子どもは、急に「お腹が痛い」と訴えることがあります。子どもの腹痛の原因は胃腸炎や便秘、食べ過ぎなどが大半ですが、ときに緊急対応を要する疾患である場合があります。あいち小児保健医療総合センター救急科医長の伊藤友弥先生にお話を伺いました。, 腹痛の原因は様々なので、緊急度が高いものかそうでないかの見極めは医療者にも難しいことがあります。胃腸炎や便秘など消化管が原因で起こるものが多く、漠然と内科的なものをイメージしがちです。, しかしその一方、外傷が原因の腹痛もあります。例えば、お腹をどこかにぶつけたなどの場合です。子どもの腹部外傷は、大人よりも臓器損傷を起こしやすいことが知られています。これは子どもが大人に比べて脂肪が少なく、肝臓・脾臓・腎臓などの臓器自体がお腹の中で占めるスペースが大きいためです。お腹を打ったとき、大人であれば肋骨骨折になる程度でも、子どもは肝臓の損傷が起こって重症になることがあります。, また、お腹の臓器以外が原因となっている腹痛も見逃してはなりません。例えば、男子ならば精巣の痛みの可能性もあります。, 医療者はもちろん、患者さんや親御さんも、共に「腹痛といっても消化管以外のこともある」ということを知っておきましょう。, 子どもの腹痛で重要なポイントは、「手術などの外科的処置(外科的介入)が緊急に必要なもの」をきちんと見つけることです。例えば、急性虫垂炎、腸閉塞(イレウス)、腸重積、そけいヘルニア嵌頓(かんとん)、内ヘルニアなどといった疾患がこの部類に入ります。乳幼児であれば、不機嫌が続いている・顔色が悪い・嘔吐(特に緑色の吐物は注意が必要)・血便の症状がそろう場合は、腸閉塞や腸重積を強く疑います。, また、最大のポイントは、腸に血液の流れがいかなくなる状態(血流障害)が進行し腸が壊死してしまう前に、できる限り原因を見つけ出すことです。そのため、短期間に血流障害が進行する疾患を疑う場合は原因検索を直ちに開始すること、かつ場合によっては原因を見つけるための手術が必要です。一方、血流障害の進行がゆっくりであり、病院を受診した最初の時点では診断がつかないことも多々あります。, 「時間的経過」をみることも必要です。例えば急性虫垂炎は手術が必要となることがある疾患ですが、最初の痛みは激しくないため、初めの症状からは急性虫垂炎とわからないケースも多くあります。また、「右腹が痛い」という症状が急性虫垂炎の初期症状であることもあります。いずれにしても、時間経過を見ることで、急性虫垂炎の症状が現れてきて診断がつくことになります。, 腹痛は時間経過を追う必要もありますが、再受診を我慢する必要はありません。例えば、急性虫垂炎の場合、時間を置き過ぎると炎症が進行しすぎてしまうこともあります。強い痛みが続くならば、同じ日にもう一度受診することも必要です。, 子どもが腹痛を訴えてもすぐに治ったり、食欲や元気があり、かつ顔色がよければ自宅で様子をみてよいでしょう。, お腹の痛みの性状、いつから始まったのか、どのようなときに痛くなったり治まったりするかの3つを伝えましょう。また、嘔吐した場合は吐物がどういう色だったかも重要な診断材料になります。最近ではスマートフォンなどで写真を撮り、持ってきてくれる方もいらっしゃいます。また、便に特徴がある場合も、便をオムツごと持ってきたり、スマートフォンで写真を撮ってきていただけると診断の参考になります。, また、お腹をぶつけた経歴を親御さんが把握していれば教えてほしいです。腹部外傷では、「このくらいの打ち方であれば平気である」という目安はなかなかありません。大人であれば大したことのない程度の打撲でも、子どもの場合だと臓器損傷を起こしている可能性があります。, 「こどもの様子がおかしい」と思ったときは、日本小児科学会が運営する「こどもの救急(ONLINEQQ)」も参考にしてみてください。, 国立成育医療研究センターや東京都立小児総合医療センターで小児救急の医員を経験。厚生労働省でも小児救急を担当する専門官を経験し、臨床と行政の二つの視点を持つ。子どもたちの代弁者となるべく、チーム医療も実践しながらより良い小児救急医療の充実を目指している。, アレルギー科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 循環器内科 感染免疫科(感染症科/予防診療科), 新型コロナウイルス感染症と付き合っていくための"新しい生活様式"とは〜まだマスクの着用は必須なの?