糖尿病や腎臓病、ジステンパー、パルボ、高齢、栄養不良などいろいろな健康障害がきっかけとなることがあり、基礎疾患がある場合には、口内炎とともにその治療が必要となることは言うまでもありません。, 【獣医師監修】犬の口内炎(赤い・白い)、原因や症状は?対処・治療法、治療費、予防対策は?, 犬の口内炎。気がついたら口の中が赤い、または白いということはありませんか? 口内炎になると、犬は口の中の痛みや違和感から口をくちゃくちゃしたり、口臭が強くなったりすることがあります。意外に気づきにくい犬の口内炎について詳しく解説します。, 犬の口腔内腫瘍にはメラノーマ(悪性黒色腫)や扁平上皮がん、繊維肉腫などがあり、それぞれ悪性度や湿潤性(周りに広がること)、転移率、再発率が高いものがあるので、早めの対処が必要です。, 【獣医師監修】犬の口腔内腫瘍(できもの)この症状から考えられる主な病気や原因、対処・予防法は?, 飼い主のみなさんが、愛犬の口の中をじっくりと観察する機会は、決して多くはないと思います。それでも、歯磨きをしている時や、大きなあくびをしている時に、口の中に口腔腫瘍(できもの)を発見したなら、どうすればよいのでしょうか?ここでは、獣医師が原因と対処法について詳しく解説します。, 犬は口の中に食べ物のかけらや自分の被毛、糸くずなど異物がある時に、それを取り除こうとして口をくちゃくちゃすることがあります。 状況によっては飲み込むと危険な物を口に入れてしまっていることもあるので、口の中をチェックするようにしましょう。, 愛犬の口の中に傷がある場合、その痛みによって口をくちゃくちゃすることも考えられます。 特に、やんちゃで何でも口に入れてしまうような犬は気をつけてあげたいものです。, 犬は吐き気を感じると唾液の分泌が過剰になり、それに伴って口を舐めたり、くちゃくちゃしたりすることもあります。 【参考】一般社団法人 日本臨床獣医学フォーラム「腫瘍性疾患」, 【獣医師監修】「犬の悪性黒色腫(メラノーマ)」原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?, 犬の悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)とは、犬の皮膚や口の中、肢端(したん:四肢の先端)に発生する悪性の腫瘍です。犬の場合、とくに口の中にできるものが多く、口臭の悪化や血混じりの流涎(よだれ)が出ることがあります。ここでは、悪性黒色腫(メラノーマ)の原因や症状、治療法について解説します。, 愛犬の「口をくちゃくちゃする」行為がしつこい、止まらないとなると気にもなってきます。, 【獣医師監修】犬が下痢をした・うんちがゆるい。この症状から考えられる原因や病気は?, 犬のうんちがゆるかったり、下痢のときは、いったいどうしたらよいのでしょうか? すぐに病院に連れていくべきかどうか、飼い主としては悩むところですね。今回は犬のうんちがゆるくなる原因と、要注意の症状、考えられる病名について解説します。, 【獣医師監修】犬の痙攣・口から泡を吹いている。この症状から考えられる原因や病気は?, 犬が口から泡を吹き、痙攣(けいれん)を起こしているのは、明らかに異常な状態です。すぐに動物病院へ行く必要があるのか?原因は何か?今回は、犬が痙攣(けいれん)を起こしたときや口から泡を吹いているときの原因と考えられる病気について解説します。, 愛犬が、中毒を起こしそうな物を口にした場合など塩を飲ませるという話もありますが、逆に電解質が乱れて高ナトリウム血症となった結果、脱水を起こしやすくなることもあるそうなので、飲ませるのはやめたほうがいいでしょう。, 【獣医師監修】犬が塩を食べても大丈夫?与え方や必要摂取量は?塩分過多、不足に注意!, 飼い主なら一度は耳にしたことがある「犬に塩分は必要ない!」というフレーズ。私たち人間には必要不可欠な「塩」ですが、同じような生物であるにもかかわらず、犬には本当に「塩分」は必要ないのでしょうか? よくよく調べていくと、私たちが知っている「飼い主としての常識」とは違う見解があるようです。