保育園や幼稚園で行う夏祭りイベントで、簡単に手作りできるゲームのアイデアを知りたいと考えている先生も多いのではないでしょうか。金魚すくいや的当てなどさまざまなゲームがあれば、子どもたちも楽しむことがで そろそろ保育園や幼稚園では“夏祭り”に向けて準備を始めるところも多いのではないでしょうか。夏祭りは、子供たちが楽しみにしている年間イベントのひとつ。満足してもらうためにも手を抜くわけにはいきませんよね。 しかし、日々の業務と並行して準備を進めるのは本当に大変…。 そこで、今回は準備が簡単で子供だけでなく大人も楽しめる素敵なゲームを集めてきました♪さっそくご覧ください!, 【説明】椅子を輪になるように並べ、その周りを音楽に合わせて時計回りに移動します。音楽がとまったら一斉に近くの椅子に座ります。椅子は参加人数より少なめに用意するため、見事椅子に座れた子がゲームの勝者です♪流行りの曲や夏らしい曲を選べば、より盛り上がりますよ!, 【説明】1人「オニ」を決めてからスタートしましょう。ハンカチはうさぎの人形やキャンディの形に折っておけば小さな子供にも拾いやすく楽しんでもらえます。, 【説明】牛乳パックと水切りネットを使って金魚をすくう網を作ります。残った牛乳パックにクレヨンで金魚の絵を描き切り抜いたものを水に浮かべ金魚すくいをします。「制限時間内に何匹すくえるか」を数えて、ランキングを作ってあげても良いですね!, 【説明】魚の形になるようにモールをねじります。床(机)に置いたときに魚の体が反るようにカーブをつけてあげるとすくい易いです。ストローの曲がるほうの先も少し短く切って、モールに引っ掛けてすくいます。床でも卓上でもできるので保育園のスペースにあわせて準備してくださいね♪, 【説明】まずはトイレットペーパーの芯でタコを作ります。タコの足にクリップをひっかけて釣りをするので、タコの足は丸めてくせをつけておきましょう。釣竿は、チラシを筒状にまるめてセロハンテープで止めます。先に木綿糸とクリップをつけ、クリップは針金のように曲げてタコの足に引っ掛けられるようにしておきましょう。木綿糸は子供の身長に合わせて長さを調節して作ってくださいね!, 【説明】ペットボトルを適当な大きさに切り取ってジグザグに折り目をつけます。(横から見るとZのような形になるように)より雰囲気がでるように顔や手足を描きカエルに似せておきましょう♪このカエルのおもちゃを指ではじいて壁(ダンボール)を超えるゲームです。壁の向こう側に点数を書いた容器(※1)を置いておき、カエルがその容器に入れば得点をゲットできる仕組みです。, 【説明】フェルト生地を使って的を作ります。得点に応じて色分けや数字を縫い付けると可愛いです。ピンポン球にマジックテープを巻きつけたものを的に投げて点数を競います。的がフェルト生地なので室内の壁に貼り付けて遊べるのが良いですね♪, 【説明】トイレットペーパーの先に景品を吊るしておきます。吊るしている部分を水鉄砲で撃って、トイレットペーパーが水にぬれて切れたら景品をゲットできるルールです。, 【説明】500mlのペットボトルに少量の水を入れ、しっかり蓋をします。ペットボトルを倒すボールは保育園で普段使っているもので問題ありません。マジックや色画用紙を使ってペットボトルを装飾すれば雰囲気も出てさらに盛り上がりますよ♪, 【説明】ダンボールにコップを入れておき、ビンゴになるようにピンポン球を投げいれます。コップはガラスコップやプラスチックコップなど素材の違うものを選んで並べれば、ピンポン球を入れたときの音も楽しめるのでおすすめです。, 【説明】ダンボール箱の上部と側面に穴をあけ、紐が通るようにしておきます。あらかじめ景品を結びつけておいた紐をダンボール箱に通し、子供たちに好きな紐を引っ張ってもらいます。ひっぱった先に結ばれていた景品がそのままもらえる仕組みです。画用紙やマジックで段ボール箱を可愛く装飾すればより雰囲気が出て盛り上がりそうですね!, 【説明】中身が見えない箱の中に手を入れ、触った感触で箱の中身を当てるゲームです。ダンボールの穴に手を入れる際、切り口で怪我をしないように園芸用腕カバーを取り付けておきましょう。箱の中身は、園児がかぶっている帽子や園で使う遊び道具など普段から馴染みのあるものが盛り上がりますよ!, 【説明】ペットボトルの口に割り箸を落として入れるゲームです。ペットボトルが簡単に倒れてしまわないようにおもりになるようなもの(ビー玉など)を入れておくと良いでしょう。, 【説明】トイレットペーパーをどれだけ積み上げることができるかを競うゲームです。園児が好きな動物やキャラクターに似せて装飾しておけば、積み上げたときのインパクトが大きく喜ばれます♪, 【説明】グー・チョキ・パーそれぞれのパネルをダンボールで作っておきます。パネルと持った大人VS参加する子供全員でじゃんけんをして、最後まで勝ち残った子が優勝するというルールです。はじめに「あいこ」の場合はどうするのか決めてから始めましょう。, 【説明】ペットボトル半分くらいまで水を入れておきます。「今から魔法をかけてこの水の色を変えちゃいます!」など前置きをし、ペットボトルを思いっきり振ると水の色が一瞬で変わるという手品です。仕掛けはペットボトルの蓋の裏側に変化させたい色の絵の具を塗っておくだけ!画用紙で果物など変化させる色を象徴するものを作っておくと手品が進めやすくておすすめです♪, 【説明】ダンボールを輪投げの台にし、新聞紙をまるめて棒状にしたものを固定します。