近年は個人事業主が事業承継目的やリタイア目的で事業譲渡を行う件数が増えつつあります。本記事では個人事業主の事業譲渡について、手続き方法や契約書の書き方、税務の注意点を紹介します。また、事業譲渡を行う際の注意点についても解説します。 また、廃業のタイミングを年末に合わせることで、節税や煩雑な手続きを回避できるというメリットがあることをご理解いただけましたでしょうか。 高齢や病気、家庭の事情、売上減少などさまざまな理由で個人事業主が廃業するとき、欠かせないのが所轄税務署や管轄の都道府県税事務所への届け出です。それなしには廃業できず、税務上は「事業を継続しているもの」と見なされ続けます。個人事業主なら知っておきたい廃業の手続きと、廃業届の書き方・出し方、廃業を決める前の事業承継という選択肢について、土谷税理士事務所の代表・土谷正剛氏に話を伺いました。, 廃業するにあたって、個人事業を営むすべての人に「個人事業の開業・廃業等届出書」の提出が義務づけられています。これが一般的に「廃業届」と呼ばれるものです。ここでは廃業届の記入方法について、画像を使って解説しながら、その入手先や提出先、提出期限について解説します。, 廃業届は国税庁のホームページよりPDFでダウンロードできます。プリントアウトして手書きもできますが、PDF上に直接入力した後で印刷することもできます。または、税務署に足を運べば、廃業届をはじめ手続きに必要な書類を一通り入手できます。, ①には所轄の税務署名を書きます。毎年確定申告書を提出している税務署になります。②には廃業届を郵送、または直接税務署に持参する日付を入れます。, ③の納税地は、一般的には住所地になりますが、住所地以外の居住地や、事業所等を納税地として選んでいる場合は、そちらを丸で囲みます。その上で、納税地の郵便番号・住所・電話番号を入れます。納税地以外で事務所や店舗を構えている方は、④も記入します。, ⑤には氏名・生年月日を入れ、⑥に12桁の個人番号(マイナンバー)を記入します。⑦には具体的な職業名を簡潔に書き、屋号があればそれも記入します。印刷後、捺印も忘れないようにします。, ⑧の届け出の区分は、「廃業」を丸で囲みます。事由を「売上減少のため」「高齢のため」「会社員になるため」「法人化のため」など簡潔に記します。, ⑨では、該当する所得の種類を丸で囲みます。「全部」または「一部」の選択では、単一の事業を営んでいた場合は「全部」を選びます。複数の事業を営んでおり「店舗経営は止めるが、不動産事業は続ける」といった場合は「一部」を選んで、廃業する事業を所得の種類に書きます。⑩には、任意の廃業日を記入します。, ⑪は、廃業する場合、記入不要です。⑫は、廃業の理由が「法人成り」の場合のみ記入します。, ⑬の廃業届以外の届出書の提出の有無は、ご自身が提出の対象者かどうかによって、どちらかを丸で囲みます。後述で詳しく紹介しますので、参考にしてください。, ⑭には事業概要の入力欄があります。開業の場合、詳しい記入が求められますが、廃業の場合は「○○業」など簡単に示しておきます。⑮も主に開業の場合を対象にしており、廃業の場合は無記入でも問題ありません。, 廃業届は所轄税務署に提出します。提出時には本人確認が必要となりますので、マイナンバーカードを持参しましょう。マイナンバーカードがない場合、マイナンバーの通知カードと運転免許証やパスポートなどの写真付身分証明書が必要となります。 廃業届は、税務署に行き用紙をもらってその場で必要事項を記入し、そのまま提出して帰ることもできます。いずれの場合も控えを一緒に提出すれば、受付時に押印して返却してもらえます。 こういったお悩みや疑問を抱えてはいませんか? 郵送での提出も可能です。その場合は、マイナンバーカードのコピー、もしくは通知カードと本人確認書類のコピーを同封します。廃業届の控えと切手を貼った返信用封筒を同封しておけば、後日押印して返還されます。, 廃業届は、廃業した日から1カ月以内に提出する必要があります。提出期限を過ぎたことによる罰則規定などは特にありませんが、税務署に廃業の事実を伝える重要な届出であり、速やかに提出しましょう。, 所轄税務署への廃業届に加えて、廃業時には下記の書類の提出が必要になります。必要な書類と提出先、提出期限などを一覧で確認してみましょう。, 所轄税務署に提出した廃業届とは別に、各都道府県税事務所にも廃業を届け出る必要があります。