4.1 内服「ビスホスホネート製剤」の用法のパターン Yahoo!ニュース動画 Medical Tribune / PharmaTribune ビスホスホネート系としては第二世代に分類され、第一世代の「ダイドロネル」(エチドロン酸)よりも骨吸収... 閉経後の骨粗鬆症に「ラロキシフェン」、サワイジェネリック。 異世界薬局(MFコミックス) 国内初の骨粗鬆症治療薬バイオシミラーをより多くの方へ 1日1回服用タイプの錠剤(2.5mg)と、患者にとって負担が少ない週1回服用製剤(17.5mg)と月1回で済む高用量製剤(75mg)が発売されています。 ステロイドによる薬物が原因の骨粗鬆症に対しても第一選択薬として重宝されています。 骨粗鬆症治療薬(ビスホスホネート)/骨粗鬆症治療薬/骨ページェット病治療薬 医学論文の活かし方(2020年), 【連載】 m3.com, 【講演】 「ビビアント」は、骨を丈夫にする骨粗鬆症の治療薬です。 日本薬剤師会JPALS CLレベル6 ▼エディロールとは? 製品名:アクトネル錠2.5mg,17.5mg,75mg 国内初の骨粗鬆症治療薬バイオシミラーをより多くの方へ 「エディロール」は、骨粗鬆症の治療に使う活性型ビタミンD製剤です。ビタミンDを補うことでカルシウムの吸収を補助し、骨を丈夫にします。主に高齢者の骨粗鬆症の治療に処方されています。ビタミンD製剤は、... 骨に奏でる、強さとしなやかさ 記事の内容. 骨粗鬆症は、骨の吸収と形成の代謝が悪くなり、骨組織が弱くなる病気です。腰痛や背中の痛みを伴い... NEW FORCE ■日経メディカル開発 1 回答:人によっては、毎日飲む方が忘れないこともある; 2 回答の根拠①:1日1回より、週1回の薬は治療効果を高める; 3 回答の根拠②:月1回は、人によって善し悪し; 4 回答の根拠③:服薬実行率50%程度では、効果は無い. ■羊土社 2018/5/14 記事改定日: 2020/5/28 記事改定回数:2回, 加齢とともにリスクが高くなる骨粗しょう症ですが、実際に病院で治療する場合にはどのような薬を処方されるのでしょうか?また、副作用などはあるのでしょうか? 誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい(リンク・引用はご自由にどうぞ), 貴方が読んでいるその情報は、本当に正しい情報ですか?Fizz-DIでは、薬の専門家である「薬剤師」が、文献などの「信頼できる情報源」に基づいた「正確な情報」を、わかりやすくお届けします。, 『ベネット(一般名:リセドロン酸Na)』や『ボナロン(一般名:アレンドロン酸Na)』などの骨粗鬆症の薬は、1日1回飲むもの、週1回飲むもの、月1回飲むものがあります。, 月1回であれば更に負担を減らすことができますが、薬を飲む習慣が付かずにかえって飲み忘れが増えてしまう場合もあり、良いかどうかは人によって異なります。, 『ベネット』や『ボナロン』などによる治療は、薬を7~8割以上きちんと飲まなければ十分な効果は得られません。そのため、自分にとって最も飲み忘れが少ない飲み方を選ぶことが大切です。, 1日1回の『ボナロン』と、週1回の『ボナロン』を1年以上使い続けた場合、週1回の『ボナロン』の方が飲み続けやすく、治療効果も高くなることが報告されています1)。, 1) Bone.44(6):1078-84,(2009) PMID:19264155, 『ボナロン』などの「ビスホスホネート製剤」は、朝起きてすぐに多めの水で服用し、飲んだ後は30分飲み食いせず、更に体を横にしない、といった特殊な飲み方をする必要があります。 毎朝こうした特殊な飲み方をすることが大変な場合、週1回の薬に切り替えて負担を減らすことが大切です。, 通常、薬を飲む回数は少ない方が負担も少ないですが、月1回のように服用間隔が長くなると、かえって薬を飲む習慣がつかずに飲み忘れが増えてしまうことがあります2)。, 2) Therapeutic Research. 「ラロキシフェン」は骨粗鬆症の治療薬で、先発品「エビスタ」の後発品(ジェネリック)です。 味の素, 【免責事項】 薬の比較と使い分け100(2017年) ■仕事依頼もお気軽にどうぞ■, 【書籍】 関節リウマチに伴う関節の骨びらんを抑制 「フォルテオ」は、ヒト甲状腺ホルモン(PTH)製剤と呼ばれる骨粗鬆症治療剤です。主に「骨折の危険性の高い骨粗鬆症」において、広く使われています。 