子供を連れてモラハラ夫と別居 . 夫は面会交流を希望していますが、本当の父親ではないし、会わせたくないです。 夫が離婚調停を申し立てたい場合、私の現住所がわからない場合は申し立てはできないのでしょうか?... ...モラハラ夫と離婚し、2歳の子供の面会交流調停をしています ・公正証書に記載した方がいい事項 私の体重は10キロ痩せ、現在子供が... ...モラハラ離婚後の面会交流ですが、9歳の子で月一回、3時間という審判が半年前におりました。 主人は半年に一度一時帰国を10日程度します。 相手がモラハラ夫なので、いろいろ苦戦しています。 夫(または妻)からモラルハラスメント(モラハラ)を受けている妻(または夫)のなかには「子どもがいるから離婚できない」という人もいます。ここでは、モラハラを受けている人が離婚しない理由や離婚しない場合に子どもにどのような影響があるのかを説明します。 2016年01月31日 0 モラハラ夫と結婚してしまった妻たちの実話をベースにしたフィクション 。なかなか表に出てこない「モラハラ夫」の実態とは? モラハラ夫に悩む妻たちの代弁者となり、漫画で綴ります。(1/2) すぐ機嫌が悪くなり、 離婚後は実家暮らし... ...夫のモラハラのため離婚するのですが、親権を取る話をしたら、夫が「勝手に子どもを連れて出て行ったら離婚に合意しない、許さない」と強い口調でいいます。遠方の実家に一刻も早く帰りたいが、恐くて身動きが取れません。... ...夫からのモラハラとDV子供への虐待で警察を呼び離婚に向けて別居中です。同居中に脅されお金を何度もとられています。 親でも友達でもなく詳しい専門家に…。 子供たちの通帳は子供たちのものになりました。 財産分与で 私や子供へ対し 子供たちの希望もあり 4月の新学期に転校をさせたいのですが 離婚に不利にならないように 引っ越すのはどう... ...主人と離婚したいと思っています。子供は三人おります。結婚当初から折り合いがあわず、常に一進一退の関係です。原因は夫からのモラハラが主です。夫も離婚してもいいと言ったりもしますが、届けをだす直前になって、話をむしかえしたり... ...モラハラ夫との離婚を考えています。今後、調停や裁判を覚悟しています。まず子どもを連れて実家に帰り、夫と別居しようと考えています。そこで先生方に質問がございます。 親や友達だとどうして主観が入る。 離婚したいと伝... ...友人がご主人からDVを受け入院(顔面骨折)ご主人の親からは理不尽な扱い(モラハラ) モラハラとは、言葉や態度などによって心を傷つける精神的暴力。SNS上などでは、夫からのモラハラに苦しむ妻たちが多くみられます。「モラハラ夫」「モラ夫」の特徴を、実例とあわせてご紹介します。是非ご家庭の様子を振り返りながらチェックしてみてください。, 夫の言動、これってモラハラ? モラハラ夫の特徴を紹介(出典:三船美佳離婚から学ぶ「モラハラチェックリスト」), 結婚当初は、グイグイと引っ張っていくタイプの夫が頼もしく見えたものの、3カ月も過ぎると少しずつ夫の言動に疑問を持ちはじめたといいます。 子供たちに貰う権利はないのでしょうか? 今回は『離婚調停は話し方で変わる』の著書を持ち、モラハラ夫の離婚についてアドバイスも行う弁護士の木下貴子さんに、モラハラ夫のチェックリストや典型パターン、気づいたときの対処法を伺いました。 夫からの「心理的攻撃」経験は16.8% 限界で震えが止まらなくなってしまい、1週間程前から別居しています。 調停離婚をすることに、なりました 現在、私からの離婚調停中です。相手のモラハラがあり、私が不貞をしてしまいました。その後も夫はモラハラがあり、私から申し立てをしました。 相手はまだ愛しているので離婚はしない。子どものためにも一緒にと陳... ...夫と離婚協議中です。 ◎離婚したくない夫が離婚裁判で勝訴できる決定的な条件はありますか? 家を出た後、夫がうつ病とわかりました。 日本在住の頃は... ...小さいこの親権をどうしてもとりたい。 子ども幼児1人 親権は私 養育費も勝手に減額されていますし、仕事を頻繁に休むわけ... ...離婚したい妻は子供へのdv記録と子連れの深夜帰宅メモ、逆モラハラがあります。 旦那のモラハラにより、別居からの離婚を考えております。