我が家の当歳のらんちゅうやオランダにはこの餌を与えるようにしてからプルプルした肉りゅうがキープできたので、管理する側としてはとても助かりました。 肉りゅうを維持するためには食いつきも問題になりますが、嗜好性も抜群です。 ただ たんぱく質が多いと言うことは、水の汚れも多 らんちゅうに肉瘤(カシラ)が出現する時期は?飼育によってはできない場合も!?肉瘤を大きくするには?, らんちゅうの成長!大きくするには?当歳って何?稚魚の時期は?青子期に気を付ける事!. Copyright (C) 2020 らんちゅうの正しい飼育方法 All Rights Reserved. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript! らんちゅうに肉瘤(カシラ)が出現する時期は?飼育によってはできない場合も!?肉瘤を大きくするには?, らんちゅうの成長!大きくするには?当歳って何?稚魚の時期は?青子期に気を付ける事!. Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., Ltd.  桜錦、キャリコ出目金、 沈下性の餌は、池の底に沈んでから動くことはあまりありませんが、浮上性の餌では、金魚は食べるために水面にあがり、餌を追いかけるように泳がなくてはなりません。これが金魚にとってよい運動になるのです。 (Pisces)から引用, 山田芳人さんの飼育環境の紹介. It appears that you have disabled your Javascript. 仲良くしてください。 【好きな品種】 ふっくらとした身体が可愛いと、愛好家からも愛され続けているらんちゅうはご存知でしょうか。, のんびりと泳いでいることから、癒しとしての飼育をされている金魚ですが、意外にも飼育にはかなり苦労するものです。, あまり与えすぎてしまっては、餌を残してしまい、どうしても水の汚れとして残ってしまいます。, そのため、見極めながらではありますが、らんちゅうには5分間くらいで食べられる量を与えなければいけません。, らんちゅうにとっても、それくらいが一番消化をするのにも効率よく、残してしまうことがない量だからです。, 必ず食べきれる量を与えること、さらに夏は少し多めにし、冬は少なめにしてやると、季節ごとにあった与え方になります。, 1日に与えていい餌の頻度としては、消化するまでに5時間から6時間ほどかかるので、あまり高くない方がいいです。, あんまりにも多く与えていると、転覆病といった病気を誘発してしまう原因にも繋がります。, らんちゅうは、口が下に向いていることと、背びれが無いことから、どうしても浮上して水面に浮いている餌を食べることが困難になります。, 小さいうちは、砂利の中に入ってしまった餌を取るのは大変なため、砂利は入れないでおくと安心です。, また、入れ過ぎてしまうと、水を汚してしまう原因にもなり、いくら濾過しているとはいっても、その濾過をする機械の故障してしまう原因にも繋がるので、与えすぎないことが一番重要です。, 青らんちゅう、やっと餌が合ったみたい pic.twitter.com/eB8XV6BAkG, らんちゅうにとって、餌は注意して与えなければならないものであり、しかし与えすぎてしまうと逆に病気の元にもなってしまいます。. Oops! Oops!  10年年以上  2019年奈良県予選6位, 金魚の歴史について知りたいですか?本記事では金魚の祖先(先祖)や誕生した経緯、そして、日本にはいつ、どこからやってきて、どのようにして日本に根付いたのかについて書いています。また、日本の養殖の歴史や三大産地についても書いています。今や日本の夏には欠かせない存在となった金魚。その歴史をぜひご覧ください。, 出目金の寿命について知りたいですか?本記事では出目金の寿命がどれぐらいあるのか?、また平均寿命がどれぐらいかについて書いています。弱い品種のイメージがある出目金ですが、きちんと飼育すれば長生きしてくれます。