アメリカ合衆国の国章(アメリカがっしゅうこくのこくしょう、Great Seal of the United States)は、アメリカ合衆国の国章として事実上使われている図柄である。 この図柄は円形をしており、アメリカ合衆国の国璽 (en:Great Seal of the United States) の表(おもて)面の図柄に彩色したものである。 コロナウイルスが世界的に感染拡大して現在、アメリカ合衆国のトランプ大統領がマスクの使用について, 普段マスクを絶対に着用しないニューヨーカーたちがみんなマスクをしていて、現状の異常さを物語っているなどとも言われています。, こういった世界の国々と日本人の差を知っておくと、海外旅行が少し楽しくなったりします。, マスクで顔を隠すことで、相手に気持ちや内容をしっかりと伝えられなってしまうのを嫌います。, アメリカ人でマスクをしていると、既に細菌やウイルスに感染してしまっていると思われてしまいます。, 一方、中国、韓国、日本などアジアの各国では、風邪などを引いていない健康な人も予防の為にマスクを着用しています。, もし感染症を患っていた場合、マスクしていなければ周りからは「マスクしろ」と注意を受けるでしょう。, マスクで顔を隠すことで、『何か悪いことをしようと企んでいる』と考えられてしまうようです。, これらのデータをみると、アジア圏でマスクを着用する文化が広がったことに納得ができます。, アメリカにもニューヨークやロサンゼルスなど、大気汚染が深刻な地域があるようですが、国全体としてみればさほど高いランクではなく、先ほど出てきた国民性の部分と相まって、マスクをしない人が多くなったのではないかと思われます。, 詳しくは調べていませんが、あまり私たちが普段着用するマスクは使用しないのかもしれません。, もしその国に行くとなったら、こういうことを知っておくというのはとても重要になります。, 仮にアメリカでマスクを着用して電車に乗ったら、みんなが自然と離れていったり、黒いマスクをして、ポリスマンにあらぬ疑いをかけられて、変なトラブルに巻き込まれてしまうかもしてません。, 今回のマスクについて以外にも、文化の違いを知らないがために、現地の人に嫌な思いをさせてしまうかもしれません。, すべてを理解することは不可能ですが、その国のことを理解しようする姿勢が見えれば、きっと少しくらいの無礼は許してくれるとおもいます。, もちろんすべての人に当てはまるわけではなく、あくまでその傾向があるという程度でご理解ください。, このブログでは『脱サラして世界一周をする為には何をしていけばいいか』ということをテーマに、『世界一周までの準備』や『旅で気をつける事』などについて発信しています。, もし、この記事が気に入ってもらえたら、ブログ村のバナーを応援クリックしてしてもらえるとうれしいです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, とある鉄鋼会社でサラリーマンをしています。 夢は脱サラして世界一周の旅に出ること。, よかったら詳しい内容のプロフィールも見ていってください。^^ ホワイトハウス 2. 自由の鐘 5. 入社以来ずっと同じ会社に勤めて12年目。 リンカーン記念館 3.

自由の女神像 1つずつ見ていきます。 ラッシュモア山の彫像 6. アメリカ人はマスクしないって本当? コロナウイルスが世界的に感染拡大して現在、アメリカ合衆国のトランプ大統領がマスクの使用について 「自主的な物」 「やらなくてもいい」 「自分はやらないと思う」 などと発言をして、世間で話題になっています。 ワシントン記念塔 4. トランプもついに折れ、初のマスク姿公開となった。 7月11日にウォルターリード米軍医療センターの視察に訪れたトランプは、アメリカ合衆国の国章を付けた黒いマスクを着用した。 これぞアメリカ、という記念碑や建物、6つをご紹介します。 1. アメリカ国章マスク欲しい 47: 風吹けば名無し 2020/07/12(日) 18:52:07.02 ブラジルの首相があんなことになったし付けたんやろな

Follow @heykoheihey0824. プロフィールはこちら, ツイッターやってます!フォロミー♪ 7月11日、ニューヨーク市の新型コロナウイルスによる1日の死者数が、ついに「0」となった。長い道のりだった。3月半ばに初の死者が出てから、感染者、重症入院患者、死者の数が留まるところを知らずに増え続けた。, 3月22日に全市ロックダウン、4月前半にピークを迎え、1日に600人近い死者を出した日もあった。遺体収容所が足りず、病院に大型冷蔵/冷凍トラックが横付けにされ、遺体を収めた。, やがてニューヨーカーはマスク着用と6フィート(1.8メートル)のソーシャル・ディスタンスを徹底するようになった。