13回忌は亡くなってから10年以上の年月が経過しているため、親しい身内だけで行われる場合も少なくありません。服装も、略喪服や平服でよいとされています。葬儀や1周忌に比べると、マナーが厳しくありません。しかし、どのような服装でもよいわけではなく、守るべきマナーがあること … 「十三回忌とは?服装や香典などのマナーやお供えについて」こちらのページは「よりそうお葬式」が運営しています。「よりそうお葬式」はご家族・親族中心でゆっくりお見送りができる小規模の家族葬をセットプランでご提供しています。お葬式に関わるご依頼やご相談は24時間365日無料で承っておりますのでお気軽にご連絡ください。経験豊かな専門の相談員がどんな些細なことでも親身にご相談に乗らせていただきます。, ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:株式会社クロス・マーケティング. 前もって予定がわかっている法事は、葬儀やお通夜に比べると服装の準備がしやすい儀式ではあります。でもどれくらい改まった服装がいいのか迷ってしまうことも。四十九日法要、一周忌、3回忌、7回忌、13回忌と進むに従って変わってくる服装マナーについて解説します。 四十九日法要やお盆、年忌法要にてお坊さんをお手配します。クレジットカード払いにも対応。, 十三回忌は大事な回忌法要の1つとなります。既に49日をはじめ、一回忌、三回忌、七回忌と行ってきてはいるものの6年の間が空いてしまうため回忌法要の仕方を忘れてしまっている方も多いかもしれません。また、それまでの回忌法要とは異なる点も存在しています。今回は、十三回忌とは何か、その服装や香典などのマナー、お供えについて解説します。, 十三回忌とは、故人が亡くなって12年目の年に執り行う法要のことを指します。数字にずれが生じるのは「数え年」で行われるためです。, 回忌法要(年忌法要)の習慣はインドにはなく、中国から日本に仏教が伝来した後、中国のシステムをアレンジして作られた制度とされています。回忌を重ねることで修業を重ね、仏と一体となると言われています。十三回忌では宇宙の真理にあたるとされる大日如来と一体になるそうです。, 十三回忌といえど、回忌法要には違いがありません。段取りは今までしてきた回忌法要とおよそ同じ手順となります。まず、日程や場所を決めます。通常は菩提寺か自宅を選択することが多いでしょう。仏壇やお墓の掃除を行い、法要に参加してもらいたい方に案内状を出します。寺院には塔婆の用意をしてもらうよう連絡しましょう。, 地域によっては回忌法要の通知が寺院から来ることもあります。回忌法要は回を重ねるごとに身内だけで執り行うことが多くなる傾向にあります。命日に都合がつかない場合は直近の土日や祝日などにずらす場合もあるようです。, 読経料ともいわれます。宗派や家庭の事情、地域によっては戒名によっても変化します。相場としては3万円から5万円と一般にはされています。気になる方は法要を執り行う僧侶に事前にそれとなく聞いてみるのもよいかもしれません。, 菩提寺として先祖代々、長年の付き合いがある場合は、お布施の支払いは親が払っていた金額が相場となります。事前に調べておくか親に聞いておくとよいでしょう。, お布施の他に気を付けるのが僧侶のお車代と会食をしなかった場合のお膳料です。前者は3千円から1万円、後者は5千円から2万円とされ、いずれもお布施と一緒のタイミングで僧侶に渡します。, 遺族だけの法要になることが多く、地味な平服でもよいことが多くなりました。しかし、近しい親族以外の方が参列する場合は遺族として喪服を身に着けるのがマナーと言えるでしょう。どちらともつかない場合は喪服を用意しておくのがベストです。, 香典の基本は4と9という縁起の悪いことを想像させる数字を避け、2以外の偶数を避けるという点にあります。これを踏まえて互いの関係から推察します。, 故人との関係が親戚ならおよそ1万円から3万円程度とされています。また、会食がある場合はその金額も考慮するようにしましょう。, 袋は香典代が1万円以上なら黒白や双銀の水引がついたものを、それ以下なら水引が印刷されたものを選ぶとよいでしょう。, 書くときは、筆ペンを使用し、ボールペンなど他の筆記用具を使うことは避けてください。, 十三回忌は身内のみで行われることが多い法要ですが、お供えは必要です。日持ちのする菓子や果物、花などが選ばれる傾向にあります。この際、のしは黒白もしくは黄白の結びきりの水引を使い、表書きは御供物料、御仏前を使用します。, 十三回忌の次の法要は十七回忌となります。法事の追善供養の意味合いがあります。二十三回忌、二十七回忌と続き、三十三回忌か五十回忌ほどで取りきりとすることが多いようです。中には百回忌まで行う地域もあるようです。, 回忌法要が進んでいき、供養する先祖が多くなった場合、まとめて先祖の供養を行うことも可能です。その際は、菩提寺に相談するのが良いでしょう。自分にできる範囲で先祖供養をし、十三回忌の法要をスムーズに執り行えるようにしましょう。, よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客様の理想の旅立ちをサポートする会社です。