現場検証の結果、料金は・・・20,000円!(エアコン取付費用12,000円と専用コンセント増設費8,000円)。 値下げ交渉もなしです。なんていい人なんだ! 専用コンセントを追加せず近くのコンセントから延長することも選択肢にあったようですが、 株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。証券コード:3662, エアコンを取り付けるときに確認しなければいけないポイントはいくつかありますが、中でも忘れがちなのが「コンセント」のチェックです。 エアコン専用コンセントの義務化は本当?また増設をすすめる理由とはコンセントの増設・交換・修理をご希望なら【コンセント110番】へ。有資格者のプロがすぐに駆けつけます。プラグ断線・アース線の修理方法、生活導線に最適なコンセント設置もお任せください。 参照:製品安全センター 夏到来、エアコンや扇風機の火災にご注意ください, エアコンを安心・安全に使うために、これからエアコンを取り付けたい方は、ぜひ参考にしてください!, エアコンを通常のコンセントで使用すると、最悪の場合、火災などの事故を起こすかもしれません。, なぜなら、エアコンは使用電力がとても大きく、通常のコンセントでは電力が足りなくなってしまうおそれがあるからです。 チェックポイントをまとめると、以下のとおりです。, ただし、注意しなければいけないのは、エアコン設置場所の近くにあるコンセントでも、専用の回路を使っているとは限らないということです。 こうした工事が必要なのは、100v用のコンセントに200v使用するエアコンをつけたいときや、逆に200v用のコンセントに100v使用するエアコンをつけたいときです。 そんなときは、エアコン取り付け時にまとめてコンセントの形状交換をしてもらえば大丈夫です。, ただし、この方法が使えるのは、コンセントの電圧とエアコンが使用する電圧が合うときだけです。 専用コンセントとは、上でも紹介したとおり、エアコン専用の回路である必要があります。 コンセントの電圧とエアコンが使用する電圧が合わない場合は、形状だけでなく回路からコンセントを交換する工事が必要になります。 エアコンを設置したい場所が専用コンセントと離れた位置にある場合、コンセントの延長工事が必要です。, 延長コードは使用しないでください。 通常のコンセントは、複数で同じ回路を使って電力を供給しています。 下記は、家電量販店別の工事費用の一例です。, 設置したい場所とコンセントの位置が離れていると、延長コードを使いたくなる人もいるのではないでしょうか? 専用コンセントを増設するときは、工事をすることになるため、賃貸物件に住んでいる人は大家さんか管理会社に許可を取る必要があります。, なお、今まで通常のコンセントにエアコンの電源を繋いでいた場合でも、新しく専用コンセントを作らなければいけません。 (その他の負荷の分岐回路数)及び資料3-6-5 3.です。, わたしが今回設置したいエアコン(CS-229CF)の最大消費電力は1220Wです。, 100V電源の場合1つのコンセントで1500W(15A)まで使えますので1220Wのエアコンと280Wまでの機器を接続することができます。, くらしのマーケットや近くの電気屋で業者を探し今回依頼する業者の候補は3社ありました。, B社は「材料費」の幅を問い合わせたら音信不通に。返事忘れてたにせよボッタクるつもりだったにせよ不信感があり見送る。, C社は原則追加料金なしを明言されており、わるい口コミもなし。あわよくば17,500円~という料金も魅力。, くらしのマーケット経由だと作業完了後に口コミが書けるんですよね。だから業者もヘタな商売ができないので安心です。, 現場検証の結果、料金は・・・20,000円!(エアコン取付費用12,000円と専用コンセント増設費8,000円)。, 専用コンセントを追加せず近くのコンセントから延長することも選択肢にあったようですが、, 幸いブレーカーから1mほどの距離にエアコンがあったため安く専用回路を設置できました。, 専用コンセントは8,000円~22,000円ぐらいでできますので、交渉がめんどくさければそのままつけてもらってもいいかも知れませんね。, ただ「専用コンセントが必要」と言い張る業者は多いのであきらめて設置してもらうことになるかも知れませんね。, エアコンの設置はいろいろな道具をそろえる必要があり、作業も1~2時間ぐらいかかるそうですから大変です。, 自分で取り付けようと思ったら何万円もする道具をそろえて使い終わったらヤフオクやフリマで売ったりしなければならず手間がかかるんですよね。, 工具のレンタルもありますけど規格が合わなかったり全部そろわなかったりでたいへんです。