6ヵ月点検は絶対に必要?   新車をディーラーから購入した場合には6ヶ月点検のお知らせがご自宅に届いていると思います。 点検に出しに行くのはめんどくさいなと思うかもしれませんね。 そもそも6 ... 待っている間は何もすることがないのであらかじめ本など暇つぶし道具を持っていくといいでしょう。, ディーラー指定の場所でないと無料にならなかったり、何かあった場合に保証がありません。, 6ヶ月点検は任意で行うものですが、無料なので愛車を守るためにも行ってみてはいかがでしょうか。. Copyright © 2018-2020 知らない・分からないを解消する役立つサイト All Rights Reserved. 車の安全に運転するためにはどうすれば良いのでしょうか。 目視など安全に配慮した確認をして運転をすることはもちろんですが、愛車や同乗者など人を守るために行わなければならない事があります。 ... 日常点検の頻度はどれくらい?   大切な愛車と適切な状態に保つのは所有者の義務でもあります。 何かしらのトラブルで事故を起こしてしまっては同乗者や巻き込まれた人に多大なる迷惑が被ります。 そ ... © 2020 愛車の下取額UPのために無料1分でまず一括査定がミソ|カーレポート Powered by AFFINGER5, ディーラー系列の販売会社で新車や中古車を買うと店員さんに勧められ、半年・1年・2年点検と車検とセットでやる場合がベター。, 購入した場所の担当者から事前に電話してくるケースが多いです。そこで予約したほうが待たずに済みます。, このように6ヶ月点検とは点検項目に違いがありますので、12ヶ月点検だけでなく6ヶ月点検も行っておくといいでしょう。, 20000円以内で大きい車両も済むので、費用負担はそこまで掛からない。故障や2年車検で費用を大きくしたくない場合は嬉しい. トヨタモビリティ東京のアフターサービス。お客様がいつまでも快適に安心して愛車にお乗りいただけるよう高い技術力と多彩なメニューで点検・整備をいたします。 ー等, メンテナンスパスポート54ライト, メンテナンスパスポート36ライト, メンテナンスパスポート30ライト, メンテナンスパスポート24Fライト, メンテナンスパスポート24Rライト, メンテナンスパスポート18ライト, ※全て税込み価格となります。 (平成19年4月1日施行) 車両総重量8トン以上または乗車定員30人以上の自動車 【3か月の定期点検時:550円/輪、12ヶ月定期点検時:2,200円/輪】 ※表示の金額は消費税込みです。(2020年4月現在) 車を売る際にやり方は色々とあると思います。 たとえば、車を売る過程において例を挙げると… ・TOYOTAのディーラーでプリウスを購入しようと思って面倒だから下取りして売り買いを同時に済ま ... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. トヨタのクルマをお買い上げいただいたお客様を対象に、新車登録より6ヶ月で行う点検です。 以下のような項目を点検させていただきます。その他ご使用いただいてお気づきの点は何でもお気軽にご相談ください。 プロが日常点検と日頃なかなか見ることの出来ない車の下回りの 点検を行ないます。 6ヶ月ごとの実施をおすすめしますが、おでかけ前のチェックとしても、 いつでもご利用いただけます。 クラス/対象車種 基本料金. クラス1 合計¥4,510. 新車で自動車を購入し、2~3週間経ったころにディーラーから送られてくる1か月点検の案内ハガキ。 また同様に新車で購入後5か月ほど経った頃だったり、12か月点検や車検を受けた後5か月ほど経った頃に6か月点検の案内が送られてくることがあります。 1か月点検は無料ですが、6か月点検は最初だけ無料の場合が多いですが2回目以降の6か月点検となると有料となることが大半です。 無料ならば受けても良いのですが有料の6か月点検って受ける必要ってあるのでしょうか。また点検を受けたとして費用はどのくらい必要で時間はどのくらいかかるのでしょうか。 今回は1か月点検や6か月点検について見ていきます。, 1か月点検って受けましたか? 購入後1か月または走行1000㎞を目安に行う点検です。 新車を購入した際にメーカーが付けてくれているもので、“新車1か月点検”といったチラシのようなチケットなどが車検証入れなどに入っていると思いますし、定期点検簿には“無料点検”と書かれていることが多いのではないでしょうか。, 1か月点検の目的って初期故障を発見するという大前提があります。 設計上のミスはリコールとして後ほど対象車両を一斉に補修するわけですが、そういった大きなミスではなく、たくさん製造した中の1台にたまたま不具合がありその車に当たってしまった・・・ような車を見つけるためでもありますね。