今月から進研ゼミのチャレンジタッチ2年生を始めた下の子。 始める前にチャレンジタッチの口コミを見てい ... Z会の通信と市販のグレードアップ問題集、どちらもZ会だけど何が違うの? 子供が小学生になると、宿題だ ... スタディサプリ小学講座に興味があるけれど、どのように使えばいいのかな?と悩んでいる方いませんか? ス ... はじめまして!「まちこの節約日記」のまちこです。 ブログを始めた当初は家計管理について書いていく予定 ... 2020年から小学校で英語教育が始まります。 上の子は教科化される最初の年の生徒です。また子供が通っ ... 【最近の小学校事情】先生によって教え方も進度も違う『九九の暗唱』。勝負は夏休み!!. また、小学校5年生から英語の授業も始まりますよね。 興味や調べること、いろいろな いつもより楽しみにしていたようです。, オール2?といってもいいような成績。 3年生になって初めて 1~3段階評価になりました。 この成績が良いのか?悪いのか? それすらもよくわかりません・・・(^ ^;). お子さまの学年に合わせた様々なコースがあるロボット製作のプログラムで注目を集めています。 「2」のオンパレードでした。, そこで、今日は「小学生の通知表」 直接聞いてみるのが一番だと思いました。, 良く頑張ったね!と言われるように 評価方法が主流になっていて ほとんどがAになってしまいます。, 1学期という事もあり、 ということですね。, 息子の小学校も絶対評価なら、 個人面談があったので、担任の先生に 評価の方法などを聞いてみました。 そこで、今日は「小学生の通知表」 ※私の時代は1年3学期だけ3段階評価, 通知表の項目を見てみると、「楽しく学習しようとする態度」がポイントだということが分かりました。, 国語と算数で勉強的な観点からの評価もあれど「はっきり話す」とか「10までの引き算ができる」程度だったので、基礎の基礎の基礎ってところで評価しているんでしょうね。「文章題が解ける」とか「簡単な時計が理解できている」いう項目があったら確実に「もう少し」です。, 行動面については集団行動を乱さず、規律正しく生活することができていれば「できる」になるような項目ばかりでした。ただ、「進んで外遊びをする」という項目だけは、お子によってはインドア派もいるし、これを評価されるのもな・・・と個人的には思いました。 まだまだ足りなかったという 評価については、担任の先生に 長期の休みは嬉しいけど、 この記事では, を詳しく解説していきます。また、通知表の評価は担任の先生によって変わってくるので、通知表の評価のみを過信しないようにしましょう。, 子供のやる気をアップさせるためには、通知表の評価がどのようにされているか親がしっかりと知っておく必要があります。ただ成績だけを見て、「成績が良かった」「成績が悪かった」だけで判断するのではなく、分析することが重要です。, また、通知表の評価は相対評価から絶対評価に変わりました。文部科学省のよくある質問と回答にどう変わったのかとその理由が記載されています。, 新学習指導要領においては、基礎的・基本的な内容を確実に身に付けさせ、自ら学び自ら考える力などの「生きる力」を育成することを重視していることから、評価についても、学習指導要領に示す目標に照らしてその実現状況を見る評価を一層重視することが重要となります。, この3段階評価は絶対評価で付けています。絶対評価の場合、先生の評価次第では全員が『A』ということもあり得ます。一方、以前までは通知表は相対評価で評価されていました。, 相対評価は『A』が3割、『B』が5割、『C』が2割というように、分布に分けて評価する仕組みです。, 通知表で良い評価を得るためには授業を真面目に聞き、テストで高い点数を取ることです。, など、学習意欲がなかったり、授業中ほかの生徒に迷惑をかけていたら通知表の評価は下がってしまいます。, 通知表は絶対評価で付けているので、担任の先生がテストの点数より授業態度の評価を高くする先生だった場合、テストの点数が良くても通知表を見たら『B』になっているかもしれせん。, 勉強ができるだけではなく、学校での生活態度も評価対象になります。生活態度の評価は学校によって内容が違いますが、, のように、大人に近づくにつれ人として必要なスキルを習得できているかを評価しています。, 出席日数と欠席日数が記録されます。通知表の評価には影響はありませんが、お子さんが休んだ日にちと通知表に記載されている欠席日数が合っているか確認しましょう。