小さい子どもがいるので、今すぐ離婚はできず、とりあえず別居したいです。 私は、モラハラ夫と7年付き合って結婚して2年で離婚しました。 20歳から付き合って27歳で結婚。 その後、28歳で妊娠。 29歳で子供産んでギリギリ29歳の時に離婚しまし … もう、耐えられず離婚を決意しました。 モラハラ夫との離婚を決めたあなた。 その離婚の決断、間違っていませんよ。 ただの怒りっぽい人や性格の悪い人ではなく、あなたの旦那様がモラハラパーソンであれば、離婚を選択した事は間違っていないと断言します。 多くの専門家やカウンセラーも、そう伝えています。 ... ...離婚を考えています。1歳の子供が1人います。 理由は日常的なモラハラ発言(「お前は何もできないんだからせめて普通になれよ」「お前は全て俺よりレベルが下。結婚してやったんだからありがたく思え」など)と、浮気です。浮気につい... ...結婚期間6年。5歳の娘と3歳の娘がいます。 夫(または妻)からモラルハラスメント(以下、モラハラ)を受けている妻(または夫)が、本心では離婚したいのに「子どもがいるから」という理由で離婚を切り出さないことがあります。, ここでは、モラハラ夫(妻)に改善の余地がないことを前提で考察を進めていきます。これは「離婚しない」という選択によって被害が継続または増大することを意味します。, しかし、それを被害妻(夫)が理解したうえで「離婚できない」と決断していることもあります。, この場合、周囲がいくら「離婚すべきだ」と言っても離婚できません。この問題の答えには正解は存在しないかもしれません。, しかし子どものことを軸にして考えていけば「不正解ではない」道を選ぶことができるかもしれません。, 「モラハラ夫(妻)」と「夫」を先行して表記しているのは、モラハラ問題では夫が加害者になるケースが多く、そして夫が加害者になると妻の被害がより深刻になるからです。, しかし妻がモラハラの加害者になることもあり、そのときの夫の被害が深刻ではないとは限りません。, 夫がモラハラの加害者になりやすいのは、夫のほうが力があり経済的に優位になりやすいからです。そこに男尊女卑の考え方が加わると簡単にモラハラ化します。, ですから、妻が「皿を割る」というささいな失敗をしただけで「家事も満足もできないのか」と言ったりします。, 例えば、夫の肥満傾向を心配した妻が「運動をしてやせたほうがいいと思う」と言っただけで、モラハラ夫は「疲れて帰って来た夫にさらに疲労させようというのか」と曲解します。, さらに「お前がつくる食事がまずいから外食が多くなって体調を崩すんだ。お前は俺を殺す気か」と、問題のすり替えや責任転嫁をしつつ、攻撃をしかけるのです。, モラハラ妻の多くは学歴も収入も夫より高いという特徴を持っています。しかし日本は、能力が高くても女性というだけで出世しにくいビジネス環境です。, ですから、モラハラ妻は「男社会への恨み」を持っています。それを夫にぶつけるのです。妻が一家の財布を預かり、夫にごく少額の小遣いしか渡さない経済系モラハラもあります。, また、専業主婦がモラハラに走ることもあります。家事や育児の放棄・夫の両親への仕打ち・ヒステリー・精神疾患ではない自傷行為や自殺未遂といった行動で夫を苦しめます。, 近年、モラハラという言葉が広く知られるようになりました。それに伴い、これまで自分が受けてきたこともモラハラではないか…, モラハラ夫に苦しめられている妻もモラハラ妻に苦しめられている夫も、ともに「離婚したいけど子どもがいるからできない」と考えることがあります。その考え方は理解できます。, 専業主婦は離婚後に収入を確保する自信がありません。ですから、モラハラ被害を受けている専業主婦は、「子どもがいるから離婚できない」と考えやすくなります。, しかもそのような妻は、毎日夫から「バカ者扱い」されたり、「ただ飯食い」と思われたり、「容姿が悪い」と言われたりします。, マインドコントロールされたように被害妻が「自分はバカだ」と思ってしまうこともあるのです。, またモラハラ夫が高学歴で高収入の場合、被害妻が「いまの家庭環境は子どもの将来の『武器』になる」と考えるかもしれません。