薬剤師会(兵庫県/大阪府/広島県/山口県) 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。. ■金芳堂 なかには顎骨壊死などの重大な副作用などもあるため、十分に注意して服用するようにしましょう。また、日ごろからカルシウムの吸収を促す食品の摂取をすることも骨粗しょう症の予防につながります。. ※骨ページェット病の適用は、週1回服用タイプ(17.5mg)のみ。, 骨粗鬆症は、加齢などにより骨の吸収と形成のバランスが悪くなり、骨がスカスカになる病気で、腰痛や背中の痛みを伴います。年配の方は骨折しやすくなります。特に女性の高齢者は、女性ホルモンが少なくなることで「閉経後骨粗鬆症」という病気になりがちです。また、骨粗鬆症が進行して寝たきりの状態になると、高齢者の生活の質を著しく低下させる可能性があり、早期治療が必要と言われています。, 骨粗鬆症の治療薬としては、ビスホスホネート製剤(アクトネルやベネット)の他に、カルシトニン製剤、活性型ビタミンD3製剤、女性ホルモン製剤、選択的エストロゲン受容体調整薬(SERM)、ヒト甲状腺ホルモン(PTH)製剤、イプリフラボン製剤、タンパク同化ホルモン製剤などが使用されています。, 高齢者の場合、古い骨が新しい骨に置き換わるまでに時間がかかるため、骨粗鬆症の治療には長い治療期間が必要となります。そのため、途中で治療を諦めてしまう患者も少なくありません。, 骨粗鬆症の治療薬は、ある程度長期間使い続けなければ骨密度向上の効果が十分に得られません。薬の特性に併せて休薬をするケースでも、必ず専門医の判断に基づいて行なうことが重要です。, 「アクトネル」と「ベネット」は、一般名“リセドロン酸ナトリウム”という有効成分を含有した同じ薬です。適応症や用法用量、添加物なども全く同じで製品名が違うだけです(一物二名称医薬品)。, 医療用医薬品の世界では良くあることで、“併売品”と呼ばれています。なぜ一物二名称の医薬品が多く存在するのかという理由は、患者にとってのメリットはほとんどなくて、各社のビジネス的な思惑が大きいと言えます(販売経路や領域の得意・不得意など)。なお「アクトネル」はエーゼイ&味の素から、「ベネット」は武田薬品から発売されています。, 「アクトネル」の主な副作用は、胃の不快感、吐き気、胃痛、腹痛、便秘、下痢などです。頻度は少ないですが、注意すべき副作用は食道炎や食道潰瘍、胃潰瘍などです。「アクトネル」は刺激が強い薬ですので、食道に痛みを感じたり、胸やけや胃痛が続く場合は、注意が必要です。速やかに専門医に相談しましょう。, また、月1回の高用量製剤(75mg)では、発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠感といったインフルエンザに罹った時のような症状が発生することがあります。これは、急性期反応と呼ばれています。主に服用し始めに発現し、一週間程度で次第に回復するというのが定説で、重症化することはほとんどないと言えます。, 広告のキービジュアは、人気イラストレーター上田三根子さん。おばあちゃんを囲んで、三世代が笑顔を見せている家族イラストです。明るくポップな色使いが特徴的で、どこか50年代の古き良きアメリカを感じさせるような雰囲気を持っています。万人に好かれるビジュアルです。, 一般名:リセドロン酸ナトリウム 「ボンビバ」は、骨粗鬆症の治療薬です。骨粗鬆症は、骨の吸収と形成のバランスが悪くなり、骨組織がスカスカになる病気です。腰痛や背中の痛みを伴います。年配の方は骨折しやすくなります。特に女性の高齢者は、女性ホルモンが少なくなることで「閉経後骨粗鬆症」という病気にな... 2012年4月1日より投薬期間制限が解除されました。 「フォサマック」はビスホスホネート系と呼ばれる骨粗鬆症の治療薬です。骨折の予防効果が高く、高齢者や骨折の危険性が高い重い骨粗鬆症患者に向いています。 朝起きてすぐに多めの水で服用し、飲んだ後は30分飲み食いせず、更に体を横にしない、といった特殊な飲み方, お腹に何も入っていない起床時に、多めの水で服用し、さらに服用した後30分は飲食を控え、身体を横にしない、という特殊な飲み方が必要, 【新刊のお知らせ】「1日1論文30日で薬剤師としてレベルアップ!医学論文の活かし方」, 「期待の新薬」をダメ元で使ってはいけない理由、プラセボと比較する理由、「社会が期待する効果」と「臨床試験から見える効果」の乖離, 消毒用エタノールの濃度(vol%,w/w%,w/v%)の区別と、日本薬局方・消防法の規程~消毒効果と濃度換算, 新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)に関する情報を収集・共有する際に役立つ、公的機関や専門学会の情報と資料, 『ベネット』や『ボナロン』、骨粗鬆症の薬は週1回や月1回の方が飲み忘れない?