もりてつこそ、森山鉄也さんの声で始まった、無料予備校“ただよび”でしたが、[…], 森田鉄矢(もりてつ)先生もそうですが、予備校業界も、素晴らしい実績のある先生であっても、なかなか満足のいくような待遇を得るのは難しい時代になっているのが、分かりますね。, ブロードバンド予備校も進化! ライズ個別指導学院富田教室です!今年度から、始まったコスパ抜群のブロードバンド予備校! 来年度は、あの宗先生登場! 気になる人は、検索してね。 予算内で、安い予備校を探しているなら、一度、声をかけてください! 今年度は、かなり大学受験の合格数がしぼられていたので、予備校の先生のテクニックのあと一点が、バカになりませんよ(>_<) #rise #富田教室ブログ #ブロードバンド予備校 #宗慶二, ライズ個別指導学院(@risekobetu)がシェアした投稿 – 2018年 3月月14日午前12時01分PDT, 宗慶二先生と言えば、イケメンな関西人講師として有名ですが、実際の授業の評価は気になりますよね。, 頭の良さでいくと、宗慶二 が今までの先生で1番スゴイって思ったかなぁ。 授業が分かりやすいかは 別でね。, また、雑談力もあり、授業で扱う文章から話を広げ、最後にはあまり関係ないような話になってしまうようなことも、あるようです(ただし、宗慶二先生本人は、受験に関係ある大切な話と思っています)。, 現代文の先生ということで、誰もが文系と思うでしょうが、実は京都大学の医学部に入学しているので、元々は理系であったことが分かります。, しかし、通っている過程の中で、自分にはどうしても合わないと感じ、親の反対を振り切り、途中で中退してしまいます。, 最終学歴は京都大学経済学部となっていますので、もう一度受験して、入学し直して卒業したということになります。, 医学部をそのまま卒業した方が、将来は安定する可能性が高いのは間違いないので、その安定の道を捨てでも自分のやりたいことを、諦めない姿勢は、尊敬できるポイントですね。, 多くの受験生から、絶大な評価を受けている宗慶二先生が、今後“ただよび”でどのような授業を展開してくれるのかは、非常に楽しみなポイントです。, “ただよび”の授業は、1動画10分程度のことが多いのですが、現代文の授業は1回10分で終わらせるのはなかなか難しいと思います。, 授業の公開が週末と祝日のみなので、ペースとして問題ないのか不安になるかもしれませんが、現代文は覚えなければならないことは少ない教科なので、受験までに終わらないということはないでしょう。, また、今後の授業公開予定を確認すると、総合講座のようなものもあるので、入試問題についての解説授業も用意されるでしょう。, 現代文の成績が伸び悩んでいる生徒はもちろん、文章の読解力を身につけたい方も、授業を受講してみては、いかがでしょうか。, ・宗慶二先生は、ただよびの週末担当として、楽しい授業を公開してくれることは、間違いない。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 2009年より教育現場に勤めている、30代♂。このブログでは、有名YouTuberからブレイクが期待されるYouTuberまで、幅広く紹介していきます。   東進英語科看板講師。 早稲田大学政経学部卒業(早稲田に現役合格したものの、浪人して東大を目指し失敗→結局併願していた早稲田に入学)。 主に基礎~中堅の生徒から人気で、特に英文法指導の評価が高い。 本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、[email protected]までご連絡下さい(会員ID進呈), 「東進は本体も人材使い捨てです」ナガセ元社員が、毎週強制サービス出勤のブラック企業ぶりを証言――有名講師陣も続々と他社に流出, 林修氏はいつまで受験生に対して偉そうに説教を続けるのか。反社会的勢力としか言いようのないナガセ=東進の看板=林修は本当に恥ずかしい存在だ。受験生や社会に対して偉そうに能書きを垂れる前にしなくてはいけない事が山のようにある。