本記事を参考にしていただいて、ぜひ出目金飼育を楽しんでいただけたらと思います。, 金魚の色落ちの原因や対処方法について知りたいですか?本記事では、金魚の色が薄くなったり、くすんだり、抜けてしまう原因について書いています。また色落ちを防止する方法や、薄くなってしまった色を復活させる方法についても書いています。鮮やかな色やつやを持つ金魚はとても魅力的ですよね。ぜひその状態を維持できるようにしてください。, 金魚の水槽をリセットするべき状況やその方法を知りたいですか?本記事では、金魚水槽をリセットしたほうが良い状況と、リセットする際の手順について詳しく解説しています。水槽のリセットはなかなか手間のかかる作業です。しかし、時にはリセットをしないと、金魚が快適に生活できる環境を損なう可能性があります。ぜひ参考にしてください。, 金魚の水槽がすぐに汚れる原因について知りたいですか?本記事では金魚の水槽がすぐに汚れる原因と、その解決方法について書いています。観賞的に、水槽はきれいであってほしいものですよね。また、水の汚れは金魚の健康を損なう危険があります。そうならないように、原因をあきらかにし、きれいに保つ方法について掘り下げています。, 金魚の品種のひとつ、コメットの寿命を知りたいですか?本記事ではコメットの平均寿命や品種としての寿命、そして長生きさせるコツについて書いています。コメットは和金型で丈夫な品種です。初心者に向いていますし、長く伸びる尾びれは観賞するのにもとても魅力的です。本記事がコメットを長生きさせるのに参考になれば幸いです。. 特に、らんちゅうなどは背ビレが無いので泳ぎがあまり得意な方ではなくゆったりと泳ぎますので可愛く見えてきますよね。, 飼っている金魚によって餌も選ばなければなりませんが、らんちゅうの餌ってどんなタイプの物を選んだら良いのか?, フレークタイプとは違い水面に浮く事は無い物が多く、底で活動する魚に向いている餌です。, どんな熱帯魚でも生き餌タイプの餌は食い付きが良く、1つは持っておきたい餌ですよね。, 主にブラインシュリンプやアカムシ、ウキグサとありますが日持ちがしないのがデメリットです。, ですがブラインシュリンプなどは乾燥卵として必要な分だけ孵化させたり、アカムシも冷凍されて売っているので問題は無いでしょう。, 餌の種類は分かったと思いますが、ランチュウに与える餌としては浮上性の餌が良いのか沈下性の餌が良いのか考えると思います。, ランチュウの餌として沈下性の餌が良いと言われる理由は、ランチュウに特徴があるからです。, さらにランチュウの口は下の方に向いているので、底に沈んでいる餌の方が食べやすい傾向があります。, 背ビレが無いランチュウは、他の金魚と同じように浮いている餌を食べる事が難しいのです。. 金魚の飼い方や育て方、お店やイベント情報、そして金魚すくいの極意について書いていきます。 金魚マイスター認定者 らんちゅうは、口が下に向いていることと、背びれが無いことから、どうしても浮上して水面に浮いている餌を食べることが困難になります。 そのため、 らんちゅうの餌には、沈下性のものをおすすめして … 【飼育設備】 らんちゅうの餌を知りたい人「らんちゅうの餌を知りたい。らんちゅうを飼っているんだけど、できれば立派ならんちゅうに育てたいんだよね。金魚の餌ってたくさん売ってるけど、らんちゅうに適した餌ってあるのかな?もしあるなら、商品が知りたいな」, ただ、らんちゅうの特徴である肉瘤やふんたんをしっかりと育てるためには、高たんぱく、高脂肪な餌をあたえる必要があります。, ですから、餌を選ぶ際は、この肉瘤やふんたんが大きくなる餌を選んだほうがいいですね。, らんちゅうの肉瘤はふんたんは、たんぱく質や脂肪を摂取することによって大きくなります。, ですから、らんちゅうの餌を選ぶ際は、高たんぱく、高脂肪な餌を選ぶようにしてください。, とはいえ、どれぐらいの分量だとたくさん入っていることになるのか、わかりにくいかもしれません。, 泳ぎが下手ならんちゅうは、餌になかなか追いつけず、空振りしてしまうことがあります。