, ※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。. 三回忌で身内だけになった時に着ていく服装に悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか。 是非最後までお読みください。, 27回忌になると小規模になり、服装も喪服にすれば良いのか違う服装が良いのか迷いますよね?そこで今回は27回忌にふさわしい服装をご紹介します。香典などその他のマナーもご紹介するのでぜひ最後までお読みください。, 三回忌法要までは、たくさんのご親族の方々が参加する大事な法要です。 法事法要の服装マナーを説明。法事法要(四十九日、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七、三十三回忌等)での遺族や参列者の服装マナー(男性、女性、子供、赤ちゃん、夏、冬)、礼服、ネクタイ等を説明します。 十三回忌の法要は、四十九日や一周忌などの法要に比べると次第に規模も小さくなり、親族のみで行うことが一般的です。この記事では十三回忌法要の作法として注意すべきことや香典、お供え物の選び方、お返しについてお伝えします。 法事というと一般には、先祖供養や追善供養だと思われていますが、浄土真宗の法事はそうではありません。 浄土真宗の教えは、生きているときに本当の幸せになれる「平生業成」が一枚看板です。 まだ信心獲得していない人は、亡くなられた方をご縁として無常を見つめ、一日も早く信心獲得できるように、親鸞聖人の教えを聞く聞法のご縁とします。 故人を偲び、ありし日に共に過ごした日々を思い起こせば、自分も必ず死んで行かなければならない厳粛な無常を知らされ、自分は何のために生まれてき … 十三回忌とは?服装や香典などのマナーやお供えについて [投稿] 2018年09月28日 [更新] 2020年09月24日 All Rights Reserved. 13回忌の服装では、注意しなければならないことが3つあります。 「光沢のあるアクセサリーをしないこと」・「ブーツで出席しないこと」・「数珠は持参したほうが良いということ」 そこで今回は、三回忌法要の服装について、妊婦や赤ちゃんの服装についても解説していきます。, 法事の際、男性は何を着て行ったらいいのでしょうか?そんな法事の服装に関する悩みをお持ちも方も多いと思います。また、平服の意味もいまいち分からないという方も必見です。いまさら聞けない法事の際の男性の服装について詳しく解説します。, 7回忌は死後7年目に実施する法要です。7回忌は時間がだいぶ経っているため、どのような服装で参加すれば良いか悩む方もいらっしゃるでしょう。喪服なのか平服でいいのかなど悩む点が多いですよね。そこで今回は7回忌の服装について、男性と女性に分けて解説していきます。, お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。, お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。, 近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。, 四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。, お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。, 年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。, 13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。. 13回忌とは、逝去から長い年数が経っているので、身内だけで行うことが多い法事です。家族だけだからこそ、逆にどんな服装がふさわしいのか悩んでしまうこともありませんか?そこで、今回は13回忌の服装のマナーについて、男女別に解説していきたいと思います。, 13回忌の法事に出席するとき、どのような服装で行ったら良いのか気になりませんか?「平服で」と、事前に案内があることもあります。しかし、13回忌にふさわしい平服がどのようなものなのか、逆に悩んでしまうこともあるでしょう。そこで、今回は13回忌にふさわしい服装について、男女別に解説していきます。, 以上の6点を中心に、13回忌の服装についてお話していきたいと思います。終活中の方も法事の予定がない方も、いざというときに困らないように、ぜひ最後までお読みくださいませ。お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください, 13回忌とは、故人の逝去から満12年、数えで13年目に行う法事です。葬儀のあとに行われる法事としては、1周忌・3回忌・7回忌とありますが、そのあとに続くのが13回忌です。13回忌は遠方忌とも呼ばれ、久しぶりに家族が集まり、故人を偲ぶ会になります。