使用する書類の様式は、提出先によって異なるので、ご自身が手続きをする都道府県税事務所のホームページなどで確認してみましょう。 廃業の日を自分で選択できる場合、できるだけ年末の12月31日に合わせて廃業するのがオススメです。 もし廃業について何かお困りでしたらぜひ当社にご相談下さい。, また当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。 車両事業 / 会社概要 ; 投稿日: 2019年8 ... 個人事業主が廃業するときには、大きく分けて4つの書類の提出が必要になります。 廃業届. どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。, ■ 商品、サンプルの送り先〒441-8134 愛知県豊橋市植田町上リ戸77番地 (株)白石商事 買取事業部. すでに廃業を決意している方で各種書類の書き方などについて迷った場合は、所轄税務署に問い合わせれば解決できることがほとんどです。, ご自身が事業を続けられなくなり、親族内に後継者が見つからない場合、多くの個人事業主が廃業を選びがちです。しかし、その前にぜひ一度検討していただきたいのが、第三者に事業を引き継ぐ「事業承継」という選択肢です。, ¬最も大きなメリットが、事業を売却することで、手元にまとまった現金を残せるということです。廃業は、手続き自体には費用がかからなくても、設備の廃棄処分や事務所・店舗の原状復帰などに相応のコストがかかることがあります。事業を売却できれば、そうした費用負担を避けられる上、退職金代わりとなる売却益を得られます。 しかし、都道府県によっては期限を曖昧にしているところもあるので、事前に確認しておく必要があります。, 青色申告の承認を受けていた場合は、青色申告取りやめ届出書を、その地域所轄の税務署に提出しなければなりません。 青色申告の個人事業主が廃業する場合の仕訳について教えてください。事業用口座と預金出納帳はどのように締めたら良いのでしょうか。特に何もせず、口座にも帳簿上にも預金が残った状態でいいのでしょうか。それとも預金は全て引き出して 令和2年度の個人事業税の納期限は、 第1期分 8月31日(月曜日) 第2期分 11月30日(月曜日)です。 (原則として、8月に県税事務所から納税通知書を送付しますが、これと異なる月に納税通知書を送付する場合は、送付される納税通知書に定める納期限となります。 実は個人事業主として廃業する場合、廃業するタイミングをしっかり選ぶことで、支払わなければならない税金を抑え、煩雑な手続きを避けることができます。 事業用として使用している車を売却したいと考えている個人事業主の方たちの中には、売却益が利益扱いになるか知りたいという方もいるのではないでしょうか。車の売却が申告へどのように関わるかを知ることは重要です。 当社では廃業した際の在庫の買い取りサービスを提供しております。 一方で都道府県の税務署では、大体10日から15日前後で期限を設けていることが多いです。 なお、準確定申告書には、通常の確定申告表に相続人の氏名や住所、続柄などを記入した確定申告書付表を添付します。, 相続により配偶者や子息などが、個人事業主の事業を引き継ぐ場合、亡くなった方にとっては「廃業」である一方、引き継ぐ方にとっては「開業」となります。開業届(「個人事業の開業・廃業等届出書」)については、通常の開業届の提出期限と同様、開業から1カ月以内(相続であれば通常亡くなった日から1カ月以内)に必要事項を記入して提出します。青色申告制度を利用する場合は、相続人が亡くなった時期によって、亡くなった日から「4カ月以内」「その年の12月31日まで」「その年の翌年2月15日まで」と提出期限が異なります。ただし、相続人が元から事業や不動産事業などで白色申告をしていた場合は、相続による開業とはなりませんので、原則開業から2カ月以内に届出を行います。, 個人事業主の廃業手続きはそう難しいものではなく、書類提出のみであれば一日で終わらせることもできます。ただ、多くの方にとって初めての経験となるため、とまどうこともあると思います。廃業手続きを行う際にポイントとなる点をまとめて解説します。, 個人事業主の場合、「廃業日をいつにするか」に厳格なルールはなく、廃業のタイミングはご自身の都合や事業の状況に合わせて任意で決めることができます。