, また、尖った物を飲み込んだ場合も吐かせようとすると食道や内臓を傷つける危険性があるので、やめたほうが無難です。 犬が口をくちゃくちゃと音を立てていることが気になる飼い主もいるかもしれません。何も食べていないのに、どうしてそんな仕草をするのでしょうか?今回は、犬が口をくちゃくちゃとする理由について詳しく解説します。, 犬の歯は乳歯が28本、永久歯になると42本あります。 また、生あくびが出ることも。, 口をくちゃくちゃしやすい犬というのはとりたてていませんが、敢えて言うならば、次のような犬は気をつけてあげるといいでしょう。, 小型犬や乳歯が残っている犬、老犬、免疫力が低下している犬、歯の手入れが不十分な犬などは、口をくちゃくちゃしやすい可能性があります。, 犬の乳歯遺残(にゅうしいざん)とは、通常の歯の生え変わりの時期を過ぎても乳歯が存在している状態を言います。ここでは、犬の乳歯遺残の原因や症状、治療方法について解説します。, 散歩中や家の中で何でも口にしてしまう犬は、口をくちゃくちゃすることはあります。 この歯の生え変わりの時期にむず痒(かゆ)さを感じる、乳歯が抜けきらずに違和感があるなどのために口をくちゃくちゃすることがあります。, なお、歯が生えてくるのには順番があるそうなので、子犬と暮らしている人は時々チェックしてみるといいでしょう。, 下の切歯 ⇒ 上の切歯 ⇒ 下の前・後臼歯 ⇒ 上の前・後臼歯 ⇒ 下の犬歯 ⇒ 上の犬歯(乳歯と永久歯ともに同じ), 犬は何らかの口腔内の病気によっても痛みや不快感、噛み合わせの不具合などのために口をくちゃくちゃすることがあります。, 【獣医師監修】犬の歯周病、原因や症状(重度・軽度)は?対処・治療法、治療費、予防対策は?, 犬は虫歯にはなりにくいものの、歯周病にはなりやすく、3歳以上の犬の80%は歯周病と言われています。愛犬が歯周病になったとき、症状や対処・治療法はどのようなものがあるのか?原因や予防方法も含めて、歯周病について詳しく解説します。高齢になったときの健康にも影響を及ぼすので、若いうちから歯周病予防をしましょう!, 【獣医師監修】犬の口が臭い(口臭)仕方がない?原因や考えられる主な病気、口臭ケア・予防対策は?, 犬の口からぷ~んとにおってくる口臭。いくら可愛い愛犬でも、あまりに口臭がひどいと気になってしまうかもしれません。本来、口腔内を含め、体が健康的であれば、犬の口はほとんど無臭だといいます。となると、犬の口臭には何か原因があるはず。その元となり得る病気や症状とはについて今回は詳しく解説します。, 【獣医師監修】犬のよだれがポタポタ止まらず元気がない。原因や考えられる主な病気や対処・予防法は?, 犬がよだれを垂らすのは珍しくありません。しかし、普段はよだれをあまり垂らさない犬に見られる「異常に多い」「他にも症状がある」となると気になります。犬がよだれを垂らす原因は何なのか?病気の可能性や対策、予防方法はあるのか?今回は犬のよだれについて詳しく解説します。, 犬の歯周病が進行すると歯がグラグラしたり、抜けたりすることもありますし、歯周病菌が口腔内の組織や骨を溶かし、口腔内に穴が開く(内歯瘻/ないしろう)他、頬などの皮膚に穴が開く(外歯瘻/がいしろう)こともあります。, 【獣医師監修】犬の歯がグラグラして歯が抜けた。考えられる主な病気や原因、対処・予防法は?, 犬の歯がグラグラして抜けそう…。まず思いつくのは歯の生え変わりや歯周病ですが、他にも原因は考えられます。場合によっては重度の病気が隠れていることも。この記事では、犬の歯がグラグラして抜ける時の原因や注意点などについてまとめました。, 犬の内歯瘻(ないしろう)とは、歯根の周囲組織に炎症が波及し、そこから瘻管(ろうかん=膿の出る穴)が歯肉などの口腔粘膜に形成される病気です。ここでは、犬の内歯瘻の原因や症状、治療法について解説します。, 犬の外歯瘻(がいしろう)とは、歯根の周囲組織に炎症が波及し、そこから瘻管(ろうかん=膿の出る穴)が眼窩下(がんかかこう)や下顎などの口腔外(皮膚など)に形成される病気です。