, なので少し高額になっても手間賃だと思ってあきらめて専用コンセントをつけてもらったほうがよいケースもあるでしょうね。. 家電の故障や火事といった事態を防ぐためにも、専用コンセントがない場合は新しく増設することを強くおすすめします。, 専用コンセントを増設する際は電気工事士の資格が必要なため、必ず業者に依頼しましょう。, コンセントとエアコンの電源プラグには種類があり、どのコンセントにどんなエアコンでも設置できるというわけではありません。 冷房面積の目安は、単相100vのエアコンが6~12畳ほど、200vのエアコンが14畳以上です。, コンセントは、その回路で使用することが可能な電流・電圧によって穴の形状が変わります。, 上でも少し紹介しましたが、エアコン電源プラグは、稼動に必要な電流・電圧によって、形状に種類があります。 さらに、エアコン専用ではないコンセントや、電圧が合っていないコンセントを使用した場合、火災などの大きな事故に繋がるおそれがあるのです。 では専用コンセントがないときにはどうしたらよいのでしょうか?, エアコン専用コンセントがない家に住んでいる場合は、新たに専用コンセントを増設しなければいけません。 さらに、多くの取り付け業者では、エアコンを専用コンセントに繋げない場合はエアコンの取り付けができない決まりになっています。 単独の回路であれば、ひとつの回路の電力を全て使うことができるため、エアコンに必要な電力を確保することが可能です。 ※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。. コンセントの電圧とエアコンが使用する電圧が合わない場合は、コンセントの電圧を切り替えたり、ブレーカーを交換したりする工事が必要になります。 エアコンに専用コンセントが必要な理由. さらに、今まで、問題なくエアコンの使用ができていたコンセントでも、実は専用の回路を持っていなかった、という事態も考えられます。, 上でも紹介したような事故がいつ起きるとも限らないので、エアコン専用コンセントだと確実にわかっている場合以外は、念のため業者の人に確認してもらいましょう。, ここまでは、エアコンは専用コンセントを使わなくてはいけない理由について紹介しました。 エアコンを家電量販店などで購入したさいに、「ご自宅にエアコン専用コンセントはありますか」と聞かれた経験はありませんか?そこで、「エアコンの専用コンセントが必要なのか」という疑問が出てきます。すでにエアコンを設置している場合には、「どれが専用コンセントで、今使っているコンセントはどうなのか」ということが気になりますよね。, もしもご自宅に専用コンセントがなく、「専用コンセントの設置が義務化されていた」という場合には、コンセントを「増設」する必要性が出てくるかもしれません。本コラムでは、エアコンの専用コンセント設置が義務化されているのか、また、増設する必要があるのかどうかについて解説してまいります。, エアコンを購入するさいには、確認しておかなければならないことがいくつかあります。「エアコン専用コンセントの有無」はその確認事項に含まれるので、一番はじめに確認するようにしてください。, 今まで専用コンセントがあるなんて気にもしていなかった……。設置は義務化されているの?という方のために、エアコン専用コンセントの設置は義務化されているのか、みていきましょう。, 結論は、エアコン専用コンセントの設置は「義務化されていない」です。エアコンの取りつけ工事のさいに、家電量販店から「エアコン専用コンセントがない場合は、専用回路を引いてください」と案内がありますが、法律上は義務化されていません。, 「エアコンの専用回路について電気工事の技術基準に規定がない」ことが、その理由とされています。これでは少しわかりにくいですよね。, コンセントの回路などの電気設備は、法律で決められている基準にしたがって設置する必要があります。しかし、エアコンの専用コンセントについての基準は法律でも定められていないのです。基準がない状態で設置を義務化しては、電気工事会社が困ってしまうでしょう。そのため、エアコンの専用コンセント設置を義務化できないのです。, 専用コンセントの設置は義務化されていないことが確認できました。それでは「安全面」を考えたとき、どうすることが推奨されているのかご紹介していきます。, エアコン専用のコンセントがない場合に、家電量販店から専用回路を引くようにお願いされることには「安全面」の問題がかかわっています。先ほどお伝えしたように、エアコンの専用回路を備えたコンセントの設置は法律上、義務化されていません。