旅人算の中で基本となる出会い算について考え方と解き方のポイントを解説します。出会い算とは、同時または時間差で反対方向に出発した2人が出会うまでの時間や距離を求める問題です。出会い算の基本問題は次のような問題です。 ここでは、2人が別々の地点から逆向き出発して、出会うまでの時間を求める旅人算の解き方を解説します。少し前にも書きましたが、出発時とゴール時の状況、1分後(1時間後、または1秒後)の状況を考えるのがコツです。 360m離れているAとBが向かい合って、Aが分速60m、Bが分速30mで歩きはじめたときの、出会うまでの時間は何分か? 旅人算の例. Copyright© 2020 All Rights Reserved. šã§è§£èª¬, 2つの地点から2人が逆向きに進み、途中で出会う, 前を進む人に、後ろから追いかけてきた人が追いつく, 2人が池の周りを逆方向に回って、途中で出会う, 2人が池の周りを同じ方向に回って、途中で追い越す, 出発時の状況と、ゴール時の状況を把握すること, 時速なら1時間後、分速なら1分後、秒速なら1秒後のことを考える, 問題用紙の端っこに「みはじ」の図を書く。, 出会うまでに進む2人の道のりの合計を考える。, 時速なら1時間、分速なら1分、秒速なら1秒の間に、2人が進んだ道のりの合計を求める。, 割り算をして出会うまでの時間を求める。, 後ろの人が出発した瞬間の、2人の間の道のりを求める。, 時速なら1時間、分速なら1分、秒速なら1秒の間に縮まる2人の間の道のりを求める。, 割り算をして追いつくまでの時間を求める。, 出会うまでに進む、2人の道のりの合計を考える。, 時速なら1時間、分速なら1分、秒速なら1秒の間に2人が進んだ道のりの合計を求める。, 追い抜くまでに、どっちがどれだけ多く進んだかを考える。, 時速なら1時間、分速なら1分、秒速なら1秒の間に、どっちがどれだけ多く進んだかを求める。, 割り算をして追い抜くまでの時間を求める。. 旅人算が難しい」という中学受験生の方、そんな難しい問題に取り組んでいる立派なあなたを助けるために、東大卒講師歴20年の図解講師「そうちゃ」が分かりやすく説明します!読んだ後は「旅人算」が前より得意になっているでしょう♪旅人算の基本公式旅人算 「速さ」とは「一定時間あたりに進む長さ」になります。速さの単位については、次のような言葉で表します。 1. SPIの問題で扱われる旅人算。この旅人算とは、2人が出会うのは〜、追いかけ、追いつき、追い越すのは〜と出題されるアレのことです。解き方のポイント”速さの和と差”を押さえることで簡単に攻略できるのですが、普段の生活では出くわさず、忘れてしまいますよね。ここでは、わかりやすく解き方を説明して、問題を簡単に解けるように説明していきます。. 池の周りの問題は、上の2つが理解できていると習得しやすい傾向があります。 ただ、どこで追いつく?出会う?という問題になると、ミスが生じやすいのも確かです。 【練習5】 1周700mの池があります。 わかりやすい解き方に入る前に、前提として理解しておかなくてはいけないのが、 速度、距離、時間の所謂、”速さの計算”についてです。特に時速、分速、秒速などの意味をきちんと押さえておきましょう。 速度、距離、時間 → 簡単攻略計算 例えば、分速50mで1時間歩きました。とある場合、分速50m/時と表記されるのですが、解く際には、分速を”時速”に直すか、1時間を”分”に直してから計算する必要があります。 この『単位を揃える』ことは、非常に大切なポイントになりますので、もし「あれっ!?」と … 中学受験の算数に出てくる旅人算の解き方についての解説です。基本的な問題から追越し算、池を回るタイプの旅人算や貯金額を求めるものなどオリジナル問題を掲載しています。最も基本となる旅人算の問題はお互いに向かって進んでいる(旅をしている)二人がいつ出会うかというものです。 SPI速度算(旅人算)の練習問題. 高校生は1~7の問題ができれば合格です。 2番の問題の数値に誤りがありましたので訂正しました。 4番の解答が間違っていましたので訂正しました。D → F. この練習問題のプリントはこちら>>> sokudozan.pdf I, ’†ŠwŽóŒ±‚ɖ𗧂ƒCƒ“ƒhŽ®ŒvŽZpi2Œ…‚Ì‚©‚¯ŽZj, “ñl‚Í”½‘ΕûŒü‚ɐi‚ށiu‰w‚©‚玩‘îv‚ƁuŽ©‘î‚©‚ç‰wvj. Landgather , 池の周りの旅人算. 旅人算① 出会う旅人算の解き方. 1分あたりに進む長さ=分速、毎分 3. 1秒あたりに進む長さ=秒速、毎秒 2. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 速度、距離、時間の所謂、”速さの計算”についてです。特に時速、分速、秒速などの意味をきちんと押さえておきましょう。, 例えば、分速50mで1時間歩きました。とある場合、分速50m/時と表記されるのですが、解く際には、分速を”時速”に直すか、1時間を”分”に直してから計算する必要があります。, この『単位を揃える』ことは、非常に大切なポイントになりますので、もし「あれっ!?」と思う方は、リンク先で確認してから始めましょう。, 旅人算とは、算数の”速さ”に関する問題の一種で、追いつき算、出会い算の2種類を合わせて、このように呼ばれます。, AさんとBさんがP地点からQ地点までの距離をある速さでAさんはPからBさんはQから出発した場合、何分後に出会いますか?や出会う地点は?と聞かれる問題です。, AさんとBさんがP地点からQ地点までの距離をある速さでAさんが先に出発して、後からBさんが追いかけると何分後に追いつくか。と聞かれる問題です。, 旅人算の計算にはポイントがあり、これを押さえることで、感覚的にわかりやすく捉えていくことができます。, それに加え、右記している速度のカッコ内”プラス +” “マイナス −”に注目してください。, そして、“出会い算”の基本的なパターンが、①と②、“追いつき算”の基本的なパターンが③と④です。, 旅人算では、出会うのは、出発してから何分後?や追い越しました。分速は?など応用が問われることが多いです。しかし、上記で説明してきた基本パターンは一緒なので、きちんと押さえて、そこから一つ一つ焦らずに考えていくことが大切です。. 1時間あたりに進む長さ=時速、毎時 例えば1秒あたりに2m進む人の速さは「秒速(毎秒)2m」です。これを1分あたりに換算すると、2×60=120(m)進むことになるので、「分速(毎分)120m」となります。さらに1時間あたりに換算すると、120×60=7200(m)、つまり7.2㎞進むことになるので、「時速(毎時)7.2㎞」となりま …