三つ葉(ミツバ) ☆~下処理方法~☆ じつは、コレ・・みんな同じもの。。 ポチっとクリックをおねがいします。 元気がなくヒョロヒョロに育ったものや葉の形の悪いものは、間引きましょう。 (*≧m≦*)プププw また新しく芽が出てきます。ある意味雑草のようなものです。 摘心した葉は「収穫」として利用できます。 皆さんは「紫蘇」と「大葉」の違い って知っていますか~? 地上部が枯れても、根が生き続け春にまた新芽を噴出してきます。 一般的には、パエリアやブイヤベース、サフランライスなどの料理には サフランは、秋に薄紫色の花を咲かせるため「秋クロッカス」 ポチっとクリックをおねがいします。 ココからが~最大のシソ栽培の楽しみ時です☆, <花穂紫蘇(はなほじそ)の収穫時期> ●ルッコラ(ロケット) <収穫方法のポイント> <種洗い> 今は「市販されている葉」を購入するか、「苗」が販売されているようです。 バジルの発芽適温は20度以上なので、十分に暖かく遅霜の心配がなくなってから種をまくといいでしょう。熱帯原産で寒さに弱い植物なので、気温が10度を下回ると一気に枯れてしまいま … ●生食する葉を「パクチー」と呼び、 <収穫方法> 膨張率:水分を吸収すると10倍に膨張 こ~んな姿を見つけたら~数日で開花します。 秋まき:9月~10月 貧血予防や風邪、肌荒れ、生活習慣病(成人病)の予防などに 独特のさわやかな香りと歯ざわりが特徴で、 どちらも綺麗な黄色に着色してくれますが・・ *種子やメーカによっても種まき時期が違うので種袋の裏を確認してください。 土を掘らずに土の上に種を蒔き、そこへ手でパラパラと土をかける程度。 ほのかなゴマの香りやピリッとした辛味が、 とうとう日本でも少しずつ栽培され始めたようですよ~!! 草丈、20cm以上に成長したら、収穫が可能です。 栽培されているミツバの種類には、 ●緑色種 「頑張って、野菜つくれよっ」と応援していただける皆様、 花が3割ほど開きかけた状態で収穫しましょう。 昔から伝統食として食べられてきたようです。 「コーネル619」という「中間種」の品種が多くを 占めているようです。 繁殖力も旺盛なので初心者でも手軽に栽培できるんです。 セロリの原種とされていて、セロリよりも早く収穫できるのが魅力です。 (注:別サイトになります) <エゴマの実の収穫時期> 90日余りで2kgの大株になる多収種で、市場でも人気が高いセロリです。 収穫の方法は、茎をハサミで収穫するか、葉のみを摘み取ります。 皆さんは、どんな食べ方がお好みですか? じつは~シソ栽培の本当の楽しみ方はこれからなんです!! *好光性のため種蒔き時の覆土はごく薄くし、発芽までは土が乾かないようにします。 数少ない日本原産の香味野菜で、 ランキングに参加しています。 ところで~ここまでは、生パクチーの栽培ですが・・ タイでは「パクチー」と呼ばれ、 英名では「コリアンダー」、 セロリ 雨の日は避け、曇晴の日を選び収穫します。 プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ! ランキングに参加しています。 シソって、「葉っぱ」の収穫だけじゃ~ないんですね☆ <種まき時期> いつも皆様の応援に感謝しております。 野生の強い香り、味に加え発色が魅力的。 草丈25~30センチになったら、主枝の先端の葉を摘み取りわき芽を育てます。 ☆~クリスマスリースを作ってみよう~☆ 日本では種から油を取るために古くから栽培されてきたようですが、 初夏にタネをまき、晩秋から冬に収穫するのが一般的です また、株が大きくなりすぎてきたら一旦根元近くで全て切り戻してやると、 タイムの育て方へ 毎日の励みとなっています <選別作業> レシピブログのランキングに参加中♪  <追肥時期> 収穫した生パクチーは、まずは、定番の春雨サラダで! タンポポに似たギザギザした葉っぱで、 種まきは真夏や真冬を除けば、ほぼ1年中栽培できるのも嬉しい。 株ごと切り採って収穫しちゃうのも醍醐味ですね♪ ●収穫時期:茎・葉・花 :4~6月、10~11月 種:7~8月 アメリカ系で、全体が濃い緑色をしている。 <花穂紫蘇(はなほじそ)> <注意事項> 束穂ともいいます。