1 馬車や農機などの車輪が動かないよう、所定の穴に指して固定するピン。2 (比喩的に)物事の要(かなめ)。... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 …こうした状況を反映して,57年4月に派遣された日本社会党訪中使節団は,国交正常化,両国間交流の拡大,諸種の交流に関する政府間協定の締結などを内容とする共同声明を発表した。しかし,同年後半から始まった反右派闘争によって中国の対外政策が変化し,日本でも岸信介内閣が台湾寄りの政策をとって,第4次貿易協定に定められていた中国通商代表部の国旗掲揚の権利を否認したため,両国関係は悪化に転じ,58年5月の,いわゆる長崎国旗事件(長崎で開かれた日中友好協会主催の中国切手展で,一青年が中国国旗を引きずり下ろした事件)をきっかけに,すべての貿易契約が破棄された。中国政府はあらためて〈政経不可分〉を強調,文化・スポーツ交流も停止された。…, …その主要な内容は,(1)中国政府の設定した軍事警戒区域,軍事航行禁止区域に日本漁船は立ち入らない,(2)中国政府が定めた機船底引網漁業禁止区域においては日本は自主的に操業を抑止するというもので,これにより安全操業が確保された。この民間協定は3年間継続されたが,58年の長崎国旗事件を契機として無協定状態となり,63年再び日中漁業民間協定が締結され,政府間協定の発効まで継続された。この民間協定の基本路線は政府間協定にもほぼ継承されるところとなった。…, …52年,朝鮮戦争終結後,日中貿易協定が結ばれ,57年4月には広州において第1回の交易会(広州交易会)が開かれ,中国の第1次五ヵ年計画(1953‐57)の順調な発展に伴って日中貿易は急速に伸びていった。しかし58年5月,長崎で開かれた中国切手剪紙展で中国の国旗が日本の右翼により引き下ろされた事件(いわゆる長崎国旗事件)が起こると,中国は貿易関係の打切りを通告し,実質的に日中貿易は中断した。一方,中国は中国敵視をやめ,二つの中国をつくる陰謀に加わらず,日中国交正常化を妨げないという〈政治三原則〉を示してきた。…. No reproduction or republication without written permission. 長崎満事件とは、痴漢 冤罪を勝ち取った男性が今度は盗撮でタイホされた事件である。 概要 日本共産党 員であり、全 国 印刷出版産業 労働組合 総連 合会(全印 総連 )幹部である 長崎 満氏が、 痴漢 の容疑を受け数年間に及ぶ裁判闘争の末、ついに 冤罪 を勝ち取るに至った。 また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 用行組は、長崎奉行の松浦信正が長崎貿易の改革のために抜擢した地役人たちのことで、彼らの不正が宝暦3年(1753年)に発覚したことが発端となり、松浦信正も処罰されている。処罰された地下役人とその罪状については『犯科帳』[1]と『御仕置伺集』の「村山庄右(左)衛門諸向勘定不埒一件」に記載されている[2]。, ただし、「用行組」という名称は『長崎略史』(金井俊行編)にのみ記されており、他の文献には出て来ない[3]。『御仕置伺集』では、松浦信正はこの事件で処罰された村山庄左衛門を「商売方会所取締り」に任命したとなっており、歴史学者の鈴木康子はこの「商売方会所」が『長崎略史』に書かれた「用行組」を指しているものと考えている[4]。, 寛延元年(1748年)6月20日、当時勘定奉行だった松浦は長崎奉行兼任となった[5][6]。そして長崎に派遣された際に、長崎支配の改革のため地下人を抜擢し、岩原にあった長崎目付屋敷に滞在させた勘定所役人とともに改革案を企画し、それを実行していった。, 長崎では、番方は長崎奉行の直接支配、その他の町方・蘭方・唐方・長崎会所の支配は基本的に町年寄が行ない、それを長崎奉行が監視・統治するという形式だった。それに対して松浦は、町年寄を長崎会所の責任者として会所で諸事を処理することを命じ、従来町年寄の裁量に任されていた事柄は、長崎会所役人に処理させるようにした[7]。