ガラス修理 仕訳の仕方も含めて回答いただけると助かります。 ②所得税法施行令(非課税とされる保険金、損害賠償金等) 預金 50,000,000/ 保険差益 50,000,000 ※「損害賠償金」という勘定科目を特別損失の区分に設定します。 で、戻すことが出来ます。  (修繕費)/(雑収入) ×××  第三十条  略・・・損害を受けた者の各種所得の金額の計算上必要経費に算入される金額を補てんするための金額が含まれている場合には、当該金額を控除した金額に相当する部分とする。 以下詳細は kurakura77さんの場合であれば、保険の目的は、予定外の追加原価が発生したらそれを認識しなくても良いようにすると言うことです。とすれば、保険料は売上原価として計上し、保険事故があった場合には追加のパーツ代金は原価処理して保険金はその補填として貸方記入するのが、会社の意図と一致します。 もし雑収入計上するのであれば、追加原価も原価外費用として営業外費用として処理すべきです。 貸方は「保険料」と「雑収入」のどちらが適切でしょうか。 所得税法施行令30条によると、この10万円も非課税になるという理解になるということですよね? ※まだ決まってないので*** 保険金入金の際に免責金額が差し引かれて入金となりました。 実際にかかった金額(保険会社に請求した金額)が10万で、免責金額が1万円の場合どのような仕訳になるでしょうか? でOKです。仰る通り、支払う修繕費には消費税が課税され、受取る損害賠償金は消費税不課税ですので、会社としてはお得になります。, いつもお世話になります。 を取り消します。 その時の仕訳と修繕費を払った時、保険金を受けた時の仕訳と消費税の課否 保険金収入は不課税処理 修繕費:90万円 普通預金90万円  特別勘定として経理し課税を繰延べるためには、「保険金等で取得した固定資産等の圧縮額等の損金算入に関する明細書」(別表13(2))を法人税確定申告書に添付する必要があります。 その時の仕訳と修繕費を払った時、保険金を受けた時の仕訳と消費税の課否 滅失資産の帳簿価額はその滅失した日の属する事業年度の損金の額に算入されます。 「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。 保険金収入  保険会社であれば、お客さんから受け取る場合は「保険料収入」(売上)となりますが、その他一般企業では、受け取る場合は保険料でなくて「保険金」ですね。 そして、その保険料および障害時等に使用した保守用パーツ代については、保守売上の原価として処理しております。 保険金を単に仮受金で受けているだけでは、益金の額に算入しなければいけません。 kurakura77さんの場合であれば、保険の目的は、予定外の追加原価が発生したらそれを認識しなくても良いようにすると...続きを読む, 表題の通りですが、 で良いのでしょうか?これでよければ会社としては、仕入税額控除できるの 実際にかかった金額は(借)未収金100,000/(貸)預金100,000で支払済みです。 もしくは、何か他の勘定で処理するのでしょうか・・ お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。. 総額主義の原則に基づくと相殺は間違った処理だと思うのですが、それでも宜しいのでしょうか?上記の仕訳意外に処理方法などあるのでしょうか? の、一点のみです。 - 税理士ドットコム - 税理士ドットコム みんなの税務相談, 個人事業で不動産賃貸をしているのですが、このたび台風の被害で保険金を受け取ることになりました。 以上の様に取り扱いますが、ご質問でわからない点として、「損害保険金に付随して支払われる費用保険金」について、何かの支出に対してのものであれば、上記の取り扱いから、その支出を補填するものとして取扱います。 災害によって事業の資産(固定資産や棚卸資産)を失った場合、その損失額を経費に計上できます。また、損壊した固定資産を修復する際にかかる費用についても「修繕費」として経費計上が可能です。, 豪雨や台風、地震といった災害に見舞われた際、主に以下のような費用は必要経費に計上できます。, 本記事では、上記のうち事業用資産(固定資産や棚卸資産)の損害にまつわる会計処理について、具体例を用いてわかりやすく解説していきます。, 災害による損失が必要経費に計上できるのは、事業に関係するものだけです。事業には関係のない、生活用の資産が損害を受けても必要経費にはできません。しかし、その場合「雑損控除」を受けられます。, 災害によって固定資産や棚卸資産が損害を受けたとき、その損失額を必要経費に計上できます。このとき、もし損害保険金によって損失額を補てんしたら、補てんしきれなかった分だけが経費計上できる金額となります。, 災害又は盗難若しくは横領により居住者の有する山林について生じた損失の金額(保険金、損害賠償金その他これらに類するものにより補てんされる部分の金額を除く。)は、その者のその損失の生じた日の属する年分の事業所得の金額又は山林所得の金額の計算上、必要経費に算入する。, たとえば、工具器具備品として減価償却中だったデスク(未償却分は7万円)を廃棄処分したら、その7万円を損失額と考えます。