内部清掃技術開発 「AIR DUCTCLEANING」「風呂釜洗浄PRO」, 私たちの世代で次の世代のために残さなくてはいけないものがあります。 24時間換気システムの給気口の開閉方法や、フィルターのお掃除方法をご紹介します。他にも第1種換気システムや熱交換型換気扇のお手入れなど、空調設備をメンテナンスする際にご活用ください。 浴室乾燥機、ガスファンヒーター等 個別エアコンと同じくらいか、あるいはエアシーズンのほうが少しだけ電気料金は高くつく可能性が高い, 積水ハウスでマイホームを建てた人も全館空調システム「エアシーズン」を採用した人はかなり少ない, 大手・中堅・ローコストよりどりみどりの27社から、入力条件にピッタリの家づくりプランが届く, GLホームの注文住宅について特徴・価格(坪単価)・メリット・デメリットを解説します!, 積水ハウス ノイエの「パルタージュ」について特徴・価格・メリット・デメリットを解説します!. このページでは積水ハウスの全館空調システム「エアシーズン」について詳しく解説します。エアシーズンのメリット・デメリットやオプション価格やメンテナンス費用がわかります。積水ハウスで注文住宅を検討している方にオススメのブログ記事です。 エアコンクリーニングその他ハウスクリーニング 積水ハウスの空調・換気システムの特徴を説明しています。最低限知っておきたい知識をまとめました。たったこれだけで、積水ハウスの空調・換気システムの概要が把握できます。ぜひご参考に! 幕張ベイタウンミラマール3号棟111号室 24時間換気システムが故障してしまい、修理をしました。年末に来て、痛い出費ですが、消費税が上がる前で良かったかも?(と思うしかないです)今回の故障→修理するまでに体験した中で、感じたことや疑問に思ったことを共有しておきたいと思います。そもそ 今回のブログ記事では積水ハウスの全館空調システム「エアシーズン」について詳しく解説していくぞい!, さて今回のブログ記事では積水ハウスの全館空調システム「エアシーズン」の特集じゃよ!, 全館空調システムといえば「住友林業のエアドリームハイブリッド」みたいなやつですかね?, うむ。エアシーズンは積水ハウスの注文住宅専用の全館空調システム。24時間365日、家の中を快適な温度に保ってくれるシステムなんじゃよ。, 24時間365日、一定の温度にしてくれるのは嬉しいポン!でもどうせエアシーズンもメリットとデメリットがあるんでしょ?, うむ。その通りじゃ。エアシーズンのメリット・デメリットもこのページで解説していくぞい。, さて、まずは積水ハウスの全館空調システム「エアシーズン」の機能を解説していくぞい。エアシーズンの主な機能は以下の4つじゃ。, ま、エアシーズンの主な機能はこんなところじゃな。1年を通して快適な温度に調整してくれるし、外気の花粉などもフィルターでキレイにしてくれる。夏は除湿してくれるし、冬は加湿もしてくれるぞい。, あれ。エアシーズンには「熱交換換気機能」は付いていないんですか?確か、エアドリームハイブリッドには付いていましたよね?, お、良いところに気がついたのう!そうなんじゃ。エアシーズンには熱交換換気機能は付いていないのじゃ。と、いうのも積水ハウスはエアシーズンとは別に熱交換換気システム「アメニティー換気システム」というものを用意しているからじゃ。, そうじゃな。熱交換換気システムに関しては、地域によってオプションだったり標準仕様だったりと対応がまちまちなので、予めヒアリングすることが必要じゃな。, 次は積水ハウスの全館空調システム「エアシーズン」の具体的なメリット・デメリットをみていくぞい!まずはメリットからじゃ。, まずエアシーズンの一つめのメリットは「家の中全体が24時間365日一定の温度に保たれる」という点じゃ。, うむ。個別エアコンのようにリビングや居室だけを空調するのではなく、廊下や階段、洗面所やお風呂など家の中いたるところまで空調できるのが全館空調システム「エアシーズン」の最大のメリットじゃな。, 洗面所やお風呂も一定の温度に保たれるのって嬉しいですね!冬の洗面所とか寒くってイヤですもん!, 女子は冷え症の人も多いし、洗面やお風呂が快適な温度なのは嬉しい点かもしれないのう!, そして全館空調システムの基本的な使い方は「付けっぱなし」じゃ。だから冬でも春でも夏でも秋でも、1年中ほぼ一定の温度に保たれる。これも大きなメリットじゃよ。, エアシーズンは一年中、家の中全体を一定の温度に保てるので、ヒートショックのリスクも軽減できるのじゃ。, ヒートショックは住環境における急激な温度変化によってリスクが高まるものなんじゃ。