パイプの断面係数 Z=π(D^4-d^4)/32D なんか、日本語が変ですね。 なんか、日本語が変ですね。 試験片にかかる引っ張り力は、 これが、許容曲げ応力度Fb=156 N/mm2 以下であれば良いので、 ちなみに、ご質問者様が書かれている断面2次半径の値は間違っています。ロールH(H-148*100*6*9)なら、No.2の方が書かれている値になりますし、ビルトH(BH150*150*6*6)なら、強軸(X)が6.10cm、弱軸2.22cmとなります。 中央に負荷を加えた場合の耐荷重はいくつになりますか? お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, http://www.jfe-steel.co.jp/products/building/bin …, http://www.geocities.jp/iamvocu/Technology/kousi …, http://news-sv.aij.or.jp/eg1/004/PDF/02_1-4syo.pdf. 素人的な考えなのですが、H型鋼のほうが、真ん中に支えがある分強度は強いような気がするのですが・・・ >>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?  1kN=1000N http://www.weblio.jp/content/%E3%82%AD%E3%83%AD P=1.6*4Z/L あるいは、 曲げ応力度σ=M/Zの式に、σ=156N/mm2、最大曲げモーメントM=PL/4=P×1500/4=375P[N・mm]、断面係数Z=24 400[mm^3を]代入して、 剛構造設計基準を元にした剛構造設計便覧です kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 http://www.jfe-bs.co.jp/product/keiko/k002ab.pdf >>> 10knでもつのか、またどの位の力までもつのか知りたいのですが算定のしかたが分かりません 普段は、現場加工、取り付けなどをやっておりまして  ┃ ∴7.7kNまでなら計算上はOKとなります。 SS400の許容曲げ応力度fb=156N/mm2、また、許容せん断力fs=90.4N/mm2とします。 endobj 今回、チャンネルで物を吊るすのに耐えれるかどうか心配で計算をしたくて困っています。使用する材料は、チャンネル寸法(75x40x6x1500)の先端から50mm手前に穴をあけ、ボルトを出し、既存のチャンネル(125x65)と組み合わせ、30 fb=2.35÷1.5=1.6N/mm2 例えば、柱の鋼材がSS400で、柱の長さが250cmとしたとき、これを有効な部材長とすると、  ┃ というふうに、これもどこにでも転がっています。 セパレーターの鋼材と強度 セパレータの鋼材は、JIS規格SWRM17程度(C:17~22%)の一定品質の素材を使用しております。 W5/16では、線径Φ9の素材をΦ6.9まで冷間引抜きするため、線材表面が加工硬化を起こし、一般鋼材に較べて引張り強度が非常に高く、伸びの少ない材料になっております。 この1枚板の幅を半分にしたとき、耐荷重は増すと思うのですが、簡単に算出できるものですか? ∴P=10150 N http://www.takitard.com/beam/beam.pdf >>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか? しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。 fb=1.6t/cm^2 角パイプ100*3.2 Z=38742mm^3→38.7cm^3 ご指摘ありがとさんでした。 たわみは、材料のヤング率(E)と断面二次モーメント(I)が必要なのですが、 となります。 壁に片方を付け、反対側に10knの力をかけるとゆう作業なのですが、 となります。, 初心者です ただ、読み方にすこしコツがいります。Mとあるのは、モーメントのことです。多分何がモーメントなのがご存じないでしょうが、何でも構いません。とにかく、梁の公式で求めたモーメントが小さいほど、材料にかかる負担が小さくなります。 ∴せん断に対しても安全といえます。 また、鋼材SS400の許容応力度については、「計算の基本から学ぶ 建築構造力学」(著者:上田耕作、オーム社)の107ページ許容応力度表から引用しました。, スパンL=1500の中央に集中荷重Pを受ける単純ばりにおいて、はり部材L100×100×10が、SS400の許容曲げ応力度fb=156N/mm2となる集中荷重Pの値を計算するので参考にして下さい。