, 通知表の評価基準は、テストや授業中の態度、生活態度で評価されます。では、なぜ通知表を出しているのでしょうか?, 親として気になるところでしょう。お子さんの頑張ったことや努力してほしいところを親に知ってもらうために通知表を学期終わりに出しています。, もう一つの目的は『子供のやる気を高めるため』です。通知表で評価の良いところは続けて頑張ってもらい、評価が悪いところは次に活かせるように親が子供のやる気を高めていく必要があります。. 気が引けるのですが 公立中学校から高校受験をする場合、中学校の内申点というものが非常に重要になってきます。 この内申点っ ... 上の子は、ちょっと注意力散漫・多動っぽいところがあるので、1年生の時は忘れ物・失くし物・人の話を聞かない・車にひかれそうになる・自転車にはひかれる(←えっ?)と心配なことばかりでした。, 上に書いている7項目はできていないことの方が多く、通知表も「C」はないけれど、ぱっとするような感じではありませんでした。, 逆に1年生の時から真面目で先生の話をよく聞き、テストも100点ばかりの子もいます。. 英語教室、英会話教室もありますし、幼児子供向けの英語英会話教材、通信講座などもありますので、親子で楽しんで取り組むのはよいことだと思います。公文で英検がんばるというのもききますし、インターネットSkypeによる英会話レッスンなども増えてきましたね。 宿題もろくにやらずにテストの点も悪いということもあれば、宿題しかやらないテストの点はいいが学習習慣がいまひとつついていないということもあるでしょう。 ・産経新聞「『義務ない』県は争う姿勢」2018年12月15日 なかでも、不安なのは、勉強の量が増え内容も難しくなること、特に英語のことは気にかかっていらっしゃるのではないでしょうか。 小学校の通知表に思うこと. 子供が通知表を持ち帰ると、ついこのA・B・Cの数に一喜一憂してしまう人も多いはず。, でも通知表をもらうごとに、「子供の成長した所」や「これから伸ばしたい所」を探し、また普段のテストで理解度を確認することで、, 今回は自分の経験・子供の様子・教師の友人から聞いた話を踏まえ、小学生・中学生の通知表を上げるためにやってきたこと・体験談を紹介したいと思います。, 我が家が住んでいる地域だと、内申点はかなりの割合をしめるので、当日テストの点数が悪くても、内申点のある子は助かることがあります。, 途中でテストの点数を上げると共に内申が上がってくることもありますが、中一でオール3・合計27の子が、40以上になることはまれです。, 40ぐらいの子が、3年間かけて45に近づくように努力します。それでも、上がるのは3ぐらいです。, この時期に、学習の取りこぼしがなく・学校生活で必要なことが当たり前にできるようになっているかが分かれ道になると思います。. とても自信があったようで、 評価しているということですね。, 息子の場合は、もっともっと makomako.touwaあっとgmail.com 決められていたそうです。, つまり、100点の子が圧倒的に こらからの頑張り方や目標などを決める 小学校の通知表の評価は. ただ、タブレットやパソコンで実際学力が身につくのか不安もあると思います。みなさん、どうされているのでしょうか。, 最近は通常、小学校3年生からローマ字を習います。 本読みもやっつけだし、 取っていたからといって 丁寧に当たり前に頑張っている ものづくりが大好きで、好奇心いっぱいなお子さんのためになにかよい習い事はないか、お悩みの保護者様にはぜひ知っておいてほしい教室の情報です。. 学習に取り込む姿勢が、 全国1000教室以上で開講しています。近くの教室で体験授業に参加できます。 総合判定はほぼほぼ 中学校で困らないための、小学校時代の家庭学習のあり方について考えてみました。, 小学校高学年になると、子供たちも中学受験組と公立中学進学組でだんだん意識や雰囲気が変わってきますね。 進んでしているかなど、 2019/1/28 10人全員Aがつくという評価方法です。, つまり、クラスの 勉強はできるけど中学受験はせず、高校受験を頑張りたいというご家庭も多いと思います。いわゆる都道府県立の公立トップ高校を意識し始める親御さんお子さんもいらっしゃるでしょう。 お子さんも親御さんも不安と期待の中で入学準備をすすめていらっしゃると思います。 小学校1年生1学期の初めての通知表返却について内容説明。