誰もかれもが感染に怯えたが、なかでも黒人とラティーノの感染率が高く、マイノリティ・コミュニティでは多くの人が身内や友人知人から感染者や死者を出している。命がけで働く医療従事者への感謝を表すために自宅の窓から拍手をする「7pm Clap」は、4月から延々6月まで続けられた。, 広大なニューヨーク州は10の地域に分けられ、ニューヨーク市はその一つだ。ロックダウン解除は4段階あり、地域ごとに感染者数などの目標数値に達したところからフェーズ1、フェーズ2、フェーズ3……と段階的に解除されていく。フェーズごとに営業再開できる業種が定められている。ニューヨーク市は再開がもっとも遅れ、7月6日にようやくフェーズ3となった。ただし当初予定されていたレストランの店内飲食は今も禁じられている。, ニューヨーク市が店内飲食を遅らせている理由は、再開を急いだ他州での感染者数の急増だ。, 7月13日現在、全米の感染者は330万人を超え、死者は13.5万人となっている。全米50州のうち、新たな感染者数が「減少」しているのはわずか2州のみ、「横ばい」が10州、残りは今も「増加中」だ。特にフロリダ州、テキサス州、アリゾナ州などの増加率が高い。, 7月12日、フロリダ州は1日の新規感染者数15,300人と全米最多記録を更新。その前日、同州にあるディズニーワールドが再開し、激しい批判を受けている最中のことだった。また、同州のディサンティス知事(共和党)は8月からの学校再開も発表。知事はこの件について批判されると「ウォルマート(全米最大の小売チェーン)が再開できるなら、学校ももちろんできる」と発言し、さらなるバッシングを受けている。, 6月末、アリゾナ州の小学校でリモート・ラーニング法を学んでいた3人の教師が感染し、一人が亡くなっている。3人はマスク、ゴム手袋、ハンドジェルを使っていたが、喘息、糖尿病などの持病があった63歳の女性教員が死亡。その教員の夫、子供たち(成人)、孫など親族の多くも感染しており、1人はICUに入院中だ。夫は8月からの学校再開に強い懸念を抱いていると語っている。同州の病院のICUはすでに9割が塞がっており、この件も含め、同州のデューシー知事(共和党)はコロナ対策を誤ったとして州民から批判されている。, テキサス州は地域によってはかつてのニューヨーク市と同様に遺体安置所が不足しつつあり、冷蔵トラックの配備が始まっている。同州のアボット知事(共和党)は、感染者が殊更に急増しているダラスなどの再ロックダウンを否定し、州民にマスク着用を推奨している。, カリフォルニア州も感染者が増えており、同州のニューサム知事(民主党)は7月13日、再開していたバーの閉鎖、レストランや博物館など室内での活動を禁じ、「ステイ・アット・ホーム」への逆戻りを発令した。ちなみにカリフォルニアは全米で最も早くロックダウンを開始した州だった。, トランプは、初期にはコロナの存在自体を拒否し、続いて「コロナなど大したことない」などと発言。自身には発令権のない各州のロックダウンに反対し、マスク着用も拒否した。経済を最優先させ、かつ11月の大統領選で再選を果たすためだ。, トランプ支持者の多くがトランプの言動に追随し、スーパーマーケットなどでマスク着用を申し渡されると、いわゆる逆ギレを起こして「民主党め!」と叫ぶ者まで出た。反マスクが「トランプ支持」の表明となってしまったのだった。加えて反マスク派は「私にはマスクを着ける/着けないの選択をする権利がある」と、米国でよく見られる「権利」の主張を持ち出している。さらにはマスク着用をめぐる諍いが殺人事件となったケースもある。, いずれにせよ4〜5月の段階で多くの州が次々とロックダウン解除に踏み切った。用心してマスク着用を続ける人がいる一方、マスクを着けず、ソーシャル・ディスタンスも無視して混んだバーで飲み、プール・パーティを開く人々が続出した。米国のバーはBGMや客の話し声が大きく、至近距離にいる同行者との会話も大声になる。そこから感染率が特に高いとされている。, こうしたコロナ否定派、もしくは軽視派(コロナの存在を否定はしないが、大したことはないと主張)の共和党支持者の票を得るために、共和党員である知事たちはロックダウンを切り上げ、マスク着用を強制せず、多くの人が集まる教会を早々に開放した。キリスト教徒の多いアメリカでは、教会の扱いは有権者の支持に大きく作用する。なお、テキサス州知事は再度のロックダウンを避けるために7月に入ってマスク着用の法制化を行なったが、多数の郡が「着用免除」を勝ち取っている。, ロックダウン解除後の感染者の急増と、今も続くBlack Lives Matterデモ。大統領選が日に日に近くなか、トランプがこの2件を上手く捌けていないとして、支持率は急激に下がった。トランプもついに折れ、初のマスク姿公開となった。, 7月11日にウォルターリード米軍医療センターの視察に訪れたトランプは、アメリカ合衆国の国章を付けた黒いマスクを着用した。