「Packages」→「Microsoft.MinecraftUWP...」の順番でフォルダを開いて下さい。こちらの記事でも書きましたが、「Package」フォルダ内は大量の「Microsoft」で「Minecraft」が隠されてますので注意して探しましょう! 「Minecraft Launchar」を起動した後に「起動構成」メニューを選択し、 そこの「ゲームディレクトリ」で「.minecraft」フォルダの場所を探すことが出来ます。 2017/8/31 ワールドデータを移行させることが出来ます。, お返事をいただいていたにも関わらず、確認できておらず申し訳ございません。 設定項目は、1.12.1で生成されたものを元にしています。 MinecraftUWP_...→LocalState→com.mojang の順番でフォルダーを開いていきましょう。. > ファイルを指定して実行は、Windowsの場合なら、WinキーとRキーでも開けますよ! 存在しない原因はちょっと思い浮かびません、すいません。, 他に「.minecraft」を探す方法としては、 作成したプロファイルを指定してMinecraftを起動し停止します。, すると選択したゲームディレクトリ内に「saves」ディレクトリが作成されるので、 「新規作成」から「起動構成の作成」でプロファイル作成画面を表示させて、 隠しフォルダを表示に設定して、この方法で検索しても、minecraftのフォルダが出てきません。原因はなにが考えられますか? minecraft, Windows環境でJava Editionと統合版(Bedrock)マイクラのデータが保存されている場所について説明しています。, Windowsで動作するMinecraftには「Java Edition」と「統合版(Bedrock)」の2種類があり、それぞれワールドデータなどのゲームデータを保存するディレクトリの場所は異なります。(マルチサーバはまた別になります), 今回はそれぞれのゲームデータが保存されるディレクトリ場所について説明していきます。, Java Editionのデータ保存場所は、初期設定では下記のフォルダとなっています。, 「.minecraft」フォルダの中に色々なデータが保存されるディレクトリがあります。, modなどをインストールする場合も、このフォルダに内にmodのデータファイルを格納していきます。(modの導入方法については別途説明していきます, ワールドデータなどは「saves」フォルダの中に、ワールド名と同じディレクトリが作成されてそこに保存されます。, マイクラのクライアントで撮ったスクリーンショットのデータは「screenshots」フォルダに保存されます。, ワールドデータの保存場所は「minecraftWorlds」ディレクトリとなり、その中にワールドデータ毎にフォルダが作成されて保存されています。, ワールドデータをバックアップしたい場合は、フォルダごとコピーすることでバックアップすることができます。, ワールド名はフォルダ名では分からないですが、フォルダの中にある「levelname.txt」にワールド名が記述されています。, 「levelname.txt」ファイルを開くとこのワールドの名前が「test world」だということが分かりました。, Windowsのエクスプローラーからマイクラのデータが保存されているディレクトリにアクセスしようとしても、「AppData」ディレクトリが見つからなかったり、そもそもエクスプローラーって何?という方もいるかもしれませんので、Windows10の環境で「ファイルを名を指定して実行」から簡単にマインクラフトのディレクトリへアクセスするための方法を2通り紹介していきます。, キーボードの「Windows」(キーボードの左下にあります)キーと「R」キーを一緒に押すことで、「ファイルを名を指定して実行」が表示されます。, 画面左下にある「スタート」ボタンを押して、アプリ一覧の中にある「Windows システムツール」をクリックします。, 「ファイル名を指定して実行」があるのでそれを選択します。(環境によってはRunと表示されていることもあります), 表示された「ファイル名を指定して実行」の名前の欄に「%AppData%」と入力して「OK」ボタンを押します。, そうすると「.minecraft」フォルダが格納されているディレクトリが表示されます。