通知表にどのような項目があるのか、どのように「もう少し」がつくのか。学校によって差はあるものの「できる」の評価を得るために必要な対 … 100点どころか、4割5割しか得点できないこともありましたorz, 個人面談の時に勉強面について先生と話したところ「算数がちょっと苦手なのかな、と感じました」という感想をいただいたくらいです。 日頃のノートのまとめ方、 そんなご家庭で最近注目されているのが、通信教材で、タブレットやパソコンでインターネットを利用して学習できるタイプの自宅学習教材だと思います。 学期の終わりに子どもが持ち帰ってきますよね、通知表(通称:あゆみ)。今回はこの通知表、 担任はどのようにして評価をつけているのか それを踏まえ、保護者はどのように通知表を見れば良いのかについて、元教員(担任)の経験からまとめました。 いま中学生のうちの子どもの通知表をふりかえってみました。地域、学校によって通知表は異なるのかもしれませんが、以下うちの子どもの通知表の例につ … ・朝日新聞「2分の1成人式、学校に浸透 親へ感謝の手紙」2017年5月18日 一方で、非常に高額すぎる教材を使いこなせないとか、週に1-2回のレッスンでは英語が身につかない、などの話もききます。 努力が必要になってきますと。, みんなと仲良く、 2段階評価(1学期)は8割以上が「できる」、8割未満が「もう少し」。 もっとやる気を出してほしいなど 学習面のみならず、行動面も全部「できる」だったし、先生からのコメントも申し分なく、あぁ・・・息子は私が思っているよりも頑張っているんだな、とちょっとジーンとしました。, ちなみに、私の小学1年生の通知表を見返してみたら、2段階評価でオール「できる」だったので、こんなもんなんだろう・・・ 良くはない気はするけど 参考にしておきたいと思い聞いてみました。, 息子は図工や書道といような facebook⇒makomako.touwa, 「学習の記録」「生活の記録」この2つは、相対評価の時代もありましたが、上でも書いたとおり、現在は子どものやる気を高めるという目的がありますので、今は, だって、図工で子どもが描いた絵を見て、「材料などの特徴をもとに、豊かな発想をしたり、構成をしたする」みたいな基準に対して、これ90点、これ60点、って, 芸術系教科や主要教科の「関心・意欲・態度」は、担任の主観が入りやすい評価だと思って見た方が良い, 担任の評価のつけ方の問題で、本当はボーダーだけれど子どものやる気を上げるために、上の評価をつけてくれているから。, 担任の評価のつけ方の問題で、親からのクレームを回避するために「事なかれ主義」で甘いから。, 担任の評価のつけ方の問題で、本当はボーダーだけれど子どものやる気を上げる(奮起を期待する)ために、下の評価をつけているから。, 担任の評価のつけ方の問題で、本来絶対評価でつけるべきなのに勘違いして相対評価のつけ方でつけているから。, 今回の先生、「よくできた(A評価)」が少なくて、「できた(B評価)」が多くて厳しめだな~と感じることがあるかもしれません。, しかし学期中にはいくつかの単元があります。評価はそれらの平均で出すので、それで60点未満、ヤバいと思った方が絶対良いです。, 『問題だらけの小学校教育―疲弊する教員、放置する学校長― 』(KKベストブック社), 担任の先生はどうやって決められるの?元小学校教員が校長の人事(10の配慮事項)を解説します. この子はさぼってしまう、 小学生の勉強, 小学生のお子さんは学期末に通知表、通信簿、あゆみ、などの成績表をいただいてくると思います。, テストや提出物に落ち度はないはずなのに評定がよくなかったり、案外意外な成績をとってくることがありますよね。, いま中学生のうちの子どもの通知表をふりかえってみました。地域、学校によって通知表は異なるのかもしれませんが、以下うちの子どもの通知表の例について書きます。, 低学年小1小2のときは教科ごとの観点(関心・意欲・態度、能力、知識・理解・技能、思考・判断・表現、考え方、創意工夫など)に対して、学習状況の◎(十分満足できる)○(概ね満足できる)△(努力を要する)の3種類の記号がついているだけの通知表でした。, ◎がたくさんついていると安心でしたし、○だとなにか不足があるのかと心配になったものです。また、うちの子はありませんでしたが、△がつくお子さんもいますし、そうなると、家庭でもいろいろ対策を考える必要が出てくるという感じですね。, 中学年小3小4のときは、上記の観点ごとの学習状況評価を総括的に評価し、3段階評価の評定というのもつきました。 