5月にフォードの工場を視察した際には事前の写真撮影時のみマスクを着け、実際の視察はマスク無しで行った。また、副大統領のペンスは同じく5月に病院視察を行った際、視察団の中で唯一、マスクを着けていなかった。, 科学を否定し、国民の命を危険に晒すトランプ。コロナ対策に関する世論調査で「トランプを信頼」は3割に留まり、「ファウチ博士を信頼」が7割を超えている。トランプはコロナ対策チームの中で「最も信頼できる人物」とされているファウチ博士と、すでに1カ月も対話していないと伝えられている。, 8月24〜27日にかけて、フロリダ州ジャクソンヴィルで共和党の全国大会が開催される。数千人が詰めかけ、党の大物が多数演説し、大統領と副大統領候補の正式な指名、当人による指名受諾演説が行われる。11月の本選に向けて気炎を上げる場でもある。当初はノースカロライナ州での開催予定であったがトランプがソーシャル・ディスタンス案を拒否したため、同州のクーパー知事(民主党)が開催を取り止め、フロリダ州に変更されたのだった(*)。, 民主党の全国大会(バイデン大統領候補)はコロナ禍によりヴァーチャル開催に変更されたが、共和党は予定通り、フロリダ州にある15,000人収容のアリーナ会場での開催としている。ところが今、欠席を表明する共和党議員が続出している。地元フロリダ州のルビオ上院議員は自州での感染拡大に業を煮やして「全員くそったれのマスクを着けろ」とすら発言しており、全国大会はもちろん欠席としている。, ニューヨーク市は文字どおりに地獄のようだったパンデミックを過ぎ、感染抑制に成功したと言えるだろう。ただし死者はゼロになっても20〜30代の若い感染者が増えており、市長は警告を発している。, いずれにせよ、市民の経済活動を犠牲にしたからこその成果だ。膨大な解雇者が出て、多くの店舗やレストランが撤退した。ロックダウンが完全に解除されても戻る職場のない人が多い。, ロックダウン初期、連邦が大人1,200ドル、子供500ドルの支援金を出したが、一度きりであり、物価の高いニューヨークでは1カ月分の家賃にもならない額だった。失業保険の支払期間は延長され、通常の額に週600ドルが加算されたが、失業保険のない人たちもいる。ニューヨーク市では学校閉鎖によって無料の給食がなくなったため、学齢期のすべての子ども(他国籍者、ビザなし移民を含む)に420ドルが支払われようとしている。ロックダウン開始と共に始まった市内全域での無料の食事配布は今も続いている。, ニューヨーク市では8月までは家賃未払いによる追い立てが差し止められている。だが、その後はどうなるのか。そもそも低所得で貯蓄がなく、失業保険もなく、復職のメドも立たない人たちもいる。仮になんとか復職できても4月から支払えていない家賃をまとめて払えるはずはない。決して少なくない数の市民がそうした状況にある。9月、ニューヨークはホームレスとなった人たちで溢れてしまうのだろうか。ホームレス・シェルターもすでに満杯だ。, アメリカの政治家と行政に今求められるのは、感染コントロール、つまり「人命」と、人が生きながらえるための「経済」のバランスをいかに保つか、なのである。(堂本かおる), ニューヨーク在住のフリーランスライター。米国およびNYのブラックカルチャー、マイノリティ文化、移民、教育、犯罪など社会事情専門。, ジェニファー・ロペスがトランプの蛮行に物申す!〜スーパーボウル/ハーフタイム・ショー, 「シット!」「アス!」「クレイジー!」~トランプが巻き起こした政治家のカースワード合戦, 「アメリカで再び急増するコロナ感染者とトランプの行方」のページです。政治、国際、新型コロナウイルスなどの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。. アメリカ合衆国の国章(アメリカがっしゅうこくのこくしょう、Great Seal of the United States)は、アメリカ合衆国の国章として事実上使われている図柄である。この図柄は円形をしており、アメリカ合衆国の国璽 (en:Great Seal of the United States) の表(おもて)面の図柄に彩色したものである。, アメリカ合衆国は公式に「国章 (national coat of arms)」を定めたことは一度もないが、国璽の図柄がパスポートなどさまざまな場面で用いられ、事実上の国章とみなされている。USドルの25¢の裏面やすべての紙幣にも描かれている(一部がアレンジされている)。, グレートシール (great seal) は、国・地方政府・教会などの要職が、重要書類に押すシール(印章)である。, 国のグレートシール(Great Seal、国またはそれに準ずる場合は大文字が使われる)は、国璽と訳される。