窓枠や家具、床など、おうちのいたるところに使われている木製のアイテム。お部屋が温かな印象になる一方、実はとってもデリケートな素材でもあります。油断しているとカビが発生することも少なくありません。, そこで今回は、木材にカビができたときの対処の仕方やシミを取る方法などを紹介します。, 木材にできたカビは簡単に除菌することができます。おうちにあるアルコール除菌スプレーを使えばサッとひと吹きでキレイにできますよ。, ただ、木材はやわらかいので、放っておくとカビが潜り込むようにどんどんと奥深くに広がっていきます。こうしてできたカビのシミは一度つくと、漂白しない限りはキレイに取り除けません。, 木材のカビを取りたいからといって焦りは禁物です。『カビキラー』などのお風呂のカビ取り剤を使うと木材自体が傷んでしまうため使わないよう注意しましょう。, 木材にできたカビをこれ以上広げないためにも、次から紹介する方法でキレイにしましょう。, 最初に表面にできたカビを除菌します。カビはアルコールに弱く、少しふれただけでもすぐに死滅します。しかも、アルコールはすぐに蒸発するので、木材などのデリケートな素材の除菌にもぴったり。, 木材は「アルコールを使って拭き掃除する」だけ。直接スプレーを吹き付けると表面のカビが舞い上がってしまうので、ティッシュに含ませてから拭き取るのがポイントですよ。, ティッシュにスプレーし、カビが生えている場所を拭く。一度拭いたティッシュはこまめに新しいものに取り替える。, 見えないカビも消毒するため、カビが目につく場所の周りまで入念に拭き掃除しておくと安心。, カビは乾燥した環境では繁殖できなくなるので最後の仕上げにしっかり乾かしてください。家具など移動できるものなら日の当たる場所に置くのもいいですよ。, 木材についたカビの除菌はしても「やっぱりシミが気になる…」という場合は、あらためて木材専用のカビ取り剤を用意しましょう。, 専用とはいっても、成分はアルコールより強いものが使われています。はじめて使うときは事前に目立たない部分に吹きかけ、色落ちや傷みなどが発生しないことを確認してくださいね。, 木材を始め、布団などにできたカビにも使えるスプレー洗剤です。スプレーして放置し、水拭きするだけと使い方はとっても簡単。ゴシゴシこすって素材を傷めてしまうこともないので安心です。, 木材や畳など、色落ちするものにできたカビとり専用のスプレー洗剤です。カビにスプレーして、30分ほど放置してから水拭きします。天日干しで乾かせば身体に無害になるというのもうれしいところ。和室の木枠など、カビができやすい場所でも使いやすいのが特徴です。, 木材についたカビを取ったら、あとはふだんの生活から再発させないように工夫するだけ。カビが生えたということは、その周りに「湿気が多い」ことを意味します。カビは湿度70〜80%以上のジメッとしている場所で繁殖します。, カビが出た場所は湿度が高くなっていることがほとんど。窓を開けて外の乾いた空気を取り込んでこまめに乾燥させましょう。梅雨時期などはエアコンの除湿運転を活用するのもいいですよ。, 部屋全体の風通しをよくしておくのも、カビ予防には大切なこと。壁と棚の間は少し離して設置する、棚にはギュウギュウに収納しすぎないなど、風がよく通るようにインテリアの配置を意識してくださいね。, 木材にカビをできにくくするなら、カビが入り込まないようにコーティングしておくのも手。木材は湿気を吸収しやすいので表面にワックスをかけておけばカビ予防にもなります。, 建物にはたくさんの木材が使われていますし、お気に入りのインテリアもよく見るとほとんどが木材です。, 木材は湿った環境に置いているとすぐにカビが繁殖してしまうデリケートな素材。カビができてすぐであれば奥深くまで入り込んでしまうことはないので、見つけ次第すぐにアルコール消毒で退治しましょう。. hayasaruについて. 木材・木部にできたカビ取りの方法で効果的なものにはどんなものがあるのでしょうか?窓枠や家具など木材・木部でできた箇所にカビが生えてしまった場合の効果的な掃除のコツを紹介します。 カビは体にもよくないですし、なんとかしたいものです。そこで今回は、木材や木部にできたカビの取り方をご紹介したいと思います。 漂白剤を使ってカビ取りする方法 できれば、木材や木部を痛めずにカビ取りをしたいですよね。アルカリ性 お風呂場の壁や浴槽、お部屋や布団、木材などのカビを除去するのにカビ取り剤。定番のスプレー型やスパイダージェルといったジェル型、業務用の強力なタイプもあります。今回はカビ取り剤の選び方と、人気でおすすめの商品を10選ランキング形式で紹介します。カビ取り剤を安全に使うために注意すべき成分についても紹介します。, お風呂場の壁や浴室、お部屋の布団や木材などのカビに効果的なカビ取り剤。梅雨の時期には特に重要なアイテムですね。カビ取り剤はスプレー型やジェル型が多いですが、それぞれの使い分けはご存知ですか?, 実はスプレー型は壁など広い範囲のカビ除去をするのに向いていますが、細かい部分を除去するのには向いていません。そのため、溝やパッキンなどのカビを除去するにはジェル型を使う必要があります!