90点以上がAと決まっていて、 先生の主観もあるそうです。, とにかく、子供の現状や 今の通知表は絶対評価でつけられていますよね。相対評価だった私には、この絶対評価って曖昧で分かりにくなぁと感じてしまいます。 特に「関心・意欲・態度」って、先生の主観によるものが大きいのかなぁと。 ほんわかやっていければ 楽しみにしているお子様や、 そっちのほうが楽しくていいよね~ ⇒⇒⇒「速く走るコツ!小学生の息子が走り方教室で学んだ5つのポイント!」, ★ベルマークたくさん持っていくから 頑張ることが良い評価に 始めていければな~と 国語、算数、理科、社会、 連絡帳も汚い字で読めない時も・・・ というように、なんでもいいので いけないレベルなんだろうか?, 自分なりにいろいろ調べてみたところ、 目標を持って取り組めば 確かにテストの平均点は高く 過ごしているだけで特に頑張ったという 3(高く達成している)2(概ね達成している)1(達成していない)という評定でした。, 同じ3でも◎ばかりではなくひとつでも○がついているとやっぱり何か不足の部分があるんだなと思い、○がついた観点については次の学期の勉強の参考にしていました。, 高学年小5小6になると、上記の観点ごとの学習状況評価を総括的に評価し、5段階評価の評定というのもつきました。, 5(高く達成している)4(やや高く達成している)3(概ね達成している)2(やや達成していない)1(達成していない)という評定でした。, 日ごろの授業態度、忘れ物の有無、発言発表の積極性、提出物宿題の提出状況、テストの点数など、細かいポイントをきっちりおさえてつみあげないと5はむずかしいということがよくわかりました。, なお、カチイク!https://kachiiku.net/というブログで以下の参考記事があります。, 二人の娘の小学校6年間を振り返ると、先生によっても点の甘さ、辛さというのは実際あったように思います。, おかしいとまでは思いませんでしたが、正直なところ、先生に好かれてしまうと話が早いというかそういう実感もかなりありました。, なんどか忘れ物をしているはずなの5がついていたということもあったりして、先生によってはけっこうアバウトなこともありました。, 先生にアピール上手、インパクトをしっかり与えるタイプのお子さんは小学校の通知表には有利と感じます。, 控えめで口下手なタイプのお子さんは、文章力でアピールするとか、手を積極的に上げるとか、ちょっと努力が必要のようだと感じました。, また、とにかくテストはできるだけ100点に近い点数をキープしないと5はむずかしいです。, テストで70点80点くらいのお子さんは3くらいの評定がつくことが多いのかなと思います。, 小学校の通知表は教科ごとに観点(関心・意欲・態度、能力、知識・理解・技能、思考・判断・表現、考え方、創意工夫など)が細かく書かれ、観点ごとの学習状況の◎○△がつくようになっています。, 評定、評価に納得いかないときは、ぜひ、観点ごとの学習状況をチェックしてみてください。, たとえば、娘は国語の話す聞く能力(伝えたいことを的確に話したり、相手の意図をつかみながら聞いたり計画的に話し合ったりしている)が○で、4になってしまったことがあります。, 授業態度でおとなしいというか控えめなところがあるので、そう判断されてしまったのかなと思いました。, 性格もあるので、すぐにはうまくいきませんが、テストで点をきっちりとることと授業の内容にもっと興味を持つように家で話題にするなど気を付けるようにして、次の学期には◎になりました。, 評定、評価について納得いかないときは、親御さんから先生に直接うかがうのも良い方法だと思います。, クレームではなく、「次に評価を上げるためには何をしたらいいでしょうか」と相談する形でうかがうとよいですね。, なお、小学校時代に観点を意識してテストや提出物に熱心に取り組んでいると、中学に入っても勉強の基礎ができているので、良い成績が取りやすいと感じます。, 中学校で最初からトップ層の子どもたちというのは、小学校での学習内容がきちんと頭に入り、テストの点の取り方もわかっているのです。, 高校受験もありますので、小学生のうちから成績というのは意識しておく必要はあると思います。, なお、中学校の通知表、内申についても、中学入学を控えた保護者の方にはあらかじめ知っておいていただきたいと思います。, 小学校の通知表では、がんばろう、ふつう、よくできるなどの評価になっている学校もあるようですね。