, 水面で餌を食べようとして空振りすると、エア食いと言って、空気を身体に取り込んでしまうことになります。, 個人的にはそれほど大きな影響がないように思いますが、らんちゅうの泳ぎの能力などを考えると、沈下性の餌の方が向いていると言えます。, 沈下性の餌なら、餌は底に沈んだまま動かないので、らんちゅうも落ち着いて食べることができます。, ただし、浮上性の餌とちがって、どれぐらい食べているのかが把握しにくいのと、餌の食べ残しに気づきにくいというデメリットがあります。, とはいえ、けっこうコストがかかるので、ヘビーユーザーでなければ赤虫だけでらんちゅうを育てるのはつらいかもしれません。, らんちゅうに向いている餌がわかったところで、らんちゅうの餌の量について書いておきます。, とはいえ、1度にたくさんの餌をあたえると、食べ過ぎて消化不良になったり、食べ残しによって水が汚れてしまいます。, 餌のあたえかたについては、金魚は水温によって餌の調整が必要!失敗しない方法を紹介しますをご覧ください。, フードタイマーについては、金魚の餌やりに便利なフードタイマーとは?【おすすめ商品あり】をご覧ください。, 商品によって使い勝手がかなりちがうので、購入前に参考にしていただくのをおすすめします。, ニッソー  FOOD TIMER(フードタイマー)観賞魚用自動給餌器 グレー 関東当日便, ただし、らんちゅうの肉瘤やふんたんの育ち具合は、遺伝によって大きな影響を受けます。, この場合、いくら肉瘤などの発達に向いている餌をあたえたとしても、肉瘤が出てくることはないので注意してください。, なお、肉瘤などの詳細については、らんちゅうの肉瘤やふんたんとは?発達させる方法を紹介をご覧ください。, らんちう貴族は、まさにらんちゅうを立派に育てるためだけに作られたらんちゅうのための餌です。, また、ビタミン、ミネラルが豊富な海藻をたくさん使用しているため、らんちゅうの身体を守っている粘膜が強化され、病気になりにくくなります。, らんちうディスク増体用は、金魚の餌をたくさん扱うキョーリンが出している、らんちゅうを大きく成長させるための餌です。, 高たんぱくな餌は消化が心配ですが、納豆菌や乳酸菌、酵母菌の効果によって、消化吸収に優れた餌となっています。, らんちゅう飼育の従来の考えかたとしては、前述の通り、泳ぎが苦手なために沈下性の餌が向いている、とされています。, ただ、新たな考えとして、浮上性の餌を食べるにあたっての動きが、らんちゅうにとっては良い運動になる、との見解が見解があります。, また、浮上性のメリットとして、餌を食べている量が把握しやすく、食べ残しによって水が汚れにくいという観点から、浮上性の餌が見直されているようですね。, 星更紗は、らんちゅうの品評会で数々の実績の残されている山田芳人氏を起用して、販促を行っています。, 冷凍赤虫のあたえかたや、その他詳しい情報については【金魚の餌】冷凍赤虫の与え方、特徴やメリット、デメリットとは?をご覧ください。, 冷凍★キョーリン クリーン赤虫(アカムシ) ミニキューブ 40g 冷凍赤虫 別途クール手数料 常温商品同梱不可 お一人様14点限り, 品種の特徴である肉瘤やふんたんをしっかりと発達させるためには、餌も重要な要素です。, 餌以外の肉瘤やふんたんの成長の要素については、らんちゅうの肉瘤やふんたんとは?発達させる方法を紹介の記事を見ていただけるとうれしいです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 金魚大好きな40代男性です!  80ℓプラ舟×4個 らんちゅうの餌は浮上性が良い?沈下性が良い? 金魚に与える餌は色々なタイプがありますので、選ぶ時に悩みますよね。 量で選ぶか?質で選ぶか?メーカーで選ぶのか? 飼っている金魚によって餌も選ばなければなりませんが、らんちゅうの餌ってどんなタイプの物を選んだら良いのか? � 基本的に金魚の餌には、浮上性の餌と、沈下性の餌があります。 らんちゅうは、口が下に向いていることと、背びれが無いことから、どうしても浮上して水面に浮いている餌を食べることが困難になります。 