1月1日から12月31日のいずれを選択しても、その廃業日が属する年については翌年3月15日までに確定申告が必要です。 期限は明確に定められていませんが、基本的には1カ月以内に提出できるようにしましょう。, 個人事業主として従業員を雇っていた場合は、給与支払事務所等の廃止届書も所轄の税務署に提出します。 この書類の提出期限も、廃業後1カ月以内に定められています。, 廃業手続きと期限をそれぞれ解説してきましたが、では実際にはどのタイミングで廃業すべきなのでしょうか? 事業用として使用している車を売却したいと考えている個人事業主の方たちの中には、売却益が利益扱いになるか知りたいという方もいるのではないでしょうか。車の売却が申告へどのように関わるかを知ることは重要です。そこでこの記事では、個人事業主が車を売却する際に売却益をどのように扱うかについて詳しく解説します。車の売却と税金の関係や所得を申告する際に気をつけたいポイントなどについても理解を深められるでしょう。, 事業用の車を売るケースでは、確定申告の際に申告を行うのが通常です。ただ、個人的に使用する車を売るケースでも申告が必要になることがあります。, 個人事業主が車を売却した場合は、買取業者などに譲渡したとみなされ譲渡所得として扱われます。車を使用する目的により課税と非課税が異なる点も理解しておきましょう。, 法人が所有する車を売却する際、利益が出れば固定資産売却益、損失が出れば固定資産売却損として処理します。個人事業主が車を売却した場合は、個人から買取業者などの法人へ車を譲渡したことになるため売却ではなく譲渡扱いになることがポイントです。売却益を得た場合には、事業所得ではなく譲渡所得として扱われます。, 帳簿に記帳する際も、仕訳に使用する科目は固定資産売却益ではなく事業主借です。事業主借は個人事業に特有の勘定科目で、事業に必要なお金を事業主個人のお金から支払う時に使われます。なお、売却により損失が出た場合に使う勘定科目は事業主貸です。, 売却した車が普段の生活に必要なものと判断される場合、所得税は非課税です。通勤や買い物などで使用する車が該当します。一方、旅行やレジャーのみに使用する車は、生活に必要な車とはいえません。この場合は、事業用の車と同様に課税対象となります。, 普段の生活には明らかに不必要だと判断される高級車なども課税対象車とはみなされるため、譲渡所得として確定申告が必要です。しかし、一般的にはほとんど起こらないケースであるため、個人で車を売却する場合は所得税がかからないことが多いという解釈でよいでしょう。, 確定申告の際に申告する必要がある譲渡所得とは、資産の譲渡により得られる所得のことです。所得税における所得の区分のひとつで主に土地・借地権・建物・株式などの資産が対象となります。, 譲渡所得とは具体的にどのような所得なのか特徴や種類を解説します。特別控除に関しても理解を深めておきましょう。, 譲渡所得とは、土地・建物・ゴルフ会員権・株式などの資産を譲渡することで生じる所得です。個人が車を売却した場合は、売却により生じた所得も譲渡所得に含まれます。, 車やゴルフ会員権などを売却した際の譲渡所得は、損益通算できる総合課税として扱われる点が特徴です。損益通算とは、赤字の所得を黒字の所得から差し引けることを指します。総合課税とは、所得を合算した総所得金額に課税する方法です。, 事業で赤字が出た場合でも、車の売却で利益が出ていれば、損益通算により車の売却益で赤字を補填できます。ただし、非課税の対象となる車の売却益は、損益通算には使えません。, 総合課税の対象となる車やゴルフ会員権などの資産を売却した場合、課税譲渡所得から最大で50万円までが控除されます。次項で解説する短期譲渡と長期譲渡のどちらの場合でも、特別控除額は最大50万円です。譲渡所得の合計額が50万円を超えない場合は、その金額までしか控除されません。, 車の売却益が50万円以下だった場合、特別控除により課税されないということになります。なお、特別控除の要件を満たしていても、売却した翌年に申告しなければ、特別控除は受けられません。確定申告を忘れないよう注意が必要です。, 総合課税の譲渡所得は、資産の取得時から売却時までの所有期間により、短期譲渡と長期譲渡に分けられます。所有期間が5年以内の場合は短期譲渡所得、5年を超えていれば長期譲渡所得として扱われそれぞれ総合課税の対象となる金額が異なることに注意しましょう。