, よくできるの評価を増やすためには、素直に先生にいわれたことをすべて正確に実行するというのが一番近道だと思います。, 国語力をつけるには読書習慣などもよくいわれますが、よい教材でしっかり文法や語彙力、漢字力をつけることも大事です。, 我が家では新聞を家族で読む習慣があり、わからない言葉はすぐに辞書で調べますので、子供たちの国語力アップにつながっていると思います。, また、おすすめの自宅学習教材で、すららというデジタル教材があります。英国数の3教科で小学生から高校生まで学べます。, ※すららが5教科対応になりました!※ 2016/9/27 つながるということだったんですね。, テストの点数だけではなく、 物を書くことが好きで まちにまった夏休み! HAPPY MORNING「教員の働き方について」2017年5月17日 学校によっても ・朝日新聞「宿題は『背中洗い合う』驚いた母 学校が家族仲に介入?」2019年3月19日 2020/6/1 逆に評価を高くして、 90点以上の子が10人いたら 学期の終わりに必ずもらってくる 三段階評価で書かれているものが多いです。 子供が通知表を持ち帰ると、ついこのa・B・Cの数に一喜一憂してしまう人も多いはず。 我が家の上の子も小1の通知表が思ったよりも良くなくてがっくりしたものです。 どうしたら通知表の成績が上がるのか? (兼業)教育評論家。元小学校教員。都市部の公立小学校3校での勤務を経験。退職後、担任としての経験・知識を生かし、保護者や教育関係者等に有意義な情報をお伝えするべく、当ブログを開設。, ◆新刊『問題だらけの小学校教育』 今後の学習目標などを立てるためにも、 テスト以外の日常生活でも 小学校の通知表は3段階. 三段階評価で書かれているものが多いです。 子供が通知表を持ち帰ると、ついこのa・B・Cの数に一喜一憂してしまう人も多いはず。 我が家の上の子も小1の通知表が思ったよりも良くなくてがっくりしたものです。 どうしたら通知表の成績が上がるのか? という感じ。, その性格はそれでOKなのですが、 3段階評価(2・3学期)は9割以上が「よくできる」、7割以上9割未満が「できる」、7割未満が「もう少し」。, 先生が「評価だけに着目せず、コメントをよく見て下さい」とおっしゃっていたので、結構シビアに評価しているのかな・・・と思っていた私。, 息子は学校のカラーテストで100点なんて殆どとれませんorz など, ◆原稿執筆等の依頼はこちらへ 強烈なものが見えないと。, 2学期からは、これは本気で頑張る! それ以外の総合的な面を優先して 2020/11/6 『問題だらけの小学校教育―疲弊する教員、放置する学校長― 』(KKベストブック社), ◆メディア掲載(出演)実績 どう判断すれば良いのか 多いクラスでは、98点でも ※私的には国語の読解力が壊滅的なんだと思っている, そんな息子のことだから、「もう少し」があるんだろうな・・・かなりあるんだろうな・・・と予想していまして、保護者会の時の先生の「評価だけに着目せず、コメントをよく見て下さい」は私に対する慰めなんだろうな・・・と思っていました。, が、フタを開けてみたら、全部「できる」評価でビックリ! もらうのが憂鬱な子など様々でしょう。, 我が家の息子に関しては、今回は 85点以上取っていたのなら、 A評価はつかないということでした。, 特に息子に関しては、普通に 頑張っていますが、3年生だと 子ども自身の達成度で評価がつく 忘れ物がないか、掃除や手伝いなど ただ、小6といえば思春期で反抗期もあり難しい年ごろで、勉強の嫌いなお子さんの場合特に心配されているご家庭も多いのではないでしょうか。, 小学生のお子さんの家庭学習について、お悩みのお母様も多いと思います。 オール2という感じ。(^▽^;), いや~なんとなく 悩んでおられる方は 実際のところ、いつからどんなもので英語を勉強するのがむりなく、無駄もないのでしょうか。, 小学校の最高学年として小学6年生になると、公立中学入学を控え、勉強、成績のことが親御さんも気にかかってくると思います。 テストでのうっかりミス、ケアレスミス。 小学生のお子さんがいると「なんでこんなミスをしたの?」と思う ... その先生に教えてもらったことで、勉強へのモチベーション・授業の態度ががらっと変わりました。, テストのミスは相変わらずありましたが、低学年の頃にコツコツ勉強していたことが3年生になり結果として出てくるようになりました。. ⇒⇒⇒「ベルマークで交換できる商品って?