タイヤ:(前)225/55R18 98V/(後)225/55R18 98V(ブリヂストン・デューラーH/Pスポーツ) お気に入り登録. フォレスター 2018年モデル. 新型フォレスターのハイブリッド車にあたるAdvanceグレードですが、発売前のスペックを見る限り、エンジンとモーターの馬力やトルクがさほど大きくなく、「高いパワートレインを誇っていたスバル車らしくない」と残念な評価を耳にしました!, そんなAdvanceグレードですが、発売後はどのように評価されているのでしょうか?, 新型フォレスター唯一のハイブリッド車であるAdvanceの評価、評判、口コミ、そして実燃費などを調べてみました!, https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/e-boxer.htmlより引用, 特徴的なのは新型フォレスターのAdvanceグレードでは「e-BOXER」といわれる呼称が使用されていること!, 「e-BOXER」とはスバル車に採用されているハイブリッドシステムの商品名の事で、世間に定着している「ハイブリッド」と異なった使用方法で用いられている事から、スバルでは別の名前で呼ぶことになりました。, 一般的に「ハイブリッド」には「低燃費」というイメージが持たれていますが、「e-BOXER」はモーターのトルクを活かし、走る楽しさを高めることに主眼が置かれています。, では、この「e-BOXER」が採用されている新型フォレスターAdvanceグレードのエンジンスペックはどの程度なのでしょうか?, 走る楽しさを高めるための「e-BOXER」ですので、かなり高いスペックが予想されるのではないでしょうか?, 「e-BOXER」に採用されているエンジンの排気量は2.0ℓと1個のモーターから成り立っており、公表されている馬力、トルクは以下の通り!, 一般的なハイブリッド車と比較して、モーターのトルクが低いことが解るのではないでしょうか?, この値がどの程度の物なのか、同じようなシステム構成であるエクストレイルハイブリッド車と比較してみましょう!, エクストレイルハイブリッド車のエンジンの排気量も2.0ℓとなっている事からトルクや馬力はほぼ同程度の値となっていますが、モーターに関してはハッキリと解るくらいの差がありますよね!, もう1点、Advanceの特徴的としてあげられるのが「ドライバーモニタリングシステム」の採用です。, https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_3.htmlより引用, ドライバーモニタリングシステムはスバル車として初の装備であり、登録したドライバーのシートポジションやエアコンの設定を記録し、ドライバーが運転席に座ると顔を認証し、自動で記録した設定に変更されるという非常に便利なシステムとなっています。, さらに、ドライバーモニタリングシステムには警報機能も搭載されており、走行中のドライバーの表情から居眠り運転やわき見運転といった状況を感知し、警報音や警告表示で注意喚起をしてくれます。, とても優れた先進装備であり、Advanceにのみ標準装備され、他のグレードではオプションとして選択することも出来ず、Advanceを購入した人のみ使用できるシステムとなっています。, しかし、熱狂的なスバル車のファンであるスバリストといわれる人達からは、「e-BOXER」の馬力やトルクの数値から、「ドライバーモニタリングシステムという先進的な装備よりも動力源のスペックに力を入れて欲しかった」という評価が発売前から聞かれており、Advanceには残念な印象を受けるという声があがっていました。, やはり加速に関してはやや非力という声が上がっており、より大きな加速を求めるなら2.5ℓNAエンジンが採用されているPremium、X-BREAK、Touringの方が優れていると評価されています。, ただし、街中などのスットプ&ゴーが多いような状況では、モーターアシストにより加速もスムーズで快適に使用できるという声が多くあがっていました。, さらに、性音声も抜群で、車内のオーディオを消してもエンジン音が気にならないほど静かだそうです。, Advanceは高速道路や峠道などではなく、街中での走行に有利な車になっているようですね。, 実際に、長距離移動をメインとし、高速道路や峠道をよく走る人は2.5ℓNAエンジンが採用されているPremium、X-BREAK、Touringのどれかを、街中での乗車がメインの人はAdvanceを購入する事を勧め、使用の用途に分けてどのグレードを選択するか考えるのが良いと語っている人もいました。, 次に、Advanceのみの装備であるドライバーモニタリングシステムの評価ですが、ドライバー登録も簡単で、乗車して数秒でドライバーの顔を認証し、まさにおもてなしされているような感覚になるそうです。, 発進時にシートやサイドミラーの調整に時間がかからず、ストレスフリーで使用することが出来ると言われており、最先端の技術なだけに非常に素晴らしい機能となっているようですね。, ただ、人によっては顔を認証しずらいと評価している人もおり、この点だけは今後に期待したいと記載されていました。, しかし、認証してしまえばすぐに最適なポジションに移動してくれるそうで、認証後はタイムラグ無く移動する点を高く評価していました。, 以上の点から新型フォレスターAdvanceは街中での走行をメインとする車であり、ドライバーモニタリングシステムも多少の改善点は必要となってそうですが、タイムラグ無く作動する素晴らしい装備となっていそうですね。, 発売前はエンジンスペックから「残念」という声も聞こえましたが、仕様用途によっては十分素晴らしい車であると言えるのではないでしょうか!, 通常のハイブリッドとは用途が違う「e-BOXER」を搭載しているAdvanceですが、ハイブリッド車である以上、燃費はやはり気になりますよね。, 新型フォレスターAdvanceの燃費はJC08モードとWLTCモードで以下の通りと公表されています。