, 商売方会所(用行組)では、長崎会所元方会所目付の村山庄左衛門が元締めに、同吟味役見習の森弥次郎が長崎会所を実務上取り仕切った。出島乙名・島谷又次郎はオランダ貿易と諸町乙名や長崎地下人に対する監視・情報提供を任され、入札商人・伯井長兵衛は唐船貿易・商品の値組などを行なった。そして岩原屋敷に滞在した勘定所役人が、彼ら用行組の者たちを支配し、直接指示を与えていた[4][6]。, 寛延2年(1749年)に、唐船の貿易許可数を年間15隻にし、各船同士で貿易額を融通することを禁止し(「華蛮交易明細記」)、近年は輸入品の質が落ちているのでもっと商売になるような品を運んでくるよう命じる。長崎町人へも唐人と取引しやすい品目をもたらすよう要請し、箇所銀・竃銀(町人への配分金)を減額した[8]。, 松浦は宝暦2年(1752年)2月15日に長崎奉行を退任し、勘定奉行専任となる。しかし、その後も長崎の諸事について新任の長崎奉行とともに協議し、従来のように処理していくようにと命じられた[5][9]。, 長崎支配を改革した松浦が引き続き勘定奉行のまま長崎支配に携わることになったのは、これまで長崎奉行が一元的に任されていた体制から、行政一般は長崎奉行に、長崎会所による長崎貿易の管理は勘定所による直接的な支配に変えるという「二重支配」にしていくものであったと、鈴木康子は考えている[10]。しかし、用行組の者たちは、勘定所およびその上にいる松浦信正に癒着し、従来であれば長崎奉行や長崎町年寄を通して行われた事柄を、自分たちだけで進めるようになり、そのために用行組と地下人たちとの間に軋轢が生じていった[4]。, 経理上の不正やその他の不法行為が発覚したことで、松浦が御役御免の上、閉門を言い渡されたのは、宝暦3年(1753年)2月23日だった[5][11]。御役御免・閉門の理由は、「柳営日次記」[12]や『通航一覧』[13]や『寛政重修諸家譜』[5]によれば、, となっている。用行組の不正問題は、上記の上納銀滞納問題の捜索・吟味を通じて発覚している[14]。, 『犯科帳』や『御仕置伺集』によれば[15]、上納銀を延滞したのは長崎袋町在住の為替商人・松田金兵衛で、宝暦3年(1753年)3月15日に長崎で手鎖の上、町預となっている。金兵衛は数年来「豊後肥後肥前御年貢米江戸上納銀為替」の請け負いをしていたが、その上納銀を他の商売に転用して、しかもそれで損失を出して上納銀を延滞するようになった。, 金兵衛は、宝暦元年(1751年)6月に長崎滞在中の勘定組頭・早川庄次郎に、8月と翌年3月には長崎会所吟味役見習の森弥次郎から、上納銀について尋問された。しかし、延滞については触れられなかったため、そのままにしておいたところ、宝暦3年の時点では延滞額は1300貫目になった。, 延滞が発覚した際、金兵衛は上納銀の件については松田善蔵という者に全て委任しており、そのこと自体も不届きであるが、私欲によることではないとみなされた。金兵衛は押込処分に、松田善蔵は軽追放となった。さらに未納分を全額返済するように命じられた金兵衛は、差し出した町屋敷沽券の銀高で一部を補い、残りは宝暦5年(1755年)から5年賦で上納することになった。, そして金兵衛を取り調べた早川庄次郎と森弥次郎が、金兵衛の下代の文内と伊兵衛から音物(贈物)を受け取り、上納銀延滞について不問に付すよう頼まれたことも発覚した[16]。, 『長崎略史』では、「用行組の党を罰す」という記事がある。そこでは、用行組と称する会所を創設した長崎会所目付村山正座右衛門と請払役盛(森)弥次郎が、松浦信正の指示を受けてまるで役所のように長崎の市政全般を執り行っていた。しかし松浦の失脚によって会所は閉鎖、村山と盛(森)は 壱岐島へ配流され、島谷又次郎らは追放・免職・隠居に処せられたとなっている。ただし、『長崎略史』の記述には姓名の誤記や他の事件と混同している箇所も多い[3][6]。, 用行組の者たちが奉行所より嫌疑がかけられたのは松田金兵衛が町預となった後のことで、吟味のため「町預」処分になったのは『御仕置伺集』によれば[17], 松浦信正は、閉門の処分を受けた約半年後の8月4日に許された[5]。