO|キャスターコラム | ロンドン・オリンピック開会式で感じたこと, “Danny Boyle's Olympic opening ceremony: madcap, surreal and moving”, http://www.guardian.co.uk/sport/2012/jul/27/olympic-opening-ceremony?newsfeed=true, “London 2012 Olympics opening ceremony – as it happened”, http://www.guardian.co.uk/sport/london-2012-olympics-blog/2012/jul/27/london-2012-olympics-opening-ceremony-live, “Olympics Opening Ceremony - The Playlist”, http://www.nme.com/blog/index.php?blog=1&title=olympics_opening_ceremony_playlist&more=1&c=1&tb=1&pb=1, “London 2012 Olympic Opening Ceremony live”, http://sports.nationalpost.com/2012/07/27/london-2012-olympic-opening-ceremonies-live/, “Dizzee Rascal, Emeli Sandé, Mike Oldfield perform at Olympics opening ceremony”, http://www.nme.com/news/dizzee-rascal/65184, “Britain fires up the world: London gets the 2012 Games under way with the Greatest Show On Earth (rounded off by Macca, of course)”, http://www.dailymail.co.uk/news/article-2179920/Olympics-Opening-Ceremony-London-gets-2012-Games-way-Greatest-Show-On-Earth-rounded-Macca-course.html?ITO=1490, London Olympics 2012 Gary Connery played the Queen for opening ceremony Mail Online, “How James Bond whisked the Queen to the Olympics”, “2012 Olympics Opening Ceremony: GOSH, You Guys”, http://www.sbnation.com/london-olympics-2012/2012/7/27/3197572/2012-olympics-opening-ceremony-gosh, ロンドン五輪開会式で夢の対決実現! 2012年ロンドンオリンピックの開会式では、2012年7月27日午後9時(イギリス夏時間、UTC+1)にロンドンのオリンピック・スタジアムで挙行された、ロンドンオリンピック(第30回夏季オリンピック)の開会式について取扱う。, この式典はシェークスピアの「テンペスト」のセリフのひとつにちなみ「The Isles of Wonder (驚きの島々)」と名付けられ[1][2]、映画監督のダニー・ボイルが総合演出を、またアンダーワールドが音楽監督を務めた[3]。開会式の予算は2700万ポンド(約33億円)、動員されたボランティアは15000人、ほかに羊70匹、馬12頭、牛3頭、ヤギ2匹、鶏10羽、アヒル10羽、ガチョウ9羽、牧羊犬3匹が使用された。挙行までに行われたリハーサルは200回以上である。, 式典のコンセプトである「The Isles of Wonder (驚きの島々)」とは、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『テンペスト』に登場する怪物キャリバンの「怖がることはない。島は雑音でいっぱいさ("Be not afraid, the isle is full of noises")」ではじまるセリフに由来しており、開会を告げるオリンピックベルにもこの一節が刻印されている。式典中にもケネス・ブラナー演じるイザムバード・キングダム・ブルネルが朗読した。, またウィリアム・ブレイクの『ミルトン』の題材も取り入れており、聖歌『エルサレム』の歌詞になった、序文にある「green and pleasant land」は「産業革命以前のイギリスの農村風景」(第1部)、「dark satanic mills」は「産業革命と製鉄所の風景」、「chariot of fire」は「映画『炎のランナー』(原題: Chariots of Fire)のテーマ曲を演奏するサイモン・ラトル指揮のロンドン交響楽団とMr.ビーンの掛け合い場面」の部分(第2部)で引用されている。また『炎のランナー』は式典で歌唱される聖歌『エルサレム』と関連しており、その歌詞には「dark satanic mills」「Chariots of Fire」の語が登場する[4]。, さらに『ピーターパン』『不思議の国のアリス』『101匹わんちゃん』『メアリー・ポピンズ』『チキ・チキ・バン・バン』『ハリー・ポッター』などイギリスの児童文学や、ビートルズを草分けとした「クール・ブリタニア」と呼ばれるサブカルチャーもふんだんに取り入れられたものとなった。, 夏季オリンピックの開会式が7月に行われたのは、1996年のアトランタオリンピック以来16年ぶり。, すべての部はマイク・オールドフィールドとバックバンドの演奏の音楽がセットされ、その選曲には「チューブラー・ベルズ」を部分的にならびかえたものも含まれていた (ステージの後ろには巨大な「チューブラー・ベルズ」のセットがあった), 開会式は、BBCの協力のもとボイル監督が制作した2分間のフィルム映像で始まった。[6] JOCに問い合わせたところ「誘導ミス」と判明, “What better way to end a great night than a sing-along? ​​ Sounds, and sweet airs, that give delight and hurt not. コロナもPredictive Programingの一つ、 ロンドンオリンピックの開会式シーン、 . 五輪の歴史は序章フィルム終盤で、歴代夏五輪大会パンフレットをサブリミナル効果によって描かれた。本大会会場であるオリンピックスタジアムのリアルタイム映像に切り替わるとカウントダウンが始まり、場内の子供達が持つ10から1までの数字が書かれた風船がカウントごとに割れていき、観衆を開会へと導いた。その後、ツール・ド・フランス2012でイギリス人選手として初めて総合優勝を果たしたブラッドリー・ウィギンスが登場し、スタジアムの一隅にある巨大な鐘を鳴らした。 ベッドの毛布は装飾されており、ベッドは笑顔(the logo of Great Ormond Street Hospital)にアレンジされていたし、そのロゴ"GOSH"は上から見えた。 He’s not a medical doctor. / 2012年ロンドン・オリンピック開会式 & 閉会式 英国BBCTV収録! 商品番号:VS-186R. 2012年ロンドンオリンピック(2012ねんロンドンオリンピック)は、2012年(平成24年)7月27日から8月12日までの17日間、イギリスのロンドンで開催されたオリンピック競技大会。. [7][24] こわがることはないよ、この島はいつも音で一杯だ、 「ハリポタ」ヴォルデモートとメリー・ポピンズが魔法対決, “Mr Bean's Olympic orchestral appearance”, “Olympic opening ceremony: Peter Bradshaw's review”, http://www.guardian.co.uk/sport/2012/jul/27/olympic-opening-ceremony-review?newsfeed=true, “Sir Tim Berners-Lee stars in Olympics opening ceremony”, http://www.zdnet.com/uk/sir-tim-berners-lee-stars-in-olympics-opening-ceremony-7000001744/, gooニュース - ベッカム、ボートで登場=ロンドン五輪開会式〔五輪〕(時事通信), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000676.000000664.html, http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/7366.html, http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012080301137, 【ロンドン五輪】日本選手団は開会式でどうして退場したのか? The clouds methought would open, and show riches いまだに語り継がれるロンドンオリンピック開会式 1896年に始まり、多くの出来事を歴史に刻んできたオリンピック。2012年にイギリスのロンドンで開催された夏季オリンピックは、その開会式のセンスの良さでいまだに語り継がれている。 なかでも、イギリス王であるエリザベス女王が、イギリスを代表する映画『007