漫画・アニメ「ハイキュー」に登場した澤村大地を徹底紹介!ハイキューファンから烏野高校バレーボール部のお父さんと呼ばれている澤村大地のかっこいい魅力を紹介していきます。またかっこいい魅力だけでなく、アニメ「ハイキュー」で声を担当した声優や名言なども載せていきます。その他には、澤村大地が烏野高校バレーボール部のお父さんと言われている理由なども載せていきますので是非ご覧下さい!, 本記事では漫画・アニメ「ハイキュー」に登場した澤村大地のかっこいい魅力を紹介していきます!またかっこいい魅力だけでなく、澤村大地が烏野高校バレーボール部のお父さんと言われている理由や名言も載せていきます。その他には漫画・アニメ「ハイキュー」で澤村大地の声を担当した声優の情報も載せていきますので是非ご覧下さい!, 烏野高校バレーボール部のお父さんと言われている理由を知る前に、まずは漫画・アニメ「ハイキュー」の基本情報を紹介していきます!ハイキューは2012年より「週刊少年ジャンプ」で連載されている漫画が原作で、2014年よりアニメが放送されています。漫画・アニメ「ハイキュー」の作中では、烏野高校バレーボール部が全国制覇を目指す物語が描かれています。, 漫画「ハイキュー」の原作者は古舘春一です。古舘春一は高校を卒業した後に漫画家活動を開始している人物です。古舘春一はこれまでに「王様キッド」「詭弁学派、四ッ谷先生の怪談」などの作品も発表しています。また古舘春一は岩手県に誕生した人物で、ハイキューは自らの故郷をイメージして描かれていると言われています。, ハイキューは日向翔陽と影山飛雄が出会う事から始まります。中学校の最後の大会で日向翔陽は影山飛雄を要する強豪校と対決し惨敗しています。ですが日向翔陽は「負けて当然」とは思っておらず、大粒の涙を流して悔しがっています。そして日向翔陽は高校で影山飛雄を倒すという目標を定めましたが、2人は烏野高校バレーボール部で意外な再会を果たすのでした。, 影山飛雄は「コート上の王様」と呼ばれている人物で、烏野高校バレーボール部に入部した際にも自分が中心のチームを作ろうとしました。ですがそれは間違っており、澤村大地にチームの大切さを教えてられています。そして影山飛雄はだんだんとチームで勝つ事を覚えていくのでした。, 烏野高校バレーボール部は春高予選で快進撃を続け、白鳥沢高校との決勝へと駒を進めました。そして魂を削り合うような戦いを制した烏野高校バレーボール部は念願の全国大会出場を果たすのでした。, 澤村大地は烏野高校バレーボール部の主将として登場したキャラクターです。澤村大地は派手なプレーをする選手ではありませんが、安定したレシーブ力を持っており「烏野高校バレーボール部の屋台骨」として活躍しています。また澤村大地は強いメンタルを持っているキャラクターで、弱気になりそうなメンバーを鼓舞する姿も描かれています。, 漫画・アニメ「ハイキュー」の作中で澤村大地は烏野高校バレーボール部のお父さんと言われています。ここからは烏野高校バレーボール部のお父さんと言われている理由や、澤村大地のかっこいい魅力を紹介していきます!, 澤村大地は高いレシーブ力を持っているだけでなく、人間としても卓越しています。澤村大地が主将を務めている烏野高校バレーボール部は問題児が多数所属しているため、澤村大地が喝を入れる姿が描かれています。, 漫画・アニメ「ハイキュー」に登場した澤村大地は温厚な性格をしているキャラクターとして描かれています。ですが日向翔陽や田中龍之介が騒いでいる時は一喝しています。また言う事を聞かないメンバーには狂気が溢れ出した顔を見せています。, 澤村大地が入部した時の烏野高校バレーボール部は1回戦で敗北するほどの弱小でした。そんな不遇の時代を過ごしてきたからこそ澤村大地は強いメンタルを持ち合わせています。また澤村大地は天才的な能力を持っているキャラクターではありませんが、主将としてメンバーから強い信頼を集めています。, 澤村大地は安定したレシーブ力を持っているキャラクターで、烏野高校バレーボール部では西谷夕と守備の要を担っています。