個人が気をつけられる具体策は?〜, がん患者や家族の新型コロナウイルス感染症への不安〜不安を抱えたがん患者に対して家族ができることは?〜, 社員に新型コロナウイルス感染症の疑いが出たらどうするの?~企業が行うべき感染対策とは~, 名古屋市立東部医療センター 病院長、名古屋市立大学病院 副病院長/耳鼻いんこう科 診療科部長、名古屋市立大学 大学院医学研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科学 教授, 本サービスにおける医師・医療従事者などによる情報の提供は診断・治療行為ではありません。, 本サービス上の情報や利用に関して発生した損害などに関して、弊社は一切の責任を負いかねます。. 慣れない環境での生活が続くことでストレスがたまったり、また食事がこれまでと変わったりすることで、胃酸の分泌量が増えて粘膜を傷つけた� ノロウイルスは、急性胃腸炎(食中毒)の原因となるウイルスです。ウイルスに汚染された食品を飲食するこ, 新生児(生後28日未満)の赤ちゃんは、よく母乳やミルクを吐きます。1日に数回吐くのはごく普通のことです。この現象は新生児嘔吐と呼ばれますが、, 小児鼠径ヘルニア ( 外鼠径ヘルニア ) 子供が下痢のときの食事は、消化吸収の良いものを食べ、消化吸収の悪いものや胃への刺激が強いもの、腸壁の蠕動運動を促進, Copyright (C) 2020 よくある子供の病気と対処法(症状別) All Rights Reserved. お腹の痛みがずっと続くときに考えられる病気について解説させていただきました。 自分の症状に当てはまりそうな病気がありましたか? 様々な病気が考えられますが、腹痛が長期間続いている場合は病院で検査に行ってみましょう。 子供の腹痛から考えられる病気 慢性腹痛は通常は小児にみられ、5歳以降に現れます。5~16歳の約10~15%(特に8~12歳)に慢性または反復性の腹痛がみられます。男児と比べ女児にやや多いようです。成人の約2%(主に女性)に慢性腹痛がみられます。 細菌性急性胃腸炎 【症状と対応】腹痛とほぼ同時に発熱します。血便や膿の混ざった便が出ることも。病原性大腸菌が原因の場合は、下痢が続き、黄疸、血尿、皮下組織にあざのような内出血も見られます。肝機能障害、意識障害、脱水症状を起こすことも。原因菌には、病原性大腸菌以外にも、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ菌、黄色ブドウ球菌など各種ありますから、まず病院で便検査をして原因菌を特定し、菌に応じた治療が必要です。抗生物質が治療によく使われますが、年長の子供の場合は、薬を使わずに、下痢による菌の自然排除だけで完治することが珍しくありません。また、下痢止め薬を不用意に使用すると、腸内の原因菌を返って増殖させる可能性があります。医師の指示に従って薬を使用してください。, タグ:かぜ, せき, たん, 下痢, 反復性腹痛, 呼吸器系, 咳, 喘息, 子供, 小児喘息, 抗生物質, 止まらない, 熱, 病気, 発熱, 百日咳, 盲腸炎, 細菌性急性胃腸炎, 腹痛, 虫垂炎, 血便, 血尿, 長く続く, 長引く, 黄疸, 大人では、食事をしてから2~3時間後の空腹時、みぞおちあたりに鋭い痛みを感じるという人がよくいます。この症状は空腹時痛と呼ばれますが、実は子, 子供の毎日の腹痛 ノロウイルス と その感染症 子供の嘔吐はさまざまな病気で見られますが、発熱などのときに副次的な症状として起こる場合については、「子供の発熱, 子供の下痢が続くとき 今回はお腹の痛みが続く、腹痛が続く原因や病気を、左側や右側等の場所や症状別に、詳しく解説していきます。また原因不明のお腹の痛みの場合、なぜ痛くなるのか、お腹の痛みが続いている、治らない時の市販薬等の対処法もご説明します。 子供の腹痛で、毎日あるいは数日置き、または周期が一定していなくても比較的頻繁に繰り返す痛みの場合は、一般に1時間もしな, 子供の嘔吐から考えられる病気 子供の下痢には、ウイルスや細菌の感染症でよく見られる激しい下痢のほかに、感染症とは無関係と思われる下痢も多く見受けら, 子供が嘔吐したとき 家庭での対処法 心因性腹痛 【症状】毎日のように決まった時刻や, 子供の腹痛が続くとき 子どもはたびたび熱を出すものですが、熱が下がらずや高熱が続くと心配なもの。