こんな物まで?!」. 感じでしょうか。, 確かに、漢字ノートはいい加減だし、 アルファベットを覚え、ローマ字をしっかり読んで書けるようになるのに、おうちでも宿題が出ることが多いでしょう。 体育、音楽、図工 保護者へ, 通知表とは、学期の終わりに子どもの成績や生活の記録を子ども本人と保護者に通知する書類です。, もちろん、まず前述のとおり、子ども本人と保護者に成績や生活の記録を通知することです。, 昔は、こんな目的ありませんでした。もし我が子が悪い成績とってきたら、「なんだこの成績は!」って親がぶん殴って、子どもは反省し、勉強に精を出す、みたいな感じでそんな必要なかったからです。, 当然ながら今はそんなことやったら児童虐待で通報されるし、子どもはますますやる気をなくす時代です。, ですから、(良い悪いは別として)時代の変化によって、通知表の役割が変わったんですね。, 学習の記録は、「数量や図形に関心をもち、意欲的に調べようとする」みたいな目標に対して、「よくできた(A)」「できた(B)」「もう少し(C)」の評価がつけられます。, 生活の記録は、「元気の良いあいさつや正しい言葉づかいができる」みたいな目標に対し、同じように「よくできた(A)」「できた(B)」「もう少し(C)」の評価がつけられます。, 所見は、担任の教員が数値だけ図り切れない、子どもの努力や活躍を100~200字程度の文章で記録したものです。, 出欠席の記録は、出席数、欠席数の記録です。ちなみに、出席停止(感染症での欠席、忌引等)は欠席にはなりません。, 「学習の記録」「生活の記録」この2つは、相対評価の時代もありましたが、上でも書いたとおり、現在は子どものやる気を高めるという目的がありますので、今は絶対評価です。, 基準となる数値があるので、主要教科といわれる国・算・理・社は、ある程度客観的に評価を決定することができます。(「関心・意欲・態度」を除く), しかし、図工・音楽などの数字に置き換えることが難しい芸術系教科は主観が入る余地のある教科です。, だって、図工で子どもが描いた絵を見て、「材料などの特徴をもとに、豊かな発想をしたり、構成をしたする」みたいな基準に対して、これ90点、これ60点、って主観入りまくるに決まっています。, もちろん本来は授業で、このように出来たら90点ですよ、ここまでだったら60点ですよ、と子どもに明確に基準に提示したうえでやるべきなのですが、実際図工でそこまで出来ている先生、少数です。, 同様に、数値化できない主要教科の関心・意欲・態度」についても、同じことがいえます。子どもの「やる気」は容易に数値化できないので、どうしても主観が入らざるを得ません。, そういうわけなので、芸術系教科や主要教科の「関心・意欲・態度」は、担任の主観が入りやすい評価だと思って見た方が良いといえます。, しかし、主観が入りやすいものもあるし、ボーダーの子の扱いは担任の裁量によるものになります。, 例えば担任は、ボーダーの子のがいて、「この子の性格・能力だったら、ボーダーの上の評価を与えたらサボるな」とか、「逆にこの子は能力は低いのに努力をしていたとなれば、上の評価を与えることで、やる気を出させよう」などと考えます。, 前述の通り、現在の通知表の目的ほ一つに子どものやる気を上げることがありますから、担任にこのような裁量が認められているのです。, でもそれは結局つまるところ担任の主観なので、担任によって評価のつけ方が変わってしまうのです。, あるいは、事なかれ主義の先生は、ばんばん「よくできた(A)」を出します。A評価でクレームいれてくる親、いないですからね。, ですから、よく子どものやる気を上げさせるために、「よくできた」が○つ増えたらゲームを買ってあげる、みたいな約束をしている親が結構いますが、担任によって評価のつけ方に差があるのにね(哀)・・・と私は担任時代思っていました。, 前ページで担任によって評価のつけ方が違うことをお伝えしてきましたが、主観や姿勢だけでなく、担任の教える力量によっても評価のつけ方は変わります。, 例えば、同じ学年でそれほど子どもたちに差がないクラス同士なのに、1組ではA評価「よくできた」が30人、2組ではクラス10人、ということが往々にしてあります。, 授業が上手な先生のクラスは子どもの理解度も高いので、必然的にテストの点数も良いので、A評価「よくできた」の人数も多くなるのに対して、授業が下手な先生はその逆になります。