全館空調システムは家の中をほぼ一定の温度に保ってくれるので、ヒートショックのリスクが軽減されるってわけじゃな。, それからエアシーズンは広々としたリビングや吹き抜けなどの開放的な空間と相性が良いぞい。, 基本的には部屋というものは、できるだけ間仕切りをして区切ったほうがエアコンの効率が良いものなんじゃ。だが「エアシーズン」は家の中全体をまんべんなく暖めるため、間仕切りで空調効率を高める必要がないのじゃよ。, その通り。だからエアシーズンを採用すれば広々リビングや大開口の窓、吹き抜けでも快適な温度で暮らせるぞい。, エアシーズンは間接的ではあるが、積水ハウスの設計自由度をアップさせているとも言えるかもしれないのう!, エアシーズンは室内にエアコンのような大きな室内機がないので、お部屋のなかがスッキリして見えるぞい!これも全館空調システムのメリットと言えるのう!, フォッフォッフォ!ま、確かにそうじゃけど比べてみると、吹き出し口しかない方がスマートに見えるもんじゃよ。, 次はエアシーズンのデメリットをピックアップしていくぞい。エアシーズンのデメリットは以下の通りじゃな。, うむ。実はエアシーズンはけっこうデメリットもあるんじゃよ。ぶっちゃけた話、積水ハウスは全館空調システムにはそれほど力を入れていないんじゃ。, だから積水ハウスでエアシーズンを採用している人は少ないみたいじゃよ。ハッキリ言って他社の全館空調システムに注力しているハウスメーカーの方が優秀と考えておいた方が良さそうじゃ。, 全館空調システムでハウスメーカーを選ぼうとしているなら、積水ハウスのエアシーズンはそこまで優秀ではないと考えておくべきじゃな。, そうなんですね。確かに、他社の全館空調システムに比べて「エアシーズン」ってそこまで知名度も高くない気がします。, まずエアシーズンの一つめのデメリットじゃが、エアシーズンは「オプション料金がかかる」という点じゃな。, 全館空調システムは他のハウスメーカーでもオプションの位置付けとなるところの方が多いので、まぁこの点は仕方ないと言えるのう。, エアシーズンのオプション料金は家の広さや間取りプランによっても違いがあるので一概には言えないのじゃが、非常にザックリと言えばだいたい30坪くらいの一般的な広さの家で「100万円~150万円」程度のオプション料金となるケースが多いようじゃな。, そうじゃな。全ての部屋の個別のエアコンを付けるよりは、初期費用は高くつくかもしれないのう。, 全館空調システム「エアシーズン」は初期費用は高くつくけど、月々の電気料金は安く抑えることができるんでしょ?, これも家の広さや間取りプランにもよるんじゃが、だいたい30坪くらいの一般的な広さ・間取りの家で「夏・冬:2万円~3万円」「春・秋:6000円~8000円」くらいらしいぞい。, 一応、個別エアコンで全室フル稼働させた時に比べればエアシーズンの方が電気料金を抑えられるのじゃが、個別エアコンの場合は24時間稼働させないし、そもそも居ない部屋は稼働させないじゃろ。そういうことを考えると、個別エアコンと同じくらいか、あるいはエアシーズンのほうが少しだけ電気料金は高くつく可能性が高いようじゃ。, 他社の全館空調システムは熱交換換気システムが付いていましたよね。積水ハウスでも、熱交換換気システムを同時に稼働させればもう少し電気代は安くなるんですかね?, うむ!積水ハウスでも熱交換換気システムを採用すれば、もう少し電気代は安くなると思うぞい。, エアシーズンは「定期的なメンテナンスが必要」な点もデメリットの一つと言えるじゃろう。, うむ。機械室の掃除をするのと、あとはフィルター交換費用などがかかってくるぞい。料金としては「数千円~数万円」くらいと考えておこう。, エアシーズンは個別の室内機を付ける必要はないが、家の中に「およそ半畳ほどの機械室」を設ける必要がある。半畳程度のスペースといえど、家の中のスペースを圧迫するのじゃから一応デメリットと言えるじゃろう。, うむ。ただ「半畳のスペースだけで家の中全体を空調コントロールできるならむしろ嬉しい」という見方もあるけどな。, もともとマイホームの広さにゆとりがあるなら半畳くらいのスペースなら全然OKだポン!, うむ。この点は建てる家の条件によってデメリットと思うか、そうでないか意見が分かれるじゃろう。, それから積水ハウスのエアシーズンは加湿機能も付いているのじゃが、実はこの加湿機能が割と頼りないみたいじゃな。, 実はここだけの話、積水ハウスの営業担当にエアシーズンの性能についてヒアリングしたのじゃが、担当いわく「エアシーズンの加湿機能はおまけ程度のものだと考えておいたほうがいいです」と言っておった。