スムーズな血流をサポートすることで、脳の機能全体のパフォーマンスが向上するというわけなのです。, 記憶に関わる精神病にも効果を発揮するというローズマリーティー。 利用しない手はありません。, その効能を100%発揮するためには、1日にコップに3杯飲むのがベストとされています。, また、「味が苦手」という方や、甘いのがお好きな方は、はちみつを加えることでだいぶ飲みやすくなるので、試してみてくださいね。, 今回は、ローズマリーティーの健康効果や効能と、その作り方や飲む量や副作用についてご紹介しました。, 日頃、お料理の香辛料として使いますが、こんなにも薬効があったなんて驚きますよね。 食材と合わせてとる場合、特に摂取量に制限はありませんが必要以上に摂取しすぎると、ローズマリーに含まれるタンニンによって. あらかじめ、ティスプーン1杯のドライローズマリーをお茶パックに詰めて、密閉容器にストックしておくといつでも簡単に楽しめます。, 「ローズマリーが健康にいいのはわかったけど、副作用は大丈夫なの?」 6)ローズマリーと一緒に摂取したい3つの食材とは . ローズマリーのオイルはトリートメントとして使用することで フケ防止となり、頭皮の血液の流れを活性化して育毛にも効果がある とされています。 早速飲み始めないわけにはいきませんよね。, ローズマリーティーは、庭から摘んできたばかりのフレッシュなローズマリーでも、乾燥ローズマリーでも作ることができます。 冷え性改善はもちろん、強く健やかな血流をサポートすることにより、血管中の血の流れを妨害する物質を取り除くことが期待できます。, がんは人種、性別、年齢にかかわらず、誰にでも起こり得る病気。だからこそ、日頃から徹底した予防に励みたいものです。, ローズマリーティーは、その高い抗酸化作用により、「遊離基」と呼ばれるがんの原因となり得る分子を取り除く効果があるとされています。, また、肝臓を始めとするボディクレンズとしても使用可能。 フレッシュのローズマリー. ローズマリーティーは、その 高い抗酸化作用 により、「遊離基」と呼ばれるがんの原因となり得る分子を取り除く効果があるとされています。 Copyright 2012–2020 ハーブのちから All Rights Reserved. 「どのくらいの量を飲めばいいの?」, そんな声も聞こえてきそうですが、きちんとした知識があれば、副作用は防ぐことができます。, ローズマリーは、ちゃんとした摂取量を守っている限り、比較的副作用のない安全なハーブだと言われています。, ローズマリーの葉には、揮発性のオイルが含まれていることもあり、一定の摂取量を超えると深刻な副作用を起こすこともあります。 是非この機会にそのすばらしさに触れてみてくださいね。, 米サンフランシスコ在住の翻訳者・ライター。ありのままの自分の美しさに気づくための「もの」、「こと」、「ひと」を集めたブログを運営中。一本の口紅から波の音まで、ホリスティックかつナチュラルな内容を書き綴る。. これは緊張、頭痛、不安などのストレスからくる症状全般を緩和する効果があり、なんと緊張からくる筋肉の痛みにも効くのだとか!, これは脳に限ったことではなく、身体全体に言えること。 ローズマリーは中世のヨーロッパの女王が薬として愛用していたなど、昔から健康と美容に重宝されてきた植物です。その効能は健康・美容にとどまらず、なんと記憶力・集中力も向上させてしまう効果も。, ローズマリーは常緑性低木で1年を通して収穫が可能です。大きく分けて匍匐性、立性、半匍匐性の3つの種類に分類されます。開花期も3月~6月と長く、暑さや寒さにも強いので初心者でも簡単に育てることができます。, 生葉、乾燥葉を香辛料や薬として、水蒸気蒸留法で抽出した精油はエッセンシャルオイルなどに利用されます。, 草丈は種類によって異なりますが匍匐性では20~30cm、半匍匐性だと30~150cm、立性だと2mになります。, 「海のしずく」を意味します。青紫色の花がしずくのように見えたことが由来だそうです。, ビタミンB1は糖質の代謝を助けエネルギーをつくり出し疲労回復に役立ちます。(含有表は100gあたり0.036mg), 細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の機能維持や成長に役立ちます。(含有量は100gあたり0.152mg), 皮ふや粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせるのに役立ちます。(含有量は100gあたり0.912mg), 貧血を予防し、細胞の生まれ変わりや、新しい赤血球をつくり出すために欠かせないビタミンです。(含有量は100gあたり109ug), 活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めてくれます。(含有量は100gあたり21.8mg), 疲労回復や利尿作用、高血圧の予防に役立ちます。