。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, Amazon.co.jpが発送する¥2000以上の注文は通常配送無料(日本国内のみ), ADHES 養生テープ 緑 ガムテープ はがせる 緑 台風 窓ガラス用 50mmⅹ25m 5巻入り (YB16-弱粘着), ADHES ダクトテープ ガムテープ 防水テープ 補修テープ 超強力 厚手 50mm×30m, ADHES布テープ ガムテープ 布ガムテープ 強力 白 50mm×25m 5巻入り, Manelord ひび割れ 補修 フロントガラス リペア キット 日本語取説付き(飛び石 傷 修理 穴埋め 修復), ガラスナノベルト修理液体ウィンドウガラス破損ナノ修理ツールキット、日本語取扱説明書付き, KOYOI ブチルテープ 補修 粘着力強力 水漏れ ひび割れ 雨漏り 亀裂 防水テープ テープ シーラントテープ 修理 強力 防水 耐火 片面 屋根 配管 パイプ ベランダ セメント 水回り テント 壁 水道管 屋内外/家庭/学校/会社/工業/工事/業務用 多用途 (幅5cm*厚さ1mm*長さ5m), 防水テープ ダクトテープ ラブリ- 屋根 雨漏り 防水 補修テープ 壁 台所 配管 車両 浴槽 ひび割れ 補修 強力テープ 屋内 屋外業務 家庭 工業 多用途テープ 幅10cmx長さ500cm、ホワイト(1個入り), コニシ 強力補修テープ ボンドストームガードクリヤー #04930 30mm 透明, ひび割れ 補修 フロントガラス リペア キット 2ヶ所分(飛び石 傷 修理 穴埋め 修復), Cookie Bread フロントガラス リペアキット 傷 ひび割れ補修 小さな損傷飛び石 修復 日本語取説付き, ひび割れ 補修 フロントガラス リ車のフロントガラス車の窓ガラス修理キット自動ガラスツールフロントガラス修理車のスタイリング, Gliston フロントガラス ひび割れ 補修 ガラス修復 リペア キット セット 固定補修 飛び石 傷 穴埋め 修復 修理, ひび割れ補修 フロントガラス リペア キット【1パック/2ヶ所分】飛び石 傷 修理 穴埋め 修復, EASTUP 車用 ガラスリペアセット ひび割れ 補修 フロントガラス ウインドリペア リペアキット 日本語説明書付き 飛び石 傷 修理 穴埋め 修復フロントガラス リペアキット, Kaynikon 修理 によるフロントガラスの ひび割れ 補修 フロントガラス リペア キット 2ヶ所分 飛び石 傷 修理 穴埋め 修復 CM-CAR-BU, 3M スコッチ ガムテープ 梱包テープ 重量用 48mm×50m カッター付 315DSN, カーメイト 車用 ガラスリペアセット プロ ウインドリペア システムセット PS300, ホルツ フロントガラスのキズ・ヒビ補修キット ガラスリペアキット Holts MH115, GLISTON フロントガラスリペアキット 車 飛び石キズ補修 日本語取説付き ひび割れ補修 窓ガラス 修理キット(ブルー), ACMETOP 補修テープ 台所コーナーテープ 強粘着 耐熱 防油 防水 防汚 防カビ 隙間テープ 防水テープ アクリル製 透明色 目立たない キッチン/浴槽まわり/バスルーム/トイレ/ベランダ/洗面台/流し台 (30mm*5m), Sicotool Windshiel Resind repair 増強版 車用 ガラスリペアセット ウインドリペア フロントガラス リペアキット 傷 ひび割れ補修 小さな損傷飛び石 修復 ひび割れ 補修 (飛び石 傷 修理 穴埋め 修復), フロントガラス リペア キット 飛び石 修理 穴埋め ひび割れ修理 2ヶ所分 日本語パッケージ 日本語説明書付き, ひび割れ補修!! 強風によって舞った小石がガラスにぶつかったり、自動車や自転車による飛び石がぶつかったりして、ひび割れてしまう場合もあります。 知らない間にガラスにひびが入ることを「熱割れ」といいます。そんなガラスの熱割れはどうして起こるのでしょうか?熱割れしやすいガラスの種類について説明しながら、その熱割れが起こる原因と予防法についても解説します。, 自分では何もしていないのに突然ガラスにひびが入ってしまうという現象が起きてしまう熱割れは、ガラスのトラブルとして発生しやすいものです。, 特に熱割れを起こしやすいのが「網入りガラス」です。網入りガラスはガラスの内部に金属製の網による格子状の模様が入っていて、防火性に優れるほか、万が一割れてしまったとしてもガラスが飛散したり落下したりするのを防いでくれるので一般家庭でも人気の高いガラスです。網入りガラスは2枚のガラスから構成され、挟まれた中空層により高い断熱効果が得られるが特徴です。また、網入りガラスと同じように一般家庭でも使われやすい「複層ガラス」も実は熱割れしやすいガラスに分類されてしまいます。 このほかにもストライプ状に金属の網が入ったものもある線入りガラスや強化ガラスではない厚みのある一枚ガラス、さらには一般家庭で使われることは少ないものの、高層ビルなどで使われ、キラキラとした輝きが美しい「熱線吸収ガラス」や「熱線反射ガラス」と呼ばれるガラスも熱割れしやすいガラスとされています。これらのガラスを使用している場合は注意が必要です。, ガラスによって熱割れしやすいものがあることを解説しましたが、ここからは熱割れがどのような原因で起こるかを解説します。