, 人財を潰す予備校「東進」 今度は若手校舎長の自殺が発覚、会社は「病死」と隠ぺい――「人生を破壊する組織」の実態を元社員が証言, 「東進」若手校舎長が突然死 ナガセ標語『毎日登校、毎日受講』で社員も休めず、1人で2校かけ持ちも――「こんな労働環境じゃ人生が破たんする」, 「東進ハイスクールはブラックバイトなので要注意です」元担任助手がナガセの真っ黒な労働実態を証言, MyNewsJapanが「東進」ナガセに反訴、3600万円請求 「典型的なブラック企業で悪質極まりない」, 「東進」ナガセは、ワタミ・ゼンショー・ドンキを上回るブラックな対応でした――就活生への「若者雇用促進法」に基づく情報開示で、離職率等を隠匿, 〈「東進」はワタミのような職場〉に違法性なし ナガセに逆転敗訴を下した東京高裁の当り前すぎる判決、一審原克, 「東進ビジネススクール」が二重価格表示 大幅割引うたい生徒を不当に勧誘――正規料金に実態なし、景品表示法違, 「ナガセ社員の指示による売上の”積み上げ”が常態化していました」元東進衛星予備校経営者が告発――FC部門で, 現役東大特進スタッフが解説 “デキる生徒のためにデキない生徒がカネを払う”東進の低偏差値生搾取のカラクリ―, 「東進生の9割は他で勉強したほうが受かります」第一志望合格率1割の惨状、費用高いだけで指導力ナシ――担任助, 東進「東大現役合格実績」はやっぱりインチキだった――受かりそうな生徒を授業料タダで在籍させ“横取り”、駿台, 東進ハイスクールが組織ぐるみで著作権侵害 バイト潜入させ河合・駿台・代ゼミの模試を入手、違法に無許諾スキャ, EYストラテジー・アンド・コンサルティング「ドラゴン化計画」 3年で人員倍増、売上2.6倍めざす近藤社長の野望, 三菱地所 35歳1500万、45歳で同期の9割が2千万に…グループ会社の2倍で「高すぎて言えない」年収実態、公表値より3割高いカラクリ, 中身入りペットボトルで頭を殴打、「死ね」「殺すぞ」「なんでできねえんだ」と恫喝指導――元社員が告発するオープンハウスの“オープンにできない”パワハラ職場環境, KPMGコンサルティング戦略G 上司と仕事内容は戦略系ファームの厳しさ、給与は他部署と同じ. 無料で神講師3人の授業が受けれる時代, 宗慶二先生ただよび加入は激アツすぎ!!!!! もうこれで現代文怖いもんなしや!!   東進の講師は、何万人もの受験生を志望校合格へ導いてきたエキスパートたちです。 つまずきやすいポイントやその攻略法を熟知している ので、授業のわかりやすさは折り紙つき。 「なぜ、そうなるのか」「どう考えればよいのか」にこだわる授業は、本物の思考力を養います。 ・もりてつ先生の基本プロフィール ナガセは、直営94校のほか、全国に984(※2016年3月末時点)のフランチャイズ校を「東進衛星予備校」の看板で展開しています。その管理を行うのが衛星事業本部のエリアカウンセラー(AC)たち。25人ほどの組織なので、AC1人あたり平均で、約40校を担当する計算です。実際には、担当地域によって30~50校とバラつきがあります。, 仕事内容のミッションは、この担当FC校の売上目標を達成すること。年間で1人あたり20億円程度の売上目標が設定され、年によって異なりますが、「前年比103%~110%」等が課されます。FC1校舎あたりの売上は、平均で5千万円ほど、担当地域の生徒数は3千人を超えます。, それ以外にも、FCは、本部からチラシを買わされるので、ナガセに、もっと払っています。, 他業界のFC事業では、初期費用のうち本部が7~8割出すこともありますが、ナガセの場合は、加盟店側がほとんど全額を負担するので、ナガセはノーリスク。生徒が集まらず撤退しても、損失を被るのはFC企業側です。では、ナガセは何を負担しているかといえば、授業コンテンツなどノウハウの提供のほかには、バスのラッピング広告や頻繁に流すテレビCМといった莫大な広告宣伝費などです(2016年3月期連結売上の約1割強=46億円が広告宣伝費)。, 私は末端社員なので実際の細かい数字まで見る立場にいませんでしたが、ナガセは、このフランチャイズ(FC)事業でボロ儲けしている、というのが現場の実感です。おそらく本体(東進ハイスクール本部)は利益がほとんど出ておらず、そこで蓄えたノウハウをFC事業に活用して利益を出す、というのがナガセのビジネスモデルの肝です。(※ナガセは有価証券報告書でも、このセグメント別業績を開示せず、一括で「高校生部門」としている), ◇「土曜も出ろ」1時間半かけて日報を書く日々 東進の英語講座の進め方の基本は、「文法→構文→長文読解」です。講座に対する評価やコメントを募集しています! 評価を書いてくださる方は下記までお願いします。英語講座一覧特設単科・長文・総合 … 佐藤 忠志(さとう ただし、1951年5月4日 - 2019年9月頃死亡と推定[注 1])は日本の教育評論家・元予備校講師。