いったいどんな原因が考えられるのでしょうか。代表的な病気と、発熱時の対処法をまとめました。※あくまで一例なので、安易に自己判断せず、高熱が続く場合は病院へ行きましょう 娘は8歳です。4日前に病院に行き整腸剤ビオフェルミンを処方され飲ませていますが娘がもう1週間も下痢と腹痛に悩まされてます。おなかの風邪と判断されましたが同じような診断うけた方いますか?風邪で1週間も続くのでしょうか‥?食 Please confirm that you are not located inside the Russian Federation, ここから先は第三者のウェブサイトになります。当社は、第三者のウェブサイトのコンテンツに関与しておらず、掲載内容について一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。, 慢性の腹痛は、3カ月以上持続する痛みです。常に痛みがある場合(慢性)もあれば、痛みが現れたり消えたりする場合(反復性)もあります。慢性腹痛は通常は小児にみられ、5歳以降に現れます。5~16歳の約10~15%(特に8~12歳)に慢性または反復性の腹痛がみられます。男児と比べ女児にやや多いようです。成人の約2%(主に女性)に慢性腹痛がみられます。, 通常は、腹痛が3カ月以上持続する時点までに医師による評価を受けており、腹痛を引き起こす典型的な病気( 急性腹痛)はすでに特定されています。この時点までに評価が行われていて原因が特定されていない場合、具体的な身体の病気が認められる人は約10%に過ぎません( 慢性腹痛の身体的原因と特徴)。残りの90%は、いわゆる機能性の腹痛です。, 機能性疼痛は、実際の痛みが6カ月以上持続するもので、具体的な体の病気(消化性潰瘍など)の証拠が認められなくても発生します。また、身体機能(月経、排便、食事など)、薬、毒性物質とは関連していません。機能性疼痛は重症化することがあり、一般的に生活に支障が生じます。この痛みの正確な原因は不明です。しかし、ほとんどの人にとって苦にならない感覚(消化管の正常な動きなど)に対して消化管の神経が過敏になることがあります。遺伝的要因、生活面でのストレス、性格、社会的状況、または基礎にある精神障害(うつ病や不安など)は、すべて機能性疼痛の一因になる可能性があります。小児における慢性腹痛は、注意を引きたい場合(兄弟姉妹が生まれた場合や家族の引っ越しがあった場合など)、就学開始のストレス、乳糖不耐症、またはときに小児虐待に関連することがあります。, 身体の病気の多くが慢性腹痛を引き起こします( 慢性腹痛の身体的原因と特徴)。最も一般的な原因は年齢により異なります。, 消化性潰瘍またはアスピリンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)などの薬による消化不良(消化障害), 胃の不快感(アスピリンやNSAID、コーラ飲料[酸性度]、香辛料の効いた食品に起因), 成人では、がん(胃がん、膵臓がん、結腸がん、卵巣がんなど)がより一般的になります。さらに、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患、子宮内膜症などの病気がある女性が更年期になると、腹部症状が増加します。, 医師はまず、痛みが機能性疼痛なのか、病気、薬、または毒性物質により生じたものかに注目します。これを区別することは困難な場合があります。しかし、警戒すべき徴候がみられる場合は、機能性疼痛の可能性は低くなります(まったくないわけではありません)。, 慢性腹痛のある患者に警戒すべき徴候が現れた場合、直ちに医師の診察を受ける必要がありますが、警戒すべき徴候が食欲不振、黄疸、または腫れだけの場合は例外です。食欲不振、黄疸、もしくは腫れがみられる場合、または悪化する痛みが持続する場合は、数日中から1週間以内に医師の診察を受ける必要があります。これらの警戒すべき徴候がみられる場合、身体的原因の可能性が非常に高くなります。警戒すべき徴候がみられない場合は、頃合いを見て医師の診察を受ける必要はありますが、数日程度の遅れは問題になりません。