聞き直したり、「○○といったご質問でしょうか」と尋ねたりするようにしましょう。, 加害者が供述した内容は、供述調書という書面として作成され、そこに署名と捺印が求められます。, 検察官は作成した調書を加害者に読み聞かせしますので、よくそれを聞いて、自分が供述したとおりの内容となっているのかの確認が必須です。違うところがあるなと思ったら、署名押印をせずに、検察官に違うということをはっきりと言いましょう。 弁護士検索機能で交通事故を取り扱っている弁護士を探し、自宅や職場からアクセスしやすい事務所に所属している弁護士を絞り込んでみてください。, 更新時の情報をもとに執筆しています。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。. 加害者にいくら過失があるとしても厳しく責めることのできない事情があることもありますし、被害者にもかなりの落ち度があることもあります。また、それまで犯罪とは無縁で生活をしてきて家族もあるといった様々な事情が斟酌されて不起訴となるわけです。, なお不起訴処分には、「嫌疑不十分」「起訴猶予」があります。交通事故の場合「嫌疑不十分」ということはほとんどなく、「起訴猶予」が多いと思われます。, 加害者にとって、不起訴処分とされることは、前科もつかず裁判の負担もないことから、まずは、不起訴処分を獲得するための、それが難しいとしても、略式手続による罰金刑で終了する略式起訴を獲得するための事前準備が必要となります。, ここで最も重要なのは被害者との関係です。 交通事故で検察庁から呼び出し!出頭する前の事前準備と当日の注意点とは? [投稿日] 2017年06月22日 [最終更新日] 2019年10月29日 交通事故の加害者は、警察での取り調べが終わった後に、検察庁から呼び出されます。ここが、起訴されるかされないかの大きな分岐点となります。ご存知の方も多いでしょうが、起訴されてしまい裁判となった場合は、99.9%の確率で有罪となってしまいます。, しかし、その前にできることがあります。交通事故の刑事処分で裁判にかけられないためには、どのようなことが必要か。今回は、刑事処分で不起訴になるためにできることについて解説します。, 交通事故事件の被疑者(※1)は、事故の現場で警察に事故の状況を詳しく説明し、その後、何度も警察署に出頭して取り調べを受け、供述調書に署名と指印をとられます。, あとは処分を待つだけかと思っていると、今度は、検察庁から出頭するようにと連絡を受けます。, 警察でさんざん取り調べを受けて調書も作ったのに、また検察庁に呼び出されるのは何故なのでしょう。, 警察は、交通事故などの犯罪を捜査し、刑事裁判で有罪とするための証拠を集めることが主な役割です。, 検察は、警察が集めた証拠を吟味して、裁判にかけるかどうかを決めることが主な役割です。裁判にかけることを「起訴」、裁判にかけないことを「不起訴」と言います。, 検察官は、本人の話を聞いて、警察の集めた証拠に間違いがないかどうかを確認し、起訴・不起訴を判断するための諸事情を聴取する必要があるのです。, このために検察庁でも、警察と同じように取り調べが行われ、本人の話を録取した検察官調書が作成されて、署名と指印を求められるのです。, ※1「被疑者」:犯罪の嫌疑をかけられている者です。交通事故の加害者がこれにあたります。, たとえば、過失運転致死傷罪は、7年以下の懲役又は禁固もしくは100万円以下の罰金です。, 自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。, 交通事故では、多くの場合は罰金刑となりますが、罰金刑でも有罪判決であって、前科である点では懲役刑と同じです。起訴されないようにすることが大切なのです。, 検察官が起訴・不起訴を決めるにあたって考慮する諸事情は、次のとおり多岐にわたります。, 刑事訴訟法 248条 犯人の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときは、公訴を提起しないことができる。, 前科とは過去に犯罪で有罪判決を受けたことがあること、前歴とは過去に捜査の対象となったことがあることです(逮捕された場合に限りません)。, 同種前科、すなわち過去に交通事故で刑事処分を受けたことがある場合は起訴される可能性が高くなります。, シートベルトの不着用や駐車違反などの細かい違反も含めて、過去の全ての違反データーが参照されます。, ひとつひとつは小さな違反でも、その回数が多い、反復しているなどの場合は、交通法規の遵法意識がないものと判断されて起訴される可能性があります。, この3つの要素が示談書に記載されていれば、事故後の状況に関する3つの判断要素(処罰感情、被害の回復、反省の状況)が、被疑者に有利にクリアーされていることになり、不起訴の可能性が高くなります。, したがって、このような完全な形の示談を成立させ、示談書を検察官に提出することが非常に重要です。, ※2宥恕:寛大な気持ちで許すという意味。「宥恕する」、「寛大な処分を望む」、「刑事処分を望まない」は同じ意味と考えていただいてかまいません。, 示談書の書式や書き方は特に決まっていませんが、少なくとも上の3つの要素(処罰感情、被害の回復、反省の状況)を書き漏らさないことが大切です。