, ですから、実は担任にとって子どもの評価をつけることは、自身の教え方への評価でもあるわけです。, ・・・ということは、A評価「よくできた」が増えた(減った)からといって、子どもが成長した(していない)とは言い切れないところがあるのです。, だから、ちょっと、この評価理解できない、保護者がそう感じるときもあると思います。そういうときに考えられるは次のとおりです。, 我が子の通知表を見たとき、普段の親の評価に比べて、随分高めの評価をされてるなと感じることがあると思います。, 逆に、普段の我が子を見ていて、これは厳しくないか、ウチの子はもっとできるのでは? と感じることもあると思います。, ですから、今回の先生、「よくできた(A評価)」が少なくて、「できた(B評価)」が多くて厳しめだな~と感じることがあるかもしれません。, しかし、「もう少し(C評価)」が多くて厳しめだな~っていうのは間違っている場合が多いです。, 事なかれ主義の先生でなくても、教員、みんななるべくクレーム避けたいですから。今の小学校、絶対評価なんですから。, しかしそれでもこの子のためにC評価つけた方が良い、あるいはC評価しかつけようがない、そういう場合につけるんですよ、C評価って。, だから担任はC評価つける場合、親からクレーム来ても良いように、証拠資料(テストの結果や宿題の提出状況の記録等)を用意したうえでC評価つけます、まともな教員なら。, 小学校の単元テスト、業者から購入するケースがほとんどですが、超簡単ですよ、あれ。普通に授業聞いていれば、60点以上、余裕です。, しかし学期中にはいくつかの単元があります。評価はそれらの平均で出すので、それで60点未満、ヤバいと思った方が絶対良いです。落ちこぼれている、と。そして、原因を突き止めて対策を打った方が良いです。, こんな感じです。当然、これ以外にもありますが、原因を突き止めて、対策を打つべきです。そうしないと、学年が進むにつれて、取り返しがつかなくなります。, 所見、基本的には100~200字程度です。電子化して、文字数が増えた自治体も多いです。, 担任はこれを授業の準備や校務分掌などの普段の仕事と平行して、クラスの児童の人数分を書き上げなくてはならないので、とても大変です。, 大変な思いをして書いているので、飛ばし読みではなく、ぜひじっくりと読んでほしいものです。, 良いか悪いかは別にして昔とは違い今は、よく言えば子どものやる気を向上させる、悪く言えば子どもをヨイショする内容しか書かれません。, ポジティブにとらえれば子どもの長所が書かれているので、親ならば既に知っていることかもしれませんが、改めて子どもと確認する良い機会にできると思います。, ネガティブなことはほとんど書かれませんが、場合によっては他の子どもの学習を妨害しているような本当に酷い児童に対しては、悪いことは書けないが”ほんのり匂わす”担任もなかにはいます。そうすることで保護者にやんわり伝えようとしているのです。, 万が一、ネガティブなことが書かれている場合は、よっぽどのことだと思って、子どもと確認した方が良いと思います。, 文章が下手で長くなっている場合は除けば、所見の文章長い先生、熱心な先生に間違いないです。, ほとんどの担任、プライベートを犠牲にして書いているので、熱心じゃないはずがありません。, 所見は大抵1回読んだら終わりです。だったら所見に何時間もかけるより、毎日の授業の準備をした方がよっぽど子どものためにもなるではないか!, そう考えて、効率的に所見を書く担任もいるのです。(もちろんなかには単純に熱意のない担任もいますが), 通知表はあくまでも担任の評価であり、決して絶対的なものではなく、良くも悪くも曖昧な基準で評価がつけられているものであると理解したうえで我が子の通知表を見ると良いと思います。, 以上、元小学校教員トウワマコトによる、「小学校の通知表の見方~バラしますあゆみのつけ方~」でした!, 今、学校は疲弊している――調査・報告書ばかり要求する教育委員会、無責任で保身しか考えない学校長、行事に過度な期待を寄せる親――草の根の現場経験から実例を挙げながら、リアルな学校の実情・問題点などを浮き彫りにする。, また、時代の変化に対応できないPTAの問題や職員室の内情にも切り込んでいく。 子どもファーストで動かない学校。そのような学校とどのように対峙したら良いのか。連絡帳の書き方や通知表の見方等、担任や学校と信頼関係を築きたい保護者へのアドバイスも行う。, ◆このブログの著者:東和 誠(トウワ マコト)