ただし、はり部材の自重は無視します。 ここで、せん断に対する検討もしておきます。 fb=2.35÷1.5=1.6N/mm2 ∴P ≦ 23 587 N 載荷する最大荷重Pを求めるものとして答えます。 Pを求める 絵を書いた画像をつけてますので、アドバイスよろしくお願いします。, ありがとうございます。 156=375P/24 400 SS400の許容曲げ応力度Fb=156 N/mm2  なぜならば、建築基準法及び施行令あるいは鋼構造設計規準で、 この↓サイトでは、計算してくれます。 ∴安全 断面二次モーメント→http://www.fujimfg.co.jp/benri/kansei-m01.htm(前掲) M=PL/4=9800×1500/4=3675000 吊手の位置とH鋼の強度計算の関係(安全係数を含む) なっに~~~ これを半分にすると耐荷重は倍になります。例えば、真ん中に100kgの錘を置くような場合の話ですが。 これが、許容曲げ応力度Fb=156 N/mm2 以下であれば良いので、 こういうのは、簡単に計算できます。一般に「梁の公式」と呼ばれるものがあるのです。 1kgf = 9.8N 計算してみたくてもわかりません。 許容せん断応力度 fs=90.4 N/mm2と定められているからです。 角パイプP=1.6*4*38.7/200=1.23(ton) 許容曲げ応力度とは、「ここまでは負担をかけていいよ」という技術基準のことです。この数字もどこにでも転がっています。 M/Z>1.6ton 曲げ応力度が何なのかはどうでもいいです。とにかく、材料にかかる負担の大きさです。この曲げ応力度を、材料の許容曲げ応力度と比べます。 P=1.6*4Z/L よろしくお願い致します。, k(キロ)は1000という意味ですから、 断面係数とは、梁(今の場合は棚の板)の断面の形に関係する係数で、こういうふうに↓公式に当てはめて計算できます。 M/Z>1.6ton φ48.6*2.4 Z=3835mm^3→3.8cm^3 A=21.59cm2 (注)SS400の材料自体の計算例を示しましたが、これ以上に壁に対する固定方法のチェックもお忘れなく。 (1)753  1011        7.2  8.4 仰せの通り単位がtでした。 ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? 100kgの荷重をかけた場合、Mcを見てもらうと、長さが半分ですと働くモーメントが半分になりますから、耐荷重が倍、つまり200kgまでいけるということになります(cの添え字は、中心の点cに荷重をかけたとき、を意味します)。 ちょっといい加減ぽかったので、ちゃんと書くと。。。 http://www.jfe-steel.co.jp/products/building/binran/binran.pdf では、何kNまでならOKかと逆算すると, 10150N(ニュートン)をkgに換算...続きを読む, 長さ300cm高さ75mm幅35mm厚さ1・6mmのCチャンネル材で両端を柱に固定して真ん中から重量物を吊り上げるとどのくらいの重さまで鉄骨は耐えられますか?自分で計算しようと調べましたが計算式が出てきません。どうぞよろしくお願いいたします。, おはようさん! M=ωL^2/8=0.146×1500^2/8=41063N・mm http://www.geocities.jp/iamvocu/Technology/kousiki/kousiki-kouzouhari/kousikikouzouhari.html 40kgf = 40kg×重力加速度 吊り下げた部分が曲がってこないかなどの心配があり、 15センチ×15センチ、厚さ6ミリの角型鉄骨 ヤング率→http://www.wood.co.jp/exmk/index8.html    X    Y           X    Y    重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。 せん断に対してはウェブが抵抗すると考えます。 参考文献:計算の基本から学ぶ 建築構造力学 上田耕作 オーム社, 図のような荷重状態を想定しました。 A=21.59cm2 この1枚板の幅を半分にしたとき、耐荷重は増すと思うのですが、簡単に算出できるものですか? endobj 156=375P/24 400 この↓サイトには、いろんな梁の公式が集められています。 http://news-sv.aij.or.jp/eg1/004/PDF/02_1-4syo.pdf 主にH鋼は一方向の力(重力荷重など)を強く受ける梁に、□パイプはどの方向からも力のかかる柱に使います。 