そのため、 らんちゅうの餌には、沈下性のものをおすすめしています。 小さいうち� 【金魚すくい実績】 最近、金魚の餌は浮上性の餌のほうが良いと思うようになった。自分は主にらんちゅう等の丸い金魚を育ててきたため、これまでは金魚の餌と言えば沈下性の餌が当たり前だった。ところが、最近ではらんちゅう愛好家も浮上性の餌を使うと言う。そして、その理由にちょっとした衝撃を受けた。 たくさんある金魚の餌 水槽で飼育する生物、ベタ、メダカ、熱帯魚など色々いますが、金魚の餌について私なりにおすすめの餌をランキング形式でまとめてみました。 餌の種類 まず、餌の種類ですが水に入れた時に浮く「浮上性」とすぐに沈む「沈下性」の2種類に分けられます。 It appears that you have disabled your Javascript. Copyright (C) 2020 らんちゅうの正しい飼育方法 All Rights Reserved.  ピンポンパール らんちゅうの餌について知りたいですか?本記事ではらんちゅうを成長させるのに適した餌について書いています。らんちゅうは、品種の特徴である肉瘤やふんたんをいかに大きくするかが育成のポイントとなります。そのためには餌も重要な要素のひとつです。  全国金魚すくい大会最高位47位 金魚を飼いたいのですが浮上性の餌を食べるのに向いてる種類は何でしょうか?らんちゅうに浮上性はやってはダメですか? 単独飼育でも問題無いですか? 浮上性の餌に向いているのは琉金や和金などの口 … 金魚は雑食なので色んな餌を食べることで有名です。そのため一般家庭に置いてある食品でも餌になる事もありますが、金魚の事を考えるならしっかりとした餌を与える必要があります。今回は金魚の餌の種類や選び方を紹介します。金魚の餌は意外と種類やタイプが多いです。, 金魚は雑食なので専用の餌じゃなくてもパクパク食べてくれますが、しっかりと飼育するならちゃんとした魚専用の餌を与える必要があります。また金魚の餌には意外と種類が多いので自分で飼っている金魚がどういった種類の餌を好むのかも事前に把握しておくとよりベストとなります。, ちゃんとした金魚の餌はしっかりと栄養バランスを考えられた配合になっている事が多いので金魚を健康に育てることができますし、金魚の鮮やかな色は元々ではなく餌などに影響される事が多いので見た目にもキレイな金魚になりやすいです。, また金魚などの飼育に慣れていない方は餌のやり方などで金魚の体調を悪くすることもあり、餌の種類や餌の与え方というのは金魚を飼育する上で非常に重要で難しいポイントでもあります。, 金魚の餌には様々な種類やタイプが存在します。そのため金魚にとっても食べやすい餌や食べにくい餌などがあり、金魚の口に合う合わないも考えればしっかりと選ぶ必要があります。そのため頑固に1種類を与えるのではなく金魚に合わせて餌を変更することも重要です。, 金魚の餌には水に対して浮上するタイプか沈下するタイプかで大きく分けることができます。それぞれに特徴がありメリットなども違うので自分の環境に合ったタイプを選択するようにしましょう。, 浮上性の餌は一般的には水に溶けにくいとされており、水に入れても水面にプカプカ浮いている状態が続く餌のことを言います。このタイプの餌は食べ残しても沈下しないので掃除が楽であり、パッと見て餌をどれぐらい与えているかが分かるので初心者におすすめです。, ただし金魚などは基本的に下にある餌の方が食べやすいようになっているので浮上性の餌は食べにくいというデメリットがあります。また個体によって浮上性の餌を食べるのが苦手な魚に餌が渡りにくいという事例もあるので注意が必要です。, 沈下性の餌は浮上性とは反対の特徴をしており、水槽に入れたらどんどん底の方に沈んでいくタイプの餌の事をいいます。上記でも説明しましたが金魚などは基本的に下の方にある餌の方が食べやすいようになっているので浮上性の餌に比べても食べてくれやすいです。