, 医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、痛みの原因と必要になる検査を推測することができます( 慢性腹痛の身体的原因と特徴)。, 医師は、痛みが和らいだり、強くなったりする活動(食事、排尿、排便など)について特に質問します。乳糖不耐症が多くみられる(特に黒人)ことから、腹痛やその他の消化器系の不調が乳製品を食べたり飲んだりした後に発生するかどうかが重要です。医師は、他の症状(嘔吐、下痢、便秘など)、食事、腹部に及ぶ手術、使用している薬、腹痛に対して受けた検査や治療についても尋ねます。腹痛を起こす病気がある家族がいるかどうかも重要です。, 身体診察では、特に腹部を中心に、圧痛がある場所、腫瘤または臓器腫大がないか確認します。通常は、直腸診が行われ、便に血が混じっていないか調べます。女性では内診が行われます。医師は、皮膚が黄色くなっていないか(黄疸)、脚に発疹や腫れがないかに注意します。, 患者は、初回来院からフォローアップの来院までに、痛み、排便、食事、痛みのきっかけと思われる活動、試みた治療、治療の効果に関する情報を記録するよう指示されることがよくあります。, セリアック病の患者がグルテンを含む食品を食べた際に産生される抗体の量を測定する血液検査, 通常不快感はないが、結腸が部分的に閉塞すると、けいれん性の不快感が生じる可能性がある, CT検査や直腸にバリウムを注入してから行うX線検査などの画像検査(下部消化管造影検査), 胸やけ(上腹部で始まり、のどへ移動する灼熱痛で、ときに口の中に酸っぱい味覚を伴う), しばしば、医師の診察と、酸の産生を抑制する薬による治療だけを試みる(症状が緩和したら、原因はおそらく胃食道逆流症), ときに、上部消化管の内視鏡検査(観察用の柔軟な管状の機器による食道と胃の検査)またはバリウムを経口投与してから行う上部消化管のX線検査(食道造影), 乳糖を含む食べものが症状のきっかけかどうかを確認するために、それらを排除した食事(除去食), 内視鏡検査と生検によるヘリコバクター ピロリ Helicobacter (H.) pylori(ピロリ菌)(消化性潰瘍を引き起こすことがある細菌)の検査, 上部消化管造影検査(バリウムを飲んだ後に胃と小腸のX線撮影を行う検査)とそれとは別の小腸のX線検査, しばしば結石が確認されている人にみられる、現れたり消えたりする横腹(側腹部)の痛み, 築30年を超える家(鉛を含む塗料が使用されていることがある[1978年に使用禁止])に住む幼児に多い, *身体的原因が慢性腹痛の原因となるのは約10%に過ぎません。ほとんどの場合が機能性腹痛です。この表に慢性腹痛の身体的な原因のすべてが挙げられているわけではありません。, †この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。, ‡ほとんどの慢性腹痛患者に対して、医師は一般的に血算、肝機能や膵臓機能を評価する血液検査など、基本的な血液検査と尿検査を行います。これらの検査と診察の結果を基に他の検査が行われます。, CT = コンピュータ断層撮影、MRCP = 磁気共鳴胆道膵管造影、NSAID = 非ステロイド系抗炎症薬, 通常は、医師が特定の検査を行います。この検査には、尿検査、血算、肝臓と膵臓の機能を調べる血液検査などがあります。通常は患者が50歳以上の場合に、大腸内視鏡検査も推奨されます。患者が50歳未満の場合に腹部のCT検査を推奨する医師もいますが、特定の症状が現れるまで待つ医師もいます。病歴聴取と身体診察の結果に応じて、他の検査が行われます( 慢性腹痛の身体的原因と特徴)。, いずれかの検査結果が異常な場合、新たな症状が現れた場合、または診察中に新たな異常が検出された場合は、追加の検査が行われます。, 腹痛の治療法は原因によって異なります。例えば、乳糖不耐症の場合、乳糖を含まない(ミルクとその他の乳製品を除去した)食事が役立つことがあります。便秘の場合は、数日間にわたり下剤を使用し、食事の食物繊維を増やすことが役立つ可能性があります。, 機能性疼痛の治療は、通常の日常生活に戻れるよう支援すること、また不快感を和らげることに重点を置いて行われます。通常は、複数の方法を組み合わせて治療が行われます。