他にもクリーム型もあるので、そちらもしっかり把握しておきたいですね。, そこで今回はカビ取り剤の選び方と、容量、タイプ、成分といった観点から人気でおすすめの商品を10選ランキング形式で紹介します。記事の最後にはカビ取り剤を安全に使うために気を付けるべき成分についても解説しているので、ぜひとも最後までお読みください!, まずはカビ取り剤の選び方を紹介します。使用場所やカビの種類によっておすすめのカビ取り剤が変わりますので、しっかりとチェックしておきましょう。, カビ取り剤には、スプレー式やジェル、クリームタイプなどがあります。それぞれに適した場所がありますので、確認しておきましょう。, ジェル状のカビ取り剤は、垂れにくく、カビの発生部分にしっかりと留まってくれます。どうしても液垂れしやすいタイルの目地や縦ラインのパッキン部分のカビにも高い効果を発揮します。天井や高い部分での使用もOK。, 細かい部分のカビにもピンポイントで塗布できるので、浴室の隅や洗面所の隙間部分、窓のサッシなどに使うのもおすすめです。先端が細くなっているものや持ちやすい大きさのものを選ぶとより使いやすいですよ。, 浴室など広い範囲を全体的に綺麗にしたい場合は、スプレー式のカビ取り剤がおすすめです。一度に多くの面に噴射できるため、時間もかかりません。より効果を高めるためには、塗布した後にラップなどで覆うと良いでしょう。, スプレータイプのカビ取り剤は、高い場所に噴射すると自分にかかる可能性があり危険です。スプレータイプのものを天井に使いたい場合は、キッチンペーパーなどにしみ込ませてから天井に張り付けるのがおすすめです。, カビ取り剤には塩素が含まれているものが多く、独特の刺激臭が苦手だという方もいるのではないでしょうか。そんな方には塩素不使用のクリームタイプがおすすめです。, ジェルと同じく垂れにくい形状で、細かい部分のカビ取りに役立ちます。嫌な臭いがしないため、窓のサッシなどに使うのもおすすめですよ。, カビは様々な場所に発生します。場所によって使えないカビ取り剤もあるため、使用場所に適したカビ取り剤を選ぶようにしましょう。, カビの発生頻度が高いお風呂場。床や排水溝周りにはぬるぬるの原因となる赤カビ、パッキンやタイルの目地、天井などにはなかなか取れない黒カビが発生しやすい場所です。, 全体的な赤カビにはスプレー式のカビ取り剤、目地やパッキン部分にはジェルタイプのカビ取り剤、天井には垂れにくいタイプのカビ取り剤、と場所によっていくつかのカビ取り剤を使うことで効果的にカビを退治することができます。, また、カビ取り後はカビ防止剤をこまめに使うことで、カビの発生を防ぐことができますので、カビ防止剤もうまく利用しましょう。, ゴムパッキンや目地などのカビは根が奥まで入り込んでいる事が多く、取れにくいカビのひとつです。密着度の高いジェル状のカビ取り剤やゴムパッキン専用のカビ取り剤を使うのがおすすめです。, カビ取り剤をより密着させるために、ヘラが付属されている商品もあります。ヘラが付属していない場合は、歯ブラシなどで優しくなじませると良いでしょう。その後ラップなどで覆うことでよりカビ取りの効果が高まります。, 壁紙やカーテン、タンスなどの木材のカビを取る際、塩素系など強めのカビ取り剤はおすすめしません。強いカビ取り剤を使ってしまうと、色が抜けてしまうことや素材自体がボロボロになる可能性があるからです。, 壁紙や木製家具など耐水性のない場所のカビを取る場合は、壁紙や室内用などの専用のカビ取り剤を使用するのが安心です。, 毎日寝汗を吸う敷布団は意外とカビが生えやすいものです。布団に生えてしまったカビは、カビ取り剤を使ってしまうと生地が傷んだり色落ちしたりする危険性があります。, 布団には重曹を水で薄めたものをスプレーし、浮いてきたカビを拭き取りましょう。その後、エタノールを薄めたものをスプレーして減菌し、よく乾かします。, 丸洗いできるシーツなどは、酵素系漂白剤につけ置きした後に洗濯機で洗うのが効果的です。酵素系なら色物でも安心です。白いシーツの場合は効き目の強い塩素系の漂白剤も使用できますので、頑固なカビの場合は試してみても良いでしょう。, 土壁や砂壁には斑点状のカビが生えやすいものです。あまり強くこすると砂壁が崩れてしまうこともあり、対処法に悩まれる方も多いのではないでしょうか。, 砂壁に薬剤がしみ込んだ場合、薬剤を完全に除去知るのが難しいため、塩素系など強いカビ取り剤はおすすめできません。土壁、砂壁などには、食品添加物を主成分とするような、壁にも優しい専用カビ取り剤を使うのがおすすめです。, カビには赤カビと黒カビがあり、どちらのカビかによって使うカビ取り剤も変わります。取りたいカビの種類に合わせて選ぶのがおすすめです。, お風呂場や部屋の壁、パッキンなどに発生しやすい黒カビ。深く根を張るとこすってもなかなか落ちません。黒カビはアレルギーの原因にもなるので、本来なら早めに対処をすることが大切です。, 根深い黒カビが発生してしまった時は、塩素系の強力なカビ取り剤を使用しましょう。垂れにくくしっかりと密着してくれるタイプのカビ取り剤がおすすめです。, お風呂に発生しやすい赤カビは、黒カビと違って比較的落としやすいカビです。