, ただし沈下性の餌の場合は沈むのでどれぐらい食べたか分かりづらく初心者の場合はついつい必要以上に与えてしまうこともあります。また食べ残した場合に掃除がしづらく水質悪化に繋がるので気をつける必要があります。, 人工飼料の場合は餌の形状は大きく分けて2種類に分別できます。その中でも大きさなどが違いますが、この2種類にもメリットやデメリットがあるのでしっかりと自分が飼育している魚に合わせて購入するようにしましょう。, 形状が粒タイプの餌の場合は水に溶けにくいことが特徴で、水が汚れにくいです。ただし粒の大きさが重要で、粒が大きすぎると体の小さい金魚には食べづらく上手に食べてくれないこともあります。, ただし粒タイプの中でも小さい粒の餌も多く販売されているのでしっかりと選べば問題にはならないことが多いです。また量の調整がしやすいので初心者の方でも餌を与えやすいのでおすすめされやすいタイプです。, 餌の形状がフレークタイプは基本的には浮上性の事が多いですが時間が経過すると沈んでしまう事が多く水質悪化に繋がりやすいとされています。また水に溶けやすく魚が口でつつくとすぐにバラバラになってしまうこともあり水が汚れやすいです。, また金魚などにとっては粒タイプの餌よりも消化しやすいのがメリットです。初心者ではなく金魚などの飼育に慣れている人向けの形状と言われています。, 餌の成分というのも非常に重要なポイントです。あまりに偏り過ぎるとすぐに体調不良を起こしてしまうのでなるべくバランスの良い成分の餌を与えるのが重要となります。, 人工飼料は栄養バランスが良いように配合されているので金魚にとっても非常に良質な餌となっています。主な成分としては穀類や小麦類とフィッシュミールなどが主成分となっています。またこういった人工飼料に天然原料を配合させている物も多く販売されているのが特徴で自分の環境に合わせやすいので人気があります。, 天然飼料とは赤虫やミジンコなどの餌であり、観賞魚として魚の形状や色などを良くしたい場合に好まれる種類の餌といわれています。ただし人工飼料よりも値段が高くなる場合があるので注意が必要です。, 生餌の他にも乾燥させた餌や冷凍させた天然飼料が販売されており飼育しているペットの口に合わせやすいです。ただし水質を悪化させやすいとされており食べ残した場合は水槽の中で繁殖してしまう場合もあるので注意が必要です。, 餌の中には乾燥させた餌や冷凍の餌も多く販売されています。やはり飼育しているペットの口に合わせる必要があるので種類だけでも知っておくと便利です。, 乾燥タイプの多くはフリーズドライ加工された餌が多く、ビタミンなどを含ませている事も多いので栄養価も高く人気があります。乾燥させているのが固いですが水に入れると柔らかくなります。, ただし空気を含んでいることが多いのであまり与えすぎると金魚などが転覆状態になりやすく注意が必要です。主食というよりはたまに与えるご褒美としてあげる人が多いのも特徴です。, 冷凍タイプの餌は基本的に冷凍の赤虫の事を言います。それぐらい冷凍の赤虫は人気があり魚の食いつきが非常に良いとされています。非常に栄養価が高いので魚を大きくさせたい場合や色揚げにも適しているとされています。, また保存には冷凍が必要で家族がいる場合には嫌がられることもあるので金魚に対してというよりも家族などに対して注意が必要です。, 金魚に餌を与えるには注意しなければならないポイントが多くあります。餌の与え方を間違えるとペットの体調不良に繋がるのでしっかりと注意しておきましょう。, 金魚には胃が無いので餌を与えすぎるとすぐに消化不良などになってしまいます。そのため金魚に餌を与える場合は慣れるまで少なめにするのが重要です。大体の目安は与えた餌を2分~5分の間に全て食べ尽くすぐらいが丁度いいとされています。, 金魚は1週間程度なら餌を与えなくても生きていけるようになっています。そのため頻度としては1日に2回程度が丁度いいとされています。餌の量は上記でも説明したように2分~5分で食べ尽くす程度がベストです。, ただし金魚を早く大きくしたい時は1日に4回程度がベストとされています。