最善の組合せを決定するには、数回の来院が必要になる場合があります。医師はしばしば、患者の都合に応じてフォローアップのための来院を計画します。来院は問題が解消してから十分な時間が経過するまで続けます。, 機能性疼痛の診断が下されると、痛みは現実のものであるものの、深刻な原因はなく、心理的な要因(ストレス、不安、抑うつなど)が痛みの引き金になったり、痛みを悪化させたりすることを医師は強調します。詳しい検査を行っても症状の身体的原因が明らかにならなかった場合、医師は検査を繰り返すことを避けようとします。, 機能性の慢性腹痛を治癒させる治療法はありませんが、役に立つ手段が多く利用できます。そのような手段は、医師と患者、その家族の間の信頼と相互理解に基づく人間関係をベースとしています。医師は、臨床検査などの検査結果から患者が危険な状態にないと示されていることを説明します。医師は、仕事、学校、社会的活動への参加を勧めます。このような活動により状態が悪化することはなく、独立性や自立心が高まります。日常生活をしなくなると、生活により症状を抑制するのではなく、むしろ症状により生活が左右されるリスクがあります。, 医師は、痛みの緩和にアセトアミノフェンまたはその他の強くない鎮痛薬を推奨することがあります。食物繊維の多い食事や食物繊維のサプリメントも役に立つ可能性があります。多くの薬が試験的に使用されていて、成功の程度は様々です。そうした薬としては、消化管の筋れん縮を軽減したり止めたりする薬(鎮けい薬)やハッカ油などがあります。, ストレスや不安の原因は、可能なかぎり少なくします。親やその他の家族は、痛みに注意しすぎることで、痛みを強くしないようにすべきです。不安感や抑うつが続き、それが痛みに関係しているとみられる場合、医師は抗うつ薬や不安を軽減する薬を処方することがあります。リラクゼーション訓練、バイオフィードバック法、催眠法などの行動を変えるのに役立つ治療法も不安の軽減に役立ち、より痛みに耐えられるようになる場合があります。, 小児では、親による支援が不可欠です。親は、子どもが自立するように促し、子どもに当然の責任(特に学校への出席)を果たさせるように指導されます。子どもが活動を避けることを許すと、実際には子どもの不安が増す場合もあります。親は、子どもの自立や責任ある行動を褒めてご褒美を与えることで、日常生活での痛みの管理を手助けすることができます。例えば、子どもとの特別な時間や特別な外出を計画することで、子どもにご褒美を与えることができます。学校の職員を関わらせることも役立つ可能性があります。登校した日も保健室で少し休んでから15~30分後に授業に戻ることができるように、取り決めることができます。養護教諭は、ときに小児が親に電話することを許可してもよく、この場合、親は子どもが学校に残るよう励ますべきです。, 直ちに医師の診察を受ける必要がある症状には、高熱、食欲不振、体重減少、目が覚めるほどの痛み、血便、血尿、黄疸、重度の吐き気と嘔吐、嚥下困難、脚や腹部の腫れがあります。, 異常な検査結果、警戒すべき徴候、または特定の病気の症状が認められた場合にのみ、追加の検査が必要です。, 機能性疼痛に対する治療としては、ストレスや不安を最小限に抑えることの習得、通常の日常生活への参加、痛みの緩和(強くない鎮痛薬で)、ときに不安を軽減するための薬の服用や行動変容療法の使用、または食事の変更を行います。, Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。私たちのコミットメントの詳細は、Global Medical Knowledgeをご覧ください。, 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。, このサイトは、 信頼できる医療・ 健康情報のための 倫理標準である HONcodeの条件を満たし ています: こちらから確認してください。, The trusted provider of medical information since 1899, © 2020 Merck Sharp & Dohme Corp., a subsidiary of Merck & Co., Inc., Kenilworth, NJ, USA.