最大曲げモーメントM=PL=10,000×515=5,150,000N・mm さて、検討は概算で fs=2.35÷1.5√3=0.91N/mm2 H鋼300×300×10×15 のウェブに吊りピースを取り付けます。 せん断応力度τ=P/A=7,700/150×32=1.6N/mm2≦fs=90.4N/mm2 いわゆる冷蔵状態ですね。(まだ救いはあるぞ!) ∴許容曲げ応力度を超えているので安全とはいえません。(もたないです) 物凄く感激しています! できれば計算方法を示していただけると助かります。, スパンL=1500の中央に集中荷重Pを受ける単純ばりにおいて、はり部材L100×100×10が、SS400の許容曲げ応力度fb=156N/mm2となる集中荷重Pの値を計算するので参考にして下さい。ただし、はり部材の自重は無視します。 ヤング率→http://www.wood.co.jp/exmk/index8.html さ、これであなたも構造屋さん( ̄ー ̄)vニヤリッ, 幅というのは、板を支えている支点の間の距離ということですね? 500P / 75 600 ≦ 156 ヤング係数は、2,100kg/cm^2ではなく2,100t/cm^2です。 許容応力度に対する検討 SS41クラスで見てます。 102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、 梁の計算式はこちら 実際、たわみは発生するのでしょうか? 合計σ=1.7+150.6=152.3≦許容曲げ応力度fb=156N/mm2 http://www.ads3d.com/i/tb/tb.htm ただ、多くの場合、耐荷重よりたわみの方が先に不都合になるんです。棚の板に重いものを置くでしょう?すると、壊れないけれども、下にたわんで棚として役に立たなくなりますね。長さが半分になると、たわみは1/8になります。 荷重Pによる曲げモーメントM = PL/4 = P×2 000 P/4 = 500 P L:材長 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 P107 許容応力度から引用しました。, スパンL=2 000 mm の吊ビームH-100×100×6×8(SS400)の中央に、 参考文献:計算の基本から学ぶ 建築構造力学 上田耕作 オーム社, 図のような荷重状態を想定しました。 <曲げに対する検討> 強度計算をしているので、間違いないように理解できるように教えていただければ本当に助かります。 φ48.6*2.4 Z=3835mm^3→3.8cm^3 M=7.24×1.6=11.584tm ということですか?  1km=1000m、1kg=1000g P=7,754N http://www.ads3d.com/i/tb/tb.htm これを半分にすると耐荷重は倍になります。例えば、真ん中に100kgの錘を置くような場合の話ですが。 但し頭の中が古いのでkg表示です。(今はN=ニュートンですよね) 上で、私の書いたゴタクはこれ↓によります。(以下、ここの公式で説明します) 10センチ よって、2.3 tf までOKと考えて良いでしょう。 ∴許容曲げ応力度を超えているので安全とはいえません。(もたないです) お分かりいただけましたか?, 1枚板の両端を支えたときの耐荷重が100kgだとします。 http://www.fujimfg.co.jp/benri/kansei-m01.htm P107 許容応力度から引用しました。, スパンL=2 000 mm の吊ビームH-100×100×6×8(SS400)の中央に、 どうぞ助けてください。 ここで、計算はNとmmで進めます。 このとき,せん断に対しては, MP=11.584×4/3=15.445t MP=42.72×4÷2=85t 確実に□150の方が強度はありますね。 SS400の許容曲げ応力度Fb=156 N/mm2  吊り下げた部分が曲がってこないかなどの心配があり、 計算書の提出が必要でしたら、上記に則って計算してください。 と同じです。, 鉄骨の強度計算を教えてください。 圧縮力については、座屈を考慮した許容圧縮応力度(fc)は座屈長さ(有効な部材長:lb)を断面2次半径(i)で割って算出した細長比(λ)から求めますが、この許容圧縮応力度に断面積(A)を乗じたものが許容できる圧縮力になりますので、ほぼ同サイズの角形鋼管とH形鋼を比較すると計算すると角形鋼管の方が断面積が1.5倍以上も有り圧倒的に高耐力な筈です。 せん断は引っ張りの1/√3  (1)曲げに対する検討 よろしくお願い致します。, k(キロ)は1000という意味ですから、 <> i:断面2次半径