とても楽しかったので ほんの少しご紹介しますね。, 双子のデュオ ザ・ピーナッツのおふたり 下積み時代という時期が まったく無い。 渡邊晋さんは この少し前に 1959デビュー → 1975引退 真夏の蝉の声が鳴り響いてるイメージ その間、16年間。, 紅白歌合戦に  この頃は沢田研二はザ・ピーナッツの伊藤エミさんと結婚されていました。 田中裕子は元祖魔性の女の異名通り、結婚していたジュリーを惚れさせて略奪愛したと言われています。 では田中裕子のプロフィールや現在等を紹介します。 Contents. 〇 キサス キサス キサス 引退の理由は お姉さん・エミさんの結婚でしたね。 いい曲ばかりね。 出てる人間も真夏の暑さで狂気めいてる, 脚本は『白い巨塔』『昼顔』の井上由美子氏 pic.twitter.com/fd8rK55mgP, どちらかというと地味な顔ですが、男性をひきつける魅力があったんでしょうね。沢田研二だけでなく色んな俳優さんが彼女にぞっこんになったと言われています。, 似ていませんか?地味顔な美人、演技派という共通点があります。女子受けという意味では派手な外国人顔が持て囃されるんでしょうけど、こういう和風美人も素敵だと思います。, しかし舞台には2017年に蜷川幸雄一周忌追悼公演『NINAGAWA・マクベス』に主演市村正親のヒロイン役として出演され、テレビドラマでも現在進行形でいくつか出演を続けており、今なお現役バリバリの女優さんです。, 目立つ露出が少ないのはやはり事務所が個人事務所だからでしょうね。何しろ彼女一人しか所属していないので、樹木希林さんのようにかなりマイペースに仕事をしている感じします。いい意味で普通のお母さんを演じる事ができる貴重な女優さんだと思いますので、今後ともご活躍を期待しています。. ここで もうひとつ面白いお話を。. 私はアメリカのヒット曲が 日本語で歌えるのが楽しかったな。 ザ・ピーナッツ さよなら公演(ザ・ピーナッツ さよならこうえん)とは、1975年 3月21日から4月5日に掛け、4公演が開催された、コンサートツアー形式によるザ・ピーナッツの引退記念興行である。 日本の歌手で初めての引退コンサートであるとされている。 ザ・ピーナッツ さよなら公演(ザ・ピーナッツ さよならこうえん)とは、1975年3月21日から4月5日に掛け、4公演が開催された、コンサートツアー形式によるザ・ピーナッツの引退記念興行である。日本の歌手で初めての引退コンサートであるとされている。, このコンサートは引退表明前から計画されていたものであるが、1975年2月18日、ザ・ピーナッツの芸能界からの引退を表明した事により、急遽「さよなら公演」に変更された。, 当時は日本の歌手が引退興行を行う事例は無かった[1]為、これが日本初の引退興行とされている。, 同年4月5日土曜日の東京公演当日には、所属事務所であった渡辺プロダクションに所属していたタレントや関係者がほぼ総出[2]でザ・ピーナッツの最後の公演に参加した。特に、ザ・ドリフターズは生放送が基本だった「8時だョ!全員集合」を録画放送(3月26日に収録)とし、スケジュールを調整して出演した[3]。, さよなら公演は下記の4会場で行われ、東名阪に加え京都府でも開催された[4]。開催年は何れも1975年である。, 公演の司会者は高橋圭三であった。公演開始と同時に「可愛い花」の演奏をバックに高橋による挨拶で始まった。挨拶終了と同時に渡辺プロの所属タレントによる拍手に迎えられてザ・ピーナッツの「可愛い花」がショートバージョンで歌唱された。この時伊藤ユミがフルコーラスと誤認して間違えるハプニングもあった。