ここでは、犬の外歯瘻の原因や症状、治療法について解説します。, 【獣医師監修】犬のくしゃみ・鼻水が止まらない・鼻づまりしている。この症状から考えられる原因や病気は?, 人間と同じように犬もくしゃみをしますが、一緒に鼻水をたらすこともあります。時々ならあまり気にならない飼い主さんも多いと思いますが、これが何回か続くと鼻づまりになってしまうこともあります。, 元気いっぱいに走り回っていた愛犬が、突如普段とは違う、喘息発作のような呼吸をし始めたらどうすればよいでしょうか。初めて見た飼い主は、もれなくビックリしてしまう「逆くしゃみ」について解説します。, というような症状もある場合には、口腔と鼻腔とを隔てる骨および組織に穴が開いてしまう口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)である可能性が考えられます。, 犬の歯周病が慢性的になると、歯肉の内側に膿が溜まり、それが漏れ出てくるような状態になります。, 犬の歯周炎(ししゅうえん)とは、歯肉に生じた炎症が他の歯周組織へと広がり、歯を支える歯槽骨にまで及んだ状態です。炎症が、歯肉に留まっている状態を歯肉炎と呼び、歯肉炎と歯周炎を総称して、「歯周病」と言います。ここでは、犬の歯周炎の原因や症状、治療法について解説します。, 犬の口内炎は歯周病、口腔内の怪我、化学物質や刺激性・毒性のある物への接触、免疫力の低下、自己免疫疾患などに起因して起こります。 小さい頃から動物が大好きです! 我が家には2歳を過ぎたオスのトイプーがいます3日前になりますが、いつも眠たがる時間(9時)を過ぎても家中の隅っこを舐めて廻ってなんと2時間も同様の状態でしたその結果、大量の髪の毛と埃の混じったものを吐きました髪と埃の他は異常 しかし、気がついたら歯石がびっしり、歯がぐらぐら、できものがあったなどという話はよく耳にします。, などの様子が見られた時には口の中に何らかの異常がある可能性が考えられるので、口の中をチェックするようにしましょう。 当サイトに掲載の記事・見出し・写真・画像の無断転載を禁じます。Copyright © 2020 IID, Inc. 歯のチェックもお忘れなく。, メラノーマや繊維肉腫は老犬でよく見られると言われる上、特に老犬ではがんや腎疾患、肝疾患、歯周病などが発症しやすいので、若い時よりも健康管理はしっかりと。 何より、愛犬の健康を願うならば、歯磨きのついでに口の中のチェックも忘れずに!, 【獣医師監修】犬が口をパクパク。この症状から考えられる主な病気や原因、対処・予防法は?, 食後や寝ているときに、犬は口をパクパクすることがあります。犬が口をパクパク開けるのには何か意味があるのでしょうか?場合によっては病気のサインであることも。今回は、誤飲や怪我などの考えられる原因や対処法など、犬の「口のパクパク」に関連する注意事項をまとめました。, 【獣医師監修】犬がペロペロ自分の体を頻繁に舐める・噛む。考えられる原因や症状、主な病気は?, 犬が自身の体を舐めることはそれほど珍しいことではありませんが、頻繁に体を舐めたり噛んだりしている場合は、何かの病気が潜んでいることも考えられます。今回は、犬が自分の体を頻繁に舐めたり噛んだりする原因や症状、考えられる主な病気について解説します。, 【獣医師監修】犬が口をくちゃくちゃ。この症状から考えられる主な病気や原因、対処・予防法は?, 本サービスでの獣医師・獣医療従事者等による情報の提供は診断・治療行為ではありません。, 本サイトに掲載された情報等のご利用により万一何らかの損害が発生したとしても、弊社は一切責任を負いません。. うちの犬、どうして何も食べていないのに口をくちゃくちゃ・むにゃむにゃしているんだろう?こんな疑問を感じていませんか?犬が口をくちゃくちゃ・むにゃむにゃさせているのには、色々な意味や心理があります。例えば、寝てる時や吐き気がする時にクチャクチ 愛犬が口をくちゃくちゃとさせている場合には、飼い主に何か伝えたいことがあるのかもしれません。