一度に広範囲に噴射できるスプレー式のカビ取り剤がおすすめです。また、軽い赤カビならお風呂用の洗剤などでも落とすことができます。, エコ派の方には重曹と酸素系漂白剤を混ぜたものを使うのもおすすめ。重曹と酵素系漂白剤を1:1の割合でペースト状にし、赤カビ部分に塗りましょう。1.2時間ほど置いたあとこすり流すと、すっきり綺麗に落ちますよ。, 赤カビは落としやすいカビですが、すぐ対処できるからと放っておくと頑固な黒カビの原因となってしまいます。また、一度落としてもすぐにまた発生しますので、掃除の後の予防も大切です。, 湿気の多い室内などで発生しやすい緑カビ。畳の裏側や布団などにつきやすいカビです。布団を敷きっぱなしにしたため、カビが生えてしまった方もいるのではないでしょうか。, 前述した通り、畳や布団などには強い塩素系のカビ取り剤の使用はNGです。エタノールと重曹でカビ取りをする他、希釈して使用する業務用のカビ取り剤を使うのもおすすめです。希釈濃度によって使える素材が変わりますので注意書きをよく読んでから行いましょう。, 一般的に売られているカビ取り剤で落ちないカビには、業務用のカビ取り剤を使ってみましょう。価格が少し高くなりますが、その分効果も抜群です。掃除のプロが使っている商品も多く、最強のカビ取り剤と呼ばれる商品もあります。, 効果が高い反面、強い薬剤を使用していますので、使用する際は手袋やマスク、できればゴーグルなどもつけて使うことをおすすめします。しっかりと換気も行い注意書きなどもしっかりと読んでからカビ取りを行うようにしましょう。, 業務用のカビ取り剤は、大きいホームセンターや通販などで手に入ります。また、Amazonや楽天などを利用するのもおすすめです。ホームセンターよりも豊富な種類が揃い、家庭でも使いやすいサイズの商品も購入可能です。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/518UIhN1ptL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frands1%2F4921000626847%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frands1%2F4921000626847%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B084V92LZ5?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fpapa-dot%2Fa-b084v92lz5-20200604.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, マンションクリーニングの現場で10万回以上の実績を持つ掃除専門業者のカビ取り剤です。浴室に付着した頑固なカビを取り除き、その後のカビの発生も抑えます。今まで落とせなかった浴室のカビがある方におすすめのカビ取り剤です。, [{"key":"容量","value":"300g"},{"key":"タイプ","value":"スプレー"},{"key":"分類","value":"塩素系"}], これは凄いです。塩素の臭いはきついですが、これは本当にきれいになりました。もう一本買いたいと思います。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51yORnitL4L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fkenko-joy%2F4533213674080%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fkenko-joy%2F4533213674080%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B06Y1W8DK1?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsundrugec%2F4533213674080.html"}], 漂白成分である次亜塩素酸ナトリウムを日雑MAX値の12%配合したカビ取り剤です。超濃縮タイプの粘性のジェルが、頑固な黒カビの根元まで浸透します。413種類のカビや菌に対応する最強のカビ取り剤です。, 髪の毛も溶かす強力な洗浄力で、カビだけでなく排水溝のつまりの解消にも効果があります。また、界面活性剤に自然由来成分を使用しているので、強力なだけでなく自然にも優しいのもポイント。使用後は水、酸素、塩に自然分解されます。, [{"key":"容量","value":"500g"},{"key":"タイプ","value":"ジェル"},{"key":"分類","value":"塩素系"}], お風呂の黒カビが酷くてどうにかならないかと購入しました。今まで色々なカビ取りを使いましたが全く効果がなくて半信半疑でしたが、これはすごいです。