刺身につまとして添えたり、 プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ! レシピブログのランキングに参加中♪  *セロリの育苗は結構大変で、 健康的な食生活に欠かせない油として注目されているのがエゴマ油。 4~6月に種まきすれば、9~10月に収穫可能 プランター菜園 ブログランキングへ バジルシードは水分を吸収すると30倍にも膨れることから、 *栽培方法は、ほぼシソと一緒♪ ルッコラといえば、イタリア料理などのサラダで定番の野菜ですね♪ ぷっくりと膨らんだ~穂紫蘇は~こんな感じ! 疲労回復や精神の安定作用があるといわれ、 シソの栽培はプランターでも簡単に育てることができ、初心者におすすめの野菜です。自分で育てれば、必要なときに必要な分だけ利用することができ、ムダがありませんね。育て方のポイントと栽培スケジュールをご紹介します。 <春クロッカス> 何か忘れていませんか~? σ(^_^;)アセアセ... 地中海沿岸が原産の常緑低木で、半耐寒性のハーブのローズマリー。 (= ̄▽ ̄=)V やったね☆ 2015年10月03日 10時00分56秒, Last updated  歯触りもよく、おひたしや和え物、卵とじ、かき揚げに向いています。 しそは古くから日本で食べられている香味野菜です。赤紫蘇、青紫蘇はそれぞれ違いがあり、さまざまな利用方法があります。しそは初心者でも庭やプランター、室内で比較的簡単に育てられます。新鮮で美味しい赤紫蘇や青紫蘇を栽培してみましょう。 *発芽温度は15℃~20℃。 「頑張って、野菜つくれよっ」と応援していただける皆様、 外見はまるでカエルの卵そっくりですが、 腸内環境を整え、肥満改善が期待できるといわれて、 <糸三つ葉 (青ミツバ)>(関西系) 全体が茶色くなってきたら~「種の収穫時期」です。 <セリ科> <シソ科> 毎日の励みとなっています <青紫蘇(別名:大葉)とは> 開花は8月下旬~9月中旬頃 プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ! ミント類は、「株分け」や「挿し芽(挿し木)」などで簡単に増やす事ができます。 よろしければクリックしてくださいね♪, 楽天スーパーセール2020 次回はいつ?【11月〜12月セール最新予想・お得情報】, 楽天市場ブラックフライデー2020年はいつ開催?ポイント10倍でふるさと納税もおすすめ!, 次回11月後半のお買い物マラソンor楽天スーパーSALE はいつ?【2020年最新予想】, Last updated  黄色種に近いが、茎が肉厚で太く、香りが少ないので、需要が多い。 セロリには、たくさんの種類がありますが~大きく分けて、 ポチっとクリックをおねがいします。 その後・・じっくり時間をかけて~花芽がつきだします。 ☆~ローズマリーの活用レシピ~☆ コリアンダーシード(種子)の収穫を 高価なスパイスとしてもよく知られていますね。 プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ! ローズマリーの育て方へ 収穫も随時でき~料理にも大活躍するので人気のハーブの1つですね。 この作業は、ちょっと手間ですが、やり始めると~ ・2回目:本葉が4~5枚の頃、 【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!. 毎日の励みとなっています サフランの球根は、晩夏から初秋にかけて植えつけます。 暖地:10月下旬~11月上旬頃 料理の色づけや香り付け、染料として利用され~ 食べた後に固いカラが口の中に残ってしまって食感がイマイチなんです。, <収穫のタイミング> 開花後、下のほうから~少しづつ・・茶色く枯れたようになってきます。 炒った実をミキサーなどで粗く砕き、すり鉢で丁寧に擦る。 <切り三つ葉 >(関東系) ミツバの緑の濃い部分には、 収穫が続く際には、追肥をしながら長時間収穫が楽しめます。 ここ数年認知度も高まっています! いつも皆様の応援に感謝しております。 1.スペアミント(モヒートに使うミントの王道) 酸性土壌 は、2週間位前から、石灰等などで肥やしてから種を撒いています。 種まき → 4月中旬頃、温度 が低いと発芽しないので、室内で栽培。 すぐさま、瓶などに1時間以上水に挿して水を吸わせます。 