璽は印章(特に皇帝の印章)の意味で、国璽とは国の印章の意味になる。, アメリカ合衆国の国璽は(イギリスの国璽同様)、平らな円盤状で、裏面にも図柄が彫られている。国璽の実物は、国務長官が保管している。国璽の実物には色は付いていないが、その図柄を国章として使う場合の色は公式に定められている。, 1枚目の画像のように、ハクトウワシが翼を広げたもの(ボールドイーグル)が描かれている。鷲の羽根の数は33枚で、鷲は13枚の葉のついたオリーブの枝と13本の矢とをそれぞれの足に握り、「戦争と平和」および「平和への願い」を表している。またワシの頭はオリーブの枝のほうに向けられ、戦争のない平和な世界を願った思いがこめられている。鷲は合衆国のモットーである「E Pluribus Unum(ラテン語: 多数から一つへ)」が書かれた布をくわえている。鷲の頭上には「栄光」を表す13個の星が青地の中に輝いている。13個の星は六芒星(ダビデの星)の形に並べられている。, この六芒星は、独立戦争時にアメリカ側を金銭的に支援したヨーロッパのユダヤ人事業家達の中に、ハイム・ソロモンという投資家がおり、ジョージ・ワシントンが「勝った暁に投資の見返りに欲しい物」を尋ねたところ、「我々の民族の象徴をあなたの国の国章に入れていただきたい」という返答があったとされる。そのため、建国の父の多くがキリスト教徒(フリーメイソン)であったにもかかわらず、アメリカの国章にユダヤのシンボルが描かれているという、歴史的背景があるとされる。, 一部繰り返しになるが、この国章の上方には13の星、鷲の胸にある盾には13のストライプ、鷲が左方に持っているオリーブの葉は13葉、右方に持っている矢の数は13本、モットーも13文字になっている。すべてが13なのは、アメリカが独立したときの州の数が13州だったためと考えられる。ただし、1877年の旧案では、星とストライプの数こそ13だったが、オリーブの枝は実が4個と葉が9枚で、なぜか矢の本数が6本だった。, アメリカ合衆国の国璽には裏面がある。こちらには2枚目の画像のように、煉瓦造りの13層の金字塔型四角錐の上に目玉(プロビデンスの目)が描かれている。上方のプロビデンスの目は周りを監視し、ピラミッドは新しく生まれた国家の光を浴びることを示したため、描かれた。, 裏面の下部にあるラテン語 Novus ordo seclorum はウェルギリウスの言葉から取られたもので、「時代の新しい秩序 (a new order of the ages)」を意味し、それに対して上部にやはりラテン語で Annuit cœptis「(神は我々の) 企てを支持した (approved of undertakings)」と書かれている。, またピラミッドの底部にある「MDCCLXXVI」はローマ数字で1776、つまりアメリカ合衆国の独立宣言の年を示している (M=1000, D=500, C=100, C=100, L=50, X=10, X=10, V=5, I=1 を全部加えると1776である)。, このデザインの原型となったのは、アメリカ独立戦争時に戦費調達のため発行した政府紙幣である大陸紙幣の内の、40ドル紙幣と50ドル紙幣である。40ドル紙幣には、万物を見通す目「プロヴィデンスの目」が、50ドル紙幣には、未完成の13段のピラミッドが、描かれていた。両紙幣のデザイナーは、建国の父と呼ばれる55人の内の一人である、フランシス・ホプキンソン(Francis Hopkinson)であった。彼は、アメリカ独立戦争末期の35ドル、45ドル、70ドル、そして80ドル札のデザインも手掛け、さらには、アメリカの国旗、国璽のデザイン委員会にも参加している。, プロビデンスの目のピラミッドが、フリーメイソンリーの紋章に採用されたのは1797年、アメリカ合衆国の国璽に採用されたのは1782年である。この国璽のデザイナーであるピエール・デュ・シミティエール(Pierre Du Simitiere)はフリーメイソンには所属していないが[1]、1768年に「アメリカ哲学協会(American Philosophical Society (APS))」に入会しており、同組織にはフリーメイソンが属する人物がいた。, この目のついたピラミッドの正体は、「(イシスとオシリスの、あるいは、ヘルメス=トリスメギストスの)ピラミッド」(エジプト神秘思想・ヘルメス主義・錬金術思想)であるとも「バベルの塔(の完成形)」(グノーシス主義・イルミニズム・サタニズム)であるとも「ソロモン神殿」(ユダヤ主義)であるとも、される。また聖書に頻出する「石塚」ともされる。, 1782年採用の国璽の表面 (左)と裏面 (右)。表面は国章として用いられている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アメリカ合衆国の国章&oldid=80566951.