何年も諦めていた黒カビが落ちました。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51C46SJ-5tL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frcmdse%2Fho-4901609000148%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frcmdse%2Fho-4901609000148%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0012PH1ZO?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://store.shopping.yahoo.co.jp/kusurinofukutaro/10122115.html"}], カビキラー独自の有効成分がカビの根まで届き、効果的にカビを除去してくれます。カビ取り後は30日間カビの発生を抑える防カビ剤としての効果も。使いやすいスプレータイプで、浴槽や浴室の壁だけでなく、洗面器や風呂蓋などのカビ取りにもおすすめです。, 誰もが知る有名商品だけあって、コンビニやスーパーなどでも買える手軽さや価格の安さも魅力です。, [{"key":"容量","value":" 1000g"},{"key":"タイプ","value":"スプレー"},{"key":"分類","value":"塩素系"}], お風呂場の床にあった謎の黒い模様…どこからみてもカビです。放置してても仕方がないので購入。きれいさっぱりとれました。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/514lLwuJOnL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fyoikenkou%2F103-4903320576711_3%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fyoikenkou%2F103-4903320576711_3%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00M3MFSKA?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fthe-fuji-direct%2Fnct-312-4903320576711-1.html"}], 垂れずにカビに密着して効果的にカビを分解する、特殊ジェルタイプのカビ取り剤です。ゴムパッキンや、タイル目地、小物などのカビを取りたい方におすすめ。30分経っても密着し続けるジェルはピンク色で流し忘れなどを防止します。, [{"key":"容量","value":"100g"},{"key":"タイプ","value":"ジェル"},{"key":"分類","value":"塩素系"}], 半信半疑でしたが、本当にこびりついたカビが結構消えます!おふろのコーキングのところの塩素系漂白剤では落ちないカビや、プラスチックに長年付着し、シミになってしまったカビも完全とまでいかなくても、かなり消えます!, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51PuAFd1T1L.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0093UOSEM?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbnet%2F4968909159570.html"}], 超密着タイプの赤いジェルが、頑固なカビ汚れを落とします。粘着性の高いジェルなので、目線より高い天井などの使用にも向いています。ノズルが細く細かい部分の使用に適しているため、窓枠など結露が原因のカビにもおすすめです。, [{"key":"容量","value":"150g"},{"key":"タイプ","value":"ジェル"},{"key":"分類","value":"塩素系"}], 梅雨の時期になると気になる、風呂場のカビですが、メジに残った黒いものが綺麗になりました。これまで使ったカビ取り剤としては、最強の部類です。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51ijtBXJv0L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fcopa%2Fc03001%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fcopa%2Fc03001%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01IEONECY?