(含有量は100gあたり668mg), ローズマリーには記憶力や集中力を高める作用があるとされており、強壮薬、刺激薬としても高い評価をうけています。精神を高揚させ軽いうつ病を和らげる効果もあるといわれています。, ローズマリーには優れた抗酸化作用があるので多くの貴族が活用してきたというのは有名な話です。昔からローズマリーは, 食品の保存や殺菌目的で活用されています。無添加食品などの保存成分として活用されることもあります。ローズマリーの抗酸化作用はハーブの中で最も高いといわれています。, また、含まれる精油成分には抗菌作用もあるので、嫌な臭いの消臭や空気の浄化にも役立ちます。, ローズマリーに含まれるロズマリン酸は若返り成分とも呼ばれています。また、血液の循環を良くして血管を強くしてくれるので体の中からも若返る効果が期待されていると言われています。, ローズマリーに含まれるタンニンには肌をひきしめる効果があると言われています。ハリがなくなってたるみが出てきたお肌の, ケアにおすすめです。ローズマリー精油がブレンドされている化粧水なども販売されています。, 頭皮の血行を良くするので、抜け毛や育毛促進に効果があると言われています。白髪やフケの悩みにも有効とされています。シャンプーに混ぜたり、オイルマッサージをするのがおすすめです。, ローズマリーの代表的な種類で、上へ上へ垂直に伸びていくか扇形に広がります。立性は高さが2mを超えることもあります。, 大きくしたくない場合は仕立てたい高さで枝の先端部分をカットするとそれ以上は大きくはならず切った部分からわきに芽が出てこんもりとした形に仕立てることができます。育て方はとても簡単なので人気のある種類です。, 地面を這うようにして成長するローズマリーです。塀に沿って育てることができるのでガーデニングに最適な種類です。, 草丈は20cm~40cmなので邪魔になりにくく花も咲くのでとても綺麗です。匍匐性ローズマリーを植える時は植える場所をよく考えてから植えましょう。, 立性と匍匐性が混ざったタイプです。壁に沿って生えますが途中から上に向かって伸びる特徴があります。草丈は100cm~200cmです。横にも上にも伸びるので植栽全般に使いやすいです。半匍匐性ローズマリーも花が咲くのでとても綺麗です。, ローズマリーの香りは、クセのあるお肉や魚の臭み消しによく用いられます。お肉を焼くときにオイルやバターと一緒にやくとローズマリーの香りが肉の臭みをとってくれます。, 爽やかでスッキリとした味わいのローズマリーのハーブティーは、朝の目覚めの1杯や、お肉料理などを食べた後に飲むのがお勧めです。, 自宅で簡単にサシェ(香り袋)を作ることができます。収穫したローズマリーを新聞紙などで包み、風通しの良い場所で乾燥させます。, 乾燥したら、お茶パックや自分で作った小袋に入れて手作りサシェの完成!臭いの気になる靴などに入れれば消臭剤としても活用できます。また、クローゼットに置けば防虫効果も期待できます。, ローズマリーを枝ごとをオイルに入れれば簡単にハーブオイルの作れちゃいます。ローズマリーの他ににんにくや黒こしょうなどを入れてアレンジしてみてもいいですね。とても香りの強いハーブなので入れすぎには注意しましょう。, 食材と合わせてとる場合、特に摂取量に制限はありませんが必要以上に摂取しすぎると、ローズマリーに含まれるタンニンによって, 鉄分やビタミンCの吸収が低下する場合があるので注意が必要です。効果効能が強いハーブなので過剰摂取は控えましょう。, ラム肉や豚肉などクセの強いお肉の臭み消しにおすすめです。ハーブを使用する場合は煮込み料理よりもローストする料理に向いています。, ローズマリーとオリーブオイル、にんにくであらかじめ下味を付けておいておくのもいいですが、焼くときに直接バターやオイルと一緒に焼いても手軽に香りと旨味をを楽しめます。, 魚の生臭さや独特な臭みをとるのにも役立ちます。ローズマリーと一緒に焼くと、ローズマリーの香りが魚にうつり風味がアップするので魚が苦手な方にはおすすめです。, 魚の内臓を取り除いた中にローズマリーを差し込んで、シンプルに塩焼きにするだけでも美味しく食べれられるでしょう。, フォカッチャやカンパーニュなど、ローズマリーはパンとの相性が抜群です。ローズマリーを入れるだけでシンプルなパンでも風味がアップしとってもおいしくなります。家でパンを作る方などは是非入れて焼いてみてはいかがでしょう。, お湯に生のローズマリーを入れるだけでお手軽にハーブティーを楽しめます。アンチエイジングや消化の促進、鎮痛効果などなど効能の多いローズマリーは古代ローマ時代には万能薬として使われていたんだそうです。, また口臭予防にも効果があります。ハーブティーとして飲む場合には特に制限はありませんが1日、1杯~2杯を目安に飲むのが良いでしょう。, ローズマリーの他にタイムやセージ、ローリエなどほかのハーブとあわせれば簡単に自家製の「ブーケガルニ」が作れます。