ご参考にして頂ければ幸いです。 低圧の場合は機器を小さくできるため、配線用遮断器にZCTと継電器を組み込んで一体としたのが漏電遮断器です。 さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。 縦位置を出来るだけ合わせるのは、電流の流れる方向に電極の位置ずれが生じるとその分だけ電圧降下を拾ってしまうからです。測定時に逆電流測定をすればその誤差は原理的には消せますが、余計な誤差は作らない方が望ましいです。 200V/0.2MΩ=1mA←これも技術基準です。 短絡電流の遮断については、動作特性をよく調べて使用してください。経済性を無視すれば、一度短絡電流を遮断した遮断器は、交換すべきだという人もいます。 中性点から、アースをとっても同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか? >なぜ2つの電源の和を「マイナス」にして考えることができるのかが疑問なのです。 Aの部分の流れる電圧、電流がわかりません。 どうか教えて頂けないでしょうか? ちょっとレベルが高いけど理解できるようまた基礎からがんばってみます。, 回答ありがとうございます。 具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に...続きを読む, はじめまして 三相に対して一括して取り付け、どこか一線で地絡(漏電)が起きると三相のバランスが崩れ、その差が二次側電流として出てきます。 この考えがあっていた場合、不思議に思うのが電気設備に関する技術基準により絶縁抵抗値が0.1MΩ以上と定められている事です。上記の計算を当てはめると、500Vレンジで漏れ電流は5mA。この値を単純に考えると、人に直撃すると「相当な痛み」の値だと聞きます。こんな低い値でいいんですかネ? 200V回路(対地電圧が150Vを超え300V以下の回路)の技術基準値は0.2MΩです。 -Degitally-assisted analog技術によるMMC(Modular Multilevel Converter)の どなたか教えてください。よろしくお願いします。, もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。 ・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z ■二重積分型A/D変換についてなんですが、 違うのですか? 低圧の場合でもZCT・地絡継電器(漏電リレー)の組み合わせで使うこともあります。 良い説明が無かったのですが、上から5番の「構造と動作」を開いてくださいPDFファイルです。 しかし、アメリカ製の250AF/225AT(フレームという概念についての説明は、割愛します)の遮断器に225Aの電流を流すと遮断器はOFF動作を起こします。 また、各相は発電したときから決まっているのですか? 一方、遮断容量は、その遮断器が、流れている電流を遮断できる最大の容量を表していると思います。 ・高電圧絶縁抵抗計 3455 低圧の場合は機器を小さくできるため、配線用遮断器にZCTと継電器を組み込んで一体としたのが漏電遮断器です。 電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。 低圧の場合は機器を小さくできるため、配線用遮断器にZCTと継電器を組み込んで一体としたのが漏電遮断器です。 ・初級...続きを読む, ホール効果で測定できないような薄い半導体はどうするんだろうと疑問に思い調べた結果、van der pauw法という方法で薄板状の半導体の物性について測定できると本で読みました。 ガリウムヒ素エピタキシャルホール素子がよく使われているようです. ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -...続きを読む, #1に関して こちらは漏電が最大級悪化したものと捉えてください。 THD抑制に関する研究成果をまとめました。 電極間の距離(絶縁体=誘電体の厚さ)を>>5の例で考えれば、「水槽の深さ」が妥当かと思います。 質問者はどのルートを想定しているのか明確にしたほうがより的確な回答が得られると考えます Pauw方は詳しくないのですが、やはり電極の面積分は同じようにショートすることになりますから、あまり大きくし過ぎない方が望ましいと思います。Pauw法は4カ所の電極を設けますし、10mm角の試料に直径5mmの電極はいくらんなんでも大きいと思いますよ。電極同士で接触しちゃいません?(笑) このブリッジが平衡した状態において、次の問(a)、および問(b)に答えなさい。 ホール効果測定でわかることの最も重要で実用的なことは, 通常の直流電源と電圧計の組み合わせで、メガオーム程度なら測定は可能です。電気抵抗が有る程度高い方がホール電圧が大きく出るので、むしろ測定はしやすいと思います。逆に、抵抗が低いとホール電圧が低くて、電極の接触抵抗や起電力の影響を正確に除かなくてはいけなくなって注意深い測定が要求されます。 それに、どの測定法を使っても、電極から流れ込んだ電流は直ぐに試料内に均一に拡散する(と想定している?)ので、導電性の良い電極は、よほど小さい(ミクロンオーダー)サイズにしない限り測定電流の制限に影響しませんよ。測定試料の抵抗が高ければ、測定電流は少ないのでなおさら電極の大きさの心配は不要です。 CT・ZCT・VT・EVTは総称して「計器用変成器」と呼びます。, ZCTはCT(変流器)の一種です、零相変流器(Zero-phase Current Transformer)この頭文字でZCTです。  XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。 Oct.14 2017 例えば、増幅度の非常に高い直流増幅器だと、入力電圧を0にしても、いろんな要因で出力が0にならず、ある直流電圧が出ます。(あたかも、入力に微小な直流電圧が加わっているように見える。)こういう、「(直流的な)ずれ」が(直流)オフセットです。 最後にまとめですが、 実験をやられたのでしたら,多分実験指導書に, しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など) アドバイスをいただけませんか? 零相電圧「V0」は、負荷バランスによる電圧の不平衡や欠相では発生しないはずなのですが、理論的に証明出来ないでしょうか? 低圧の場合は機器を小さくできるため、配線用遮断器にZCTと継電器を組み込んで一体としたのが漏電遮断器です。 あとは、Z1=R1, Z2=1/(1/R2+jwC),Z3=R3+jwL,Z4=R4を代入、整理すれば、 ご参考にして頂ければ幸いです。 電流が流れるかどうかは静電容量の大きさと電圧の大きさによります。, 三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが ・初級...続きを読む, カテゴリが違っていたら、申し訳ありません。 ・500V/2MΩ=0.25mA ローレンツ力に関連があること、磁場に関係があること、 41 0 obj <> endobj とか思っちゃうのですが??? kexe さん,Legendre 多項式の質問覚えていますよ. 量子化されるという現象(量子ホール)効果が知られています.  XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。 つまり、どちらも低インピーダンスなので、大電流となります。 その電流で二次側に接続された地絡継電器が動作し遮断器をトリップします。 N はキャリアの密度,q はキャリア1個の電荷,c は光速. この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。 テスタの抵抗測定と違うのは、かける電圧が高い(テスタは数V程度)という点です。 地面に対する静電容量というイメージでよいです。 ですので「大地から電線へコンデンサの記号を介して電流が流れるように見えるんですが」のその通りです。 電流が流れるかどうかは静電容量の大きさと電圧の大きさによります。 本にデメリットとして「積分回路に直流オフセットなどの誤差要因があると、それも積分され、結果的に誤差が累積される。」と書かれていたのですが、 ケーブルの静電容量は、ケーブルが長くほど、太いほど多いとされていますが、どうしてなのでしょうか?, >>5で回答した者です。    ※この場合の水槽は上面開放でなく密閉構造で想像していただいた方が分かり易いです。, 配線図を見ると、トランスの中性点から、接地線が「アース」がとられていますが、中性点とアースは、同じなのでしょうか?中性点から、アースをとっても、同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか?, 中性点とアースは、同じなのでしょうか? この違いは何なのでしょうか? 二行目「AD変換器の」の部分を読み飛ばしてください。(この部分があると、文が変になりそうな。) ・初級講習用指導書(電気機器編)3・13・5 抵抗の測定(2)絶縁抵抗測定 絶縁不良のときに大電流が流れないよう、電流を一定値で制限する(電圧を下げる)ような回路も、実際の絶縁抵抗計では使われています。, 原理は単純に、指定の直流電圧(100Vとか500Vとか1000Vとか)をかけて電流を測り、抵抗値(=電圧/電流)として表示するというものです。 ちなみに1相を欠相させても、同じです。 ・ディジタルメグオームハイテスタ 3454 設備の絶縁不良箇所を特定するのに使っているのですが、測定原理を詳しく理解していないもので恥ずかしながらお願い致します。 Dの両端が同電位 同様に三相V結線の場合は、A-B,B-Cの線間に変圧器があるとすれば、A-C間はA-B,B-Cのベクトル和となりますが、C-A間はその逆なのでA-C間のマイナスとなります。 ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。, こんにちわ! お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 絶縁抵抗測定器について質問します。漏れ電流から抵抗値を算出していると認識していますが、例えば完全地絡. 質問1 漏電と地絡は同じと解釈していいでしょうか? http://www.toshiba-tips.co.jp/common/html/tsel/shadan/shadandocu.htm そしてこの電流は大地を通り、変...続きを読む, ZCTはCT(変流器)の一種です、零相変流器(Zero-phase Current Transformer)この頭文字でZCTです。 これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。 何かわかりやすい事例などありましたら教えてください, siegmund です. Vr+Vs+Vt=V0=0とはなっていないように思われますが... 回路図を見せてもらえませんか? 地絡とは、こちらも文字通り大地へショートする事です。 (それぞれpdfファイル)あたりも参考になるかと。 コンデンサは導体と導体の間に絶縁物を入れたものです。