そして、事情と心境をお話して、先方へお詫びに行く許可をもらいましょう。もし、許可がでないなら、せめて電話で、「すぐにお伺いすべきなのですが、会社が時間をくれませんので、お伺い出来るのが今度の日曜日になってしまいます。」というようなお詫びをいれてはどうでしょう。  先日は結構なお品物を頂戴し 遠いところでのことでもあり、相手の方は「来なくていい」とのことでしたので、電話で謝罪後、 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。. 私の不注意で大事なお車を傷付けてしまい、 一応お見舞いには連絡が取れなくても週末にお伺いする予定なのですが・・・, 3日前、右折時に自転車と接触事故を起こしました。 保険会社の方は「電話でも大丈夫だと思いますよ」と言って下さったのですが…本当に気持ちが伝わるか不安です…。 よろしくお願いいたします。, 前略 さらに、被害者が任意保険に入っていない場合、請求金額が減額されるだけでなく、加害者に生じた損害についても、賠償する必要があります。 週一のペースで、お詫び方々相手の方にその後の具合を聞くべく電話をしてきました。 事故が起こった際には、あらかじめ状況証拠を集めておくといいでしょう。, 弁護士費用特約を使う場合 本人原則負担なし※保険会社の条件によっては本人負担が生じることがあります。, ご来所が難しい遠方にお住いの方でもお電話による法律相談が可能です。まずはお気軽にご相談ください。, 交通事故に遭ったとき、どちらにどれだけ事故に対する責任があるのか、割合で示したものを過失割合といい、交通事故の賠償額を決める際に行われる、過失相殺において考慮されます。, どちらの責任も同程度である場合、つまり過失割合が5対5の場合、それぞれの賠償額はどうなるのでしょうか?以下、解説していきます。, 過失割合5対5というのは、いずれも同じ程度の過失がある場合であり、いずれが加害者なのか被害者なのかわかりにくい状況です。この場合、相手方保険会社が治療費の立て替え払い等の一括対応をしない等でお困りの方も多いのではないでしょうか?, では、過失割合が5対5の場合、過失相殺を行うと、当事者の賠償額はどのようになるのでしょうか?5対5なので、どちらが加害者・被害者とは本来分類できませんが、説明の都合上、損害額が高い方(右側)を被害者とさせていただきます。, まず、注目していただきたいのが、被害者の損害額が2000万円生じているにもかかわらず、請求金額が1000万円になっていることです。過失が5割なので、請求できる金額が半分になってしまっています。, さらに、被害者が任意保険に入っていない場合、請求金額が減額されるだけでなく、加害者に生じた損害についても、賠償する必要があります。, 上記は、加害者の損害が1000万円ですので、加害者の請求額は5割減額され500万円となります。そのため、被害者は加害者に500万円支払うことになります。, 双方が任意保険に加入していて互いに保険を使用する場合には、クロス払いと言って、加害者側保険会社が被害者に1000万円支払い、被害者側保険会社が加害者に500万円支払う解決方法もあります。実務的には、保険を利用する場合が合理的であれば、クロス払いの解決がされるでしょう。, 被害者の過失が増えるほど、被害者が加害者に請求できる金額が減り、さらに加害者に支払わなければならない金額が増えてしまいます。, まず依頼者は駐車場内の通路を直進走行していましたが、相手方は、駐車スペースから出るために発進しました。その際、依頼者の自動車側面に相手方が衝突したという事例です。, 駐車場内の事故は、双方に一定の過失が認められるケースが多いのですが、本件でも、相手方は5対5と強気の過失割合を譲ろうとせず、示談交渉では決着がつかなかったので、訴訟にまで至りました。, 訴訟において、過失割合を決定するうえで、駐車場内のある特定の部分が日陰になっていたか否かが争点となりました。その争点を明らかにするため、担当弁護士は、情報公開請求により駐車場の周辺建物の建築確認申請書を取得し、建物の長辺・短辺・高さ等の情報を調べ、CADソフトを使って日影図を作成しました。, 日影図と現場図面を対照すると、争点となっていた駐車場内のある特定の部分が日陰になっていなかったことが明らかになりました。, この事実を受け、相手方は当事者尋問でこれまでの主張を完全に撤回し、5対5の過失割合の主張を取り消し、3対7での過失割合での和解案に応じました。, 保険会社から主張された過失割合について、その比率に納得いかない方もいらっしゃるのではないでしょうか?, 交通事故の示談交渉の経験が豊富な保険会社と比べると、被害者の方はどうしても不利な立場に置かれがちです。たとえ被害者の方が正当な過失割合を主張しても、保険会社は、被害者の方が素人であると考え、なかなか過失割合を修正してくれません。, しかし、交通事故の知識の豊富な弁護士であれば、保険会社から不当な過失割合を主張されても戦うことができます。, また、過失割合の修正に必要な資料の収集等も弁護士が代わりに行ってくれるので、被害者の方の負担はずっと楽になります。, 基本過失割合とは、過去の判例の集積から導き出された事故状況のパターンにより決まる過失割合の目安です。基本過失割合も絶対的なものではなく、個別具体的な事情により修正されます。 ただ、こういう時、先方は「ああ良いですよ、そんなこと。わざわざ来てもらわなくても。気にしないでください。」と言われるかもしれませんが、それが本心なのか、決まり文句なのかは、あなたが判断してください。, 先月のこと。 救われる思いでした。今後は二度と事故を起こすことの 自己負担であ...続きを読む, 10月2日、スーパーのテナントでパート勤めをしており、その勤め先の従業員駐車場で、停めてあった車にぶつけてしまいました。 過失割合を減らしたいとお考えの場合は、弁護士に依頼されることをおすすめします。