ただ、ミント類は交雑しやすく、他の種類のミントの花粉で 我が家では、こんな食べ方で紫蘇の実を楽しんでいます♪ セロリの塩昆布漬け ☆~スープセロリ~☆ そして 一般的なルッコラよりもその風味は強く、野生的な風味を楽しめます。 <シソ科> いつも皆様の応援に感謝しております。 本葉が7~8枚になるまで育苗します。 ポチっとクリックをおねがいします。 <シソ科> 2.すりつぶす。 *種に少し傷つけて、さらに1晩水につけてからまくと発芽率もupします。 花びらの中には、黄色い雄しべと赤い雌しべとがあります お花も青紫蘇と同じように見えますが・・ ランキングに参加しています。 ラムベースのカクテルの1種で、バーやレストランはもちろん、 ハーブとは、ラテン語で「草」を意味する言葉が由来とされ、 また、花が完全に落ちた穂は実が固くなってしまい 株分けや挿し木などで増やすこともできます。 原産地:メキシコ、アルゼンチンなどの南米 よろしければクリックしてくださいね♪, おはようございます よろしければクリックしてくださいね♪ プランター菜園 ブログランキングへ イタリア料理では「ルッコラ」または「ルーコラ」、「ルケッタ」と呼び じつは。。あの「モヒート」で使用するハーブのこと! ・筋まき・バラまきどちらでもOK(種と種が重ならないようにしましょう) レモングラスの花言葉へ, 日当たり、風通しがよく、乾燥した場所を好みます。 なんと!ビタミンCは、ほうれん草の約4倍!とも 球根は夏に販売され、花は秋に咲きます。 Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん! セルバチコは宿根草と言って、冬に枯れて終わる一年草ではなく、 ランキングに参加しています。 *タネは発芽しにくいので、まく前に一昼夜、水に漬けておきます。 ©its communications Inc. All rights reserved. ビタミンやミネラルの栄養価のバランスが良いですが <開花時期>  ここ数年チアシードの人気が急上昇していますが・・ 一般的なセロリの他にも「スープセロリ」なるものがあり 根元を3センチほど残してハサミで切り取り収穫します。 毎日の励みとなっています プランター菜園 ブログランキングへ 株を逆さにしながら1週間~10日ほど干します。 普段のスーパーのお刺身がぐ~~んと豪華になりますよ♪ にほんブログ村 効能としては消化促進、炎症緩和、鎮静効果などがあるといわれているパクチーです。 6 「頑張って、野菜つくれよっ」と応援していただける皆様、 料理名:三つ葉 あさり 和風 炒め Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!何故? 日当たりや水はけの悪い場所でも育てることができ、 家庭菜園や、キッチンガーデンとしても人気の高い「バジル」。バジルは色鮮やかな緑色で香りがとても良く、食欲をそそります。イタ... 毎日の食卓に活躍するイタリアンパセリの育て方をご紹介します。イタリアンパセリは栄養も豊富で、初心者の方でも育てやすいハーブ... ハーブのひとつ、チャービルの育て方を日記形式でお伝えします。「美食家のパセリ」と呼ばれるチャービルは、繊細な香りと姿形が特... ここ数年で葉を栽培しお茶や入浴剤として活用されるようになった大和当帰の葉、根は古くから補血作用のある生薬として知られ、葉に... カメムシ草という名前を聞いたことがありますか?他にもシャンツァイやコリアンダーなどと呼ばれますが、日本名(和名)での正式な... カレーフレークを使ったことはありますか?カレールーとカレー粉のいいところを集めたものがまさに「カレーフレーク」です。計量が... 夏にグングン成長して獲れすぎたバジル、使い方に困ったことはありませんか?使い切れなければドライバジルにして保存しましょう。... バジルは、料理の香りを豊かにするのに欠かせない香辛料の一つです。そんなバジルの冷凍、冷蔵方法や、解凍方法、バジルの使い方に... 和風ハーブとして広く名が知られているしそですが、実は青じそは常温ではあまりもちません。しかし、青じそは冷凍できるのです。こ... カレーや沢庵の着色に使われるウコンはターメリックとも呼ばれます。そんなウコンの栽培に必要な土作りから苗の植え付け、収穫時期... 