, なお、示談書で損害賠償金を支払う約束をした場合、検察官が被害者に賠償金を受け取ったかどうかを確認しますが、被疑者側からも、実際に支払いが完了したことを証明する書類を提出しておきましょう。振込明細書や保険会社からの報告書で足ります。, 被害者の処罰感情が強い場合は、「宥恕する」の記載や、「(甲が)乙に対し深く謝罪をし、乙は甲の謝罪を受け入れる。」の記載に同意してくれない場合があります。, そのような場合でも、これらの記載のない示談書を作成して署名、押印してもらい、検察官に提出するべきです。その場合の内容は、以下を明記することが大切です。, これによって、少なくとも損害の金銭的な回復が終了していることが明らかとなるからです。, 被疑者側が誠意を尽くしているにもかかわらず、被害者が示談書に署名押印してくれないケースもあります。, そのような場合は、被害者が応じてくれない理由を記載した報告書を作成して検察官に提出するべきです。, たとえば、被疑者側が相場の賠償額を提示しているのに、被害者が過大な賠償金を請求しているために示談がまとまらないならば、その事実を報告します。, 真実であることを示すために、これまでの被害者側とのやり取りを時系列にまとめるべきです。任意保険会社の示談代行を利用しているなら、担当者にまとめてもらうことも必要でしょう。, 金銭的な問題ではなく、被害者が感情的に示談に応じてくれない場合、被疑者としては最大限の誠意を示している事実を報告します。, 被害者を見舞って謝罪をした日にちや、その際のやり取りなどを、やはり時系列でまとめます。被害者に送付した謝罪文のコピーなども添付するべきです。相場の賠償金を提示済み、あるいは支払い済みであることも報告しましょう。, 刑事処分の可能性を念頭においた場合、被害者と示談するための示談交渉は、保険会社の示談代行に任せるのではなく、弁護士に依頼をするべきです。, 保険会社の示談代行は、あくまでも民事上の損害賠償問題を解決するために行われるもので、刑事処分を考慮したものではありません。保険会社は、賠償問題には対応できますが、刑事事件に対応できる能力や資格はないのです。, 様々な理由で、被害者が示談書の作成に応じてくれない場合、保険会社にできることは賠償金の増額を検討することだけで、それも限度があります。, しかし、弁護士が担当していれば、前述のように起訴を避けるための次善の対策を迅速にとることが可能です。弁護士は刑事事件の専門家でもあり、刑事裁判の制度や運用に精通する唯一の職業だからです。, 起訴を避けるために十分な対策をとるには、被害者との示談交渉の最初から弁護士に依頼しておくことがベストですが、保険会社による示談交渉がこじれてしまった段階でも、まだ遅すぎはしません。その段階からでも、弁護士の力を借りるべきでしょう。, でも、呼び出されてからでは、出頭の期日までに有利な示談書の作成が間に合わないとお思いですか?, いいえ、弁護士がついていれば、弁護士が代理人となったので、近々に示談書を提出できる見込みであると報告し、検察官に起訴・不起訴の結論を待ってもらうことも可能なのです。, ですから弁護士に依頼することが遅すぎるということはありません。是非、弁護士に相談してください。, 飲酒運転で捕まり困っていませんか?飲酒運転の違反を反省し、同じような違反をもう起こさないように、適切な対応をしていく必要があります。2020年現在の飲酒運転の全体的な法律の知識、また解決までの流れを把握しておきましょう。. ちょっとしたことだからいいか、などと思わず、意に沿わない調書であれば、署名押印をすることは厳禁です。, 仮に正式裁判となったら、その調書が“事実”となります。 交通事故の加害者になったら|生じる責任と、失敗しない対応方法を徹底解説, 検察庁での取り調べは、起訴となるか不起訴となるか、つまり前科がつくかどうかや、量刑の重さなどが決まる重要な場面です。 つまり、被害者と示談は終了しているかどうか、終了していないとしても、誠意をもって示談交渉にあたっているのか、どのような進捗状況にあるのか、被害者は加害者のことを宥恕(寛大な処分を求めて被害者を許すという気持ち)しているかどうかです。, そこで、示談が成立しているのであれば示談書を交わしておく必要があります。 そこで交通違反をした人達の便を考慮し,警察・検察庁の担当者が裁判所に集まることで,数時間で全ての手続を終えることができます。 なお,反則事件(青切符)でも,反則金を納付しないときは三者即日処理方式の対象となります。 交通事故や不起訴の情報を検索中の方へ。交通事故で起訴/不起訴の意味とは?検察庁からの呼び出しは何のため?交通事故の不起訴と点数の関係は?交通事故をおこすと刑事事件として捜査されることになります。刑事事件の経験をつんだ弁護士が、あなたの疑問におこたえします。 交通事故の加害者は、検察庁からの呼び出しを受けます。検察庁から呼び出しをされたとき、「何をするんだろう。」と不安に思う方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、交通事故で検察庁に呼び出されたときの対応や流れなどについて説明していきます。