村山・森・伯井は配流先で死亡、島谷は消息不明。村山庄蔵は明和2年(1765年)に恩赦で長崎所払の罪を許された[4]。, 宝暦3年(1753年)6月、幕府は長崎に抜け荷(密貿易)禁止に関する高札を建てた。同年9月には、役人の不正があった時や、訴訟を起こしても役人が詮議を怠っている場合、公には訴えにくい抜け荷などについて、幕府に直訴できるように奉行所の門前に目安箱が隔月で設置された。目安箱に投函された書状は封印されたまま江戸へ差し出された[20][21]。, 「長崎町年寄発端由緒書」には、長崎の町年寄の発端・由緒や、宝暦3年(1753年)までの来歴が記されている。この由緒書は、宝暦3年末ごろから4年ごろに成立したと考えられているが、これは松浦信正と彼に協力した用行組によって町年寄が権限を大きく侵害された後の時期にあたる。松浦と用行組が失脚し、権限が戻ったことから、町年寄は自分たちの長崎支配の正当性を過去に遡って再確認し、それを長崎の地下人や奉行に示すために作成したものと鈴木康子は考えている[20]。, 「(1)その誤謬と事件関係者」鈴木康子著 『長崎奉行の研究』思文閣出版、229-230頁。, 「用行組事件」『長崎奉行 江戸幕府の耳と目』 外山幹夫著 中央公論社、151-152頁。, 「強硬な松浦信正」木村直樹著 『長崎奉行の歴史 苦悩する官僚エリート』 角川選書、96-98頁。, 森永種夫編『犯科帳』(二)、159-160頁。「松田金兵衛上納金延滞一件」森永種夫編『御仕置伺集』(上)、97-99頁。, 「(2)関係者の罪状」鈴木康子著 『長崎奉行の研究』思文閣出版、233-237頁。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=用行組事件&oldid=73761120. テレビ長崎では社内でその映像を見た全員が驚いたという [5]。 このバスジャック事件の通称は「長崎バスジャック事件」だが、「長崎市内で発生したバスハイジャック事件」の意であり、「長崎バス(長崎自動車)の車両がハイジャックされ 世界大百科事典 第2版 - 長崎国旗事件の用語解説 - こうした状況を反映して,57年4月に派遣された日本社会党訪中使節団は,国交正常化,両国間交流の拡大,諸種の交流に関する政府間協定の締結などを内容とする共同声明を発表した。 ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. 長崎バスジャック事件(ながさきバスジャックじけん)[1]とは、1977年(昭和52年)10月15日に長崎県で発生したバス乗っ取り(バスジャック)事件。, この事件は、犯人の男2人によって引き起こされた。犯人の1人は射殺され、人質は全員救出された。, 1977年10月15日午前、長崎県平戸発佐世保・大村経由長崎駅前行きの西肥自動車の路線バス(三菱ふそうMP517M ・F623号車 登録番号:佐世保22か・344)が途中の大村市内を走行中、改造銃や手製爆弾を持ち「阿蘇連合赤軍」を名乗る白い覆面姿の2人組の男に乗っ取られた。その後、バスは給油のため長崎市茂里町にある南国殖産のガソリンスタンドに立ち寄ったが、スタンド従業員からの通報を受けた長崎県警察はバスのエンジンスターターを不作動にする措置を行い、バスを包囲した。, 犯人たちは乗客5人の解放と引きかえに食料(寿司30人前)や水(コーラ30人前など)、毛布50枚を要求した。また「法務大臣の瀬戸山三男と新自由クラブ(当時の野党)代表の河野洋平及び、政治評論家の細川隆元を連れてこなければ交渉には応じない」などと主張した。しかし、この時に犯人らは自分達の事を「阿蘇連合赤軍」と極左を想起させる団体名を名乗ったが、右翼的な論評の目立つ保守派評論家であった細川について「細川隆元先生」と呼ぶなど、思想的な見地からは矛盾する発言が目立ったことから、警察では早い時点で犯人達は赤軍派とは無関係の集団と判断していた。