よく観察して、コミュニケーションをとるようにしましょう。犬の気持ちや健康状態などを知ることが … おおむね、生後21日くらいから歯が生え始め、生後2ヶ月ほどで乳歯が生えそろいますが、生後4ヶ月半頃になると永久歯が生え始めて、生後7~8ヶ月くらいで生え変わりが完了します。 どちらにしてもすぐに動物病院へ向かいましょう。, 愛犬が、てんかんの持病があり、発作の前後に口をくちゃくちゃすることもあるかもしれませんが、発作の間は犬の体を抑えつけたりせず、周囲にある怪我をしそうな物は片づけて、発作が治まるのを待ちます。 犬がお口をくちゃくちゃとさせているところを見たことがある飼い主さんもいるかもしれません。何も食べていないのに、どうしてそんなことをするのでしょうか?お口のくちゃくちゃは愛犬からの何らかのサインかもしれません。, 愛犬が何も食べていないのに口をくちゃくちゃと音を立てることがあります。言葉を話せない犬にとって、これも何らかのサインです。犬のお口くちゃくちゃにはどのような意味があるのでしょうか。, 飼い主に撫でられたり、眠る前などに口をくちゃくちゃさせることがあります。これはお母さんの母乳を飲んで甘えていた頃の名残です。, お口をくちゃくちゃとさせている時は、「リラックスしている」という証拠であり、「甘えたい」という犬の欲求の表れでもあります。特に甘えん坊の犬には多く見られるサインです。, 飼い主を舐めるなどの愛情表現が拒まれた時、欲求不満になって口をくちゃくちゃとさせることもあります。「甘えたいのに甘えられない」という満たされない気持ちの表現です。, 犬は気分を落ち着かせるために口をくちゃくちゃとさせることがあります。お口くちゃくちゃはリラックスしているサインではありますが、犬は自分からその仕草を行うことでストレスを軽減させることができるとされています。, 食べ物や異物が口の中に挟まっている時も、口をくちゃくちゃとさせることがあります。歯茎の間に餌のかけらが挟まっていたり、自分の毛などが口の中に入ってしまっている状態です。この場合長い時間かけて音を立てているので、気がついたら口の中の様子を見てあげてください。, 体に異常がある場合も、口をくちゃくちゃとさせます。犬も人間と同じように口内炎ができることがあります。また、舌が傷つき炎症を起こしていることも考えられます。その場合食欲がなくなったり、口の中に何かできもののようなものができていたりするのでチェックしてあげてください。, 歯周病や歯槽膿漏であることも考えられます。この場合口臭がひどかったり、よだれの量が増えたりします。放っておくと細菌が血液の中に入り込んで心臓病や腎臓病、肝臓炎、細菌性肺炎など、さまざまな内臓疾患を引き起こす恐れがあります。早めに気がついて対処するようにしましょう。, 犬が口をくちゃくちゃとさせるのは、基本的にリラックスのサインではありますが、その他の症状を伴う際には注意が必要です。「異常かな?」と思ったら動物病院などに相談しましょう。, 犬がてんかんを起こし、口をくちゃくちゃとさせることがあります。これは「チューイングガム発作」とも呼ばれています。, てんかんは脳が何らかの問題を起こし、興奮している状態です。遺伝的な要素が関連している場合と、脳の病気や怪我などが原因で起こる場合があります。, 犬のてんかんのほとんどは遺伝的なものが原因の特発性てんかんであり、脳に構造上の異常を見つけることができません。一般的には命の心配はないとされています。, 一方で症候性てんかんと言われている、脳の病気や怪我などが原因で起こるてんかんは命の危険があるので、引き起こした場合にはすぐに対処しなければなりません。症候性てんかんの考えられる原因は脳の外傷、脳腫瘍、脳炎などが挙げられます。, てんかんを起こした際、チューイングガム発作の症状を見せることがあります。原因が症候性てんかんである場合、犬が命に関わる病気にかかっていることが考えられます。てんかんを起こしている時間や様子などをメモや動画などで記録して、獣医さんに相談するようにしましょう。.