高橋は2曲目の「ブロードウェイの子守唄」歌唱開始前にも「まず、ピーナッツならではの歌の上手さからご披露したいと思います」と言う台詞でザ・ピーナッツを迎えた。, 以下は歌唱順で記載する。歌の合間には高橋による語りもなされていた。尚歌唱楽曲は「ザ・ピーナッツ シングルス」を中心とし一部カヴァー楽曲も歌唱していた。, 可愛い花 - 南京豆売り - キサス・キサス - 情熱の花 - 乙女の祈り - モスラの歌 - 悲しき16才 - 心の窓にともし灯を - マイ・ホーム・タウン - ルナ・ナポリターナ - スター・ダスト - 月影のキューバ - スク・スク - ヘロー・メリー・ルー - コーヒー・ルンバ - ふりむかないで - 私と私 - ジョニー・エンジェル - レモンのキッス - 恋のバカンス - ポカンポカン - 東京たそがれ/ウナ・セラ・ディ東京 - ジューン・ブライド - スーヴェニール東京 - ドンナ・ドンナ - 明日になれば - ローマの雨 - 銀色の道 - 東京ブルー・レイン - 恋のフーガ - 恋のロンド - 愛への祈り - ガラスの城 - 東京の女 - 大阪の女 - リオの女 - サンフランシスコの女 - 情熱の砂漠 - さよならは突然に - 浮気なあいつ - よこがお, エーワンベーカリーのうた - レナウンの唄 - 日本テレビの歌 - シャボン玉ホリデー - 小田急ピポーの電車 - ルルの唄 - キッコーマンの唄 - 若い季節 - かーんかーんカネボウ - 日立キドカラーの歌 - QRソング, バルーンの歌 - 花 - パパはママが好き - ずいずいずっころばし - 木曽節 - カンタ カナリート 〜風よりもかろやかに〜, 魅惑の宵 - ザ・ヒットパレード - シャボン玉ホリデー(SP) - NHK紅白歌合戦 - エド・サリヴァン・ショー - カテリーナ・ヴァレンテ・ショー - ダニー・ケイ・ショー, 可愛い花 - 情熱の花 - モスラ - 私と私 - 若い仲間たち うちら祇園の舞妓はん - クレージーメキシコ大作戦, ピーナッツ・ホリディ - 世界を駆ける可愛い花(10周年記念コンサート「ザ・ピーナッツ・フェスティバル」) - ザ・ピーナッツ さよなら公演, 渡辺美佐 - 渡辺晋 - 大里洋吉 - ハナ肇とクレージーキャッツ - スマイリー小原とスカイライナーズ - 岩谷時子 - 宮川泰 - 音羽たかし - 安井かずみ - すぎやまこういち - 井原高忠 - 沢田研二, このさよなら公演を収録したVHSビデオ「ザ・ピーナッツ・ラスト・デイト」(1992年6月21日発売)のごく一部にわずかながらザ・ドリフターズのメンバーが映っている。, 三大都市圏以外(ここでは京都府を指す)でのさよなら公演は現在でも極めて異例である。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ザ・ピーナッツ_さよなら公演&oldid=78825958, 東京のさよなら公演は、2013年現在も全編映像がNHKに残されており、公演翌週の1975年4月13日に, モニュメント ザ・ピーナッツ・ラスト・ライヴ!(2枚組LP。1980年発売、SKD-570〜1), ザ・ピーナッツ・ドリーム・ボックス(10枚組CD、1991年発売、KICS-6001〜10), ザ・ピーナッツ メモリーズBOX(9枚組CD、2004年発売、KICS-6245〜54), キングレコード「ザ・ピーナッツ メモリーズBOX」 2004年11月26日リリース 歌詞カード/解説書, 渡辺プロダクション50周年「抱えきれない夢」展示会(2005年1月実施)に於ける展示資料, 中日新聞1975年3月30日朝刊「花束手に、あふれる涙 -ザ・ピーナッツ- 故郷名古屋でサヨナラ公演」.