漫画・アニメ「ハイキュー」の作中では、「澤村がいなければ烏野は守備はガタガタだ」と言われています。また澤村大地はレシーブだけでなく、バックアタックを打つ姿も描かれています。, 澤村大地はレシーブ力だけでなく、前に進もうという気持ちが強いキャラクターです。烏野高校バレーボール部はかつて全国大会に出場していましたが、澤村大地が入部した時には弱小になっています。また部員たちも上に上がる気持ちがない姿が描かれています。そんな状況でも澤村大地は全国出場を諦める事無く、同級生たちと技術を磨いていました。, 漫画・アニメ「ハイキュー」の作中で、澤村大地は烏野高校バレーボール部のお父さんと呼ばれています。澤村大地は他の部員たちがふざけている時にも冷静さを保っており、迷惑が掛かる事に対しては容赦なく激怒しています。そのため澤村大地は烏野高校バレーボール部のお父さんと呼ばれるようになりました。, 漫画・アニメ「ハイキュー」に登場した澤村大地は縁の下の力持ち的存在を担っているため目立つキャラクターではありません。ですが澤村大地がいるからこそ烏野高校バレーボール部は安定したパフォーマンスを披露できると言われています。また澤村大地は自分の力は仲間のためにあると考えており、その姿がかっこいいと言われています。, 漫画・アニメ「ハイキュー」の作中で烏野高校バレーボール部は全国大会出場を決めています。そのためチームメンバーが新たなる覚醒を果たすとも言われています。また澤村大地はこれからも安定したプレーを続け、仲間を支えていくと言われています。, 烏野高校バレーボール部のお父さんと言われている理由を知った後は、漫画・アニメ「ハイキュー」の作中で誕生した澤村大地の名言を紹介していきます!, この名言は烏野高校バレーボール部はインターハイ予選で敗れた後に誕生しました。澤村大地を含めた3年生は1・2年生を成長させるため引退する道を選ぼうとしていました。ですが本当は「まだ烏野高校バレーボール部でバレーをしたい」と考えており、その想いを澤村大地が叫んでいます。, 澤村大地は安定したレシーブでチームを支えているキャラクターです。そのためレシーブした後は他のメンバーを信頼してボールを託しています。, 漫画・アニメ「ハイキュー」に登場した烏野高校バレーボール部には問題児も所属しています。ですが問題児たちは試合になると途轍もないパフォーマンスを見せています。そのため澤村大地はメンバーの事を信頼しており、試合になると「まぁ存分にやんなさいよ」と言っています。, 漫画・アニメ「ハイキュー」に登場した烏野高校バレーボール部はかつて全国大会に出場するほどの強豪でした。そのため澤村大地たちが全国大会出場の視野に収めた際にこの名言を呟いています。, かっこいい名言を知った後は。アニメ「ハイキュー」で澤村大地の声を担当した声優を紹介していきます!声優のプロフィールと共に過去に出演した作品の情報も載せていきます。, アニメ「ハイキュー」で澤村大地の声を担当したのは声優の日野聡です。日野聡は1997年より声優活動を行っている人物です。, 日野聡はアメリカに誕生して東京都で育った人物です。日野聡は5歳までサンフランシスコで生活を送っており、10歳頃に児童劇団に入っています。また日野聡は舞台俳優を目指していましたが、海外ドラマ「ER緊急救命室」に吹き替えで参加した事がきっかけとなり声優の道に進んでいます。, 日野聡は2014年に声優の中島沙樹と結婚した事を発表しています。また日野聡はプロレス好きな人物として知られており、プロレスラーの藤波辰爾とも親交があると言われています。, 画像は日野聡が声を演じたアニメ「ゼロの使い魔」の平賀才人です。平賀才人は本作の主人公でルイスの使い魔として描かれています。平賀才人は平凡な生活を送っていた高校生でしたが、ルイズの召喚魔法で異世界に召喚されています。また平賀才人は「どんな武器でも扱える能力」を持っています。, 平賀才人が登場したアニメ「ゼロの使い魔」は2006年の7月から9月まで放送されていた作品です。