薔薇(バラ)の花言葉をご紹介します。 色や本数によって意味が違うんですよ。 あなたが気になるお相手やパートナーから薔薇(バラ)をもらったら 何か意味があるのかもしれません・・・,香り高い花の女王・薔薇(バラ)シリーズ 今回は薔薇(バラ)の花言葉をご紹介します。 30本~40本のバラは、花束のサイズでmサイズとされることが多い大きさです。 持ち運びやすいので、レストランなど外出先の演出におすすめです。 愛の象徴ともされる薔薇。薔薇の花言葉は「愛」だけだと思っていませんか?実は薔薇の花言葉は、その本数や色、部位、状態や組み合わせによっても変わってくるんです!「女性が喜ぶから…」と、何も考えずに薔薇を贈ろうとしている男性の皆さん、それは大変危険です! 40本のバラの意味は、「真実の愛」です。 40本くらいであれば、花束にしてもかさばりすぎず、ほどよいボリュームと言えます。 サプライズ演出で、プロポーズの瞬間まで花を隠しておきたいときには … バラの花束には隠れた意味があります。誕生日や特別な時にバラの花束を贈ることってよくあります。実はバラの花束の本数には花言葉とは、また違った本当の意味があるのです。更に、色によって組み合わせによっても意味が違ってくるのです。愛する女性にバラの 欧米では、「愛する人に12本のバラを贈ると幸せになれる」と考えられており、結婚式のブーケや、披露宴の演出でも使われます。プロポーズにもピッタリですね。 40本:「真実の愛」「愛は本物 … バラは贈る花束として有名ですが、色や本数によって花言葉の意味に違いがあります。バラは、プロポーズの際に用いられる事が多いですが、色などによってプロポーズ以外にも贈る事ができます。今回は、バラの本数や色の意味、プロポーズに最適な組み合わせについてご紹介します。