, あとは購入したお客さんの率直な感想を聞く場でもありますし、その後の点検や車検などでもそのディーラー(販売店)を利用してもらうための引き留めのための施策でもあります。, 今の車は本当に精密にできていますし、購入後1か月で目に付くような不具合なんてまず起こることはないでしょうから、別に行かなくても良いとは思います。 ただし無料ですから、ちょっと見てもらおう程度で出かけるのは当然アリだと思いますよ。, 1か月点検は無料です。 それに交換するようなパーツ類もありませんので、追加費用が必要になることも通常はありません。, 昔の自動車やオートバイは1か月点検の際にオイルとオイルフィルターエレメントを交換するのが当たり前でした。新車のうちはエンジン内部のピストンが擦れることで細かい金属が発生するので、オイルとオイルフィルターを交換していたのです。 現在のエンジンは精密に作られていますし、昔のようにエンジン内部から擦れた細かい金属が発生することも考えにくい。なのでオイル交換等も1か月点検では行うことはまずありません。, 用事が立て込んでいて、1か月点検のためにディーラーへ行く暇がない!という方もいらっしゃいますよね。, 1か月点検は文字通り購入してから1か月目、または走行距離が1000㎞に達した時を目安に行います。, ただ1か月点検はあくまでメーカーやディーラーがサービスで行っているものですので、車検のようにいつまでという縛りはありません。 でも遅くても購入後2か月くらいまでには預けるようにしたいところですね。, 自家用車に関しては6か月点検は義務ではありません。点検を受ける受けないについては個人の自由です。 ただし12か月点検(1年点検)は罰則等はありませんが義務(法定点検)となっています。, 点検を受けるということは故障を未然に防いだり、不具合箇所があってもひどくなる前に補修や修繕ができるなど良い点が多々あるのも事実です。 ですので6か月点検という半年に1度というサイクルで受ければ、当然ですが突然の故障に巡り合ってしまう確率は下がります。, ご自身でメンテナンスを行えない方や、すべて車屋さんにお任せという方は6か月点検を受ければよいと思います。, ご自身でメンテナンスができるという方のほか、そんなに頻繁に点検に出す必要はない(費用のことも考えて)とお考えの方は出さなくてもいいと思います。 冒頭にも言いましたが、6か月点検は義務ではありませんので必ず受けなければならないというものではありません。, 最近は新車で購入すると、1か月点検と並んでその次の6か月点検も無料となっていることが多いですね。 1か月点検の時はほぼ確実に無料なのですが、無料6か月点検に関してはほぼ確実にお金が必要です。 “無料”なのは6か月点検の点検費用(言うなれば基本料金)のみで、何かを交換するとなれば部品代と工賃がかかってきます。, ただ新車で購入して1か月のタイミングで部品の交換は一般的にはありませんが、ただ6か月点検となるとディーラー(販売店)ではほぼ確実にオイル交換を勧めてきます。 ディーラー(販売店)によってはオイル交換を無料としている所もありますが、目安としてプリウスクラスで6000円程度は必要になります。, 実際のところ車を大事にする人はオイル交換を年に2回(6か月毎)はしますし、マメな人だったり走行距離が多い人はシーズンごと(3か月毎)にオイル交換を行います。 ただ一般的なドライバーならば年に1回のオイル交換で事足りるというか、特に問題がないのも事実です。, 新車購入後初めての6か月点検は基本工賃が無料だとしても、12か月点検(1年点検)や24か月点検から6か月経過後に受ける6か月点検は有料です。 ディーラーによって12か月点検から6か月経過後の点検を18か月点検、初めての車検(3年)の6か月前の点検を30か月点検という呼び名で呼んでいるケースもあります。 12か月点検や24か月点検を除く6か月ごとの点検はすべて6か月点検です。, 費用ですがトヨタでは6か月点検を「トヨタプロケア10」とか「あんしん10検」などの名称で行っており、千葉トヨタでは車種に関係なく3300円となっています。, Honda Cars 千葉では7700円から9900円東京日産では7700円から14410円, 6か月点検って12か月点検や24か月点検のように点検しなければならない項目は特に決まっていません。 なにせ義務ではなく自動車所有者の任意ですから。, なのでわりと基本的な項目(オイルの量と汚れとかタイヤの空気圧、灯火類のチェックなど)のみをチェックしていきますので、おおむね30分程度で終わります。