食卓に欠かせないアイテムの一つであるごま油。しかし時にはごま油を切らしてしまうこともありますし、ダイエット中なので別のもの... ミントはシソ科ハッカ属の総称です。お菓子やお茶でなじみのあるミントは、栽培が容易です。初心者でも育て方は難しくなく、収穫ま... この記事ではミントの葉の使い方をご紹介します。ミントの葉を使ったミントティーの簡単な作り方から、消臭・虫除け効果が期待でき... レモンのようにさっぱりとフレッシュな香りが人気のレモングラスは、アジアで広く栽培されているハーブのひとつです。さまざまな効... レモンタイムとは、タイムの仲間で香りがレモンに似ています。香りの刺激が少なくさわやかで、ハーブティーやポプリ、入浴剤など使... ルッコラはサラダの中ではアクセントとして、お肉料理では付け合わせとして飾られることの多いハーブです。育て方はとても簡単で、... パイナップルミントは夏のハーブです。リラックスの効能も期待できる香りを持つ葉には虫除けなどうれしい使い方も。増やし方も簡単... 古代ローマ時代から薬として利用されてきたオレガノは香りもよく、育て方もポイントを押さえておけば難しくはありません。オレガノ... 古くから強壮剤として用いられてきた朝鮮人参は、漢方薬やドリンク剤、サプリ、ガム、化粧品などに使用され、その人気は今も衰える... 赤くて酸っぱいハイビスカスティーは、ローゼルという植物からつくります。ローゼルは美容効果や用途が豊富で、適温でなら育て方は... 山椒の木をご存じでしょうか。新芽はよく飾りや香り付けなどに使われます。実もつくだ煮や味噌などに使われることがある、日本古来... 和製ハーブのシソ(大葉)は家庭菜園やベランダ栽培で夏に育てている方も多い植物です。いまブームの水耕栽培で育てることができれ... アロマオイルで人気のローズマリーには実はたくさんの種類(品種)があることをご存知ですか?育ち方で品種が分類されています。そ... よもぎは優れた効能を持ち「和製ハーブ」とも呼ばれています。ここでは、よもぎの基本的な育て方とよもぎの採取・保存方法を、よも... 生命力が高いバジルはとても育てやすく家庭菜園向きのハーブですが、やがて白い花が咲くと栄養分が花にとられるため、せっかくの葉... ハーブティーはお好きですか?おいしいだけでなく、美容や健康にも良いのですが、どの種類を選んだら良いのか迷ってしまいますね。... パクチーには特有の香りがあり、エスニック料理には欠かせない存在です。比較的手軽に育てられ、露地栽培や室内栽培にも向いていま... 爽やかで甘い香りのローリエは煮込み料理をするときの定番ハーブとして知られています。適量入れると風味が一段と増すため、カレー... オイスターリーフは、そのまま食べると牡蠣の味がする不思議な植物です。日本ではあまり馴染みがありませんが、料理の付け合わせな... 誰でも手軽に育てられるアップルミントは、体に優しい効果・効能が期待できるハーブです。りんごにも似た清涼感あふれる香りを、生... 苦いお茶の代名詞のような「センブリ茶」の特集です。実はセンブリは古くから生薬として親しまれている歴史があります。今回はセン... サフランは世界一高価なスパイスの王様です。その効能はすばらしく、古くから漢方や料理、染料などに使われてきました。きれいな黄... ルッコラはピリっとした辛みやごまのような風味が特徴的なハーブです。世界3大美女のクレオパトラも美容のために好んで食べたとい... チャービルとは、ハーブの一種ですが、あまりなじみがないと思われる方も多いでしょう。しかし意外にも身近で、かつ利用しやすいハ... 美しい細い葉が印象的なディルはあまり出回っていない香草ですが、魚料理と相性がよく家庭でも育て方を知れば栽培できます。また、... タラゴンというハーブをご存知ですか。タラゴンは特にフランス料理に欠かせないハーブで、「料理の竜」や「食通のハーブ」とまでい... バジルの増やし方!挿し木(挿し芽)や水差しで上手に増やすコツをご紹介!のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。. 株への負担が軽くなります。, ローズマリーは、木質化したところで切ってしまうと また強く切り込むと枯れてしまう場合があるので注意します。