, 例えば父と子が2代続けて東大に入ったり、医者の子どもが医者になったりすれば、被害妻としても「私の子どもは完璧なエリート」と思うようになるでしょう。, また、モラハラ夫が社会的に優秀で、巧みにモラハラの証拠を隠せば、離婚後の子どもの親権を夫に奪われてしまうかもしれません。, 被害妻からすると、夫のモラハラが原因で離婚をしたのに子どもまで失うわけにはいきません。それで離婚を思いとどまってしまうのです。, このような人は「夫がモラハラ被害を受けても自分で稼ぐことができるのだからすぐに離婚すればいい」と簡単に考えるかもしれません。しかし、それは正しい見解ではありません。, いくらモラハラ妻とはいえ体力で被害夫を上回ることは難しいはずです。ということは、よほど強い精神的な圧力を夫にかけ続けていると推測できます。, モラハラ妻は夫を精神的な奴隷にしてしまうのです。そして離婚後に親権を持つのは圧倒的に妻が多い、という実情があります。, 被害を受けたうえに子どもと別れ離れになることは理不尽すぎる話です。被害夫が離婚に踏み切れない心理は十分理解できます。, 近年、少子化の進行が問題になっています。そのため、離婚の際、父親と母親のどちらが子供の親権者になるかについて…, モラハラ夫(妻)の卑劣な行動や言葉があからさまな場合、子どもに深刻な悪影響を与えかねません。, またモラハラ夫(妻)が陰でこそこそと妻(夫)をいじめていても子どもはその雰囲気を敏感に察知するものです。, 子どもはよくも悪くも親を真似ます。モラハラ夫(妻)の悪影響で懸念されるのは、子どもがモラハラ行為を受け継いでしまうことです。, モラハラ傾向や男尊女卑(女尊男卑)の考え方が医学生理学的に遺伝するかどうかは不明です。, しかし、モラハラが当たり前の環境に子どもがいることでその子どもがモラハラ傾向を示すことは十分にあり得ます。, たとえば、妻が夫の下着類を家族の洗濯物と別に洗濯すると、子どもたちも「お父さんはなんとなく汚い存在」と思うようになります。, 子どもはときに、このような悪質なことに没頭してしまいます。 さらにモラハラ夫(妻)が子どもをいわゆる「洗脳」してしまうことも考えられます。, 例えばモラハラ夫が子どもの目の前で妻に罵詈雑言を浴びせたとします。その後夫が、子どもを別室に呼び、優しく、, 「パパも本当は、ママを叱りたくないんだよ。だけどママは悪い心を持っていて、パパはそれを正常にしてあげようとしているんだよ」, 「子どもに対して服従的な教育態度の親を持つ子どもが、自己表現が積極的であったとしても、他人のことを考えず自己ばかりを表現する傾向がある」, これは「甘やかされて育った子どもは自己中心的な性質を示すようになる」ということです。, 「親が子どもに対し、統制的な養育態度を取ると、その子どもは他者からの働きかけに応答的な行動モデルを獲得できず、利己的な表現が強くなる」, とも述べています。こちらは「親が子どもに常に威圧的な態度を取っていると、子どもは他人とのコミュニケーションが取りづらくなり利己的になる」ということです。, このことから、親が子どもに対する接し方を誤ると子どもは問題行動を起こす可能性があることがわかります。, この場合、子どもは、父親(母親)が社会にみせている常識人としての顔と家のなかの卑劣な者の顔が矛盾していることに違和感を持たないかもしれません。, そして、その態度こそ「本当の大人」と理解してしまったら、積極的にモラハラ人間になろうとするかもしれないのです。, モラハラで苦しみながらも「子どもがいるから離婚できない」という人の心の闇と、モラハラが子どもにおよぼす影響について説明しました。, モラハラ夫(妻)に苦しみつつも離婚に踏み切れない人に、他人が「子どものことを考えて、勇気を持って離婚しましょう」とはアドバイスできない場合があります。, しかしそのような状況下にあっても、誰かに相談することは避けないでください。親族や友人を頼れないなら弁護士に相談する方法もあります。, 離婚の慰謝料の話し合いには、様々な準備や証拠の収集が必要です。1人で悩まず、弁護士に相談して適正な慰謝料で解決しましょう。, 離婚問題を抱えているが「弁護士に相談するべきかわからない」「弁護士に相談する前に確認したいことがある」そんな方へ、悩みは1人で溜め込まず気軽に専門家に質問してみましょう。.