, エアコン専用コンセントは「安全上、設置をお勧め」するとのことでした。そこで販売店側は、専用コンセントを使用しなかったさいに火災事故が起きてしまわないよう、エアコン専用コンセントの設置を推奨しているのです。2章では、エアコン専用コンセントの義務化が推奨される2つの理由をご紹介していきます。, エアコンは電気製品の中で、とくに消費電力が大きい家電です。多くの家庭では、複数の家電を同じ時刻に使用します。たとえば同じ時間内で、電子レンジで食べ物を温めたり、テレビをつけたり、炊飯器でお米を炊いたりすることがあるでしょう。, 複数の家電を使いながら、エアコンも通常のコンセントで使用すると、エアコンに必要な電力が足りなくなる場合があります。その結果、ブレーカーが落ちてしまうのです。, エアコンの専用コンセントを使用しないまま、通常のコンセントでエアコンを使用すると、電圧に耐えられなくなります。するとコンセント部分に熱が集まり、発火して火災の原因となるので注意が必要です。, 比較的新しい物件の場合は、最初から専用コンセントが設置されていることが多いです。しかし、建物が建ってから数十年経過している場合など、専用コンセントがない物件もあります。エアコン専用コンセントの増設を考えるべきでしょうか?, エアコン専用コンセントを使用しないと、ブレーカーが落ちてしまったり、火災につながったりします。ブレーカーが落ちると、家の中にあるほかの家電もいきなりきれてしまいます。, ブレーカーが落ちてしまったときが夜だった場合、突然家の照明が消えてしまうと周りが見えなくなり、視界が奪われてしまうので危険です。ブレーカーが落ちてしまうことで、家電が故障することもあります。, また、エアコン専用コンセントでないと、コンセント部が発熱し、火災につながる危険があります。命にかかわる重大な事故を引き起こさないためにも、専用コンセントの増設をおすすめします。, コンセントの増設を希望する場合は「費用」が一番気になるところではないでしょうか。エアコンは専用回線を引く必要があるので、増設に約2~3万円ほどかかります。増設をお願いする業者によって差があるので、何社かに見積りを依頼して比較検討することが大切です。, 分電盤というものをご存知でしょうか。分電盤は、家の中に電気を走らせるための大きな役割を担っています。電気の源というイメージです。, 新しい回線を引くさいには、この電気の源である分電盤に空きがないといけません。空きがない場合は分電盤ごと交換する必要があるので、工事費用はより高額になってしまいます。, さらに、コンセントの増設の場所も費用に差が出る要因となります。たとえば、コンセントを部屋の外側に設置するのか、それとも内側に設置するのかということです。, ご自宅の条件によって、専用コンセントの増設にいくらかかるのかは異なります。不明点は業者に個別で相談すれば、より詳しい回答が得られます。増設に関して不明なところがあれば、一度業者に相談してみましょう。, 最後になりましたが、家にあるコンセントがエアコン専用かどうかを確認する方法についてご紹介します。これを知ればエアコンを買う前や、業者に専用コンセントの増設を頼む前に自分で確認できるので安心です。, 通常エアコンは部屋の上部に設置されます。エアコンの電源コードは短いため、コンセントも壁の上部にある場合が多いです。エアコンを設置したい場所、またはこれまで使っていたエアコンが設置されていた場所が部屋の上部の場合、近くに専用コンセントがあるか確認してみてください。, 専用コンセントが通常のコンセントと異なる点は、コンセントの穴の形状です。三つ穴になっているなど、よくみるコンセントの形状とは少し違っているのですぐわかります。, さらに専用コンセントをよくみてみると、赤字で200V用などと表記されているので確認してみてください。日本で通常使用されているボルト数は110Vですので、この表記からもエアコン専用のコンセントだということがわかります。, エアコンの専用コンセントの設置は、法律上で義務化はされていませんでした。しかし、安全上の問題から設置することを推奨されています。, 家電量販店にエアコンの設置を頼もうとしたら、専用コンセントがないために断られた、ということが起こるかもしれません。そうならないためにも、壁の上部にコンセントがあるか、コンセントの穴がどんな形状かを事前にチェックしておきましょう。, 専用コンセントの増設が必要になった場合は、ご自宅の条件によって費用はかわってきます。不明点がある場合は、業者に相談してまずは見積もりをとってみましょう。複数の業者から見積もりをとって、ご自身の満足のいくプランや費用を提示してくれた業者を選んでみてください。, ※手数料がかかる場合がございます。