金魚に食べたいアピールされてもあげすぎないように注意しましょう。, 金魚の餌は基本的にしっかりとした魚の餌を与えるのが栄養的にもベストですが、買い忘れていたり、急に飼育することになった場合に限りですが、一般家庭に置いてある食材でも飼育することが可能です。, おすすめは鰹節やにぼし、麩や小さく粉にしたパンなどが食いつきが良いとされています。ただし、あくまでもその場しのぎなのでなるべく早くちゃんとした魚の餌を購入するようにしましょう。, 金魚の餌は基本的にホームセンターの熱帯魚売り場で購入することが可能です。ただし一部のコンビニでも置いてある場合もあるので急な場合はコンビニなども覗いてみると良いかもしれません。, 金魚も人間と同じように餌を与えても口に合わない場合などもあります。そんな時は素直に餌を変更してあげる必要もあるので様々な種類の餌を購入する事も考えられます。金魚の餌は非常に多くの種類があるので気に入った餌に出会うまで様々な種類の餌を与えてみましょう。, 金魚はもちろんエンゼルフィッシュやグッピーなどの中型・小型の熱帯魚にも与えることが出来る冷凍餌です。とても食いつきが良いことでも有名な冷凍赤虫で水槽に入れた瞬間にパクパク食べてくれるのでおすすめです。, また金魚や熱帯魚だけではなく鯉やウーパールーパーやイモリ系の餌にもなるのもおすすめのポイントです。餌の保存方法は冷凍しておくだけなのも人気の理由で内容量も多いのでレビューでも人気が高いです。, 生体そのままで急速に冷凍しているので新鮮であり紫外線パワーで殺菌しているので安心してペットに与えることができます。餌を1つずつ取り出せる方式なので手が汚れることもなく、水を汚しにくいのも使用者から人気のある理由の1つです。, 魚の色を鮮やかにするのに必要な要素であるカロチノイドを強化配合してある餌で色揚げ用としても非常に人気の高い餌です。マイクロミル工程により作られた餌なので胃がない金魚に与えても消化不良を起こしにくいのがおすすめのポイントです。, レビューでもフレークタイプなのに水汚れがあまりしないので重宝していますといった声や、この餌を与えてから金魚の色が鮮やかになったように感じますといった声もあがっておりカラーの効果もしっかりと出ています。, 内容量もたっぷりあるのも人気の理由で素材の構成もしっかりと記載されているので安心してペットに餌を与えられるのもおすすめのポイントです。他にも3つのサイズ違いがあるので気になる方はぜひ商品ページから飛んでみてください。, 300gという大容量なのに価格がリーズナブルでとても人気のある餌です。粒タイプで水に溶けにくく、浮上性なので水槽の水を汚すこともあまりないのがおすすめのポイントです。粒は特小粒なので小さい金魚にも心配することなく与えられるのも人気の理由です。, 半面、体の大きい金魚にはもう少し大きい粒の方が良かったと感じることもありますが食いつきは良いので与えることが出来ないということはありません。栄養が豊富な原料を配合しているので栄養バランスも問題ないです。, レビューでも食いつきが良くずっと使い続けていますといった声やコストパフォーマンスに優れているので嬉しいといった声が多くあり、とても人気の金魚の餌です。, 水を汚しにくい製法で作られた沈下性の餌で万が一、下部に食べ残しが残っても水を汚しにくいので人気が高い餌です。天然色揚げ成分も含まれているので与えている内に金魚の色が鮮やかになるのもおすすめのポイントです。, 粒タイプの中でも極小粒なので金魚の体の大きさに関係なく与えることが出来る上にしっかりと沈むので金魚が食べやすいです。3つの善玉菌が配合されているので腸内環境を良い状態で保ってくれます。, また胃のない金魚のために消化吸収に良い原料を使用しているのも人気の理由です。水が汚れにくい餌ですが与えすぎると汚れてしまうので注意が必要です。, 生菌効果で水が汚れにくく梅エキスでコケの発生を抑えるので金魚の飼育の手間が少なくなると人気の餌です。水が汚れにくいのでイヤなニオイの発生もなく飼育がしやすくなったとレビューでも大人気です。