元拓殖大学客員教授。2016年7月の時点でトップ・カラーに所属していた。愛称は「金ピカ先生」。, 東京都出身。父親は「世間一般で怒らないようなことを怒るし、世間一般じゃ許さないようなことを認める」人だったという[2]。小学1年生のときから芸者に親しみ、中学の入学祝いで父親に十二社(東京都新宿区西新宿)の性風俗店へつれていかれ、童貞を喪失[2]。芝浦工業大学高等学校[注 2]を経て慶應義塾大学を受験するが不合格。併願で合格していた立教大学に入学して仮面浪人となり、翌年に慶應義塾大学法学部政治学科に入学する。在学中は内山秀夫研究会に所属し国際政治学を専攻。 東進の講師は、日本全国から選りすぐられた大学受験のプロフェッショナル。 人気の参考書の執筆者をはじめ、何万人もの受験生を志望校合格へと導いてきたエキスパートたちです。 現在もチャンネル登録者数が激増中の“ただよび”ですが、ついに現代文の授業が開講されることが、決定しました。, 講師は、河合塾や東進ハイスクールで活躍された(映像授業は現在も公開中)、宗慶二先生です。, 宗慶二先生がただよび加入したのが本当に嬉しい 村瀬 哲史(むらせ あきふみ、1972年3月11日 - )は、大阪府出身[1]の東進ハイスクール・東進衛星予備校地理専任講師。予備校講師のかたわら、ワタナベエンターテインメント所属のタレントとしても活動している。, 大学を卒業後に大阪府立の高校で社会科の教師を務めていたが、「自分の専門教科である地理をしっかりと教えたい」という理由で予備校の講師に転身[2]。河合塾や学研の講師を経て、東進ハイスクールで地理の講義を担当している。, 講義のモットーは「丸暗記ではなく、考えることが面白くなる地理」で、聞き取りやすい関西弁で話すことが特徴[1]。2016年に東進ハイスクールをいったん退職したうえで、学研が運営する「学研プライムゼミ」の地理科に移籍した。移籍後は「学研グループ特任講師」という肩書を用いていた[3]が、2019年4月1日付で東進の地理科に復帰した[4]。, その一方で、東進で現代文の講師を務める林修と同様に、『ネプリーグ』(フジテレビ)などのバラエティ番組へ定期的に出演[5][6]。出演の際に、ラガーシャツをよく着用していることで知られる[7]。その一方で、地元局の毎日放送では、テレビの関西ローカル向け報道番組(『VOICE』→『ミント!』内の「Newsミント!」)でコメンテーターを務めている。, 「ぷいぷい顧問」という扱いで、2015年から2019年3月まで水・金曜日に不定期で出演していた。2019年4月から関連番組の『ミント!』へ異動。, 2019年4月の番組開始当初から、水曜日の「Newsミント!」(関西ローカルニュースパート)にコメンテーター(放送上の呼称は「ゲスト」)として出演。2020年4月からは「村瀬先生の街GOO(マッチグー)! もりてつこそ、森山鉄也さんの声で始まった、無料予備校“ただよび”でしたが、[…], もりてつ先生は、今のまま東進ハイスクールに所属していれば、収入は得られるかもしれないけど、自分のやりたいことはできないと思い、東進を辞め、現在開講されている、“ただよび”を作ることを決意しました。, しかし、「自分一人の力では、知名度を上げることはできない。」と考え、協力してくれる人を探していたところ、吉野敬介先生に声をかけた、ということです。, つまり、もりてつ先生の「自分のやりたいことにチャレンジしたい」という気持ちと、吉野敬介先生の「教育の無償化を実現したい」という思いが、完全無料の予備校“ただよび”につながったということです。, 古文の勉強に悩んでいる人はもちろん、吉野敬介先生の授業に興味がある人も、是非授業を受けてみてください。, 今回は、吉野先生の病状について、講師としての実力、現在の状況について解説していきました。, ・吉野敬介先生は、2019年に大腸がんの手術を受けたが、手術は成功し、現在は元気に活躍している。, ・吉野敬介先生は、見た目は恐いが、生徒に分かりやすく古文を教えてくれる、実力派講師である。, ・吉野敬介先生は、教育の無償化を実現するために、“ただよび”で動画の公開を始めた。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 2009年より教育現場に勤めている、30代♂。このブログでは、有名YouTuberからブレイクが期待されるYouTuberまで、幅広く紹介していきます。