輪も新聞紙をまるめて作りますが、カラフルにして視覚的にも楽しみたい場合は色画用紙を使っても良いでしょう。, 【説明】大人と子供で2人1組をつくり、ルールを教えてあげながら進行すると良いでしょう。お菓子の詰め合わせなど簡単な景品を用意しておくとビンゴになったときの喜びも倍増です♪, 【説明】新聞紙をまるめて筒状にし、セロテープで止めます。平たいダンボールにいくつか穴を開けておき、紐で上から吊るします。この「的」に新聞棒を投げて穴に通すゲームです。三角形や四角形など、いろんな形の穴があれば視覚的にも楽しめますね!, 【説明】なんと準備物が不要なお手軽ゲームです!ほどく子とほどかれる子にわかれ、ほどかれる子たちは内側を向き、手をつないで輪になります。手を離さずに、足をまたいだり手を挙げてくぐったり無理のない程度に絡まります。準備ができたらほどく子が少しずつほどいていきます。時間内にほどけたらほどく子たちの勝ちです♪, 【説明】折り紙で作った紙飛行機をどこまで飛ばせるか競うゲームです。室内で行う場合は、一定の距離にカラー粘着テープでしるしをつけておくと、子供たちにとっても「どこまで飛ばせたのか」がわかりやすくなります。, 【説明】ダンボールを適当な大きさにくり抜いて、その穴を通るワニをペットボトルで作ります。ビニールテープや色画用紙などを使って装飾すると良いですね!ワニを出したり引いたりするのは大人が手動で行う必要がありますが、子供たちから評判が良いこと間違いなしです♪, 【説明】水槽に水を溜め、中に透明のグラスを設置しておきます。上から1円玉を落としてもらい、グラスに入ったら大当たりです。グラスの大きさによって難易度が変わるので園児の年齢層に合わせて調整してあげてくださいね!, 【説明】さまざまな出し物を用意する場合ははじめにスタンプラリー用のカードを渡してあげましょう。挑戦したゲームが何かわかるように、各ゲームの受付係にスタンプもしくはシールを貼ってもらいます。子供はスタンプを押してもらうことで参加賞をもらった気分になるので、景品がなくても十分に楽しむことができます。, 【説明】ドッジボールくらいの両手で持てる大きさの柔らかい素材のボールを用意します。ダンボール箱を数個つなげてゴールゾーンをつくり、ボールを後ろ向きに投げてもらいます。花嫁さんのブーケトスのようなイメージです。シンプルですが意外に難しいので、「1人3回まで」などルールを設けてあげるとよいでしょう。, 【説明】平らなダンボールにお相撲さんの絵を描き、顔と腕の部分を切り抜きます。その穴から顔と腕を出して子供と腕相撲して遊ぶゲームです。大きくて強そうなお相撲さんを描いて子供を喜ばせてあげてくださいね♪, 【説明】茶色、緑、赤色の毛糸をそれぞれ麺と具に見立てて焼きそばを作ります。店番を子供にやってもらい、大人が買いにいくようにすれば普段おままごとが好きな女の子が喜びます♪, 【説明】25番でご紹介したやきそば屋さんの横に用意してあげると雰囲気が出ておすすめです。割り箸を軸に新聞紙でとうもろこしの形を作り、黄色い折り紙で覆います。さらに黄色く塗った気泡緩衝材を巻きセロテープで止めます。黒や茶色のマジックで焼き色をつければ焼とうもろこしの完成です。, 【説明】まず模造紙で「的」を作ります。円を何重にも描き、得点も書き入れます。的が動いてしまわないようにあらかじめ床にテープで貼り付けておきましょう。的を狙ってお手玉を投げて得点を競うゲームです。, 【説明】バットの先を床につけ、時計回りに10回まわります。回りきったあとにゴールまで競争するというゲームです。大人のほうが弱かったりするので、保護者も一緒に参加してもらうと盛り上がりますよ♪, 30種類の出し物アイデアをご紹介しましたが、いかがでしたか?準備物が少なく、作業時間も短く済むものを厳選いたしましたので是非参考にしてみてくださいね☆. 「子どもたちが満足してくれる夏祭りにしたい!」そんな保育士さん必見☆保育園の夏祭りを特別な時間にするための楽しい出し物アイデアを30種類用意しました!日々の業務と並行しながら無理なくできる簡単なものを厳選!さっそくご覧ください♪ 保育園・幼稚園のPTA・保護者会の役員ママさん。夏祭りのお店や出し物のおすすめや、人気の景品・アイディアについて【メリット・デメリット】一挙にまとめました!(大事なポイントは「役員ママがいかに楽できるか?」ですよね。笑) 保育園や幼稚園の夏祭りの景品は決まっていますか。 夏祭りでは子供たちが喜ぶイベントがたくさんありますが、景品をもらったらさらにテンションが上がりますよね。 景品は子供が安全に遊べる玩具が人気です。 ですが、夏祭りの景品は購入品でもいいですが、手作りのものも素敵です。 Copyright(c) hoikushi-worker All Rights Reserved. いよいよ保育園の夏祭り。子供ははしゃいでいますが、準備をする先生や保護者の方はやることが山積みですよね。特に子供たちが期待しているものが景品ですが、ひと手間加えて手作り品に挑戦してみませんか。ここでは、保育園の夏祭り手作り景品アイデアをご紹介します。 多くの保育園で8月に行われる夏祭り。盆踊りや製作、ヨーヨー釣りなどたくさんのイベントで盛り上がります。本記事では、夏祭りの事前準備、ねらい、当日の出し物やアイデア、開催中の注意点などをいくつかご紹介いたします。 夏祭りの由来や保育園で行うねらいとは?