, ふつうは車を購入したディーラー(販売店)へ持ち込むものですが、例えば購入時の印象が悪くて二度とそのディーラーへは行きたくないとか、安いからと購入した販売店は遠く離れているので行くことができない、また車を購入してすぐに転居したというケースもあるでしょうか。, 無料の1・6か月点検は自動車を作ったメーカーが付与しているサービスで、自動車を販売したディーラー(販売店)が付与しているサービスではありません。 そして無料の1か月点検や6か月点検を実施したお店は、その代金をメーカーに請求するのです。, つまり購入したディーラー(販売店)以外のお店で無料の1・6か月点検を受けたとしても、点検実施店舗は損をすることはありません。 もちろんトヨタ車をホンダの販売店へ無料点検に出すことも可能ですが、あまりイイ顔はしないかも・・・, ですので例えば神奈川県のトヨタ系の販売会社は、神奈川トヨタ自動車・横浜トヨペット・トヨタカローラ横浜・トヨタカローラ神奈川・ネッツトヨタ横浜・ネッツトヨタ神奈川・ネッツトヨタ湘南とありますから、購入した販売会社以外へ持ち込むのが現実的ですね。 または全メーカーの車を販売し、整備工場を持っているお店へ出すのも良いかもしれないですね。, 新車購入時に付与されている無料の1か月点検や6か月点検は出しても損はしません。 交換補修箇所がなければまったく費用は掛かりませんから。 ただし6か月点検時にはたいていオイル交換を勧められますので、その点だけはご注意を。 新車購入6か月目の無料点検以外の6か月点検は有料です。 ※車検を通して6か月目の6か月点検は無料で行ってくれる整備工場もありますが。 料金はディーラー(販売店)によってかなりの差があります。, 無料の点検ならば出しても損はしませんが、お金を出してまで6か月点検を受ける必要ってあるのかなというのが率直な感想です。 もちろん点検に出せば故障の予防には繋がるのですが、6か月点検の内容を見てみるとどうなのかなぁと。 例えばオートバックスやイエローハットでは無料点検を行っていますし、ブリヂストンのタイヤ館でも無料点検を行っていますし、それらを上手く活用するのも良いんじゃないかなと思います。, 車検の6か月前の点検や一部のディーラーで行っている車検3か月前の点検などは、ほぼ車検のセールスのために行っているのでは?と思うほど営業活動を活発に行ってきますしね。 、, 当サイトを一人で執筆・編集しています。 名前をクリックしていただくと、詳細を書いております運営者情報へ行くことができます。 運営者情報にはメールフォームも設置していますので、ご用の方はご利用ください。, 自動車の12ヶ月点検を受けていますか?12ヶ月点検は人間でいえば定期健康診断や人間ドッグに相当しトラブルや故障を未然に防止できる可能性が高くなります。気になる12ヶ月点検の費用・料金や所要時間などを解説しています。, エンジンオイルの交換は車検の時だけという方もおられますが、エンジンのコンディションのためには定期的な交換が必要です。日頃から走行距離が長い方はもちろん、お買い物やお迎えにだけ使う方やほとんど車は動かさない方もオイル交換が必要です。, あおり運転がクローズアップされてからドライブレコーダーを装着する方が増えています。ところがいざという場面が記録されていない、ずいぶん前から録画されていないというケースも増加しています。その原因はほとんどがSDカードにあるようです。, 自動車保険を使えばノーカウント事故でない限り次年度の保険料が上がるのは当然として、数年間は保険料が高い状態が続きます。総額でみると支払う保険料のほうが高くなり大損することも。自動車保険を使う前に保険料の上がり方を見ておきましょう。, タイヤの空気圧ってチェックしていますか?最近はセルフでガソリンを入れることが多くなりおざなりになっている空気圧ですが、燃費が悪くなったりタイヤの寿命にも大きな影響を及ぼします。またインチアップや輸入タイヤを使用する場合は特に注意が必要です。, 車検って定期的にやってくる大きな出費の一つです。しかし多くの方がディーラーで車検を受けていますがその車検の内容や金額に納得していますか?ディーラーへ車検を出すのではなく街の自動車整備工場などへ車検に出すメリットについての説明です。, 毎年のように大規模な水害が発生し、ニュース映像では自動車が完全に水没したり流されていく様子をよく目にしますが、水没した自動車は修理で乗れるようになったり買い取ってもらえるのでしょうか。水没した車の注意点とともに修理の可否などを説明しています。, タイヤ交換をお考えならばぜひオールシーズンタイヤも候補に入れてください。一年中履き替え不要で突然の雪でも慌てずに走れる、四季のある日本ではベストチョイスなタイヤです。もちろん高速道路のチェーン規制時も走行できます。.