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fcopa%2Fc03001.html"}], ボトルの中では液状なのに、噴射するとジェル状になるのが特徴。広範囲をカバーするスプレー式と粘着力の高いジェルの良い所を兼ね備えたカビ取り剤です。, 24時間置いても垂れない高密着のジェル、であきらめていた頑固なカビも分解除去します。また、ジェルなのに水に溶けやすいため、洗い流す際もスムーズです。タイル全体など広い範囲を一気に綺麗にしたい方におすすめです。, [{"key":"容量","value":"500g"},{"key":"タイプ","value":"スプレー式ジェル"},{"key":"分類","value":"塩素系"}], これはかなりの優れモノです。掃除するのが、益々楽しくなりました!商品名のとおり、蜘蛛の巣ごとく、液がたれてこないのが、使い心地いいです。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41TFTTU+UPL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fpono%2F4922500745165%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fpono%2F4922500745165%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B075159W3Q?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fcascata%2Fippatsu185.html"}], プロも使用する業務用のジェル状カビ取り剤です。なかなか取れないパッキンに入り込んだ黒カビにも効果があると人気の商品です。ジェル状なので垂れにくく天井などに使用するのもおすすめ。取れにくいカビに悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。, ゼリー状の薬剤が出てきますが、何がすごいって、まず垂れてこない!!少し内側に反り気味の天井近くに塗っても落ちずに感動しました。肝心のカビもすっかりキレイに。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/414FHbg4JhL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjunsendo-shop%2Fkb-web-s-2%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjunsendo-shop%2Fkb-web-s-2%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01GMMRMMS?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjunsendo%2Fkb-l320.html"}], 掃除の認定士も愛用する特許取得のカビ取り剤です。濃度を変えることで壁紙や畳など除去剤に弱い素材にも使用が可能。頑固なカビから軽度のカビまで幅広く使うことが出来ます。乾燥後の気化が早く、カビ取り成分が長く留まらないのもポイント。, 同シリーズでさらに効果が強いジェルタイプや、カビ取り後に使える防カビスプレーなども展開していますので、一緒に使うと更に効果的です。, [{"key":"容量","value":" 500g"},{"key":"タイプ","value":"スプレー"},{"key":"分類","value":"塩素系"}], 布団用のすのこにカビが生え、捨てようとしていたときにネットで木材にも使えるカビ取り剤があることを知り、早速購入。説明書どおりに散布し、しばらく放置していたら、一発で跡形もなくキレイになりました。他の材質にも使えるので便利です。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41qopql4XJL.jpg"], [{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://store.shopping.yahoo.co.jp/noguchi-shouji/B-1-500s.html"}], 市販のカビ取り剤では満足できない方におすすめのプロ用カビ取り剤です。部屋や壁に生えたカビや浴室のカビ、下駄箱や外壁に生えたカビなど幅広いカビに対応が可能。即効性があり、5~30分ほどで頑固なカビを取り除けるスピーディさも人気の理由です。, [{"key":"容量","value":"500g"},{"key":"タイプ","value":"スプレー"},{"key":"分類","value":"塩素系"}], 塩素系のカビ取り剤だと木製の靴箱には効果が無かったので悩みつつも購入してみましたが、使ってみて驚きました。あっという間に壁紙も木製の靴箱も綺麗になりました!