, WLTCモードについては詳しくはこちらで説明していますのでお時間がある方は是非ご覧になってください!⇒フォレスター新型車の燃費!街乗りや高速で実際どの位?WLTCモードって何?, 実燃費に近い計測方法とされているWLTCモードで新型フォレスターの燃費は14.0km/ℓとされており、ミドルサイズSUVという車体の大きさを考慮すると悪くない燃費であると思われます。, 実燃費に近いWLTCモードでの燃費は14.0km/ℓとなっていましたので、新型フォレスターAdvanceの燃費は公表どおりとなっていそうです。, 発売以前は、エンジンスペックから考えて、「残念」という評価が目立っていたように感じましたが、実際に購入された方からは街のりで真価を発揮する良い車であると評価されていました。, Advanceだけに採用されたドライバーモニタリングシステムも車に乗り込むと、タイムラグなしで作動し、おもてなしされているようだと評価の高いものとなっています。, さらに、実燃費も公表されているWLTCモードの14.0km/ℓ通りであり、このサイズを考えると非常に満足という声が多くあがっていました。, この点に関しては2.5ℓNAエンジンが採用されているPremium、X-BREAK、Touringの方が素晴らしく、高速道路や峠道を走る機会が多い人はこちらのグレードを選択するほうが良いと言われていました。, 先代フォレスターに存在したターボ仕様車のようなスペックを求めていた人にとってはAdvanceはやや物足りない仕様となっているようですが、用途さえ合わせればAdvanceグレードは非常に良くできた素晴らしい車であると評価できそうですね!, 街のりをメインとして、ミドルサイズSUVの購入を考えている方がいらっしゃいましたら新型フォレスターAdvanceを候補に入れてみては如何でしょうか?. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript. 現行フォレスターの発売は2018年6月20日であり、次期型に引き継ぐのは3年後の2023年中盤あたりが有力である。それまではビッグマイナーチェンジ、マイナーチェンジ、一部改良などが毎年行われることになる。フルモデルチェンジする世代交代期にはさらに進化した「アイサイトx 軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。, 2018年6月、先代モデルの良いところを踏襲しつつ、さらに進化を遂げた5代目新型フォレスター(Forester)が、スバルからデビューをしました。, そんな新型モデルで特に注目を集めているのが、2.0リットルエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車の”アドバンス(Advance)”です。, 先日、このアドバンス(Advance)を試乗させて貰ったのですが、発進加速時にモーターがエンジンがアシストする感じなど、ガソリン車では味わえない乗り心地になっていたのは、好印象でした。, そんな新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様の”アドバンス(ADVANCE)”は、ガソリン車と異なる専用の装備を外装や内装にたくさん備えています。, また、ハイブリッド車の”アドバンス(Advance)”とガソリン車では、燃料タンクの容量にも違いがありました。, 2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”の燃料タンク容量は、どれくらいだったのでしょうか?また、ハイブリッド車とガソリン車では、どのくらい違いがあったのでしょうか?, 5代目モデルで新しくラインナップされたハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”の燃料タンク容量を確認してきたので、紹介します。また、ガソリン車との違いも紹介したいと思います。, ガソリン車よりも遅れて登場した新型フォレスター ハイブリッド(Forester Hybrid)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。, この”アドバンス(Advance)”では、フロントバンパーガードやリヤバンパーガードなどにシルバーの加飾を施した専用デザインに…。そのおかげもあり、ガソリン車よりも先進的な雰囲気のあるデザインになっていました。, そんな新型フォレスター ハイブリッド(Forester Hybrid)では、ボディの右側後方にガソリンの給油口が用意されています。, ただ、この新型モデルでは、他のクルマのように運転席の足元に用意されているレバーを使って、給油口を開けるのではなく、給油口部分を直接プッシュして開けるタイプに…。, 最初は、給油口のレバーが見つからずにビックリとしましたが、個人的には、足元をガサゴソとレバーを探して操作するよりも、給油口部分で開け閉めできるデザインになっている方が使い勝手が良いと思いました。, このようなデザインになっている新型フォレスター ハイブリッド(Forester Hybrid)の給油口ですが、燃料タンクの容量を確認してみたところ、このようになっていました。, ちなみに、ハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”以外のモデルの燃料タンク容量を確認してみたところ63リットルだったので、この”アドバンス(Advance)”の方が15リットル程少ない結果に…。, 今回新発売された新型フォレスター ハイブリッド(Forester Hybrid)は、モーターがエンジンをアシストするマイルドハイブリッド車で、ガソリン車との燃費の差が少ない事を考えると、もう少し燃料タンクを多くしても良かったのかなと思いました。, ■新型フォレスター ハイブリッドとガソリン車の燃費