, 餌の形状はフレークタイプですが無着色なので水を汚しにくいです。また安心の国内産で色揚げもしてくれるのでしっかりと金魚の色を鮮やかにする効果も期待できるのもおすすめのポイントです。, 新しい生菌『GB菌』を添加しており、体調が悪く餌をあまり食べなかった金魚に与えたところ元気になりましたというレビューもあるほどです。内容量も50gと使いやすいサイズなのも人気の理由です。, フリーズドライ加工された赤虫で金魚の食いつきも抜群に良い人気の餌です。12gと内容量が少ないように感じるかもしれませんが赤虫が乾燥状態で軽いので実際の量は多いので購入する際は注意が必要です。, 乾燥して空気を含んでいるので餌が浮いてしまうので底にいる魚に与える場合は工夫が必要ですが食いつき自体は非常に良くパクパク食べますが空気を含んでいるのであまり食べさせると金魚の場合は転覆症状を引き起こすので注意が必要です。, レビューでは、この餌ばかり与えていると他の餌を食べなくなりましたという声もあるほどに金魚にとっては美味しいようで別の意味で注意が必要かもしれません。, 水に入れると約20倍にも大きくなるフレークタイプの金魚の餌で、胃のない金魚でもしっかりと消化吸収しやすいのがおすすめのポイントです。消化吸収がしっかりとされるとフンが減るので水が汚れにくいというメリットもあります。, どんな種類の金魚にも与えることができるバランス栄養食で、金魚を健康に飼育するなら必要不可欠な栄養がバランスよく配合されているためとても人気が高いです。またバイオアクティブ製法で免疫力を保ってくれます。, 内容量が200gとなっているので飼育している魚の数が少ない方は注意が必要ですが100gのサイズの商品も選べるので自分の環境に合ったサイズを購入するようにしましょう。, 乳酸菌・酵母菌・納豆菌が含まれておりそれぞれがしっかりと金魚に働きかける事で健康に飼育できるおすすめの金魚の餌です。乳酸菌と酵母菌で腸内を健康に整え消化吸収などをしっかりとサポートしてくれます。, そして納豆菌は金魚のフンや食べ残した餌の分解を約2倍に早めてくれるので水を汚すことが少なくフィルターも汚れにくくニオイの発生も抑えてくれます。また胃のない金魚のために消化しやすい原料を使用しているのも人気の理由です。, 餌の形状は小さい金魚でも食べやすい粒タイプの中でも特小粒タイプなので、口が小さい金魚でもパクパク食べてくれます。レビューでも食いつきが良く値段と内容量で考えるとコストパフォーマンスも良いので気に入っていますとの声もあり人気が高いです。, 価格も安く、稚魚の食いつきが非常に良い天然食です。ふ化させるのが少し面倒かもしれませんが、レビューでもとても人気の高い餌です。, 水温が28度前後の海水に入れると大体ですが24時間前後でふ化します。どんな熱帯魚や稚魚の主食にもなり、天然色なので安心して毎日でも与えることができるのもおすすめのポイントです。, ランキングの3位でも紹介した商品に天然の色揚げ成分が配合されたとても人気の高い金魚の餌です。3つの善玉菌が金魚を健康に育ててくれるのはもちろんのこと、食べ残しやフンなどの分解も納豆菌のおかげで非常に早いです。, そのため水が汚れにくくニオイが発生しにくいだけでなくフィルターなどの汚れも少ないので飼育の手間が非常に楽になります。また天然の色揚げ成分が配合されているので毎日与えている内に金魚が色鮮やかな色に育ってくれます。, 浮上性で粒タイプなことも水を汚しにくい理由の1つであり、特小粒タイプなので小さい金魚でもしっかりと食べやすいのもおすすめのポイントです。レビューでもサイズが大きく値段も安価なこともあり満足していますといった声があり人気が高いです。, 人気の金魚の餌を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。餌の種類によって色が鮮やかになったりすることもあるので餌の選択は慎重になってしまうポイントです。また口に合わないこともあるので内容量などもしっかりとチェックして購入するようにすると失敗がなくなります!.