, 表示された「ファイル名を指定して実行」の名前の欄に「%LocalAppData%\Packages\Microsoft.MinecraftUWP_8wekyb3d8bbwe\LocalState\games\com.mojang」と入力して「OK」ボタンを押します。, 「Java Edition」の場合は最初「%AppData%」でしたが、統合版の場合は「%LocalAppData%」から始まりますので注意してください。, 手元にWindows7やWindows8の環境が無いので確認できませんが、「ファイル名を指定して実行」からアクセスできるのではないかと思います。, 毎回「ファイル名を指定して実行」で入力するのは面倒なので、次からは簡単に「Minecraft」フォルダにアクセスできるようにするため、ショートカットを作成しておくことをお勧めします。, フォルダを右クリックして表示されるメニューから「ショートカットの作成」を選択します。, 作成されたショートカットをデスクトップ等においておくと、次回からは簡単にアクセスできるようになります。. 下記の手順でワールドデータを移行できるはずです。, (1)ゲームディレクトリの作成 一番上の 「自作リソースパック」 はそれぞれ好きな名前か新規フォルダになってる. ファイルを指定して実行は、Windowsの場合なら、WinキーとRキーでも開けますよ! Romingフォルダの中にminecraftフォルダがないんです。, 因みに、このフォルダがなければ、エクスポートで別で保存したところで復元できませんよね???, > 隠しフォルダを表示に設定して、この方法で検索しても、minecraftのフォルダが出てきません。原因はなにが考えられますか? > マイクラの仕組みがまったくわかっておらず。。すみません。 マイクラのWindows10版といえば、内容はほぼPEですがWindows上で非常に軽快に動くということで最近注目を浴びていますね。そういえばPEはBlockLauncherを使えばテクスチャーパックを導入できますが、Windows10版でダウンロードしたテクスチャを使うにはどうすればいいのでしょうか。今回紹介するのは、jocopa3氏制作の「Texture Pack Launcher for Minecraft Win10」です。この記事ではこのツールを使って、既存のPE向けのテクスチャーパックをWindows10版に導入する手順を解説します。(PEでは"リソースパックが実装された"となっていますが、0.15の時点では実質"テクスチャパック"で翻訳もテクスチャパックですのでこの記事では"テクスチャパック"と書いています), [2016年6月21日追記] バージョン0.15でテクスチャパックの導入がより簡単になったので記事を書き直しました。, Windows10版の中身はほぼPEですから、ツールを使ったとしても、使えるテクスチャーパックはPE用のものだけです。つまり普通にテクスチャーパックを探すのではなく、マイクラPE向けの物を探さなければいけません。, ですがPEのテクスチャーパックは日本ではあまり作成されておらず、基本的に海外のサイトをはしごして探すことになります。そんな時注意が必要なのが、無断で二次配布して作者の収益を横取りしている悪質なサイト。プレイヤー全員のリテラシーが高いとは言い難いPE向けだからこそ、ユーザーを騙しているサイトがかなり存在するんです。, そこで登場するのが「StopModReposts」というChrome/Firefox/Operaのアドオン。入れておけば、悪質なサイトにアクセスしたら警告してくれる優れもの。海外のサイトでテクスチャーパック等マイクラに関するコンテンツを探す際は、この「StopModReposts」を使うことをおすすめします。「#StopModReposts」運動について詳しくはこちらの記事で解説しているので合わせてお読み下さい。, の3つはテクスチャーパックの作者さん自身が投稿されていると思われ、信頼性が高いと言えそうです。(上記サイトが絶対大丈夫というわけではないです), ▲2016年6月21日現在、Windows10版0.15に全てのPE用テクスチャが対応できているわけではありません。探してみたところ、この「oCd Texture Pack」が0.15で正常に動いたので、まずは上記リンクからoCdをダウンロードすることをおすすめします。, ここからは、ダウンロードしたテクスチャーパック(この例ではoCd Texture)をWindows10版に導入する手順を解説します。, Windows+Rキーを同時押しで"ファイル名を指定して実行"画面を開いて、%localappdata%と入力してエンター。.