一般的に、逝去から年月が経てば経つほど、法事に集まる人数は減少する傾向にあります。このため、13回忌では近しい家族だけの会になることが多いのです。, 13回忌に出席をするのは近しい家族であることが多いのですが、その際でも気になるのが服装のことです。喪服を出したほうが良いのか、それともカジュアルな服装で良いのかと悩む方も多いことでしょう。ここでは、13回忌にふさわしい男性の服装をご紹介します。, 13回忌の案内に、「平服で」と記されることもあります。実際に13回忌に出席するときには、平服や略喪服を着用するのが一般的です。けれども、「平服」というのが逆に頭を悩ませる言葉なのではないでしょうか?具体的に、13回忌にふさわしい服装を挙げていきたいと思います。, 喪服を着用する必要はありませんが、平服だからと言って、カジュアルな服装で良いという訳ではありません。, コートは着ていったとしても、会場に入る前には脱いでおきます。コートに関しては特別な決まりはありませんが、皮製のジャンパーなど殺生を連想するものは避けたほうが良いでしょう。, 喪服の場合、ネクタイは黒色と決まっていますが、13回忌ではどうでしょうか?13回忌では、必ずしも黒色でなくても良いと考える方が多いです。赤や黄色のような派手な色でなく、暗い色みのものを選べば失礼にはあたりません。ただし、地域や親族によっては、参列者が全員黒色のネクタイを着用しているということも考えられます。他の色のネクタイをしていて浮いてしまうのであれば、黒色のネクタイをしていたほうが無難とも言えます。, 【弔事用】フォーマルネクタイ(黒):412190003(サイズ:大剣巾8.5cm)【ネコポス便発送可】葬祭 葬式 葬儀 法事 法要 メンズ 紳士 男性用 ブラック フォーマル用 黒ネクタイ 喪服用, 女性の場合にも、13回忌では「平服で」と言われることがあります。また、喪服よりも格式張っていない「略喪服」も、13回忌にふさわしい服装です。この平服や略喪服がどんなものなのか、具体的に見ていきましょう。, 正式な喪服のように真っ黒ではないものの、あらたまった席にふさわしい服装が、13回忌に着用すべき平服です。, 【期間限定送料無料】スカートスーツ レディース ビジネススーツやリクルートスーツとして使えるスカートスーツ レディーススーツ 大きいサイズ セット フォーマル オールシーズン 就活 他と被らない レディース スーツ 面接 オフィス, ビジネスなどさまざまな場面で使えるスーツを持っていると、13回忌の法事でも使うことができます。, 以前は喪服というと、ワンピースやスーツにスカートが一般的でした。けれども、最近はパンツスタイルのブラックフォーマルも増えています。黒のパンツスーツは略喪服にあたりますので、葬儀の際は避ける地域もあります。逆に、13回忌の法事の場合にはふさわしい服装と言えます。, スカートスタイルの服装の場合には、ストッキングやタイツは必ず着用しましょう。色は黒やダークグレーがふさわしいです。, 靴は黒色のパンプスが無難です。サンダルのように、つま先の出るデザインのものは避けるようにしましょう。, 妊婦さんですでにお腹が大きくなっている方は、スーツの着用が難しいでしょう。ダークカラーのワンピースであれば、お腹を締め付けることなく着用できます。タイツやストッキングも、妊婦さん用にお腹周りが大きくできているものが売られています。, 【送料無料】マタニティ ワンピース 春 夏 オフィス 結婚式 仕事 フォーマル 授乳口 授乳服 am マタニティウェア 妊娠 妊婦 妊婦用 出産 ワンピ 授乳ワンピ 授乳ワンピース ニットワンピース マキシワンピ ミディアム スカート 授乳 授乳口 オフィス 仕事 お宮参り, 授乳口のついているダークカラーのワンピースは、妊娠中から授乳期までさまざまな場面で活用できます。, 【6480円以上プレゼント対象】ストッキング★即納★【マタニティ 犬印本舗 パンスト 無地パンティストッキング 2枚組 PS6147】メール便可【1/2】20デニール レッグインナーブラック黒色 ベージュ肌色 M〜L L〜LL 2サイズ, 子どもが13回忌に出席する場合、1番良いのは制服を着用して出席することです。制服がない場合は、以下のような服装がふさわしいでしょう。, 葬儀や法事のとき、喪主は特にマナーや周りの方に気を配らないといけません。13回忌の法事の際はどのようにしたら良いでしょうか?一般的に、13回忌では喪主であっても喪服を着る必要はありません。他の参列者と同様に、平服で出席する方が多いのです。しかしながら、親族や地域の慣習によっては、喪主は喪服を着用するべきと考える人もいない訳ではありません。気になる方は、親戚に事前に確認してみると良いでしょう。, 13回忌の服装について、これまでどのようなものがふさわしいのか解説してきました。逆に、注意するべきことはあるのでしょうか?ここでは、13回忌の服装についての注意点をまとめてみます。, アクセサリーを身につける場合には、光沢のあるのものは避けましょう。例えば、金のネックレスやブレスレット、光る宝石などはいけません。