, 短期譲渡の場合、計算式で算出された譲渡所得金額の全額が総合課税の対象になります。一方、長期譲渡の場合、総合課税の対象は譲渡所得金額の1/2です。, リサイクル預託金とは、車を廃車にする際に使われるお金です。車の購入時に支払う必要があり廃車にするまでの間は預託されます。, リサイクル預託金は車について仕訳をする際、特に注意しておきたいポイントです。車の売却に関し、リサイクル預託金をどのように扱えばよいのかをしっかりと理解しておきましょう。, リサイクル預託金を会計処理する場合の仕訳方では、資金管理料の勘定科目が支払手数料、その他4つの勘定科目がリサイクル預託金または長期前払い費用として扱われます。リサイクル預託金または長期前払い費用として扱われる4つは非課税であり、資金管理料のみ課税対象となることに注意しましょう。, なお、リサイクル料金を預託する際に発行されるリサイクル券は、売却の際に必要となるためしっかりと保管しておくことが大切です。, リサイクル料は、新車購入時だけでなく、中古車を購入した場合にも請求されます。リサイクル料を同じ車で2度支払っているわけではありません。新車購入時に支払ったリサイクル料は、その車を中古車として売却する際、買取金額の中に含まれています。, 新車購入時に支払ったリサイクル料は、あくまでも車を廃車にする際に使われるものなので、廃車扱いとならない限りは売却時に返金される仕組みです。, 「車を売却したときにリサイクル預託金をどう仕訳すればいいかわからない」「状況に合わせたリサイクル預託金の仕訳の方法を詳しく知りたい」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。リサイクル預託金はその性質上、仕訳に注意が必要です。個人事業主の場合や法人の場合で処理の方法が変わり、注意するべき点も多くあります。, 車両そのものは経費ではなく資産として扱われ、減価償却の対象です。車両の資産価値は減価償却分を損金計上しているため毎年減少し、車を売却した際の利益は売却益から売却時の車がもつ資産価値を引いた金額となります。, 減価償却した金額をそのまま帳簿に記載する直接法と、帳簿上で減価償却を行う間接法の2つが減価償却の仕訳方法です。, 例えば、購入費200万円、リサイクル預託料1万円、減価償却累計額150万円、売却額80万円の車の場合、直接法での仕訳は以下のようになります。, <貸方>・車両運搬具(購入費-減価償却累計額):50万円・預託金(リサイクル預託金):1万円・固定資産売却益(売却価格-購入費+減価償却累計額-リサイクル預託料):29万円合計:80万円, 車両運搬具とは手放した時点での車の資産価値のことで、固定資産売却益は手放したことによる利益を指します。, 間接法の場合も、資産や経費の金額は同じです。自分に合った方法を選びましょう。前例があるなら、これまで行ってきたルールで計上することが基本です。間接法の仕訳方法を以下でチェックしましょう。, <借方>・現預金(リサイクル預託金を含む売却価格):80万円・減価償却累計額(損金としてこれまでに償却された価値):150万円合計:230万円, <貸方>・車両運搬具(購入時のクルマの資産価値):200万円・預託金(リサイクル預託金):1万円・固定資産売却益(売却価格-購入費+減価償却累計額-リサイクル預託料):29万円合計:230万円, 個人事業主が車を売却するにあたって、仕訳についてどのように考えたら良いか気になっているという方もいるのではないでしょうか。, 車の利用割合を事業とプライベートとでどのくらいの割合とすればよいのか、按分について悩む個人事業主も多いでしょう。一定割合をプライベートにあてて節税する方法もありますが、特別控除の最大50万円が適用されることを考慮すれば、全額を事業用として計算したほうが手間もかからず有利です。, 前述したように、車の売却益が50万円を超えなければ、所得税はかかりません。按分について悩むより、全額事業用として仕訳するのがおすすめです。, 車の売却が済んだら、青色申告書の作成に取りかかりましょう。仕訳の際に必要な購入時や売却時の書類なども事前にそろえておけばスムーズに作業が進みます。, 以下に解説する手順やポイントを確認しながら、確定申告書を作成していきましょう。初めての作業で慣れない場合もあるため早めに準備しておくと安心です。