ゼロの使い魔の作中では、異世界に召喚された高校生が落ちこぼれの魔法使いと出会う物語が描かれています。またゼロの使い魔の原作は2004年から2017年まで刊行されていた小説です、, 画像は日野聡が声を演じたアニメ「オーバーロード」のアインズです。アインズは本作の主人公で世界を支配しようとしている魔導王です。オーバーロードの作中では、平凡なサラリーマンだった主人公がネットゲームの中から抜け出せなくなっており、アバターのアインズで生活を送っています。, アインズが登場したアニメ「オーバーロード」は2015年と2018年に放送された作品です。オーバーロードの作中では、異世界に転生した主人公が世界征服を目論む物語が描かれています。またオーバーロードは2012年より「KADOKAWA」で刊行されている小説が原作です。, 声優の日野聡はその他にも「五等分の花嫁」「ゾイドワイルド」「学園ベビーシッターズ」「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」「妹さえいればいい。」「ようこそ実力至上主義の教室へ」「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」「プリキュアシリーズ」「いなり、こんこん、恋いろは。」「大人女子のアニメタイム」「さくら荘のペットな彼女」「とある魔術の禁書目録シリーズ」などの作品にも出演しています。, 名言や声優を知った後は、澤村大地に対するハイキューファンの感想を紹介していきます!本記事でも紹介したように澤村大地は強いリーダシップを持っているかっこいいキャラクターとして描かれています。そのためハイキューファンからは様々な感想が挙がっているようです。, 澤村大地は男らしいキャラクターとして描かれているため、ハイキューファンはかっこいいという感想を多く挙げているようです。また澤村大地はかっこいいだけでなく、狂気に満ちた顔を見せているため面白いという感想も挙がっています。, 大地さん!!お誕生日おめでとう!!!!本当にかっこよくて頼りになる烏野高校排球部の主将!!!!チームをまとめる姿、レシーブ神なところ、大黒柱として仲間を支えてるとこ全部ぜんぶ大好きです!!これからもずっと応援してます。#ハイキュー#澤村大地#澤村大地誕生祭2018 pic.twitter.com/esMQ4nK5NN, 澤村大地はとにかくレシーブが凄いキャラクターです。漫画・アニメ「ハイキュー」の作中では、卓越したレシーブ技術で何度もチームを救っています。また澤村大地は強いリーダシップを持っているキャラクターなので、澤村大地がコートに立っていると安心するという声も挙がっているようです。, 澤村大地は烏野高校バレーボール部に入部した時から全国大会出場を目指していました。そして日向翔陽や影山飛雄が入部してチームが強化され夢を実現させています。全国大会出場を決めた時に澤村大地は号泣しており、その涙でもらい泣きしたという方が続出しているようです。, 本記事では漫画・アニメ「ハイキュー」に登場した烏野高校バレーボール部のお父さん・澤村大地について紹介していきましたがいかがだったでしょうか?澤村大地は強いリーダシップを持っているキャラクターで、作中ではメンバーを鼓舞しながら戦っています。そんな澤村大地が登場する漫画・アニメ「ハイキュー」をまだ見た事がない方も本記事を参考にしながら是非ご覧下さい!, 【ハイキュー】澤村大地の魅力を紹介!烏野のお父さんと呼ばれる理由とは?のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, ハイキュー!!に登場する田中龍之介というキャラクターは、熱く人情味がありとてもかっこいいと言われています。今回はそんなハイキュー! !」 (澤村大地) !』第4期 毎週金曜日深夜1時25分から、MBS/TBS系全国28局ネット、“スーパーアニメイズム”枠にて放送中!! !」