あと特に木や壁紙が傷んだ様子も無かったので安心しました。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41C4o8k8XQL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fkabi-ranger%2F1488318%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fkabi-ranger%2F1488318%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B007KTN33A?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"}], 30年の実績を持つ掃除業者が開発したカビ取り剤です。最大12倍まで希釈できるため、頑固なカビはもちろん木材や布団のカビ取りにも使用できます。幅広い場所に使用できるので、これ1本で家中のカビ退治が可能です。, 目では見えない塩素耐性菌まで除去するため、1度カビを除去すると次のカビが生えにくくなります。防カビ効果は3ヵ月ほど続くので、こまめな掃除が面倒な方にもおすすめです。, [{"key":"容量","value":" 450g"},{"key":"タイプ","value":"スプレー"},{"key":"分類","value":"塩素系"}], 業務用のこちらを信用してスプレーしたらばすぐにカビが消え真っ白なクロスに早変わり。もう感動以外の何物でもありません。, カビ取り剤の効果を高めるためには、正しい使い方をすることが大切です。意外と知らないカビ取り剤の使い方を紹介します。, カビ取り剤を使う前に汚れを取っておくことで、その後に使うカビ取り剤の浸透や効果を高めることができます。いきなりカビ取り剤をつけるのではなく、まずはスポンジなどで汚れを取り除いでおきましょう。, カビと並んで気になる汚れのひとつが水垢です。こちらの記事では、水垢に効く洗剤の選び方やおすすめの商品をランキング形式で紹介しています。カビ取り前の予洗いにも使えますので、ぜひ参考にしてください。, また、特にカビが発生しやすいお風呂場をしっかり掃除するためのおすすめのお風呂場用掃除グッズについても、以下の記事で紹介するのでこちらも併せてご覧ください。, 水垢洗剤の人気おすすめランキング15選【しつこい水垢を取り除く】|セレクト - gooランキング, お風呂掃除グッズ人気おすすめランキング15選【お風呂掃除がラクに】|セレクト - gooランキング, 予洗いをした後、すぐにカビ取り剤を塗布してしまうのはNGです。カビ取り剤の効果を高めるには、乾燥した状態でカビ取り剤を使用することが大切。濡れたままだと、水分でカビ取り剤が薄まってしまったり、密着度が弱まってしまいます。, 時間があるなら自然乾燥させるのがベスト。サーキュレーターなどを使用するのもおすすめです。あまり時間がない場合はタオルなどで綺麗に水分を拭き取ってからカビ取り剤を使用しましょう。, カビ取り剤を塗布したあとは、カビと薬剤をより浸透させるために、ラップなどでパックをするのがおすすめです。ぴっちりとパックをしたあとは、しばらく時間をおくことで高い効果を得ることができます。, また洗い流す際には、ゴシゴシこすってはいけません。あまり強くこすると傷がつき、その部分にカビ菌が入り込んでしまう可能性があります。洗い流す際は優しく丁寧にを心がけましょう。, せっかく綺麗になった場所は、綺麗に保ちたいですよね。そんな時はカビ予防剤を使うのがおすすめです。お風呂場なら燻煙タイプの予防剤が手軽。水を入れて90分ほど放置しておくだけで、カビを生えにくくしてくれます。, また、お風呂の天井や壁などに貼るタイプのカビ予防剤も、貼るだけで気軽に使えるので掃除も非常に楽なのでおすすめです。, 窓際やクローゼットなどには、吊るすタイプの防カビ剤や置き型の防カビ剤が便利です。ゴムパッキンにはスプレー式のカビ防止剤はもちろん、アルコールスプレーでも防カビ効果が期待できます。, 塩素系のカビ取り剤はカビ取りの効果が高く、頑固なカビ取りには欠かせません。しかし、塩素系のカビ取り剤と酸性の洗剤を一緒に使ってしまうと、有害なガスが出て危険を伴います。, 酸性の洗剤だけではなく、ナチュラルクリーニングで使用することが多いお酢やクエン酸なども使用しないように気を付けましょう。塩素系のカビ取り剤には「まぜるな危険」などの注意喚起が記載されています。購入の際はしっかりと確認しておきましょう。, 今回はカビ取り剤の選び方や効果的な使い方をご紹介しました。人気の業務用やジェル状カビ取り剤のおすすめ商品ランキングなども参考になったのではないでしょうか。お風呂や部屋などに生えるカビは早めに退治をして、毎日を気持ち良く過ごしてくださいね。, ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年06月29日)やレビューをもとに作成しております。, 除毛クリームのおすすめランキング9選 選び方や肌トラブル対策を紹介!【専門家が解説】.