, ぶっちゃけ最近の個別エアコンはめちゃくちゃ高性能な加湿機能付きエアコンを出しているらしくて、そういう最新型のエアコンに比べると加湿機能は敵わないらしいぞい。, それからエアシーズンのデメリットは万が一「故障」した時、家の中すべてが暑いor寒いという状況になる。これもデメリットの一つと言えるじゃろう。, そうか、故障した時が夏や冬の真っ最中だったら修理するまでずっと家の中が暑かったり、寒かったりするわけですね。, 部屋ごとのエアコンなら、全部一気に壊れることは少ないからどこかの部屋に避難できるポン。, 5年間?短くない?だってマイホームって最低10年間は保証する義務があるんじゃなかったっけ?, いや新築マイホームで10年間保証が義務付けられているのはあくまで「構造上主要な部分」や「雨漏りを防ぐ部分」なのじゃ。基本的に内装や設備に関しては5年以下の保証が一般的じゃよ。, ま、保証は長ければ長いほどいいものだし、天下の積水ハウスさんということで本音を言えばもう少し長い保証を付けてほしいという見方はあるがの。保証期間が短いと思う方も多いかもしれんのう。, 正直、積水ハウスのエアシーズンは全館空調システムの中では微妙な性能と言わざるを得ないのう。ワシ個人としてはそこまでオススメではないな。, そもそも積水ハウスとしてもあまり全館空調システム「エアシーズン」を全力でオススメする営業はしていないようじゃ。, 理由はいろいろあるが、やはりコストと比較してパフォーマンスがそこまで良くないのが大きいのじゃろう。, エアシーズンはオプション価格も30坪程度でおよそ「100万~150万円」と決して安くないわけだし電気料金も個別エアコンと比べてそこまで安いわけではない。熱交換換気システムが付いているわけでもなく、また冬に重宝する加湿機能も弱いとの話じゃ。, 実際、積水ハウスでマイホームを建てた人も全館空調システム「エアシーズン」を採用した人はかなり少ないようじゃよ。, 全館空調システムでハウスメーカーを選ぼうとしている人は、積水ハウスのエアシーズンだけでなく他のハウスメーカーの全館空調システムもチェックしてみるべきだと思うぞい。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, マイホームは人生で一番高額で大切な買い物です。ですが、それでもマイホーム購入で失敗・後悔してしまう人は後を絶ちません。なぜ「マイホーム購入」で失敗してしまう人が多いのか?それは圧倒的に「知識不足」が原因であるケースが多いのです。, このブログでは、少しでもマイホーム購入で「失敗・後悔してしまう人」が減るように注文住宅を建てる前に知っておいてほしい「家づくりの知識」や「ハウスメーカーごとの特徴」をまとめていきます。このブログが多くの人のマイホーム計画のお役にたてば嬉しい限りです。, ※当ブログ管理人であり「マイホーム博士」の中の人は、現役宅建士で不動産業界に10年以上従事した経験をもっています。, このページでは積水ハウスの耐震性能について詳しく解説します。積水ハウスが採用する「ダイナミックフレームシステム」「フレキシブルβシステム」「木造シャーウッド工法」の特徴もわかります。また耐震だけでなく積水ハウスの制震住宅・免震住宅についても解説しています。積水ハウスで注文住宅を検討している方にオススメのブログ記事です。, このページでは積水ハウスの断熱性について詳しく解説します。積水ハウスが標準採用する断熱材、窓断熱や断熱性能を表すQ値や気密性能を表すC値についてもまとめています。積水ハウスで注文住宅を検討している方にオススメのブログ記事です。, このページでは積水ハウスのオリジナル外壁「ベルバーン」について詳しく解説します。ベルバーンは標準採用なのか?オプションなのか?価格はいくらなのか?どの商品に採用できるのか?これらの疑問が解決できます。積水ハウスで注文住宅を検討している方にオススメのブログ記事です。, このページでは積水ハウスの特徴や概要をまとめて解説します。積水ハウスで注文住宅を建てるのが向いている人、向いていない人もわかりやすく書いています。, このページでは積水ハウスのオリジナル外壁「ダインコンクリート」について詳しく解説します。ダインコンクリートは標準採用なのか?オプションなのか?価格はいくらなのか?どの商品に採用できるのか?これらの疑問が解決できます。積水ハウスで注文住宅を検討している方にオススメのブログ記事です。, このページでは積水ハウス ノイエの注文住宅商品「パルタージュ」について詳しく解説します。パルタージュの特徴や価格(坪単価)、メリット・デメリットなどがわかります。積水ハウス ノイエの「パルタージュ」について知りたい方にオススメのブログ記事です。.