実際、犯人らは赤軍派を名乗っていたが、政治思想とは何ら関係なく、身代金を狙った場当たり的な犯行であった。, 犯人は人質の女性の首に爆発物のようなものを巻き付け、また、車内の窓に針金のようなものを張り巡らし、「窓が一枚でも割れたら爆発する」などと脅迫していたが、警察官が差し入れを行った際に針金の一部が外れたものの爆発しなかったことから、女性の首に巻かれた爆発物が偽装であることを警察に把握されていた。, 警察は犯人らに対して説得を行ったが、人質の体力が限界に達したとして、事件発生後18時間経過した翌16日午前4時25分に警察官の一人が説得しながら最終的に「撃つなら俺を撃て、撃つなら撃ってみろ!」と犯人を挑発したところ、主犯格の男が手製爆発物を投擲、爆発物が爆発した瞬間に突入隊は一斉にバス内部へ突入した。3名の警察官が合計7発を発砲、この銃撃で主犯の男が被弾し20分後に死亡、もう1人の犯人は重傷を負った。人質16人は全員無事に救出された。, 犯人射殺による人質事件の解決は1970年5月12日に発生した瀬戸内シージャック事件以来2例目となった[2]。また本事件の約1年3ヵ月後の1979年1月26日に発生した三菱銀行人質事件以降、日本国内における人質立てこもり事件で犯人射殺により解決に至ったケースは存在しない。, また警察は朝食として味噌汁を差し入れ、犯人の一人が味噌汁の入った鍋の取っ手をつかんだと同時に犯人を取り押さえ、バスに突入する作戦を検討していたが、事件発生翌日の明け方の時間帯に突入が行われたためこの作戦は実施されなかった。, この事件は長崎放送とテレビ長崎[3]が、突入から逮捕、人質救出までの様子を全国に中継しているが、後側からズームカメラで写した映像がVTR保存されており、この映像は鮮明に写っている(近距離の映像は、16mmフィルムで撮影されているため不鮮明である)。またNHK長崎放送局も運転席側から突入の瞬間を撮影している。, 長崎放送では事件発生当日夜に、パトカーに対するカージャックを題材にした映画『続・激突!/カージャック』が、テレビ朝日系列マストバイ局において同年7月に『日曜洋画劇場[4]』として放送されたものを『ゴールデン洋画劇場[4]』として放送していたが、それを中断してこの事件の中継が放送された。長崎放送では事件発生当日にフィルムカメラのオーバーホールが行われており、また中継車を翌日のゴルフ中継のために準備させていたが、最終的にゴルフ中継に支障が出るとしても中継車を事件現場に投入すべきとの意見が通り、人質救出の様子を中継することとなった。, また、テレビ長崎が日本テレビ系列局として日本テレビに送ったこの事件の取材映像が日本テレビ制作の朝のワイドショー番組『ミセス&ミセス』でも使われたが、この番組がテレビ長崎ではなく長崎放送で時差ネットされていたため、テレビ長崎の取材映像が長崎放送で放送されることとなった。テレビ長崎では社内でその映像を見た全員が驚いたという[5]。, このバスジャック事件の通称は「長崎バスジャック事件」だが、「長崎市内で発生したバスハイジャック事件」の意であり、「長崎バス(長崎自動車)の車両がハイジャックされた事件」ではない。また、事件が起きた「平戸 - 佐世保 - 長崎」間の路線バスは既に廃止となっているが、佐々 - 佐世保 - 長崎間は高速バスにより運行が継続されている(長崎 - 佐世保線)。, バスジャックに遭った車両は、のちに西肥自動車に返還され、修理を受けて営業用に復帰し、1995年(平成7年)まで使用された後、長崎県内の山中に置かれていて、物置きとして使われていた[6]。, 番組の制作局はテレビ朝日であり、当時長崎県には当時民放テレビ局が2局しかなく、かつテレビ朝日系列局が所在しなかったため長崎放送で『ゴールデン洋画劇場』(本来はフジテレビ系の番組のタイトルであり、左記フジテレビのものと『日曜洋画劇場』と交互に時差放送)として時差放送されたものである。, 当時はワイドショー番組の系列外ネットは珍しいことではなく、事件発生当時の長崎県内の民放テレビ局における朝のワイドショー番組は長崎放送では『.