~用法の選択と服薬実行率. 出来る限り正確な情報をお伝えできるように心がけていますが、内容の正確性につきましては一切保証するものではありません。必ず添付文書や該当文献をご参照ください。提供している記事の内容からいかなる損失や損害などの被害が発生したとしても、当サイトでは責任を負いかねます。. Copyright ©  医薬広告DataBase All rights reserved. 骨粗鬆症は、加齢などにより骨の吸収と形成のバランスが悪くなり、骨がスカスカになる病気で、... 骨とあなたの豊かな明日をつくりたい 35巻11号:1043-50,(2014), 1日1回より週1回、週1回より月1回の方が良い、と安易に服用間隔を空けると、逆効果になるケースもあります。 「毎月1日に飲む」といったように、具体的に月1回の服用を習慣付けることができるかどうかをきちんと見極めた上で薬を選ぶ必要があります。, 『ベネット』や『ボナロン』などの「ビスホスホネート製剤」は、骨を強くして骨折を防ぐ効果があります。, しかし、服薬実行率が50%程度ではほとんど効果は得られず、薬を飲まない場合と変わりません。服薬実行率が75%以上となって初めてその真価が発揮されることが報告されています3)。 3) Mayo Clin Proc.81(8):1013-22,(2006) PMID:16901023, そのため、自分にとってどういった飲み方が良いのかは、きちんと考えて薬を選ぶ必要があります。, (リセドロン酸Na製剤)『ベネット』・・・・・・2.5mg錠(1日1回)、17.5mg(週1回)、75mg錠(月1回)『アクトネル』・・・・2.5mg錠(1日1回)、17.5mg(週1回)、75mg錠(月1回), (アレンドロン酸Na製剤)『ボナロン』・・・・・・・5mg錠(1日1回)、35mg錠・ゼリー(週1回)『フォサマック』・・・・5mg錠(1日1回)、35mg錠(週1回), (ミノドロン酸製剤)『リカルボン』・・・・・1mg錠(1日1回)、50mg錠(月1回)『ボノテオ』・・・・・・・1mg錠(1日1回)、50mg錠(月1回), 『ベネット』や『ボナロン』など骨粗鬆症の薬に限らず、糖尿病の薬である『ザファテック(一般名:トレラグリプチン)』や『マリゼブ(一般名:オマリグリプチン)』など、毎日飲む必要のない薬が登場しています。, 確かに、多くの人にとっては、服薬の回数を減らせば負担も軽くなり、飲み忘れも少なくなります。, 飲み忘れを防ぐためには、週1回の薬は「曜日」、月1回の薬は「日付」で具体的に決めておくことをお勧めします。 また、「きちんと薬を飲めているかどうか」を確認する場合には、こうした「曜日」や「日付」で具体的にいつ飲むようにしているのかを確認し、曖昧な場合には飲み忘れを疑い、必要があれば薬を変えるなどの対応をお勧めします。, 『ベネット』や『ボナロン』などの「ビスホスホネート製剤」は、お腹に何も入っていない起床時に、多めの水で服用し、さらに服用した後30分は飲食を控え、身体を横にしない、という特殊な飲み方が必要です。, それぞれ、何故そうしなければならないのか理由があります。面倒だからと飲み方を守らなければ、副作用を起こしたり、十分な効果を得られない恐れがあります。, ①起床して最初の飲食前に服用する →食後に服用すると、薬の吸収が大きく低下し、治療効果に影響します。, ②多めの水(約180mL)で服用する →喉や食道に薬がひっかかると、その場所で炎症や潰瘍を起こす恐れがあります。, ③服用した後30分は水以外の飲食を控える →薬を服用して30分以内に飲食すると、薬の吸収が大きく低下し、治療効果に影響します。, ④服用した後30分は横たわらない →横になると薬の成分が逆流し、食道が薬に曝されることで炎症や潰瘍を起こす恐れがあります。, ◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。 ◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。, 『ナゾネックス』や『アラミスト』、1日1回の点鼻薬はいつ使えば良い?~ステロイド点鼻薬を使うタイミング, 「スタチン」と「フィブラート」の併用は可能?~横紋筋融解症のリスクと、低HDLの脂質異常症, 京都薬科大学 大学院修了