To fix these errors, please make sure that your domain name was entered correctly and the DNS A record(s) for that domain contain(s) the right IP address. RewriteRule ^(. さくらのレンタルサーバなら、無料で使えるSSLサーバー証明書「Let's Encrypt」がワンクリックで設定可能です。簡単なステップでサイトを常時SSL化することができ、さらに証明書は自動更新のため、面倒な作業は一切必要ありません。 expire on 2017-01-04. [/bash] SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/lima.world/privkey.pem すでにラピッドSSL等の有料SSLを利用していて無料SSLへ乗り換えをされる方は【無料SSL】ラピッドSSLなどの有料SSLからの乗り換え方法をご覧ください。, ※ 上記は本マニュアル中での例です。お客様が設定される際は、お客様の情報に置き換えてご確認ください。, 運用するドメイン名を決定し、ご利用のさくらのレンタルサーバで利用できるよう設定を行います。 IMPORTANT NOTES: iptablesの設定を変更してから、再度実行すると、無事に証明書の取得が完了しました。 Resolving deltas: 100% (29209/29209), done. 13 13 13 * * /home/lima/cron/cron-renew-letsencrypt-certificates $ vi iptables ブログ ... Let’s Encrypt無料SSLの導入のお手伝いをさせて頂きます(5,000円~)。下記「お問い合わせ」フォームからお気軽にご相談ください。 Let's Encrypt; SSL; さくらのVPS; お問い合せ « Prev; Next » 関連記事 . DocumentRoot /var/www/lima それもそのはず、ファイアウォールのiptablesにて指定外のポートはブロックした状態になっています。 #!/bin/bash Let’s EncryptのSSL証明書を使ってお手軽 HTTP/2対応 #!/bin/bash [bash] さくらVPSのSSLでLet's Encrypt設定エラーが出た話【CentOS7.7+Apache2.4.6】 ... の設定をせず、さくらの公式サイトに記載されている手順通りに「certbot」を使って「Let’s Encrypt」のSSLを導入していくと、証明書インストール後に以下のアラートが表示されます。 ※事前にバーチャルホストを設定してい … telnetとnetstatでポート番号の状態を確認する To $ cd /etc/sysconfig これでいいですか? Domain: lima.world https化するサイトドメインは「example.com」として説明します。, 6の途中でメールアドレスの入力、規約の同意を求められるので答えていきます。 /root/.local/share/letsencrypt/lib/python2.6/site-packages/cryptography/__init__.py:26: DeprecationWarning: Python 2.6 is no longer supported by the Python core team, please upgrade your Python. [bash] さくらインターネットのレンタルサーバで無料SSL(Lets Encrypt)が導入されたので、さっそく設定してみました。自動更新なので3か月ごとの更新の手間ともおさらばです。設定手順やリダイレクトのやり方などを解説します。 また同じようなことをする日が来るかもしれませんので、作業記録を残しておきます。 cd /home/lima/certbot Additionally, please check that your computer has a publicly routable IP address and that no firewalls are preventing the server from communicating with the client. ServerName lima.world Certbotを起動する際に、サーバで使用しているドメイン、サブドメインをオプションに並べて行きます。 No renewals were attempted. cronを使った定期的更新のためのメモを参考にしました。 トランザクションの要約 6まで行うと証明書の発行は完了です。, let's encryptで使用しているpythonが2.7以降じゃなければいけないのですが、CentOS6系のデフォルトのPythonは2.6のためバージョンを上げなければいけません。, python2.7のインストールですが、単純にyum installでupdateできないっぽいです。 cd /home/lima/certbot $ git clone https://github.com/certbot/certbot Why not register and get more from Qiita? DeprecationWarning $ ./certbot-auto certonly –standalone -d lima.world -d diary.lima.world -d l.lima.world -d www.lima.world ================================================================================================================ ネームベースのバーチャルホストでSSL通信できたっぽい. TOP. はい、私はバカです。基本的に孤独に頑張ってるアフィリエイターのため、「わからない時に人に聞く」ということができません。なのでなかなか技術が向上しないのです。そんな私が丸一日頑張って、さくらvpsにssl通信を導入しましたので書いときます。 Cert not yet due for renewal Github letsencrypt-auto doesn't work with Python 2.6 #1046 起動すると青い画面が出るのですが、「No」を(Tabで)選択して、一度終了させます。, [bash] Processing /etc/letsencrypt/renewal/lima.world.conf 接続できるように、443ポートを開ける必要があります。, [bash] もう一度入力すると… セットアップ あとは、スクリプトに実行権限を与えておきます。 最下部に「Congratulations, all renewals succeeded.」と表示されていれば、成功です。 2020.07.07 あとは、crontabでこのスクリプトを定期的に起動するように設定します。, まだcronをインストールしていない場合は、下記のコマンドでインストールします。 443ポートにアクセスされた際の設定を各ドメインごとに行っていきます。 AllowOverride All 「cron-renew-letsencrypt-certificates」を実行します。 [bash] SSLEngine on [/bash] $ cd certbot/ そのため以下のサイトを参考にpython2.7をインストールしました The following certs have been renewed: Installation succeeded. [/bash] $ sudo vi /var/log/certbot.renew.log NameVirtualHost *:443 remote: Compressing objects: 100% (24/24), done. このままではdry-runのままですので、実際に実行できるようにスクリプト書き換えます。 無料SSL発行サービス「Let’s encrypt」を利用し、さくらのVPS上のサーバをSSL(https)対応しました。 色々引っかかりながらも、複数の独自ドメイン用証明書を取得し、運用することができています。 [bash] Creating virtual environment… /home/lima/certbot/certbot-auto renew > /var/log/certbot.renew.log 2>&1 無事にhttpsで接続できることを確認してから追記する方が良いかと思います。 [bash] #省略 [bash] Let's Encryptは証明書の有効期限が切れるのが早めなので更新の運用をどうしていくのかはこれから考えていきたいと思います。, Let's Encryptの使い方 まずはdry-runオプション(実際には更新しない、テストモード)をつけて試してみます。 //省略 chmod +x /home/lima/cron/cron-renew-letsencrypt-certificates ——————————————————————————- Let's Encryptの使い方 お薦め無料SSL証明書 - Let’s Encrypt telnetとnetstatでポート番号の状態を確認する Let’s EncryptのSSL証明書を使ってお手軽 HTTP/2対応 Github letsencrypt-auto doesn't work with Python 2.6 #1046 ネームベースのバーチャルホストでSSL通信できたっぽい そのため「The following certs are not due for renewal yet」という形で終わっています。 $ yum install crontabs [bash title=”/var/log/certbot.renew.log”] [bash]