, ガラスは、温度差がなければ何も起こりませんが、部分的に温度差ができると熱くなった部分が膨張してしまうという特性をもっています。しかし膨張するのは熱くなってしまった部分だけなので、膨張を起こしていない部分との間にひずみが起き、このひずみがひび割れやガラスの破損を起こしてしまいます。耐熱性のないガラスのコップなどにお湯を誤って入れてしまったときに、コップがひび割れたり壊れてしまったりするのもこのひずみが原因です。 窓ガラスの熱割れも同様に温度差が原因で引き起こされます。晴れた日に日光がガラスに当たって日光で熱された部分は膨張しますが、アルミサッシなどガラスが取り付けられている部分は冷たいままのため、ひずみが発生してしまうことで起きます。夏場では外気温も高いので日光によるガラスの温まり方と日光が当たらない部分の温度差が少なくなるために熱割れは起きづらいですが、冬場に東南方向など日光が当たりやすい部分にある窓ガラスの場合は外気温が低いため日光が当たる部分とそうでない部分の温度差が高く、熱割れが起きやすくなってしまいます。, 熱割れの予防策には業者に依頼するものと自分でできるもののふたつがあり、業者に依頼する予防策としては、ガラスを耐熱強化ガラスやワイヤレス防火ガラスといった熱割れに強いガラスに変える方法があります。ガラス自体を変える必要があるのでお金はかかりますが、衝撃に対する割れへの強さもあるのでメリットも大きいといえるでしょう。 一方、自分でできる対策としては「家具やカーテンを窓ガラスに当てない」ことや「冷暖房の風を直接窓ガラスに当てない」ことなどがあります。 これは日光以外で起きやすい熱割れの原因を予防するもので、窓ガラスの温度差を大きくしないために自分たちで取ったほうがいい予防策です。また日光が原因で起きる熱割れの自分でできる予防策として、「ガラスに影を落とさない」というものがあります。これは洗濯物の干し方や庭に物を置くときに場所を注意することで、影によるガラスの温度差を小さくすることができます。 また冬場は室内と外気温の温度差により結露が起きやすくなりますが、放置すると網入りガラスの劣化が起きやすくなるので結露の放置をしないようにする、または温度差を起こしやすい保護フィルムやシールを貼らないという予防策も重要です。, 熱割れの予防策には業者に依頼するものと自分でできるもののふたつがあり、業者に依頼する予防策としては、ガラスを耐熱強化ガラスやワイヤレス防火ガラスといった熱割れに強いガラスに変える方法があります。ガラス自体を変える必要があるのでお金はかかりますが、衝撃に対する割れへの強さもあるのでメリットも大きいといえるでしょう。 一方、自分でできる対策としては「家具やカーテンを窓ガラスに当てない」ことや「冷暖房の風を直接窓ガラスに当てない」ことなどがあります。 これは日光以外で起きやすい熱割れの原因を予防するもので、窓ガラスの温度差を大きくしないために自分たちで取ったほうがいい予防策です。また日光が原因で起きる熱割れの自分でできる予防策として、「ガラスに影を落とさない」というものがあります。これは洗濯物の干し方や庭に物を置くときに場所を注意することで、影によるガラスの温度差を小さくすることができます。 また冬場は室内と外気温の温度差により結露が起きやすくなりますが、放置すると網入りガラスの劣化が起きやすくなるので結露の放置をしないようにする、または温度差を起こしやすい保護フィルムやシールを貼らないという予防策も重要です。 何もしていないのにガラスにひび割れが入ってしまう熱割れですが、火災保険で補償を受けられることもあるということをご存知でしょうか。火事が原因ではない熱割れが補償になる理由としてあげられるのが、火災保険の補償内容における基本的な考え方が「不測かつ突発的な事故」となっているので、意図せず起きる熱割れは火災保険の支払い条件に該当し、補償を受けられるというものです。 しかし補償を受けられるかどうかは加入している保険会社や熱割れが起きた状況によって変わるだけでなく、火災保険の免責金額も重要になります。 免責金額とは修理費の中で自分が負担する金額のことで、免責金額が3万円の場合損害額が4万円ならば1万円の補償を受けられますが、損害額が2万5千円という場合は免責金額の範囲内なので、全額自己負担となってしまうため補償を受けることはできません。 熱割れによる破損で火災保険の補償が受けられるかどうかは保険内容や保険会社の調査によって変わってくるので、熱割れが起きてしまった場合は自分が加入している火災保険の担当者に相談をして、事故調査をしてもらうなどをして火災保険の補償を受けられるかどうか調べてみるようにしましょう。, 知らない間にガラスにひびが入ってしまう熱割れは私たちの生活の中でいつのまにか起きてしまうものです。特に耐火性能や衝撃に強いといったメリットから使われることの多い網入りガラスも熱割れしやすいことには注意が必要です。きちんとした対策を取らないと、何度も熱割れを起こしてしまい、精神的に参ってしまうこともあるでしょう。 火災保険の内容や免責金額によっては熱割れの修理費用を火災保険で補償してもらうことができることもありますが、必ず補償が受けられるというものでもありません。火災保険が適用されない場合はガラスの交換をすべて自己負担しなければならないなど、高い修理費用がかかってしまうこともあります。 ガラスのトラブルの中でも発生しやすい熱割れですが、自分でできる対処法もあるので対策できる部分はしっかりと対策し、業者でなければ対応できないガラスの交換などは業者へ相談してみるとよいでしょう。.