13回忌の法事の際、アクセサリーとして許容されるものは、結婚指輪と真珠やオニキスなどの弔事用のネックレスだけです。, 寒い時期では、ブーツをはく女性も多いのではないでしょうか?けれども、13回忌の法事ではブーツをはいていかないほうが良いでしょう。もし、ブーツをはいて会場まで行かれる場合には、黒いパンプスを持っていってはき替えるほうが無難です。, 13回忌の法事へ出かける際に、数珠は必要なのかと悩まれる方も多いでしょう。もちろん、法事には数珠を持参したほうが良いです。僧侶が読経をしてくださる際に、数珠を持っていたほうがより丁寧な印象になるからです。故人に敬意を払うという意味でも、ぜひ数珠は鞄にしのばせておきましょう。, 13回忌とは、故人の逝去から満12年で行われる法事のことです。遠方忌とも呼ばれ、久しぶりに近しい家族で集まって故人を偲ぶ法要となります。, 13回忌では、男性女性ともに喪服を着用する必要はありません。平服や略喪服が一般的ですが、平服だからと言ってカジュアルな服装ではいけません。, 13回忌にふさわしい男性の服装は、「ダークカラーのスーツ」・「白いワイシャツ」・「黒い靴」・「ダークカラーのネクタイ」です。, 13回忌にふさわしい女性の服装は、「ダークカラーのスーツやアンサンブル」もしくは「ダークカラーのワンピース」・「黒いパンプス」です。パンツスーツでなければ、夏でもストッキングやタイツを着用します。, 妊婦さんの場合には、お腹が苦しくないように、「ダークカラーのワンピース」を着用すると良いでしょう。, 子どもは制服があれば1番良いのですが、ない場合には「ダークカラーのジャケット」・「白いシャツやブラウス」・「ダークカラーのズボンかスカート」を着用します。女子の場合には、「ダークカラーのワンピース」も良いでしょう。, 13回忌の服装では、注意しなければならないことが3つあります。「光沢のあるアクセサリーをしないこと」・「ブーツで出席しないこと」・「数珠は持参したほうが良いということ」, 以上が、13回忌の服装についてのまとめになります。故人の逝去から日が経ち、久しぶりに家族で故人を偲ぶ機会となるのが13回忌です。けれども、いざ案内が届いても服装やマナーなど、知らないことが多くで慌てるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?「終活ねっと」では13回忌以外にもさまざまな法事のマナーについて、役立つ記事を掲載しています。ぜひ、一度ご覧ください。, 13回忌に出席するにあたり、女性はどんな服装でいったらいいのか、悩んでいませんか?平服でとあっても、カジュアルでもいけないだろうし、平服だから喪服ではなさそうだしと、不安な方もいらっしゃるでしょう。そこで、今回は13回忌の女性の服装について詳しく説明します。, 33回忌にもなると、長い月日を感じますね。出席の際には普段着に近い服装でもよいという意見も聞かれますが、弔い上げにあたる場合は違ったルールがあるのでしょうか。ここでは、33回忌における服装等について様々な疑問を解消していきますので、ぜひ最後までお読みください。, 亡くなった故人を偲ぶ三回忌は法事の中でもよく耳にする言葉ですよね。しかし、こうした法事には頻繁にするものではありませんから、いつ行うのかや案内はどうするのかなど知らないことも多いのではないでしょうか?今回は、三回忌法要をいつ行うのかを中心に解説していきます。, 13回忌の案内があったとき、どんな服装で参列したらよいのかが気になりますよね?特に男性はネクタイやシャツの色でかなり服装の印象が変わってしまいます。今回はそんな13回忌にふさわしい男性の服装について徹底解説します。, 大切な方が亡くなり22年が経ち、23回忌法要に向けての準備を始めている頃でしょうか。皆さんは、23回忌の服装についてご存知ですか?今回は服装について男性、女性、子供に分けてご紹介します。最後に、服装に関する注意点にも触れているので、ぜひ最後までお読み下さい。, 17回忌にお参りする際の服装って少し悩みませんか? 平服、喪服、略礼服など色々な言い方がありますが、そもそも平服って? 性は多いのではないでしょうか。法事にも、初七日や四十九日、一周忌、三回忌、七回忌と多くの種類があり、それぞれに適した服装があり…, お葬式と分からない封筒でお届け, 年回忌法要と法事の流れ|施主になる前に理解しておこう, 一日葬のお布施の相場は?金額に影響する項目も解説!, お布施はいつ渡すもの?タイミングやマナーについて解説!, お布施とお車代について!いざというときに困らないマナーと相場, お布施は本当に高い?お布施の意味と宗派ごとの相場もご紹介します, お布施に新札を入れてもよいか?お布施のお金にまつわることを解説します, お布施に水引は必要か?水引の種類とお布施の入れ方を解説!, 香典を包む袱紗(ふくさ)は用途で選ぶ|色や種類の違いとは?, 親族への香典の相場額は?包む際の注意点やマナーを解説!, 香典の短冊はどう使う?用途に合わせた使い方や書き方も解説, 香典返しを不要と言われたら?香典返しを辞退されるケースと対応方法を解説!, 葬儀・葬式の流れと費用、ご遺族・参列者のマナーについて徹底解説.