, 基本過失割合とは、過去の判例の集積から導き出された事故状況のパターンにより決まる過失割合の目安です。基本過失割合も絶対的なものではなく、個別具体的な事情により修正されます。 誠にありがたく存じます。 被害者の人の車はバックの片方のライトが壊れて少し傷がついてました。 やはり菓子折りを持って相手の方のお宅に伺った方がいいのかも…と思うも…どんな物を持って行けばいいのか…わかりません。 7月13日に、私の不注意で車同士の接触事故を起こしてしまいました。 まだ全治何ヵ月かなどはわかりません。 相手は停車中で、こちらはバックで、相手のナンバープレートとこちらのバンパーがぶつかりました。100%、こちらが悪い事故でした。 修理費以上を払うのは相手も戸惑うだろうと思い、結局手紙と菓子折りを持参しました。, ありがとうございました。先日時間を見つけて、手紙と菓子折りを持参して直接謝罪に伺いました。, 「修理 見積」に関するQ&A: 軽い接触交通事故後の相手車の修理費用について, ホームセキュリティのプロが、家庭の防犯対策を真剣に考える 2組のご夫婦へ実際の防犯対策術をご紹介!どうすれば家と家族を守れるのかを教えます!, 車両事故をして、相手にお詫びとして菓子折りを送ろうと思うけど、お詫びののしをつけたそうがいいですか?, 車のドアを開けたら、隣の無人の車にコンッと当たり、2、3mmのキズがついた場合、その車の主が来るのを待ち謝罪しますか?, 先日、交通事故を起こしてしまいました。 その際の見積もりが約10万弱でした。 どうか詳しい人にアドバイスいただきたいです。 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。車を他人の家の壁や、駐車場で隣の車にぶつけたなど、物損事故を起こしたときの対処法(修理・お詫び・保険)をご説明。車をぶつけたなどの物損事故を起こした場合は、必ず警察や保険会社に連絡しましょう。 参考にはならないかもしれませんが僕の経験談です。, 僕も最近100:0の追突事故を起こした者です。 双方怪我も無く、互いの車に少し傷が付いただけでした。が、自分としては改めて誤りに行きたいのですが、仕事の都合上相手のお宅に日曜にしかいけません。 交通事故に遭ったとき、どちらにどれだけ事故に対する責任があるのか、割合で示したものを過失割合といい、交通事故の賠償額を決める際に行われる、過失相殺において考慮されます。  本日、心ばかりの品をお送り致します。 「軽い物損事故だから…」と驕ることなく、しっかりと相手方に誠意を見せましょう。 完全な加害者じゃなくても謝罪は必要? 過失割合10:0や9:1などの事故ではなく、 6:4や5:5といった双方に落ち度があるような事故でも謝罪は必要なのでしょうか? 私のところでも以前同じような事がおきてしまい、しかもその時は旅行中で、我が家からは随分と 交通事故の示談交渉の経験が豊富な保険会社と比べると、被害者の方はどうしても不利な立場に置かれがちです。たとえ被害者の方が正当な過失割合を主張しても、保険会社は、被害者の方が素人であると考え、なかなか過失割合を修正してくれません。 さて、改めてお詫びにとのことですが、早い方がいいと思います。次の日曜までだと、事故のことが気になってお仕事に専念出来ず、支障が出ませんか?こいうことは会社にも、というか、上司にも報告すべきです。もし、事故の当事者、あるいは警察署から「ちょっと先日の事故のことで」と会社へ電話が掛かってきた時、まず、nu-510さんの信用、会社になくしかねません。 こちらのバンパーは少しへこみましたが、相手のナンバープレートは見た限り傷がありませんでした。また、どう考えても私の車が当たったのではない位置にスリ傷があったのですが、相手の方はそれも私の車による傷だと認識されているようでした。でも、ぶつけてしまったのはこちらなので、 と相手の方にお渡ししようと思っているのですが、これは間違っているのでしょうか。それから、さっきぶつけたところなのですが、夜またお詫びの電話をするのはしつこいでしょうか。 前方の車はゆっくり前進していて出るものと思い アクセルを踏んだ私の車が止まった前車に追突という感じです。 ないよう自分自身に言い聞かせております。 その後相手には出張中ということもあり、携帯でお詫びの電話を何度か入れ出張から戻った日にお土産を持参し相手方に出向くため電話をしたところ「そんなことしなくていい」とあっさり拒否されました。 自己負担であれば、1日1万近くするのではないでしょうか? 被害者の方はどういう心境でこのような事をしているのかわかりません。   お互い、気を付けましょうね。 見積もりはあくまで見積もりで、実際に修理した際には金額が高くなるのが一般的です。 この辺も気が利いた保険屋なら「自分で支払うということは相手側に一切言わず、全てこちらにお任せ下さい」ぐらいは助言してくれるはずです。車の保険屋は病気の保険屋などと違い事故相手(もしくは相手の保険屋)とのやりとりもその内容に含まれていますので遠慮無く頼りましょう。そのために高い保険を掛けているのですから。 その後病院にもかけつけましたが出口でお会いしタクシーが来たのであまり話せず(それでも謝罪はしてましたが)、夕方ご本人にお電話でもう一度ゆっくり謝罪し、後日また連絡しますとお伝えしました。 確かに全く連絡がなく保険屋任せっていう態度には腹が立ちますが超丁寧な電話を何度も頂くと面食らってしまいますね。友達に相談すると「後々になってトラブルになるのを避けたいのだろう」と言われ、示談書に似たものをこちらから一筆書いたのを覚えています。なので電話を頻繁にかけるよりもハガキかなんかの方がいいのでは?参考にして下さい。, 9月下旬に駐車場内でバック駐車する際に、右側に停まっていた車にこすってしまいました。 幸いにも人身ではなかったのですが、事故を起こしてしまいました。