この損失額は、以下のように「災害損失」で記帳します。, 例外として、一括償却資産は、必ず3年で償却します。たとえば、一括償却資産を取得した年に被災して資産を処分しても、残りの2年分をその年の経費に計上することはできません。, 商品などの棚卸資産についても、固定資産と同様に損失額を「災害損失」などの勘定科目で経費計上します。, 棚卸資産が滅失か販売不可能と判断できる場合は「被災直前の帳簿価額の全額」を損失額とします。損壊により以前の価格では販売できない、もしくは販売するために再加工が必要な場合は、帳簿価額の再評価を行ってその差額を損失額にできます。, 災害により損壊した固定資産を直すためにかかる費用は「修繕費」として経費に計上できます。修繕費とは、固定資産を修理・改良する際にかかる経費の勘定科目です。, 法人が、災害により被害を受けた固定資産(以下「被災資産」といいます。)について支出する次のような費用に係る資本的支出と修繕費の区分については、次のとおりとなります。 ありがとうございました。, 弁償費用の勘定科目は何になりますか? よろしくお願いします。 個人事業主として、宅配の請負をしており, おはようございます。 普通預金 100 仮受金 100 保険入金 一般的には  保険会社から支払われた保険金については、『雑収入』として処理するのか、売上原価として処理したパーツ代の補填分として売上原価で処理すべきなのか、どちらが正しいのでしょうか?, 売上原価の補填として処理するのが正しいと考えます。 取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。 港区や渋谷、新宿など東京23区のベンチャー企業や起業家様を支援している公認会計士・税理士が、会計や税金節税などについて解説。今回は、法人契約の保険で保険金(死亡保険金や満期保険金)を受け取った場合の経理処理と税金について説明します。 その使い分けを教えていただけませんか。 実際にかかった金額(保険会社に請求した金額)が10万で、免責金額が1万円の場合どのような仕訳になるでしょうか? 色々な例を調べていますと3通りあります。 これで、取得予定の建物が4千万円であるとすると、 ちょっと違うかもしれませんが、自動車事故を起こして修理をした場合を考えてみてください。通常は保険会社から修理工場に修理代金が払われます。この場合、会社は修繕費を計上しないでしょう。何かの都合で会社が修理工場に支払をして後から保険金が会社に振り込まれた場合に、修繕費を計上し保険金を雑収入としたら、経済的な効果は全く同じなのに営業利益が異なって表示されます。これはおかしいのじゃないかと言うことです。経済的効果が同じならば同じ表示になるべきです。, 売上原価の補填として処理するのが正しいと考えます。 今年社内で事故があり、社員の方が入院しました。 で良いのでしょうか?これでよければ会社としては、仕入税額控除できるの 通知書などに基づいて 実際の支出額と保険金収入とは直接の対価関係にはないと考えられているため、「未収金」や「仮払金」などの科目を通じて相殺してはならないものとされています。, 銀行より短期借入金として融資を受けました。 参考になれば幸いです いつもお世話になります。 ここで、ご相談です。 もし、保険会社から工務店などへ直接支払われたのであれば、 保険金を受けた時 この時の仕訳はどうなるのでしょうか。 よろしくおねがい致します。, ソフトにある科目「保険料」はご存知のように「(支払)保険料」のことを指します。「保険料」を貸し方にもってくると以前の支払保険料を取り消す仕訳になってしまいます。 保険金を受けた時 尚、質問の理解が間違っていましたらご容赦ください。  数日後、保険会社より当社へ保険金が入金。 修繕費として問題ないものと考えられます。, 火災発生による修理と、保険金の受取りは全く別の取引ですので 損害保険金に関する一連の仕訳を収入や経費に計上しないため、「事業主借」や「事業主貸」の勘定科目を使って処理します。 受け取った損害保険金に税金がかかるケース. で処理します。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 質問者の、当初の仕訳が正しいです。 2)取り壊した後に改めて新築し建物の取得原価に含める。 保険金収入 今期の決算は保険金5000万円を仮受処理して、火災があった建物も通常通り減価償却しようと思います。その場合、後片付け費用は火災損失として今期の費用で処理してよいですか。 その改装は工務店さんがやってくれたので、その工務店さんに改装費を支払う事になりました。 パーツの中には、数百万するものもあり、万が一に備え(リスクヘッジのために)保守対象機器(お客様の設備)に保険(コンピュータ総合保険)を掛けております。 kurakura77さんの場合であれば、保険の目的は、予定外の追加原価が発生したらそれを認識しなくても良いようにすると言うことです。とすれば、保険料は売上原価として計上し、保険事故があった場合には追加のパーツ代金は原価処理して保険金はその補填として貸方記入するのが、会社の意図と一致します。