, ブーケガルニはお肉の煮込み料理などにおススメです!ブーケガルニはタコ糸で数種類のハーブを束ねるのが基本ですが、お茶パックに詰めこむ方法もあります。ブーケガルニを入れるだけで、煮込み料理がいつもより美味しく仕上がりますよ。, ローズマリーを枝ごと束ねて風通しの良い場所につるしておけば、10日ほどで乾燥ハーブになります。乾燥後は触れると簡単に葉が落ちてしますので、ビンや袋で保存します。湿気には注意しましょう。, ローズマリーは冷凍でも保存できます。洗ったローズマリーは水気を切りキッチンぺーパーなどでつつんだ後、フリーザーパックなどに入れて冷凍庫で保存します。1か月位は香りも持つでしょう。, 収穫後、水の入ったグラスに挿しておけば数週間は持たせることができます。キッチンに置いておいておけば香りも楽しめますし、, 観賞用のグリーンとしても飾っても素敵ですね。ドライハーブにするよりは生のまま保存した方が香りも長持ちします。様々な効果が期待できるローズマリーですが、摂取する際には注意も必要です。, 妊娠中の方は、ローズマリーには子宮を収縮させる作用があるといわれているので摂取しないようにしましょう。また高血圧やてんかんをお持ちの方も刺激が強いので使用は控えましょう。, 1歳未満のお子様もアレルギーをおこす可能性があるので摂取しないほうがよいでしょう。, ローズマリーは常緑性低木で1年を通して収穫が可能です。大きく分けて匍匐性、立性、半匍匐性の3つの種類に, 分類されます。開花期も3月~6月と長く、暑さや寒さにも強いので初心者でも簡単に育てることができます。, 草丈は種類によって異なりますが匍匐性では20~30cm、半匍匐性だと30~150cm、, 貧血を予防し、細胞の生まれ変わりや、新しい赤血球をつくり出すために欠かせないビタミンです。, 活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めてくれます。, ローズマリーには記憶力や集中力を高める作用があるとされており、強壮薬、刺激薬としても高い評価をうけています。, 食品の保存や殺菌目的で活用されています。無添加食品などの保存成分として活用されることもあります。, ローズマリーに含まれるロズマリン酸は若返り成分とも呼ばれています。また、血液の循環を良くして血管を強くして, 頭皮の血行を良くするので、抜け毛や育毛促進に効果があると言われています。白髪やフケの悩みにも有効とされています。, 大きくしたくない場合は仕立てたい高さで枝の先端部分をカットするとそれ以上は大きくはならず切った部分からわきに, 立性と匍匐性が混ざったタイプです。壁に沿って生えますが途中から上に向かって伸びる特徴があります。, 草丈は100cm~200cmです。横にも上にも伸びるので植栽全般に使いやすいです。, ローズマリーの香りは、クセのあるお肉や魚の臭み消しによく用いられます。お肉を焼くときにオイルやバターと一緒にやくと, 乾燥したら、お茶パックや自分で作った小袋に入れて手作りサシェの完成!臭いの気になる靴などに入れれば消臭剤としても活用できます。, ローズマリーを枝ごとをオイルに入れれば簡単にハーブオイルの作れちゃいます。ローズマリーの他ににんにくや黒こしょうなどを入れてアレンジしてみてもいいですね。, ローズマリーとオリーブオイル、にんにくであらかじめ下味を付けておいておくのもいいですが、焼くときに直接バターやオイルと一緒に焼いても, 魚の生臭さや独特な臭みをとるのにも役立ちます。ローズマリーと一緒に焼くと、ローズマリーの香りが魚にうつり風味がアップするので, フォカッチャやカンパーニュなど、ローズマリーはパンとの相性が抜群です。ローズマリーを入れるだけでシンプルなパンでも風味がアップし, とってもおいしくなります。家でパンを作る方などは是非入れて焼いてみてはいかがでしょう。, お湯に生のローズマリーを入れるだけでお手軽にハーブティーを楽しめます。アンチエイジングや消化の促進、鎮痛効果などなど効能の多いローズマリーは, ハーブティーとして飲む場合には特に制限はありませんが1日、1杯~2杯を目安に飲むのが良いでしょう。, ブーケガルニはお肉の煮込み料理などにおススメです!ブーケガルニはタコ糸で数種類のハーブを束ねるのが基本ですが、お茶パックに詰めこむ方法もあります。, ローズマリーを枝ごと束ねて風通しの良い場所につるしておけば、10日ほどで乾燥ハーブになります。, 乾燥後は触れると簡単に葉が落ちてしますので、ビンや袋で保存します。湿気には注意しましょう。, ローズマリーは冷凍でも保存できます。洗ったローズマリーは水気を切りキッチンぺーパーなどでつつんだ後、, 観賞用のグリーンとしても飾っても素敵ですね。ドライハーブにするよりは生のまま保存した方が香りも長持ちします。, 妊娠中の方は、ローズマリーには子宮を収縮させる作用があるといわれているので摂取しないようにしましょう。.