にて烏野高校男子バレー部をまとめる澤村大地は、部員からはもちろん先生やコーチからも信頼が厚い頼れる主将ですが、澤村大地とは一体どんな人物なのでしょうか?, 登場回数も多いため澤村大地のことが大好きな方も多いと思いますが、改めて澤村大地の性格や人間関係、名台詞や名シーンまでご紹介したいと思います。, 澤村大地は主将を任されるだけあり責任感が強く面倒見が良いです。温和な性格ですが言うことを聞かなかったり周りに迷惑がかかりそうな場面では部員をしっかりと叱るしっかり者です。, かつて強豪だった烏野に憧れ入学したものの、入部した時には「落ちた強豪、飛べない烏」と言われる弱小校になっており、理想と現実のギャップに悔しい時代を過ごしてきたからこその強靭なメンタルの持ち主でもあります。強豪との試合中皆の心が折れそうな場面でも決して諦めず部員の士気を上げることができる澤村大地はまさに主将に適任です。, 澤村大地のポジションはウイングスパイカーです。本来ウイングスパイカーは得点を入れることが役割ではありますが、澤村大地はスパイクよりもレシーブに定評のある選手です。, 澤村大地のレシーブ力はリベロの西谷夕に次ぐ実力の持ち主で、試合中は西谷と共に守備を固めることが多いです。強豪校の選手からも澤村大地がいなければもっと点を取れたなどと言われるほど安定したレシーブでボールを繋いでいます。もちろん攻撃に加わることもありますがレシーブでボールを繋ぐことの方が多いように見えます。, 澤村大地の声優は日野聡さんです。アクセルワンに所属し、アメリカ合衆国サンフランシスコ出身の声優さんです。, 代表作はアニメでは、2013年~2018年「弱虫ペダル」の新開隼人、2017年~2020年「ブラッククローバー」のゴーシュ・アドレイやエン・リンガードなど、2019年「鬼滅の刃」の煉獄杏寿郎があります。ゲーム作品では、「グリムノーツ」のフレデリック・ショパンや、ニック・ボトム、「白猫プロジェクト」のウェルナー・バストリーニがあります。他にも映画やドラマの吹き替えをいくつも演じました。, 落ちた強豪と呼ばれ悔しい時代を過ごしてきた澤村大地が、自分が主将の代でもう1度全国へ行くと新入部員の日向翔陽と影山飛雄へ言った言葉です。この言葉には澤村大地の本気と覚悟が見えます。, 新入部員の力を見るために行った練習試合で発した澤村大地の言葉です。日向翔陽や影山飛雄のような優れた選手でも簡単に点を取ることはできない澤村大地のレシーブを見せつけられました。, 思わず日向翔陽もかっこいいと声を漏らしています。後に強豪にも認められる澤村大地のレシーブ力を最初に見ることができたのがこのシーンです。, 試合を勝ち進んで全国へ行きたい。そんな思いが強く空回ってしまう日向翔陽や影山飛雄に向けて試合中に笑いながら言った澤村大地の台詞です。負けてしまえば3年生は部活が終わってしまうという場面でこの言葉を後輩に言えるのはすごい度胸です。, さすがは主将と言わざるを得ません。必ずボールは繋いであげるから大丈夫という自信ときっと点を決めてくれるという部員への信頼が見受けられます。, 和久谷南との試合中、田中龍之介と衝突し怪我を負って試合から離脱した澤村大地。澤村大地の代わりという凄まじいプレッシャーの中、役割を見事にやり遂げた縁下力にかけた言葉です。, 怪我をして試合を下げられ悔しさとチームが心配で一刻も早く戻ろうとした澤村大地が自分のいない試合を見て、自分のチームはちゃんと皆強いから大丈夫と安心したのでしょう。この言葉の中に自分が引退した後のチームを想像した部分もあるのではないかと思います。, 責任感が誰よりも強い澤村大地は、部員をとても大切に思い優しく時に厳しい烏野のお父さんのような存在です。磨いてきたレシーブでボールを繋ぎ、強靭なメンタルでチームを引っ張る立派な主将です。目標へ頑張るひたむきさは漫画のキャラクターなのに憧れさえ抱いてしまいます。, 試合中のプレーや部員にかける言葉の男らしさに澤村大地を好きになった方も多いのではないでしょうか。.