, 譲渡取得金額を算出する際、まずは減価償却費がいくらなのかを明確にしておくことが重要です。車を新車で購入した場合は購入時にかかる金額を基準とし、法律で定められた車両ごとの耐用年数をもとに減価償却費を算出します。, 減価償却では一般的に定額法と定率法という2つの方法が使用されますが、個人事業主の車では主に定額法です。定額法では、資産価値が均等に目減りしていくという観点から法定耐用年数の期間において毎年同額ずつ償却します。一方、定率法は、資産購入時の償却額を多くすることが可能な償却法です。, 購入費・売却費・減価償却費を明確にできたら、それぞれを項目別に仕訳します。個人事業主の場合は、車の売却により利益が出れば事業主借、売却損が発生した場合は事業主貸の勘定項目が適しています。, 仕訳が済んだ後は、青色申告決算書へ記入しましょう。「減価償却費の計算」に記入する必要があります。主な項目と記入すべき内容は以下の通りです。, ・減価償却資産の名称等:車種名・取得価額:車の購入費・事業専用割合:事業で使用した比率・未償却残高:0・摘要:売却年月と「売却」の記載・減価償却費:最終的な減価償却費, 確定申告書Bでは、譲渡所得として支払う税金を計算します。決算書で記入した事業専用割合と減価償却費に加え、売却価格の数字も必要です。確定申告書Bを作成する際は、以下で紹介する国税庁のサイトを参考にしましょう。自分で計算するよりも分かりやすく簡単に作成できます。, 最後に計算するのが課税売上高です。譲渡所得にかかる消費税は、事業用として使用している部分にのみ課税されるため、事業専用割合を売却価格にかけ合わせて算出した数字を課税売上高に加算します。事業専用割合が100%の場合、加算する金額は売却額全額です。, 車の売却でお金を受け取ったとき、確定申告が必要になることがあります。それには個人事業主や法人のみならず、会社勤めをしている方も含まれます。「自分には確定申告の必要があるのか」と心配になる方もいるのではないでしょうか。, 個人事業主が事業用として車を売る場合でも売却手続きの方法はプライベートで車を売る場合と同じであり、特に手順が異なるようなこともありません。通常の売却時と同様、できるだけ高く売却できる業者を探したり、査定額が上がるような対策を講じたりしてみましょう。, 車をより高く売却するためには、下取りではなく買取業者に査定を依頼することをおすすめします。1社だけでなく、複数業者から見積もりを取ることも意識しましょう。買取業者はそれぞれ査定方法が異なるため、多くの見積もりを取ることで査定額を比較できます。, 多くの見積もりを集めるためには、一括査定サービスの利用が便利です。簡単な作業だけで、複数の業者に一括で査定の依頼ができます。, 個人事業主が車を売る場合、売却益は譲渡所得扱いとなり、特別控除により非課税となる可能性があります。車を売却する方法は、個人事業主であっても通常の売り方と特に違いはありません。一括査定サービスを利用し、できるだけ多くの見積もりを取ることを意識しましょう。, 数ある一括査定サービスの中でも、利用実績が業界トップを誇る買取カービューの「愛車無料一括査定サービス」はおすすめです。230社もの業者から一度に最大8社まで査定依頼ができるため、より高い査定額を引き出すことが期待できます。約45秒で必要な情報の入力が完了する手軽さもおすすめポイントです。, 買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。, オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。, 一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。, はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。, 買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!やクルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。, 本サイトは株式会社カービューによって運営されています。掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございますのでご注意ください。.